2014-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城県行方市  北浦温泉 北浦荘 (★★★) - 2014.11.22 Sat

茨城県の太平洋岸からの帰り、行方市の公共施設「北浦荘」に行ってみました。

2014112201RIMG0112.jpg

ご覧のとおりのかなり年季の入った建物は、調べてみると昭和43年築のようでした。



場所は、霞ヶ浦には及びませんがそれでも十分大きな湖、北浦の左岸にありました。

2014112202RIMG0098.jpg

入浴料金は市の内外を問わず、大人400円といううれしい安さですが、



もとは老人福祉センターだったらしく、今でも65歳以上の市民は300円です。

2014112203RIMG0099.jpg

しかし、この安さゆえにか、お客さんは何人もいらっしゃるようで、



大小2つの浴槽がありましたが、今度ばかりは私1人というわけにはいきませんでした。

2014112204.jpg

なので、こちらの写真は、行方市観光協会のHPからお借りしたものですが、



ただ、実際の男湯は、上の写真とは左右が逆の形になっていました。

2014112205RIMG0101.jpg

これはもう1つの小浴槽で、こちらは私の実写ですが、ぬるめのお湯でした。



温泉分析書もありましたので見てみると、お湯はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、

2014112206RIMG0100-1.jpg

PH8.6、淡黄褐色透明で無臭ですが、口に含むとわずかに塩味がありました。



洗い場は順番待ち状態でしたが、お風呂も長く浸かる人が多く、順番待ちに近かったですね。

2014112207RIMG0107-1.jpg

1階にも休憩室は2か所ありましたが、こちらは2階の休憩室(カラオケあり)です。



1階の畳の休憩室には、多くのお客さんが寝ころんでいらっしゃいましたが、

2014112208RIMG0109-1.jpg

2階のこの広い和室に、誰1人いなかったことを思うと、もしかして、別料金だったとか??



と思うと、急に落ち着かなくなり、私はそそくさと2階から降りたのでした(^_^;)

2014112209RIMG0096-1.jpg

以上、少し窮屈なのが難点ですが、それにしてもこの値段が魅力的な北浦荘でした。




施設名称:北浦温泉 北浦荘
所 在 地:茨城県行方市山田121
電  話:0291-35-2821
訪 問 日:平成26年11月22日
入浴料金:大人400円
U R L:http://www.namekan.jp/upsys_pro/news.php?mode=detail&type=1&code=524(行方市観光協会)
スポンサーサイト

茨城県鉾田市  トップサンテ大洋 (★★★☆) - 2014.11.22 Sat

勤労感謝の日を含む三連休の初日、茨城県の「トップサンテ大洋」に行ってみました。

2014112201RIMG0071-1.jpg

都内を通過して行くわけですので、思ったよりも時間がかかってしまいましたが、



それでも、10時のオープンの10分前ほどには着くことができました。

2014112202RIMG0068.jpg

円形広場の先から見えるのは、本物の外洋(太平洋)ではありますが、



しかし、なぜに「大洋」? ・・・と思って、ウィキで調べてみたところ、

2014112203RIMG0086-1.jpg

こちらも、合併で鉾田市が誕生する以前は、大洋村という村だったからなんですね。



中は温水プールあり、トレーニングルームもありで、お風呂もプールも利用すると950円です。

2014112209RIMG0072-1.jpg

お風呂だけなら850円ですが、決して安いという値段じゃないですよね。



脱衣場のロッカーキーは、受付で入浴料金を払うと渡されるというシステムでした。

2014112211RIMG0078-2.jpg

では、ロッカーに荷物をぶち込んで、さっそく温泉の取材に行ってきますね~(^^♪



まず、内湯ですが、こちらの浴槽は2つに分かれ、左は黒湯、右は透明でした。

2014112206RIMG0080.jpg

黒湯はしょっぱくて、ぬるぬるベトベト、おそらく塩化物泉だと思われます。



次は、露天風呂ですが・・・  いかがですか、露天風呂からの太平洋は?  

2014112207RIMG0083-1.jpg

手前のヒノキ枠のお風呂は黒湯で、ジェット装置のため細かい泡が消えずに、



ほら、黒ビールの泡のように、微細で消えにくい泡が、ブクブクになっていました。

2014112208RIMG0079-1.jpg

こちらの写真は、脱衣場に続くパウダールームから外を見たところですが、



寝ころび湯に浸かっているお客さんが、チラと見えたりしていました・・・(^_^;)

2014112204RIMG0074-1.jpg

そのほか、10人ほど入れるゆったりしたサウナと、もちろん水風呂もありましたので、



こんな遠くまで来ているのに、私ときたら、10分×3回ほどしっかり汗を流してきました(^^ゞ

2014112210RIMG0093.jpg

温泉分析書を確認すると、お湯はやはりナトリウム-塩化物泉でPH7.3とのことで、

まあ悪くはないと思いましたが、もちろんもっと安ければ、なおうれしいですけどね(^_^;)




施設名称:トップサンテ大洋
所 在 地:茨城県鉾田市上幡木1500-2
電  話:0291-39-6500
訪 問 日:平成26年11月22日
入浴料金:大人850円
U R L:http://www.sopia.or.jp/topsante/index.html

静岡県南伊豆町  南伊豆小館 (★★★☆) - 2014.11.15 Sat

ここは伊豆半島の最南端の町、南伊豆町の下賀茂地区です。 

以前通りすがりに、道ばたで「日帰り温泉」ののぼり旗を見かけました。

2014111510RIMG0051-1.jpg

その時は、急いでいたためやむなくスルーしましたが、

それ以来気になっていたペンション風の建物、「南伊豆小館」でした。



今日もやはり、のぼり旗がはためいていたので立ち寄ってみたのです。

2014111501RIMG0053.jpg

玄関を入ると左手には、アジアンテイストな広々としたレストランがありましたが、

お客さんはもちろんのことスタッフの姿さえなく、シーンと静まり返っていました。



しばらくして出てこられたご主人らしき方に、日帰り温泉の旗を見たのですが・・・

2014111502RIMG0049-1.jpg

とお願いすると、はい、どうぞ、とすぐに入れていただけることになりました。



準備しますのでちょっとお待ちくださいね、と1分ほど待たされた後、

案内されたのは、レストランを抜け、いったん外に出た別棟の建物でした。

2014111503RIMG0036.jpg

脱衣場の木製の腰かけの上には、大きめの籐製の脱衣籠が置いてありました。



さっそく入ってみた浴室は、石タイル張りの3~4人サイズの浴槽ですが、

例によって(?)私1人だけで他に誰もいませんので、これで十分な広さです。

2014111504RIMG0039.jpg

この浴槽の左半分は浅くなっていて、寝ころべて気持ち良かったですよ。



ご主人から、下賀茂温泉は塩分が強いので石鹸が泡立ちませんから、

身体を洗うときは洗い場のお湯を使ってくださいね、と言われました。

2014111505RIMG0043.jpg

なるほど、塩辛くてややべとつき感があり、肌に食いつく強い性質のお湯でした。

それに、ご覧のとおり、浴槽に注がれる温泉の蛇口は析出物でこんなになっています。



外には、2人程度の小ぶりなサイズながら、岩風呂風の露天風呂もありました。

2014111506RIMG0041.jpg

周囲は塀に囲まれていて、何が見えるという訳ではありませんが、



岩を枕に寝そべるように、成分の濃いお湯に身体を預けていると、

11月の涼しい風が顔をなでてそよぎ、なんとも言えない心地よさでした。

2014111507RIMG0047.jpg

こちらは、お湯に浸かった目線で、パシャリ!  ・・・と、こんな感じでした。



下賀茂温泉は、ナトリウム-塩化物泉で、水素イオン濃度は8.0だそうです。

含有成分の総量は12,549mgもあるとのことです。(※温泉法の基準は1,000mg以上)

2014111508RIMG0065-1.jpg

単純温泉も悪くはないですが、たまにはこうしたガツンと強い温泉もいいものですね。

ワンコインで良質の温泉にのんびり浸かれて、意外と穴場かも、と思いました(^^♪ 



さて、最後はオマケですが、帰る途中、今日は伊豆諸島がきれいに見えましたので・・・

2014111509RIMG0058-1.jpg

左から、利島(としま)、鵜渡根島(うとねじま)、新島、三宅島・・・ でしょう、たぶん(^_^;)

さあて、では、この後は伊豆スカイラインに乗って急いで帰りますよ!  ではさようなら~(^.^)/~




施設名称:南伊豆小館
所 在 地:静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂8番地
電  話:0558-62-0471
訪 問 日:平成26年11月15日
入浴料金:大人500円
U R L:http://www.mshokan.com/

静岡県西伊豆町  アクーユ三四郎 (★★★★) - 2014.11.15 Sat

さわやかな秋晴れとなった11月15日の土曜日は、伊豆半島を目指して走りました。

途中、藤沢の新湘南バイパスから、正面に富士山が見えたのでパシャリと・・・♪

2014111501RIMG0010-1.jpg

いつの間にか山頂付近は白く冠雪し始めていて、そろそろ本格的な冬なんですね。



朝8時半に出発して着いたのは12時過ぎ、土曜日はやっぱり車が多かったです(^_^;)

着いたのは、前から来てみたかった、海の眺めが絶景と評判の「アクーユ三四郎」です。

2014111502RIMG0033.jpg

これまで、入浴料金が1180円もするので、おいそれと来ることができませんでした(^_^;)



でも、今回、温泉博士12月号のおかげで、初めて訪問することができたのです(^o^)

ただ、小心な私はどうしても、無料クーポンを出すときはドキドキしてしまうのですが、

2014111510RIMG0064-1.jpg

さすがに教育の行き届いた観光ホテルですね、にっこりと受付けていただきました。



ということで、さっそくエレベーターに乗り、2階の温泉に向かいました。

こちらはお風呂の手前の休憩コーナーですが、うん、さすがに、眺めはよさそう!

2014111503RIMG0015-1.jpg

これなら、露天風呂からの眺めも、かなり期待できそうですね~(^^♪



ところで、この「アクーユ三四郎」ですが、ホテルの名前としてはユニークですよね。

まず、何が「三四郎」かということですが、200mほど沖合の三四郎島にちなんでいます。

2014111504RIMG0023-1.jpg

そして、この三四郎島は、普段は海に浮かぶ島ですが、干潮時には「トンボロ現象」といって、

島まで歩いて渡れる幅30mの「瀬」が出現する、観光の名所としても知られています。



ちなみに、三四郎は夏目漱石・・・ とは全然関係なくて、伊豆三四郎とかいう昔の武将らしいです(^^ゞ

2014111505RIMG0017-1.jpg

それに、アクーユは Accueil で、「おもてなし」の意味 ・・・ですよね、クリステルさん?(^^ゞ



と、ぶつぶつ独り言をつぶやいているうちに、場面は既にお風呂となっていました。

明るい浴室は清潔感があり、15人くらいは浸かれそうな大きな浴槽がありました。

2014111506RIMG0018.jpg

さて、それでは、絶景と言われる評判の露天風呂に行ってみることにしましょう♪



おおっ、これは、なかなかですね!  はるか沖にはくっきりと水平線も見えています。

しかも、よく見ると、三四郎島へ渡る道が海上に現われているじゃないですか!

2014111507RIMG0022-1.jpg

これぞまさしくトンボロ現象です!  グッドタイミングだったみたいですね~(^^♪



ちなみに、昔、天童よしみさんが歌った「珍島(チンド)物語」という歌がありましたが、

あの中の、「海が割れるのよ 道ができるのよ 島と島とがつながるの」というのは、

2014111508RIMG0020-1.jpg

韓国の西南にある珍島(チンド)に出現するトンボロ現象のことを歌ったものだそうです。



と、まあ、今日は無料でこんな絶景の露天風呂に入れてもらったうえに、

珍しいトンボロ現象まで見ることができて、ホント、ありがとうございました~(^o^)/

2014111509RIMG0035-1.jpg

あ、ちなみに、お湯はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉でPH8.8、湧出温度は42℃でした。

ということで、やたらと、ちなみまくった(?)ウンチクな一日のリポートでした~(^_^;)




施設名称:アクーユ三四郎
所 在 地:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2145
電  話:0558-52-0346
訪 問 日:平成26年11月15日
入浴料金:大人1180円
U R L:http://www.ac-sanshiro.com/

千葉県君津市  神門コミュニティセンター (★★★☆) - 2014.11.08 Sat

千葉県君津市には、市民の地域交流の拠点となる「コミュニティセンター」という施設があります。

2014110801RIMG0251.jpg

その1つの「神門(ごうど)コミュニティセンター」には、温泉があるというので行ってみました。



実はずいぶん以前ですが、千葉県の温泉情報を発信されているひろろろろさんから、

「ディープな施設だ」と聞いていましたので、こわいもの見たさ(?)の面もありました(^_^;)

2014110802RIMG0260-1.jpg

玄関を入ると左手の受付では、おばちゃんがお客さんとペチャクチャおしゃべりしていました。

地域住民からなる委員会が管理しているということなので、ほとんどが知り合いという感じです。



おばちゃんに聞くと、料金はなんと、公衆浴場の半値以下の200円という安さでした。

2014110811RIMG0265-1.jpg

受付ノートに、男女の別と、どこから来たか(〇△市などと)書くように言われましたが、

利用統計のために来場者に記帳させるというのは、たまに公民館などであるパターンです。



おっ、さすが千葉県!  ホールにはこんな振り込め詐欺防止のポスターがありました。

2014110803RIMG0261-1.jpg

・・・が、ふうむ・・・  まあ、ここまでのところは、特に大丈夫そうですね・・・



ただ・・・ 受付のおばちゃんは、私が市外からということで、わざわざ追いかけて来て、

ロッカーはありませんからね、もっともここには盗るような人はいないけどね、だって・・・

2014110804RIMG0255.jpg

入ってみると、4畳半ほどの脱衣場はこんな様子で、なるほど、棚とかごがあるだけでした。

ご覧のとおり、お客さんはかなりの人数がいらっしゃるようです。



盗るような人はいないと言われたって、そこはやはり心配ですから、

2014110805RIMG0258-1.jpg

私はいつものように、財布などを袋に入れて浴室に持ち込むことにしました。



浴室は、扉を開けたとたんに、なぜかわずかにアンモニア臭のような刺激臭を感じました。

中は6~7人、お湯に浸かったり洗っていたり、窓際に腰掛けて話をしていたりと人がいっぱいでした。

2014110806godofuro11.jpg

狭い浴室にお客さんがいっぱいなので、上の写真はHPからお借りしたものです(^_^;)

洗い場も3か所しかなく、身体を洗うのには空きを待つ必要がありました。



お湯はうすい茶褐色で底がなんとか見える程度、やや熱めの湯加減ですが、

2014110807RIMG0259.jpg

肌ざわりはツルッとした感じで、塩味があって悪くないダシだと思いましたよ。



今日は、ちょっと時間のことも気になって、お湯に浸かっただけで早々に出てきましたが、

浴室の前の前室(待合い室)では、お風呂あがりの皆さんがひと休みされていました。

2014110808RIMG0270.jpg

待合い室の壁にあった表示によると、お湯はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉でした。



ということで、ザブンと浸かってサクッと出てきたコミュニティセンターのお風呂でしたが、

確かに近所の人ばっかりで濃い雰囲気ですが、そんなにこわくは(?)なかったですよ(^^ゞ

2014110812RIMG0253-1.jpg

そうそう、他の人はみんな回数券を持っていました。 現金を出したのは私ぐらいでしょうね。

あ、それから、駐車スペースは少なくて、私は近くの某所に路駐してしまいました(^_^;)



さて、お風呂の後は、都合により急ぎますので、東京湾アクアラインをぴゅーんとひとっ走りします。

2014110809RIMG0276-1.jpg

今日は海ほたるPAにも寄らずに、そのまま海底トンネルに潜ります~♪



アクアラインから首都高湾岸線に入り、早くも見えてきたのは横浜ベイブリッジです。

うん、さすがにアクアラインを使うと速いですね~  これなら十分、時間に間にあいそうです。

2014110810RIMG0288-1.jpg

いえね、きょうは5時においしいカレー屋さんに行く約束があるんです(^^ゞ  では、そういうことで~(^_^)/~




施設名称:神門コミュニティセンター
所 在 地:千葉県君津市人見1462番地41
電  話:0439-87-1958
訪 問 日:平成26年11月8日
入浴料金:大人200円
U R L:http://www.city.kimitsu.lg.jp/contents_detail.php?frmId=642(君津市役所HP)

千葉県鴨川市  高鶴山荘 (★★★) - 2014.11.08 Sat

11月8日の土曜日、久しぶりに東京湾アクアラインを通り、房総半島に渡ってみました。



考えてみると最近千葉県に行ってないなあ、と昨晩、ふと思ったんですよね。

2014110801RIMG0249.jpg

ということで、2時間半ほど早送りして、鴨川市の山中の「高鶴山荘」に着いたところからスタートです(^^ゞ



入浴は11時からとの情報を得ていたので、途中時間調整して11時少し過ぎに着きました。

2014110802RIMG0248.jpg

車を降りると、かなり賑やかにワン公の出迎えを受けました。( ← つまり、メチャクチャ吠えられた(^_^;) )



最初、どこが玄関かわからずに、石段を登ってコテージのほうまでウロウロしましたが、

2014110809RIMG0244.jpg

そのワン公の吠え声で、建物の中からおじさん(ご主人?)が出てこられました。



ま、ある意味、このワン公、人感センサー付きのアラームみたいなもんですよね。

2014110803RIMG0243.jpg

いや・・・  そもそも、人感センター付きアラームがワン公の代わりなのでした(^_^;)



ワン公の話はともかく・・・  「山荘」というので、まさか季節営業で今の時期はやってないとか・・・

2014110804RIMG0232.jpg

なんてことは? と思いましたが、幸いすぐにお風呂に入れていただけることになりました。



入浴料金は650円でした。  さっそく案内していただいたお風呂の脱衣場です。

2014110805RIMG0235.jpg

脱衣場には木製の棚にプラのかごだけで、鍵付きロッカーなどはありませんが、



今日は明らかに、私の他はお客さんは誰もいませんのでまったく問題ありません。

2014110806RIMG0238.jpg

お風呂は、こんなタイル張りの浴槽が1つだけというシンプルなもので、



奥行き1m×横幅2.5mほどで、譲り合えば4人程度が浸かれるサイズです。

2014110807RIMG0241.jpg

お湯自体は無色透明、無味無臭で、特別の浴感はありませんでしたが、



まあ、いつものとおり(?)私一人ですから、ふう~、ごくらくごくらく・・・(^^♪

2014110808RIMG0233-1.jpg

温泉分析書によると、重炭酸そうだの項による温泉法上の温泉で、PH8.4でした。



私が帰る頃、奥でパタパタと忙しそうに食事の支度などされているようでしたが、

2014110810RIMG0245.jpg

もしかすると、例えば、近隣の法事の後の会食かなにかの予約でもあったのかもしれません。 



あたりには、いかにもそんな光景が似合いそうな、鄙びた村ののどかな空気が漂っていました。




施設名称:高鶴山荘
所 在 地:千葉県鴨川市上531-2
電  話:0470-92-9271
訪 問 日:平成26年11月8日
入浴料金:大人650円
U R L:http://www.takatsuru.com/

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。