....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県伊豆市 白岩の湯 (★★★☆) - 2010.06.20 Sun

伊豆市の市営施設です。

共同浴場ですが、地域交流関係施設の中にあるため、「温泉」で検索しても出てきません。

2010062001P1000063-1.jpg



玄関の看板は「中伊豆交流センター」と書かれています。

2010062002P1000064.jpg

ここは、大人200円という安さが大変魅力です。



いそぎ旅なもので、例によって、さっそくお風呂です♪

脱衣室内のロッカーは100円の有料でしたが、

それを使わなくても、外には無料の貴重品ロッカーがありましたので、ぜんぜんオッケーでした。

2010062003P1000067.jpg

温泉には先客の方がありました。

なので、ザンネンですが、カメラは入れませんでした・・・(・_・)



とか、言いながら・・・ えいっ!!

パシャリ!!

2010062004P1000068.jpg

1枚だけ撮らせていただきました(*^_^*)

こんなカンジです(*^^)v



まあ、タイル張りのありきたりのお風呂で、窓から何が見えるというわけでもありません。

ですが、この安さですから何も文句はありません。

2010062005P1000069-1.jpg

えーと、お湯のほうは・・・ 

無色透明のお湯は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉ということでした。

さらり系ですね。

匂いも、特段それほどのものはなし・・・っと。



入浴後にソファーの休憩室によってみました。

2010062007P1000071 (2)



ロビーの正面には、展示ケースに戦国武将風の甲冑が飾ってありましたが・・・

2010062007P1000071.jpg

当地にゆかりの武将の関係ででもあったのでしょうか?

ご存知の方があったらお教えください(*^_^*)



で、まあ、そういうことで、さくっと、白岩の湯は終わりにして・・・

2010062008P1000072-1.jpg

これで3つですが、まだいけるかな? どう??

ん? まだ1時前? まだいけそうですよね!



ぅよっしゃあぁぁー!!




施設名称:白岩の湯
所 在 地:静岡県伊豆市上白岩367
電  話:0558-83-2298
訪 問 日:平成22年6月20日
入浴料金:大人200円
U R L:なし
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riyunohigaeri.blog.fc2.com/tb.php/29-64f2422b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

静岡県伊豆市  ごぜんの湯 (★★★) «  | BLOG TOP |  » 静岡県伊豆市  世古の大湯 (★★★★☆)

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。