....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜県高山市  新穂高の湯 (★★★★☆) - 2013.09.15 Sun

岐阜県の奥飛騨に、北アルプスの大自然に抱かれた野趣いっぱいの露天風呂があります。

朝早く人が少ないうちにと、真夜中に福井から金沢を通って約230kmも走りました。

2013091501RIMG0120.jpg

途中、山間部ではどしゃ降りにも会いながら、明け方到着したのがこちら、新穂高温泉です。  

着く頃には雨はあがっていましたが、どしゃ降りの深夜の運転はさすがに疲れました(^_^;)



駐車場の隅っこのバス待ち小屋(?)の壁にはこんな貼り紙がありました。

2013091502RIMG0119-1.jpg

「新穂高の湯」をご利用の際は200円程度の清掃協力金を、とのことだそうです。



駐車場から50mの蒲田川 旧中尾橋の入口に露天風呂の案内看板がありました。

看板1つだけでは、見落としがあってはいけないということなのでしょうか?

2013091503RIMG0117.jpg

でも、そんなお心遣いのおかげで、ボンヤリの私でもすぐわかりました(^_^;)



30mくらいの橋を渡りきると、川原に降りる小さな入り口がありました。

露天風呂の入浴時間は、午前8時から午後9時までと書いてあります。

2013091504RIMG0111.jpg

が、実際には、少なくとも私が到着した午前6時半には、すでに開いていましたよ。



ともかく、さっそく私も下まで降りて、寸志箱に200円を投入して露天風呂に入りました。

川のそばの大岩で仕切られた露天風呂は30人はゆうに入れるくらいの広さがありました。

2013091505RIMG0112.jpg

混浴ですが、男女の小さな脱衣場がありますので、女性でもダイジョブですよ(^^ゞ

お湯は無色透明、無味ですが、明らかな硫黄臭があり、徹夜の運転で興奮気味の頭にはいい刺激でした。



湯底のきめ細かい砂の感触も気持ちよく、お湯も熱くなくのんびりと疲れを癒すことができました。

2013091507RIMG0116.jpg

今回の写真は、入浴後再び上まで上がって、この橋から撮影したものです。

でも、この開放感抜群の大自然の中の露天風呂ときたら、それはなかなかのものでしたよ。



さて、こちらはオマケですが、川沿いから数百m登った場所にある足湯です。

2013091508RIMG0093.jpg

中尾高原足湯「足洗いの湯」です。 ペットはダメなんですよ!

こちらにも「足湯管理協力金」を寸志箱にお願いする貼り紙がありました。



私も、100円だけですが、一応維持管理への協力としてお金を入れさせていただきました。

2013091509RIMG0105.jpg

だって、こういうのって、いつまでも無くなってほしくないですもんね(^^♪



向こうに見える白い煙のようなものは、温泉の水蒸気(湯気)です。 

あたりはほんのり硫黄臭のいい匂いが漂っていました。

2013091510RIMG0101.jpg

なんかいいですねぇ・・・  高原の鄙びた温泉場、という情緒たっぷりの風景です。

以上、足湯もよし、それ以上に、あの大自然の中の露天風呂、本当にいいですよね~(^o^)




施設名称:新穂高の湯
所 在 地:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉
電  話:なし
訪 問 日:平成25年9月15日
入浴料金:清掃協力金200円程度
U R L:http://www.kankou-gifu.jp/spot/3174/(岐阜県観光連盟公式サイト)
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riyunohigaeri.blog.fc2.com/tb.php/644-566a0e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長野県諏訪市  片倉館 千人風呂 (★★★) «  | BLOG TOP |  » 福井県大野市  九頭竜温泉 平成の湯 (★★★)

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。