....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県熱海市  福島屋旅館 (★★★) - 2011.07.03 Sun

JR熱海駅からビーチに向かってだらだら坂の国道を降りていくと、

10分ほどで道の途中に熱海七湯のひとつ「風呂の湯、水の湯」があります。

2011070301P1000010.jpg

熱海七湯は、熱海に古来からある7つの自噴源泉です。

この「風呂の湯、水の湯」は外傷によく効くお湯なんだそうです。



そして、そのすぐ並びに建つのが熱海の立ち寄り湯として、

温泉マニアにとって避けて通れない(?)伝説の福島屋旅館ですー(^^ゞ

2011070302P1000025-1.jpg

外観はいかにものレトロ感でいっぱいです。



旅館といっても、すでに宿泊はやめていて、今では立ち寄りのみ受け付けています。 (注)

2011070303P1000012.jpg

薄暗い受付で入浴料金400円を支払うと、

ロッカーはないので貴重品を預かりますよ、と言われましたが、

私なら、いつものとおり財布も時計も持ち込みますので、

「大丈夫です~」と明るく答えました(*^_^*)



外観と同じで、建物の内部もかなり年季が入っていて、

歩くたび廊下もギシギシと鳴り、根太がゆるんで沈みます。

2011070304P1000020-1.jpg

脱衣場も棚と籐かごだけなのは良いとして、

灯りは裸電球1つがぶら下がっているだけなのには、少々驚きました(^_^;)



こちらが浴室です。

循環などというモダンな(?)設備はなく、完全掛け流しです。

2011070305P1000015.jpg

やや深めですが、手前に腰掛けられる段が付いていました。

窓や壁やタイルの床も、長い時代を越えてきた相当な味わいが出ていました。



お湯はやや熱めのお湯ですが、肌ざわりがちょっとべたつきます。

口に含むと少ししょっぱいお湯でした。

たぶん、塩化物泉かもしれませんね。



最初のうち、先客が3人ありましたが、またまたそのうち出て行かれたんですよ。

なので、人目を気にせず奥からも1枚ですー(^^♪

2011070306P1000018.jpg

手前にももう1つ浴槽が写っていますが、こちらはなぜかカラッポでした。

故障でもしてるのでしょうが、なおす気もないようですよね(^_^;)



ちなみに、洗い場は2つだけ、

もちろんシャワーなどという気の利いたものはありません。

その代わり、青いポリ製の40cmくらいのたらいが置いてありました。



そのたらいにジャブジャブとお湯と水を流し放しに溜めておいて、

そこからひしゃくで汲んで体を流すという使い方のようです。



私は、身体を洗ったあと熱めのお湯に浸かり、

しばらくしてお湯から出てタイルの上で冷まし、

また今度はしばらくお湯に浸かり、と・・・ 

気持ちよく汗を流すことができました。



もうここまでで御想像のとおり、脱衣場にエアコンなどというものはありません。

あるのは、30~40年前のミツビシ製の扇風機が1つだけでした。

うーん、なかなか汗が止まらない・・・(^_^;)



ということで、きょうが暑い日だったこともありますが、

噴き出た汗がなかなか引かないのにはちょっと困りました(^_^;)



館内の調度品もとってもレトロでしたよ。

2011070307P1000021-1.jpg

リボンシトロンの広告ポスター?

ビクターの犬?

アトムシール?



なにか、昭和40~50年代のまま、時の動きを止めてしまったかのような、

レトロでノスタルジックな福島屋旅館でした。

こわれたら、こわれた時点で廃業するのではないかと思います。

なんとなく、縮む温泉街を象徴するような、はかなさと危うさがありました。

2011070308P1000011-1.jpg

でも、温泉マニアの中では、これがいい、という声も多いんですよ~(^_^;)




施設名称:福島屋旅館
所 在 地:静岡県熱海市銀座町14-24
電  話:0557-81-2105
訪 問 日:平成23年7月3日
入浴料金:大人400円
U R L:なし



(注)
平成23年7月13日、彩雲4号さんより、福島屋旅館は現在も宿泊施設として営業を続けているとのご指摘をいただきました。

訂正してお詫びいたします。
関連記事

● COMMENT ●

もはやレトロ以上でしょう(^^;

さすがにあの外観は引くねぇ(^^;
「今、大地震が来ませんようにっ!」ってマジで祈ってしまいそう(^^;
りゆうさんの勇気に拍手!
小さい方の湯船が水風呂やったら、もっとゆっくりできるのになぁ!

Re

ごんごんさん、こんばんは!
>さすがにあの外観は引くねぇ(^^;
>「今、大地震が来ませんようにっ!」ってマジで祈ってしまいそう(^^;
ほんとに今にも壊れそうですよね。
こわれたら、こわれちゃった時点で廃業するような気がします。
>りゆうさんの勇気に拍手!
>小さい方の湯船が水風呂やったら、もっとゆっくりできるのになぁ!
そうですね。
もともとあの小さい方は何だったんでしょうねー
気になりますー(^_^;)
ともかく、いつもホントにありがとうございます~(^^♪

こちらこそ(^^)

恐らく一生行くことが難しい関東の温泉をりゆうさんの記事で味わえるのをすごく楽しみにしてるんですよ!(^^)
「ありがとう」を言うのは私の方ですよ!
ところで、お忙しそうですがお身体大丈夫ですか?
いつも律儀に即レスしてくれてはりますけど、しんどい時は後回しにしてもらって大丈夫ですからね!無理しないでくださいね(^^)

旅館も営業中です(汗

はじめまして。
何故か福島屋旅館は
「旅館としては営業していない」
と書かれているサイトが多いのですが
ちゃんと宿泊施設として営業を続けております。
素泊まり¥4650
二食付¥8000
となっております。
客室や廊下の雰囲気もいいですよ。
是非一度体験してみてください。
因みに私は宿の人ではありません(笑)

Re

ごんごんさん、こんばんは!
> ところで、お忙しそうですがお身体大丈夫ですか?
> いつも律儀に即レスしてくれてはりますけど、しんどい時は後回しにしてもらって大丈夫ですからね!無理しないでくださいね(^^)
お気づかいいただきありがとございますー(^^ゞ
きのうは夜遅くまで仕事でしたが、きょうは普通に帰れました。
明日の土曜日は午前は出なくちゃいけませんが、後は休めそうです。
ようやく夏休みのことも考えられるようになってきました。
今年はどこの温泉に行くかな、っと、
毎晩、寝る前にあれこれ考えてます~(^^♪

Re

彩雲4号さん、こんばんは!
> 何故か福島屋旅館は
> 「旅館としては営業していない」
> と書かれているサイトが多いのですが
> ちゃんと宿泊施設として営業を続けております。
ご指摘ありがとうございました!
どこかで聞いたことを、確かめもせずに書いてしまったようですね。
記事のほうは、さっそく訂正いたしました。
でも・・・
いかにも、そっかー! と納得してしまう雰囲気だったもので・・・(^_^;)
いやいや、言いわけはいけませんよね(^_^;)
すみませんでした。
そして、ありがとうございましたー(*^_^*)

りゆうさん、こんばんは、
>昭和40~50年代のまま、時の動きを止めてしまったかのような、レトロでノスタルジックな・・・
賑やいだ日々にはこの浴室にも人々の声が響いたんでしょうネー。
温泉旅館は人が集まらなくなると活気もなくなり、建物や設備の維持・管理が難しくなりますねー。
あらためて大きな時代の流れを感じます。

こういう雰囲気好きです

福島屋旅館は私も行ったことがあります。古い銭湯のような脱衣場とか、レトロな雰囲気も含めて良かったです。確かに壊れたらそのまま廃業してしまいそうな感じですよね~。最近、新しい温泉がオープンする一方で、古くからある温泉の廃業も目立つような気がします。こういう温泉は出来るだけ長く続けていってもらいたいのですが。

Re

すーさん、こんばんは!
> 賑やいだ日々にはこの浴室にも人々の声が響いたんでしょうネー。
ここは、いてもたってもいられない懐かしさと同時に、
お祭りの後のようなやりきれない淋しさを感じる温泉旅館でした。
昔この国が高度成長で元気いっぱいだった頃、
道行く人はみんな大声で話し笑い、
この温泉街にも浴衣姿の観光客があふれていたのだと思います。
でも、私は勘違いしてしまいましたが、
今でもここは、ちゃんと旅館として営業しているらしいです。
機会があったら行ってみたいような、でも行くのは怖いような、
なかなか複雑で、それは不思議な空間でした(^_^;)

Re

Aralagiさん、こんばんは!
> 福島屋旅館は私も行ったことがあります。古い銭湯のような脱衣場とか、レトロな雰囲気も含めて良かったです。確かに壊れたらそのまま廃業してしまいそうな感じですよね~。
おっ!
Aralagiさんも行かれてましたか?!
ギシギシ鳴る廊下とか、裸電球の下がった脱衣場とか、
こんなレトロな温泉旅館が今でもあるって、ホントに素晴らしいですよね。
400円という、熱海では超のつくほど良心的なお値段といい、
これからも、できるだけ長くがんばってほしいものです(*^_^*)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riyunohigaeri.blog.fc2.com/tb.php/397-fad7fafb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

静岡県熱海市  ホテルアイオラ (★★★) «  | BLOG TOP |  » 静岡県熱海市  熱海駅前足湯 家康の湯 (★★☆)  

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。