山梨県甲府市  高砂湯 (★★★)

4 0
「週末は山梨にいます」というコピーに誘われた、10月11日土曜日の山梨温泉旅の続きです。

2014101101RIMG0060.jpg

2軒目は、黄土色のモルタル壁が昭和の空気を醸し出す、甲府市の公衆浴場「高砂湯」ですが、

1軒目が「こうきゅうてん」でしたので、次はうんと「たいしゅうてん」にしてみたのです(^^ゞ



松竹の木札の下足箱は伝統的な銭湯スタイルで、こういうのもなごみます。
  
2014101102RIMG0071.jpg

「男湯」と書かれた扉を開くと、そこはすぐに脱衣場で、今となっては珍しい番台式でした。



入浴料金は400円ですが、確か、甲府の公衆浴場は昨年も400円でしたから、

この4月の消費税アップ後も、料金据え置きでがんばっているということですね。

2014101103RIMG0069.jpg

浴室内は全面タイル張りで、奥の壁に沿って2つの浴槽が並んでいました。



どちらも湯温の違いはないように思いますが、向こう側の浴槽のほうには、

明らかにたくさんの小さな白い湯花がただよっていました。

2014101104RIMG0062-1.jpg

お湯は無色透明ですが、少しだけぬるっとした肌ざわりでした。



浴槽はふつうより深めで、座高の長さには自信のある私でも(?)、

浴槽の底にお尻が付かず、いわゆる中腰状態でした(^_^;)

2014101105RIMG0068-1.jpg

こちらの写真は、お湯に浸かって脱衣場方向を見たものですが、

島式の、カランだけの洗い場がいかにもレトロチックですよね。



ケロリン桶に湯船からお湯をすくってみましたが、こうやってみるとほとんど無色透明です。

2014101106RIMG0063.jpg

ですが、脱衣場にはちゃんと温泉分析書が貼ってありまして、見ると、

PH8.0で、「メタケイ酸の項による温泉法上の温泉」と書いてありました。



メタケイ酸は、と見てみると、含有量は82mgもあって、意外と美肌系かもしれません。

2014101107RIMG0073.jpg

しっとり湯上がりに何か飲み物は、と見回すと、冷蔵ケースにポカリ350ml缶がありました。

1本いただきましたが、100円でいいです、なんて!  ありがとございます~♪



ということで、汗をぬぐいながら外に出た私を向かいの駐車場で待っていた青いのですが、

2014101108RIMG0072-1.jpg

心なしかシッポを振っているように思えました。  お待たせ! じゃ、帰ろうね~(^_^)




施設名称:高砂湯
所 在 地:山梨県甲府市朝日2-16-10
電  話:055-252-6375
訪 問 日:平成26年10月11日
入浴料金:大人400円
U R L:なし
関連記事
ページトップ