....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県箱根町  塔ノ沢一の湯本館 (★★☆) - 2012.07.27 Fri

御殿場からの帰りに、箱根塔ノ沢の一の湯(本館)に立ち寄ってみました。

2012072701RIMG0118-1.jpg

写真は、国道1号線の早川にかかる「玉ノ緒橋」東詰からの眺めです。



この風景は、江戸時代の浮世絵師歌川広重(安藤広重)も描いています。

( ↓ 箱根町立郷土資料館所蔵)

2012072702.jpg

建物の様子は違いますが、一の湯は寛永7年(1630年)創業ということですから、

(ずいぶんズームアウトしてますが)広重がここに描いたのも一の湯なんですよね。



でも、川幅は当時はずっと広かったんですかね?

それとも画家のデフォルメなんでしょうか。



ということで、今回は、歴史ある超老舗の旅館の温泉をご紹介します。

入浴料金は1050円、ただし、無地の白いタオル付きです。

2012072703RIMG0131.jpg

なるほど、老舗らしく落ち着いた(うす暗い?)館内です(^^ゞ



脱衣場も棚に籐のかごが置いてあるだけですが、

棚の上に木製の貴重品ボックスが備えてありました。

2012072704RIMG0120.jpg

あ、奥の1つだけ使用しているかごは、私のです。

平日の昼下がりに旅館に立ち寄り湯する人はめったにありませんよ(^^♪



で、浴室を存分に撮影させていただきました。

2012072705RIMG0121-1.jpg

こちらは入口側からです。

5人程度浸かれるきれいな浴槽からはお湯がオーバーフローしています。



反対の奥側から入口側も撮ってみました。

2012072706RIMG0123-1.jpg

ですが・・・ 

はい、以上でオシマイです(^_^;)



窓から外には早川の流れが見えますが、お風呂はこれだけなんです(^_^;)

2012072707RIMG0128.jpg

うーん、内湯1つで1050円かぁ・・・



でも、ちょっと珍しかったのは、流し場の上に温泉が流れる(たまっている)湯槽があることです。

2012072708RIMG0127-1.jpg

そこからお湯をすくって、身体を流したり頭を洗ったりするようになっていました。



古きよき「不便さ」・・・ 

なるほど~

2012072709RIMG0126.jpg

しかも、100%源泉かけ流しだそうです。

なんでもありの便利さを競うのではなく、超老舗だからこそ、なんですかね。



お湯は、アルカリ性単純温泉でPH8.9とのことでした。

2012072710RIMG0129-1.jpg

お湯自体は、まあ、確かに肌にやわらかくて悪くはありませんでした。



でも、内湯1つで1050円・・・

箱根の超老舗だから、仕方ないのかなぁ(^_^;)



あ、でも、宿泊なら貸切りの露天風呂もあるみたいですよ。

それに、宿泊者は、箱根の一の湯グループのどこでも無料で入湯できるらしいです。

やっぱり、こういうところは、泊まるのがいいのかもしれませんね(^_^;)



ということで、話のタネに行ってみた箱根の一の湯でしたが、

はたして、タネになりましたかどうか・・・(^^ゞ




施設名称:塔ノ沢一の湯本館
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町塔ノ沢90
電  話:0460-85-5334
訪 問 日:平成24年7月27日
入浴料金:大人1050円
U R L:http://www.ichinoyu.co.jp/honkan/
関連記事

● COMMENT ●

憧れの温泉

こんにちわ。いつもの私なら、高いとコメントするところですが、歴史の重みに弱いのですよ。老舗旅館 泊まることは、とても出来ないけど立ち寄りならと思ってしまうのです。箱根では、ず~とここに行きたいと思ってました。今年の夏は同じ位憧れてた諏訪のロマネット、片倉館に行ったので、秋あたりに、ここと りゆうさんの始まりの温泉ひめしゃらの湯に行きたいなぁーとか思ってます。ちなみに私の行った中では、最強の温泉は山梨の川浦温泉 山縣館です。高いですけど、全てにおいて格の違いを感じました。(個人的にある失敗をして、お世話にもなった。)

Re

LEさん、こんばんは~(^o^)/
> いつもの私なら、高いとコメントするところですが、歴史の重みに弱いのですよ。老舗旅館 泊まることは、とても出来ないけど立ち寄りならと思ってしまうのです。箱根では、ず~とここに行きたいと思ってました。
400年近くも変わらずやってるってこと自体、すごいことですよね。
浮世絵にも描かれるくらいですから、きっとその当時から、
湯治客や箱根越えの旅人で賑わったのでしょうね。
でも、そんな、歴史は超古い老舗旅館ですが、経営のほうはかなり合理的で、
格安の宿泊パックとかもあるみたいですよ。
> ちなみに私の行った中では、最強の温泉は山梨の川浦温泉 山縣館です。高いですけど、全てにおいて格の違いを感じました。(個人的にある失敗をして、お世話にもなった。)
そうなんですか!
山縣館は、私も以前からチェックはしているのですが、
確か日帰りでも1500円とかで、まだ手が出せないでいます(^_^;)
でも、LEさんが「最強の温泉」と言われるとなると、
これは、ちょっと行ってみたくなりました(^o^)
どうも、いつもありがとうございます~(^O^)/

こんばんは。
すごい老舗なのですね~。
なんか風格があるというか・・・・。
お値段はやはり老舗代というのも加味されてのことでしょうね。
窓の外に川が流れている景色は、いいですね。
それにしても面白いですね。
不便さを楽しむことってなかなかないですし・・・。
言われてみれば、便利過ぎる世の中の気がしますし。
でも・・・・・・・・やっぱシャワーないと不便かと。

Re

紗英さん、こんばんは~(^o^)
> すごい老舗なのですね~。
> なんか風格があるというか・・・・。
> お値段はやはり老舗代というのも加味されてのことでしょうね。
1630年創業なんて、関ヶ原からちょっとしかたってない頃ですよ!
江戸幕府がようやく軌道に乗ってきた頃ですよ!
もちろん、400年の間には、何度も建て替えてるとは思いますが、
そんな時代からやってるなんて、すごいことですよね~(^o^)
> それにしても面白いですね。
> 不便さを楽しむことってなかなかないですし・・・。
そうですね。
私は、江戸時代はこんなふうだったんだぁ、と思いながら、
お湯に浸かってました(^^♪
> でも・・・・・・・・やっぱシャワーないと不便かと。
うーん、確かに、せめて女湯にはシャワーが欲しいかも・・・(^_^;)
どうもいつもコメント、ありがとうございます~(^O^)/


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riyunohigaeri.blog.fc2.com/tb.php/489-857b7fca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

山梨県北杜市  アクアリゾート清里 (★★★☆) «  | BLOG TOP |  » 静岡県御殿場市  御胎内温泉健康センター (★★★★☆)

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。