2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県横浜市  富士の湯 (★★★☆) - 2010.05.16 Sun

たまには銭湯に、ということで、川崎駅からJR南武線で2つ目の矢向駅に降りました。

横浜の鶴見から川崎、東京大田区にかけては、かつての高度成長期の京浜工業地帯を支えた労働者の町です。



今回、目指した「富士の湯」は、そんな横浜市鶴見区の下町の匂いの残る街角の温泉銭湯です。

2010051601P1000003-1.jpg



建て替えにより、上が住宅のビルの1階になっていますが、

玄関前ののれんや松竹錠の下足箱など、昔日の面影を感じる風情があります。

2010051602P1000006.jpg

ここは公衆浴場ですから、入浴料金は横浜の公定料金450円です。

サウナは別料金で220円ですが、サウナ好きの私はもちろんサウナ付きにしました。



浴室に入ると、正面には大きな海と島とのタイル絵が描かれています。

仕切り壁越しに見える隣の女湯には富士山が描かれているようでした。

富士山と海、こんなところは正統派の伝統的な銭湯ですね(^^♪

2010051603P1000011.jpg

浴槽は一番手前が水風呂、その奥がジェット付き浴槽、その向こうに打たせ湯、

一番奥の左が電気風呂、その右が歩行浴槽、そして右奥の黒ずんで見えるのが黒湯の温泉です。

黒湯の透明度は30~40cmです。



ちなみに、電気風呂は、東京、神奈川あたりの伝統ある銭湯では定番です。

定番ではありますが、実は、あんまり入っている人を見ることは多くはありません。

また、たまに入っている人をみると超高齢者が多いような気がします。

昭和30年代頃のはやりだったのではないでしょうか。



また、黒湯は、神奈川から東京、千葉あたりにかけて、普通におなじみですが、

成分の含み具合で少しずつ違うのですが、ここのはしょっぱくはなく、

ほどよいぬるぬる加減とかすかなモール臭がありました。

2010051604P1000009.jpg



温泉分析表によると、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、

PH8.31の弱アルカリ、源泉は16.7℃ということです。

2010051605P1000013-1.jpg



私の大好きなサウナは、公衆浴場にしては思ったより広びろしていて、8~9人は平気そうでした。

ちょうど、サウナ室のテレビが日本プロゴルフ選手権の最終日を放映していて、

テレビ観戦しながら、サウナ→水風呂→黒湯と繰り返し、

サウナだけで計4回48分も過ごしてしまいました(^_^)v



ゴルフの放映の終わる頃には、すっかり体が軽ーくなって、

ふわふわしながらお湯から出ました(^^♪



脱衣室にはこんな年代もののマッサージ機がありましたよ。

料金は1回30円でした!

このマッサージ機は、建て替え前の時代のものを持ってきたようですね。

これも正しい銭湯には欠かせません。

2010051606P1000012.jpg



それに、公衆浴場にたいていあるものと言えば、そう、消防のポスターです!

しかもっ!! 

あの「消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子」の、桜庭ななみちゃんでした(*^_^*)

2010051607P1000007.jpg

高い位置に貼ってあったので、ゆがんでしまいましたが・・・

よくよく見ると、以前箱根で見たポスターと服が違ってます!

ななみちゃんのポスターは2バージョンあったみたいです。新発見(*^^)v



気をよくしてお風呂から出たところで、乾いたのどに冷たい缶ビールをいただきました(^^♪

フロント横に小テーブルやイスが備えてあって、ちょっとした休憩スペースになっています。

2010051608P1000014.jpg

以上、本日は横浜市鶴見区の富士の湯からお送りしましたー(*^_^*)

なかなか、らしい雰囲気があって悪くなかったですよ。



さて、帰り道、駅に向かう道路には、単線の貨物線が走っているすぐそばに、

こんな朽ち果てそうな(←失礼)鉄筋コンクリートのアパートがあったりします。

2010051609P1000016-1.jpg

私は途中のコンビニでもう1本缶ビールを買って、

ぐびぐびやりながら、駅までの道をいい気持ちで歩きました。



鶴見の矢向は、そんな行儀の悪さも気にならない、

庶民的で懐かしい昭和の面影の残る町でした。

また来たいと思いました。




施設名称:富士の湯
所 在 地:横浜市鶴見区矢向3-28-12
電  話:045-581-0333
訪 問 日:平成22年5月16日
入浴料金:大人450円、サウナは別に220円
U R L:http://www.1126.jp/tenpo/turumi/fujinoyu.htm
関連記事

● COMMENT ●

今日こっそり行ってみる。

Re

LEさん、こんばんは~(^o^)
> 今日こっそり行ってみる。
おおっ、こんな2年以上前の過去記事を見ていただき、
どうもありがとうございます~♪
そうだ!
ここはビール売ってたんですよね。
湯あがりの1杯はサイコーですよね~♪
ぜひ、また、感想でもお聞かせ下さいね!
どうもまいどありがとうございます~(^o^)

こっそり行ってみた

朽ち果てそうなアパートは、朽ち果てたのか、ありませんでした。黒湯は確かに薄め、しかも半身浴お勧めみたいな段差(肩までつかるには、少し辛い)でも湯船は広めでした。あと富士山が描かれてる方が女湯なのが少し驚きました。缶ビール500缶置いてたのにもびっくり。それと一度もみたことない横浜市浴場組合50周年記念書籍があったのにびっくり。思わず買いました。これで横浜市の銭湯情報も完璧です。りゆうさんに追いつけませんが、まだ見ぬ温泉や銭湯に夢が膨らむばかりです。極楽は意外と身近な所にありますよね。

Re

LEさん、こんばんは~(^o^)
> 朽ち果てそうなアパートは、朽ち果てたのか、ありませんでした。
あらら、そうでしたか!
最近行ってないので知りませんでしたが、
やはり、朽ち果てちゃったんですかね・・・(^_^;)
> それと一度もみたことない横浜市浴場組合50周年記念書籍があったのにびっくり。思わず買いました。これで横浜市の銭湯情報も完璧です。りゆうさんに追いつけませんが、まだ見ぬ温泉や銭湯に夢が膨らむばかりです。極楽は意外と身近な所にありますよね。
なんと、そんな本が売られてましたか。
横浜の中では鶴見がいちばん銭湯が多くて、確か23か所あるはずです。
(↑神奈川県公衆浴場業生活衛生同業組合による)
私など、そのうちの4か所くらいのもので、とってもまだまだですが、
極楽が意外と身近なところにある、とは名言ですね(^^ゞ
LEさん、さすがです(^o^)
いつもコメント、ありがとうございます~(^o^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riyunohigaeri.blog.fc2.com/tb.php/8-0c4d25ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

静岡県下田市  開国の湯(足湯) (★★☆) «  | BLOG TOP |  » 山梨県南部町  なんぶの湯 (★★★☆)

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。