....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都港区  麻布黒美水温泉 竹の湯 (★★★) - 2013.03.06 Wed

麻布は東京港区の一等地で、お金持ちや外国人のビジネスマンの多い町です。

2013030601RIMG0018.jpg

そんな中に黒湯の湧く銭湯があるというので出かけてみました。

電柱に案内代わりの巻き広告がいくつも貼ってあって、道はわかりやすかったですよ。



麻布十番駅から歩くこと7~8分で、見えてきたのが「麻布黒美水温泉 竹の湯」です。

ふむふむ、あのビルみたいです。 なるほど~ コインランドリーがセットになってますね。

2013030602RIMG0022.jpg

こちらも上がマンション風の、新しい4階建くらいのビル銭湯でした。

創業は大正2年で、途中2度ほど建替えて、今なお銭湯としてがんばっているそうです。

こんな町に銭湯なんて、と思ったのですが、意外と古~い町工場や商店もあったりします。



下足入れはよくある伝統的な松竹ではなく、ちょっと洒落たスパ風のものでした。

2013030603RIMG0028.jpg

キーに大きめのカードのようなものが付いているのがわかるでしょうか?

このカードが、なんと、脱衣場のロッカーキーと連動しているのでした。



脱衣ロッカーの扉の裏の小さなケースにカードを差し込むと、それで施錠ができるのです。

いやぁ~ さすが、麻布! ハイテクですっ!( ← ・・・でもねーか(^_^;) )

2013030604RIMG0023-1.jpg

でも、これは・・・? 靴を履いてこない人はお風呂に入ってはいけない・・・?

いやいや、靴を脱ぎっぱなしいにしてはいけないとか? ホントは何の意味があるんでしょ?(^_^;)



お風呂は・・・ これまた、お客さんがいっぱいでした(^_^;)

これ以上カメラを下や右に向けると、お客さんがいっぱい写っちまいます(^_^;)

2013030605RIMG0024-1.jpg

お風呂は奥の壁際に黒湯が2つ、44℃のあつ湯と40℃のややぬる湯とでした。

あつ湯もぬる湯も、それぞれやっと5人程度の広さしかありません。



ちなみにペンキ絵は、帆船日本丸の航海中の絵柄でした。

確か、あの、横浜みなとみらいに展示されているやつですよね。

2013030606RIMG0025.jpg

その他、入口側にサウナと水風呂がありましたが、この水風呂も黒湯でした。

黒湯は7~8cm程度、かすかにモール臭があり、ナトリウム-炭酸水素塩泉でした。



サウナ付きは2時間900円と高めですが、あたりは土地も高いところですからねぇ(^_^;)

私はちょっと・・・ 今日はサウナはやめときました(^_^;)

2013030607RIMG0030-1.jpg

ま、サウナに入らなくたって、熱いのと水風呂で十分爽快でしたよ(^^ゞ

ということで、今日の温泉はオシャレな町麻布の「麻布黒美水温泉 竹の湯」でした。

このあたりに銭湯は珍しいからだと思いますが、逆にお客さんは多いように思いました。



お風呂の帰りに、善福寺から元麻布ヒルズフォレストタワーを見てみました。

2013030608RIMG0034-1.jpg

おしゃれな超高級マンションとお寺の同居する風景がこの街らしいです。

その近くの網代公園には外国人の親子連れがいっぱいでした。



近くの街角スポットには、赤い靴はいてた女の子の像がありました。

横浜の山下公園にある像はよく知っていましたが、こちらは知りませんでした。

2013030609RIMG0043-1.jpg

童謡では、外国人の養女となり異国で幸せに暮らしているのだろう、と想うお話ですが、

真実は、女の子は当時麻布にあった孤児院で病気のため1人さびしく亡くなったのだそうです。

本当は、とっても悲しい話だったんですね・・・



外国の人もこうやって立ち飲みでジョッキを開けてたりします。

2013030610RIMG0048.jpg

麻布は古さと新しさとが微妙に調和して、ちょっと魅力的な町でした。

私は、どうしてもすぐ、あの高校と学生時代を思い出しちゃうんですけどね・・・(^_^;)




施設名称:麻布黒美水温泉 竹の湯
所 在 地:東京都港区南麻布1-15-12
電  話:03-3453-1446
訪 問 日:平成25年3月6日
入浴料金:大人450円(サウナは入浴料込みで2Hまで900円)
U R L:http://homepage3.nifty.com/takenoyu/index.html
関連記事

● COMMENT ●

麻布といえば、ハイソな街というイメージがありますが、こうした所も残っているのですね。
「赤い靴、履いていた女の子」の逸話、哀しいですよね。
ps.順調ならば、近々、山梨の温泉に行きます。ブログ記事、参考にさせていただきます ^^

Re

HAM1826さん、こんばんは!
> 麻布といえば、ハイソな街というイメージがありますが、こうした所も残っているのですね。
麻布は、ご存じのとおり高級住宅地で外国の大使館も多く、上品なイメージがありますよね。
メトロの麻布十番駅などができるまでは、電車で行くにはちょっと不便なところだったみたいです。
でも、もともとの住民の多くは電車に乗るような人たちは少なかった(お抱え運転手付きの車で移動する?)ため、古くは電車の駅ができるのに反対していたという話もあります。
> 「赤い靴、履いていた女の子」の逸話、哀しいですよね。
童謡も悲しいですが、でも、ホントは病気のため、海を渡ることさえできずに、1人さびしくなくなっていたそうですね・・・
あの像は、実在のモデル「きみちゃん」という女の子の像だそうで、足下に児童福祉のための募金箱がありました。私も気持ちだけ、小銭を寄付してきました・・・
> ps.順調ならば、近々、山梨の温泉に行きます。ブログ記事、参考にさせていただきます ^^
おっ! いいですね~♪
どこに行かれるのか楽しみです。
行かれたらブログでおしらせくださいね(^o^)
いつもありがとうございます~(^o^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riyunohigaeri.blog.fc2.com/tb.php/568-5a822414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神奈川県箱根町  そこくらの湯 つたや (★★★) «  | BLOG TOP |  » 東京都大田区  第一相模湯 (★★★☆)

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。