....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨県上野原市  君恋温泉 (★★★) - 2014.08.31 Sun

さて、韮崎市からの帰りに立ち寄ってみたこちらは、上野原の山中の「君恋温泉」。

何年も前から何度か訪問しては、そのたびに、いつもあえなく振られ続けています。

2014083101RIMG0146.jpg

これまで、玄関で声をかけてもまったく応答がなく、あきらめてすごすごと帰っていましたが、

きょう、8月31日の日曜の午後、懲りもせずまたまた訪問してみたのにはわけがあります。



というのも、実はつい最近、君恋温泉の関係者の方からコメントをいただいたのです。

2014083102RIMG0144-1.jpg

呼んでも誰も出てこないときはインターホンを鳴らしてください、必ず応答しますから、と。



なあるほど~  そーだったんだ!  ということで、

今回もやはり、声をかけても返事はありませんでしたが、迷わず外のインターホンを押しました。  

2014083103RIMG0138.jpg

すると、確かに!  ややあって、インターホーンから、はーい、と返事が!

やった~!!  とうとう、この幻の温泉に入れるかも~\(^o^)/



と、しばらくして出てこられた女性に入浴をお願いすると、簡単にオッケーでした。

2014083104RIMG0123.jpg

いやあ~  苦節ウン年ではありませんが、ようやくこの君恋温泉が取材できます(^^♪



ただし、その係の方は、温泉じゃなくて沸かし湯なんですがいいですか?  とのこと。

は~い、もちろんオッケーですとも!  温泉じゃなく鉱泉だって聞いていますから。

2014083105RIMG0128.jpg

ということで、りゆうの日帰り温泉図鑑の取材陣(?)が初めて撮影したお風呂がこちらです。



4畳半ほどで決して大きくはありませんが、正面壁は石積みの岩風呂風で、

その手前に3人程度の大きさのタイル張りの湯船がありました。

2014083106RIMG0131.jpg

ふう~~♪   こちらはいつもの、肩までお湯に浸かって洗い場方向を眺める、の図です。



お湯は温泉ではないということでしたが、明らかに水道とは違う少しぬるっとしたお湯でした。

それに次亜塩素酸特有の匂いもしませんので、山から湧く清水かもしれません。

2014083108RIMG0141.jpg

こちらは、休憩はこちらでどうぞ、と言われたお風呂の向かいの休憩室です。

もちろん、私以外にはお客さんはだれ1人いらっしゃいませんでした。



君恋温泉は、すぐ近くの扇山などへの山歩きのベースとして使うお客さんや、

2014083111RIMG0134.jpg

山から降りてきたハイカーがひと風呂浴びる、という山関係の利用が多いようですが、

シーズンも終わりに近づき、しかし終わってはいないという絶妙な今の時期が良かったように思います(^^♪



ところで、こちらの写真は、脱衣場に無造作にかけてあったタオルなのですが、

2014083107RIMG0133.jpg

よく見ると、何気に「武田菱紋」がしっかりと入っています!   

ううむむ・・・  さすが山梨県ですね、信玄公の威光たるや、今もっておそるべしです!



以上、君恋温泉は、ざわざわした下界から隔絶されたかのような、ひっそりとした山あいの一軒宿でした。

2014083109RIMG0142-1.jpg

しかも、お客さんどころか、そのうち宿の人の気配もまったく消えてしまって、

帰り際に私が声をかけても、シーンと深い静寂に包まれていました^_^;




施設名称:君恋温泉
所 在 地:山梨県上野原市犬目1337
電  話:0554-66-2688
訪 問 日:平成26年8月31日
入浴料金:大人500円
U R L:なし
関連記事

● COMMENT ●

こんにちは。
君恋温泉なんて・・・素敵なお名前ですね。
しかも、またおひとり様って良すぎですぅ。
のびのびと入れますものね。
お肌、ぬるすべですねっ。うらやましい・・・。
鉱泉って冷たいものなのですか?
すみません、無知で。

Re: タイトルなし

紗英さん、こんばんは!

> 君恋温泉なんて・・・素敵なお名前ですね。

本当にロマンチックですよね。
私もこの名前に惹かれて、何年も前からずっと気になっていました。
すばらしいのは、お宿の人が単にこういう名前を付けたということではなく、
「君越(きみごう)」「恋塚」という、このあたりの地名や場所に由来するというのです。
( ↑ ・・・というのは、こちらの関係者の方に教えていただきました(^^ゞ )

> しかも、またおひとり様って良すぎですぅ。
> のびのびと入れますものね。

おははっ・・・
たまにはおひとり様じゃないのもいいなあと思っているのですが、
いつもおひとり様で・・・^_^;

> お肌、ぬるすべですねっ。うらやましい・・・。
> 鉱泉って冷たいものなのですか?
> すみません、無知で。

鉱泉って、本来の意味は、温かいのも冷たいのも含めて、
成分を多量に含有する水、ということなんだそうですが、
今、一般には、成分豊富な25℃未満の冷たい水、というふうに使われているようですよね。

って、まあ、そんなことはたいしたことではなくて、
お湯だけではなく環境も含めて、リフレッシュできればそれが一番じゃないでしょうか?
( ↑ と、とってもいいかげんなタイプです(^_^;) )

どうもコメントありがとうございました~(^o^)

こんにちは。。

ついにここへ入れましたか?!
ここは一般客の入浴客はそれほど気にしてないんですかね(笑)
ここほど客がほったらかされる温泉も初めて知りましたww
貴重なレポートありがとうございました。。。

Re: こんにちは。。

鳥もつ900さん、こんばんは!

> ついにここへ入れましたか?!
> ここは一般客の入浴客はそれほど気にしてないんですかね(笑)
> ここほど客がほったらかされる温泉も初めて知りましたww
> 貴重なレポートありがとうございました。。。

宿の中には、初めて入れていただきましたが、最初から最後までずっとシーンと静まり返っていました。
宿の人の気配も全くなくて、ここだけの話ですが、もし私が悪意のあるコソ泥だったらどうするんだろ、
と心配になるほどほったらかされてました^_^;

いや、でも本当に、なかなかできない秘境めいた体験でしたが、
山梨県にはこういう鄙びた鉱泉宿があちこちにあって、なかなか奥が深いです。

どうも、いつもコメントありがとうございます~(^o^)

おお!!素晴らしい!!!

やりましたねーーー!!!
頑張った甲斐があったというものですね!!
甲斐だけに!!!(笑)

Re: おお!!素晴らしい!!!

かじぺたさん、こんばんは!

> やりましたねーーー!!!
> 頑張った甲斐があったというものですね!!

そうなんですよ~(^^♪
何年か越しの、募る想いがやっと通じたような気持ちです。

> 甲斐だけに!!!(笑)

いや、ホント、甲斐の国まで行った甲斐がありました~(^o^)

・・・てか、甲州は公衆浴場もスゴイんですよ~( ← ?(^_^;) )

どうも、コメントありがとございました~(^o^)

生きていますよ?

こんにちは。PC5月に壊れて早半年。ネットカフェから久々覗いてみると、なんと!長年のミステリー温泉 君恋温泉が載っているではあり~ませんか!営業していたのですね。相変わらず 流石りゆうさんです。私も暖かくなったら行ってみます。

Re: 生きていますよ?

LEさん、こんばんは!

> こんにちは。PC5月に壊れて早半年。ネットカフェから久々覗いてみると、なんと!長年のミステリー温泉 君恋温泉が載っているではあり~ませんか!営業していたのですね。相変わらず 流石りゆうさんです。私も暖かくなったら行ってみます。

おおっ! なんと、LEさんですか?
どうされたのかと思ってましたよ!
本当にお久しぶりです~♪

君恋温泉は私としてもずっと謎の施設でしたが、
関係者の方に教えられてなんとか無事にリポートすることができました。
冬にやっているのかはわかりませんが、夏には山歩きの人たちが利用するみたいですね。
ぜひ、暖かくなったら行ってみてくださいね。

どうもありがとうございました~(^o^)/


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riyunohigaeri.blog.fc2.com/tb.php/750-7d6a9dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

静岡県松崎町  ダジュール岩地 (★★★☆) «  | BLOG TOP |  » 山梨県韮崎市  穴山温泉 能見荘 (★★★)

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。