....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都大田区  秀の湯 (★★★☆) - 2014.02.23 Sun

2月23日の午後、久しぶりに電車に乗って、東急多摩川線の矢口渡駅に来ました。

本当はJR蒲田駅からのほうが少し近く、いつもならJRを使うところですが、

2014022301RIMG0236-1.jpg

昨日未明に起きたJR京浜東北線の衝突脱線事故のため、東急線にしたのです。



ということで、矢口渡から多摩川方面に向かってゆっくり10数分歩きました。

今日はこちらの温泉銭湯、大田区の秀の湯をご紹介したいと思います。

2014022302RIMG0244-1.jpg

実は以前、土曜定休ということを知らずに来て、入れなかったことがありました。

今回は時間もしっかり調べて、午後3時30分にシャッターが開くのを待って入りました。



私の前に待っていたのは2人のおばちゃんだけで、男湯は1番乗りができそうです(^^♪

2014022303RIMG0243-1.jpg

短いのれんに、木札の松竹錠の下足箱は、伝統的な東京の銭湯スタイルですね。



脱衣場には、お風呂側を向いた番台がありましたが、これも今では珍しくなりました。

入浴料金は東京の公衆浴場ですので、公定の450円です。 

2014022304RIMG0242-1.jpg

サウナなどもありませんので、みんな450円だけでOKです。



おっと! ボヤボヤしてるうち、もう次のお客さんが脱衣場に入ってこられました。

ということで、大急ぎでお風呂の写真を撮らせていただきます。

2014022305RIMG0238.jpg

壁のペンキ絵は美しい富士山、 おそらく西伊豆あたりからの風景だと思われます。



お風呂は壁に沿って3つあり、右側の浴槽にはかなり濃い黒湯が満たされていました。

その、黒湯に浸かって洗い場方向を見てみた、の図です(^^♪

2014022306RIMG0239-1.jpg

黒湯もジャグジーでしたので、泡立ちうねっているのがおわかりいただけると思います。



黒湯をケロリン桶にすくってみましたが、コーラ色のいい色です。

温泉分析書はちょっと見あたりませんでしたが、モール臭がありつるっとしたお湯は、

2014022307RIMG0240-1.jpg

おそらく、ナトリウム-炭酸水素塩泉系の黒湯ではないかと思いました。



もう1枚撮らせていただきましたが・・・ あの白いポリ袋がジャマだなあ(^_^;)

いや、もう他のお客さんが何人かいらっしゃって・・・ なので、写真はここでオシマイです。

2014022308RIMG0241.jpg

でも、わかるでしょうか?  浴室の天井も高くて、意外と開放感がありましたよ。



以上ですが、さすが、黒湯の本場だけあって、久しぶりに本格的な黒湯だと感じました。

あ、そうそう! こちら、ビン牛乳はありましたが、缶ビールは置いてありません。

2014022309RIMG0236.jpg

でも、すぐ近くにセブンがありますので、缶ビールとあらびきフランクを買って、と(^^♪

駅まで10数分というのも、ほどよい距離だったりなんかして・・・(^^ゞ



これは、帰りの矢口渡駅でみつけた春の火災予防運動ポスターです。

2014022310RIMG0248-1.jpg

もうすぐ春ですね・・・ 3月は卒業のシーズンです。( ← 無茶ぶりな感じもしますが(^_^;) )



人はいつか旅立つものだけど いつの日にか またどこかで 会える気がするからね・・・

皆さん、これまでありがとうございました~  さようなら、どうぞお元気で~(^.^)/~  



あれっ? なんだか思わせぶりでしたが、私がブログを卒業するわけじゃないですよ(^_^;)

まだ、もうしばらくおつきあいくださいな~(^^ゞ




施設名称:秀の湯
所 在 地:東京都大田区新蒲田3-26-1
電  話:03-3738-4384
訪 問 日:平成26年2月23日
入浴料金:大人450円
U R L:http://www.ota1010.com/yu.cgi?no=023,code=(大田浴場連合会)
関連記事

● COMMENT ●

こんばんは^^

いつも一番湯に入りに来るようでスミマセン!(_ _ ;)
この入口、ロッカー 富士山の絵
まるで、「時間ですよ」そのままみたいな銭湯の風情ですね~♪
(あ、こんな古いテレビドラマご存じないかしら?)
でも!この色は、しっかり本格的温泉ですね。
450円お安いかもです♪

Re

遊歩憧さん、こんばんは!
> いつも一番湯に入りに来るようでスミマセン!(_ _ ;)
いえいえ、いつもありがとうございます(^o^)
こんなワンパターンな温泉ブログに、コメントをくださる人はそれほど多くはないので本当にうれしいです。
> この入口、ロッカー 富士山の絵
> まるで、「時間ですよ」そのままみたいな銭湯の風情ですね~♪
> (あ、こんな古いテレビドラマご存じないかしら?)
もちろん知ってますよ!
あの古き良き昭和の、東京の銭湯を舞台にした伝説のホームドラマですよね?
以前、私、東京の温泉銭湯「松の湯」の記事を書いたとき、「時間ですよ」の挿入歌「赤い風船」をユーチューブで見つけて貼りつけたことがあったのですが・・・
その後、著作権侵害らしく削除されてしまいました(^_^;)
> でも!この色は、しっかり本格的温泉ですね。
> 450円お安いかもです♪
東京の大田区は黒湯の宝庫なんですよ。
しょっぱくてぬるべとのから、モール臭のするツルすべのとか、いろいろあります。
でも、考えてみると、銭湯なのに温泉が出るなんて、ずいぶんぜいたくですよね(^^♪
いつもコメントいただきありがとうございます~(^o^)

あの距離歩きましたか

呼べば呼べば現れる♪こんばんは。秀の湯は大田区の銭湯の中でもかなり湯が黒いですね。蒲田温泉より黒いかも。矢口渡駅そばには女子高校生が群がるイケメン焼き鳥売りお兄さんがいます。(女子高校生が外で焼き鳥食べる姿は、なんかシュール)あと関係ないですけど矢口渡は私の生まれたとこだったりします。(もちろん記憶になし)

Re

LEさん、こんばんは!
> 呼べば呼べば現れる♪こんばんは。
・・・っていうか、待ってましたよ~(^^♪
> 秀の湯は大田区の銭湯の中でもかなり湯が黒いですね。蒲田温泉より黒いかも。
確かにかなりの濃さでした。
私はいつも、指をお湯に突っ込む形でお湯の透明度を計っているのですが、
こちらの黒湯は5cmというところだったと思います。
> 矢口渡駅そばには女子高校生が群がるイケメン焼き鳥売りお兄さんがいます。(女子高校生が外で焼き鳥食べる姿は、なんかシュール)あと関係ないですけど矢口渡は私の生まれたとこだったりします。(もちろん記憶になし)
うむむ・・・ 女子高生は見ませんでしたねぇ・・・
もしかして、日曜だったからでしょうか? 
部活帰りのサッカー部男子とかならありそうですが、女子高生が焼き鳥をパクついてるというのは、なかなか想像し難いですね。
> あと関係ないですけど矢口渡は私の生まれたとこだったりします。(もちろん記憶になし)
そうなんですか!
矢口渡はLEさんゆかりの町なんですね。
どおりで、大田区の温泉銭湯にめっぽうお詳しいわけですよね~♪
ところで、私、次回はまた1~2か月後になると思いますが、
池上線久が原の益の湯あたりをねらってるんですよ(^^♪( ← あっ、行っちゃった(^_^;) )
どうも、いつもコメントありがとうございます~(^o^)

5枚目の富士山のペンキ絵の色が鮮やかでPOPな感じがいいですね!
外の光が差し込んで明るい感じが西伊豆の海らしくて、東京にいながら
気分は西伊豆って、うーんお得!(笑)
6枚目の荒波のようなジャグジーも気持ち良さそうです!
ということで、交通安全&火災予防運動ポスター好きなもので、りゆうさん
からしたら、「今頃かよ!」ってお思いかもしれませんが、遅くなって
申し訳ないですけど、こちらにコメントさせていただきました。
もう春なんですねぇ~ってポスターを見て季節を感じるのでした(^_^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re

spoofさん、こんばんは!
> 5枚目の富士山のペンキ絵の色が鮮やかでPOPな感じがいいですね!
> 外の光が差し込んで明るい感じが西伊豆の海らしくて、東京にいながら
> 気分は西伊豆って、うーんお得!(笑)
「富士山に海」って、銭湯のペンキ絵の中でも1番人気の絵柄ですが、
専門の絵師さんは、現在、全国で3人しかいないと聞いたことがあります。
そもそも、銭湯が衰退の一途をたどっていますので、絵師さんも高齢化に伴い、
昭和の終わりから平成に変わる頃、次々と廃業したのだそうです。
ペンキ絵はぬり替えの維持費も掛かるので、モザイクタイルに変えてしまうなど、
最近の調査ではペンキ絵のある銭湯は3割程度しかないとも聞きました。
何十年かたったら、私らの若い頃、昔は銭湯にペンキ絵があってねぇ、
なんて、そんな思い出話をするようになってしまうかもしれません・・・
> ということで、交通安全&火災予防運動ポスター好きなもので、りゆうさん
> からしたら、「今頃かよ!」ってお思いかもしれませんが、遅くなって
> 申し訳ないですけど、こちらにコメントさせていただきました。
いえいえ、いつもワンパターンの温泉ブログですので、
コメントするにも苦労されると思いますが、わざわざありがとうございます。
どうも、コメントありがとうございます~(^o^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riyunohigaeri.blog.fc2.com/tb.php/685-1cc10d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

静岡県伊東市  ケイズハウス伊東温泉 (★★★☆) «  | BLOG TOP |  » 静岡県熱海市  ニューウェルシティ湯河原 いずみの湯 (★★★★)

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。