....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県箱根町  弥坂湯 (★★★☆) - 2015.02.01 Sun

2月1日の日曜日、箱根の旧道沿いにある町営の温泉施設 「弥坂湯」に行きました。

2015020101RIMG0274.jpg

以前も来たことがありますが、うーん・・・ メモを見返すと、5年も前のことでした。



でも、うれしいことに、入浴料金は5年前と変わらず650円のままでした。

2015020102RIMG0292.jpg

5年前は高いなあと感じましたが、周りが値上げした今となっては、まあまあ、ですかね(^^ゞ



玄関を入ると正面に番台(受付)がありまして、その左右がお風呂場への入口です。

2015020103RIMG0277-1.jpg

こんな木製のガラス引き戸も今ではなかなかお目にかかれないですよね。



そのガラスの引き戸の奥の脱衣場は、およそ6畳ほどの板張りでした。

2015020104RIMG0278.jpg

忘れてましたが、この反対側にはちゃんと鍵付きの木製ロッカーもありました。



そうそう、お風呂はこんなだったです!  これはだいたいおぼえてましたよ~(^^♪

2015020105RIMG0282-1.jpg

まあるい水色の浴槽がきれいですね。  前はお風呂で、近くのおじさんと話したっけ・・・



でも、今日はたまたま私1人だけでしたので、写真を撮らせていただきました。

2015020106RIMG0284-1.jpg

受付で、今日は温度が低いのでゆっくり長く浸かってくださいね、と言われたとおり、



お湯はぬる目で、浴槽に浮かんでいた温度計を見ると40℃しかありませんでした。

2015020107RIMG0286-1.jpg

それでも15分も浸かっていたところ、意外とポカポカしてきて顔から汗が噴き出してきました。



こういうのが掛け流しの温泉効果なんでしょうか?  ちっとも熱いお湯じゃないんですけどね。

2015020108RIMG0291-1.jpg

お湯はアルカリ性単純温泉でPH8.7、まろやかですが、特にくせのないお湯でした。



源泉温度が45.8℃で、加温もしないので、冬には40℃ほどになってしまうようです。

2015020109RIMG0294.jpg

賑やかな観光地の箱根にあって、こんな鄙びた公衆浴場は、ある意味、貴重です。



これからも続いてほしいなあと願いつつ、その後は仙石原にて、いつもの記念撮影をしたのでした。

2015020110RIMG0301-1.jpg

>>平成26年12月25日の仙石原はこちら>>




施設名称:弥坂湯
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町湯本577
電  話:0460-85-5233
訪 問 日:平成27年2月1日
入浴料金:大人650円
U R L:http://www.town.hakone.kanagawa.jp/hakone_j/ka/soumu/yasakayu.html(箱根町HP)


※ 追記に過去の訪問記録を置いていますが、単に私のメモですのでスルーしてください。



こちらは平成21年12月20日の訪問メモです。



今年はたくさんの温泉に行きました(*^_^*)

でも、神奈川県に住む者にとって、やっぱり箱根は特別です!
 
ということで、2009年のおそらく最後の箱根訪問になると思いますが、

早朝から車を走らせて、箱根旧道沿いの共同浴場「弥坂湯」に行ってきました。



ここは駐車場がありませんので、100mほど上の正眼寺さんの参詣者用の駐車場に置かせていただきました。

早朝なので参詣の方もなく、別段ご迷惑にはならないだろうと勝手に解釈して・・・

どうもすみませんでした、ありがとうございました



ここ、弥坂湯は箱根町の温泉組合の運営する共同浴場です。

町内の方は格安で(確か300円だったような・・・)入れますが、

町外からも650円で入れていただけます。



受付で650円をお支払いし、横のガラス戸を引くと、すぐに6畳くらいの脱衣所となっています。

脱衣所にはロッカーが設置されていました。



浴室の戸をあけると、およそ10畳くらいのタイル張りの浴室に直径2mほどの円形の浴槽がありました。

浴室はこれだけで、いたってシンプルな作りです。



朝9時からの営業で、9時5分頃入ったと思いますが、すでに先客の方がありました。

お湯は、冬の寒い時期にしてはぬるめです。

先客の方の言われるには、源泉そのままなので、夏は熱いけれど、

冬はパイプを通ってくる間に冷めてしまうのだそうです。

そのため、長くお湯に浸かって温まるのが良いのだそうでした。



なるほど、見上げると貼紙に「100%源泉掛け流しで加温もなし」と誇らしげに書かれていました。

掛け流しのお湯は無色透明、無味無臭です。

表示にはアルカリ性単純温泉、PH8.7と書かれていましたが、

いたってくせのないさらりとしたお湯でした。



お客さんはそのうちもう1人、私が出る間際にまた1人いらっしゃいましたが、

話の中味から、皆さんお知り合いのようで、近所の方らしく思われました。



さて、以上、地元の方に親しまれている弥坂湯ですが、

源泉掛け流しのお湯は良かったのですが、箱根の共同湯としては「太閤湯」が300円、

「姫之湯」が400円、「上湯大衆浴場」が500円ですから、

町内の方と同じにとは言わないまでも、500円くらいにしてほしいなぁと、

欲ばっちゃったりなんかして・・・ すみませんですー(;^_^A




施設名称:弥坂湯
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町湯本577
電  話:0460-85-5233
訪 問 日:平成21年12月20日
入浴料金:大人650円
U R L:なし
関連記事

● COMMENT ●

こんにちは。。

りゆうさんは実にいろいろな温泉に行かれてますね。。
自分はこのブログを単に温泉ブログというだけでなく資料的な目線でも見ています。
また自分が行くであろう温泉の予習的な下調べ的にも活用させてもらっています。。
これからも様々な温泉の旅を繰り広げてください。。楽しみにしています。。

Re: こんにちは。。

鳥もつ900さん、こんばんは!

> りゆうさんは実にいろいろな温泉に行かれてますね。。

いつの間にかこんな数になってしまいました。
私自身、最初はこんなになるとは思っていなかったのですが、
どうも・・・ 凝り性なものですから、何かを始めるとはまってしまって、なかなか抜け出せなくなってしまいます(^_^;)

> 自分はこのブログを単に温泉ブログというだけでなく資料的な目線でも見ています。
> また自分が行くであろう温泉の予習的な下調べ的にも活用させてもらっています。。
> これからも様々な温泉の旅を繰り広げてください。。楽しみにしています。。

ありがとうございます。
こんなワンパターンな温泉ブログですのに、いつもご覧いただき本当にうれしいです。
ただ、たまたま訪問した時の印象だけで書いていますので、鳥もつ900さんの予習や下調べの役に立つかはわかりませんが、もうしばらくは続けていこうと思っています。

あたたかいコメント、どうもありがとうございました(^o^)/


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riyunohigaeri.blog.fc2.com/tb.php/106-aa2c2548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神奈川県箱根町  箱根強羅温泉 楽々花 (★★★☆) «  | BLOG TOP |  » 千葉県鋸南町  笑楽の湯(鋸南町老人福祉センター) (★★★)

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。