....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2015-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群馬県前橋市  赤城温泉 花の宿 湯之沢館 (★★★) - 2015.10.04 Sun

10月4日、群馬県からの帰りにもう1つ寄ってみた「赤城温泉 花の宿 湯之沢館」です。

2015100401RIMG0130.jpg

浮世絵風のずいぶん目立つ看板のそばに、赤く塗装された派手な階段がありました。



階段を降りきって見えてきた赤い看板・・・   どうやらあれが「湯之沢館」のようですが、

2015100402RIMG0108.jpg

看板がなければ普通の民家と見まがうような、古い木造モルタル塗りの2階建てですね。



こちらは「るるぶ」で滝のそばの「瀬音露天風呂」というのがいいというので来てみたのです。

2015100403RIMG0109-1.jpg

玄関を入り入浴をお願いしてみると、入浴は1時間程度で、料金は600円ということでした。



お風呂に向かう途中の掛け札・・・ えっ! 「瀬音露天風呂はただ今の時間は混浴」だって!

2015100404RIMG0124-1.jpg

ま、そうは言っても、女性はもう1つの「赤城名月風呂」とやらに入るんでしょうね・・・(^_^;)テヘヘ



ということで、一瞬、美女と混浴かも(!)というあらぬ妄想が頭をよぎったおバ○な私でした(^_^;)

2015100405RIMG0120.jpg

瀬音露天風呂の前、すぐ左手は渓谷のようで、いかにも滝もありそうないい雰囲気でした。



脱衣場は古い体重計があり、ご覧のとおりの棚とブラの脱衣かごがあるだけの素朴な作りです。

2015100406RIMG0114.jpg

見た感じお客さんは数人というところで、私も手早く服を脱いでさっそくお風呂に入ってみました。



湯船は2つ、川側と内側にありましたが、どちらも温泉成分で赤茶けて変色した石組みのお風呂です。

2015100407RIMG0112-1.jpg

私、最初内側に浸かっていたところ、川側に浸かっていた人が出て来まして、それが、ナント、女の人!!



もちろんタオル巻きでしたが、いや、これが、あの、決して、そこそこ・・・( ← って、ナニ言ってんだろ(~_~;) )

2015100408RIMG0113.jpg

私、ちょうど立ちあがって、川側に移ろうとしていたところでしたので、かなりアセッテしまいました(^_^;)



私も、いわゆる混浴温泉にはあちこちで入りましたが、実際に女性と遭遇したのは2~3回しかありません。

2015100409RIMG0115-1.jpg

・・・て、あれっ?  動揺したせいで、滝があったかどうか見てくるのを忘れちまったじゃないですか!



うすい笹濁りのお湯は、内側は適温でしたが、川側は源泉そのままらしくぬるかったことと、

2015100410RIMG0123.jpg

カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉でPH6.5ということだけメモしてたんですけどね・・・




施設名称:赤城温泉 花の宿 湯之沢館
所 在 地:群馬県前橋市苗ケ島町2027
電  話:0120-268-225
訪 問 日:平成27年10月4日
入浴料金:大人600円
U R L:http://www.hananoyado.com/
スポンサーサイト

群馬県川場村  湯郷 小住温泉 (★★★☆) - 2015.10.04 Sun

10月4日の日曜日、群馬県内でちょっとした用事があって、早朝から関越道を走りました。

2015100401RIMG0106-1.jpg

用事のほうはとりあえず午前中で片づけて、午後からは県北部の川場村に回ってみました。



そして、川場村で立ち寄ってみたのが、2000m級の百名山の1つ武尊山(ほたかさん)の麓、

2015100402RIMG0103-1.jpg

湯郷 小住温泉(こじゅうおんせん)・・・  で、さっそく中に入りまして、入浴料金は650円でした。



お風呂は浴室と露天の2つだけでしたが、なんと、露天風呂のお湯はプーンと白タマゴ臭がします。

2015100403RIMG0088-1.jpg

とろっとして柔らかな肌触りのお湯は、温泉分析書によるとPH9.4の単純硫黄温泉ということでした。



しかし、このあたりまで来ると緑いっぱいで、空は青いし空気はおいしいし、生き返るような心地がしますね。

2015100404RIMG0099-1.jpg

午前中に訪問したある場所のイベントでも感じましたが、環境って本当に生きていくうえでとっても大事です。



世界各地の再生不能な乱開発や原発のことを持ち出すまでもなく、46億年といわれる地球の歴史の中で、

2015100405RIMG0097.jpg

近年の急激な環境悪化をもたらしているのは、たかだかこの100年ほどの人類の所業にほかなりません。



驚愕すべきことですが、現在では1年間に4万種もの動植物などの生命が絶滅しているそうです。

2015100406RIMG0095-1.jpg

・・・って、計算してみると、毎日、およそ110種もの生物が死に絶えていくということじゃないですか!!



また、テレビでもやってましたが、近年のゲリラ豪雨や洪水などの異常気象も、結局、環境悪化のせいです。

2015100407RIMG0093.jpg

私たちのかけがえのない地球と環境を未来に伝えていくためには、どうしたらいいんでしょうか・・・



と、かくいう私も、仕事でもないのにいつも車を乗りまわして、本当はどうかと思うところもあります・・・ 

2015100408RIMG0101.jpg

そんなことを考えながら、ひなびた温泉に浸かっておりますと、もうそろそろ潮時かなあと思ったりします。



あん? これまでずいぶん好きにやっといて、いまさら勝手だね、という声も聞こえるような気もしますが、

2015100409RIMG0102.jpg

申しわけありません・・・  でも、正直、もういいかなあ・・・  というのが私の最近の心境です・・・  




施設名称:湯郷 小住温泉
所 在 地:群馬県利根郡川場村湯原1851-2
電  話:0278-50-1155
訪 問 日:平成27年10月4日
入浴料金:大人650円
U R L:http://www.yugo.co.jp/spa/kojyu/index.html

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。