....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2014-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉県秩父市  谷津川館 (★★★) - 2014.06.29 Sun

早いものでドイツの優勝でW杯も終わり、今日はもう7月16日になってしまいました。

2014062901RIMG0183-1.jpg

いいかげんに6月の訪問記事は書き終えないと、私の記憶もだんだん薄れてしまいます(^_^;)



てなことで、かなりおざなりかとは思いますが、とりあえず、よろしくおねげえしますだ( ← ?(^_^;) )

2014062910RIMG0207.jpg

そうそう・・・  前回の続きで、埼玉県の奥秩父からのリポートなんですが・・・



奥秩父の谷津川館は、私の持っている、ちょっと古い「るるぶ」に、こんなのがあったんです。

2014062911RIMG0370-1.jpg

2014年6月末日まで 秩父生酒1本サービス!  ・・・って、もう、6月29日だけど・・・?!



で、それがどうだったかは置いときますが・・・  こちら、館内に足湯もあるんですよ。 

2014062902RIMG0185-1.jpg

でもまあ、温泉目的で来てますので、とりあえず自信を持って(?)スルーしましたけどね(^^ゞ



で、まず、温泉に行ってみました!( ← ・・・てか、いつものとおりの平凡な展開ですが(^_^;) )

2014062904RIMG0188.jpg

脱衣場はこんな感じ・・・  棚とかごだけで鍵付きロッカーはありませんでした。



が、宿の方も、「今、誰もいらっしゃいませんから・・・」とおっしゃっていました(^^♪

2014062905RIMG0192.jpg

という、お言葉のとおり、やっぱりお風呂には誰もいらっしゃいませんでした。



ご覧のとおり、ガラス張りの浴室は明るく、外の緑も鮮やかに映えていい感じでした。

2014062906RIMG0200.jpg

さらにこの外には、岩風呂風の10人ほどの広さの露天風呂もありました。



このあたりは静かでいいですねぇ・・・  露天風呂に注がれるお湯の音しか聞こえません。

2014062907RIMG0198.jpg

他に誰もいないので、ちょっと行儀は悪いのですが、石を枕に寝ころんでみました。



それで、はあ~~  やっぱり、温泉はええなあ~ と、しみじみしちゃったのでした(^^♪

2014062908RIMG0190.jpg

お湯は、分析書によると、アルカリ性単純温泉で、PH9.97だそうです。



無色透明、無味無臭で、特別な肌ざわりはありませんが、アルカリ度はかなり高いですよね。

2014062903RIMG0187.jpg

ということで、秩父の谷津川館でしたが・・・  あっ、例のクーポンの話ですよね。



フロントでかるーく「あっ、これもう、終わったんですよ~」と言われて、あえなくKOでした(^_^;)

2014062909RIMG0205.jpg

ですが、「そのかわり100円引きにしますね」と言われました。 

まあ、そう言われれば、うれしくない訳はないわけでして、ありがとうございました~(^^♪




施設名称:谷津川館
所 在 地: 埼玉県秩父市荒川白久455
電  話:0494-54-1400
訪 問 日:平成26年6月29日
入浴料金:大人1000円
U R L:http://www.yatsugawa-kan.co.jp/
スポンサーサイト

埼玉県秩父市  天然自家温泉 星音の湯 (★★★)  - 2014.06.29 Sun

6月29日の日曜日は、朝から埼玉県の温泉めぐりに出かけました。

そして10時半過ぎ、今、秩父市内のスパ施設「星音の湯」に来ています。

2014062901RIMG0154-1.jpg

本当は、さいたま市内で1か所寄ったんですよね。

某ガイドで、8時からやってるというので行ったのですが、実際は10時からでした。



それで、2時間近く待つこともできず、足を延ばして奥秩父までやってきたのです。

2014062902RIMG0170-1.jpg

アプローチの雰囲気は落ち着いていて悪くはありませんでした。



ただ、入浴料金は930円と、高めの設定です。

少し前のガイドブックでは900円となっていますので、これも消費税の影響のようですね。

2014062903RIMG0168.jpg

前から思っているのですが、埼玉の秩父エリアは、なぜかどこも高めの設定です。

箱根や熱海が高いのはわかりますが、どうしてなんでしょうね・・・



と、ぶつくさ言っているうちに、早くもお風呂の前までやって来ました。

2014062904RIMG0155-1.jpg

それなりに払ったんだから、しっかりもとを取ってやるぞ、と力の入る私でした(^_^;)



ということで、さっそく入ってみたこちらが内湯の浴室です。

お湯は、うす緑っぽくて、わずかに濁りのあるお湯でした。

2014062905RIMG0166.jpg

お客さんはいらっしゃいましたが、混雑はしていませんので、パシャリと・・・



私の大好きなサウナもありまして、2段式で10人ほどの広さです。

遠くまで来ているのですが、私、もとを取ろうと12分×3回ほども・・・(^^ゞ

2014062906RIMG0158-1.jpg

水風呂もちゃんとありましたので、サウナの後はハア~ッと爽快です♪

おかげさまで、久しぶりに1.2kgほども水分を失っちゃったのでした(;^_^A



こちらは露天風呂ですが、日本庭園風の作りで、そこそこなごみましたよ。

2014062907RIMG0157.jpg

ただ、残念ながら、外の景色はほとんど見えませんでした。

お湯は、無味無臭ですが、PH9.01で、ナトリウム-炭酸水素塩泉ということです。



もう1つ、こちらのまっ赤のお風呂は、鮮やかで目を惹きますよね!

2014062908RIMG0164.jpg

もちろん入浴剤ですが、「プラチナ・ナノコロイドのお湯」と書いてありました。

アンチエイジングや美肌に効果があるとか、とのことですが・・・ はてさて?



館内は、大広間やレストラン、寝ころび処など各種の施設が充実しています。

2014062909RIMG0167-1.jpg

岩盤浴や貸切り湯、マッサージ、売店、それに占いコーナーまでありました。



それから、言い忘れましたが、入浴料金には館内着とタオル、バスタオルが付いていました。

館内着・タオル付きだと思えば、930円という設定も仕方ないかとは思いますが、

2014062910RIMG0172-1.jpg

館内着を使わない私としては、館内着・タオルなしで730円、くらいの設定もほしいなあ、と・・・

まあ、一応、お風呂はサウナも含めて、しっかり楽しみましたけれどね。



帰る時、フロントで次回100円引きの割引券をいただきましたが、

2010062911RIMG0369.jpg

う~ん、でも遠くて、おいそれと来れる距離ではないんですよね・・・(^_^;)

でも、まあ、全体的には施設はきれいで充実していて、悪くはないと思いますよ。




施設名称:天然自家温泉 星音の湯
所 在 地:埼玉県秩父市下吉田468
電  話:0494-77-1188
訪 問 日:平成26年6月29日
入浴料金:大人930円
U R L: http://www.beyer.jp/seine/index.html

静岡県静岡市  梅ケ島温泉 湯元屋 (★★★☆) - 2014.06.28 Sat

6月最後の土曜日、国道1号を185kmも走って、静岡県の山奥、梅ヶ島温泉まで行ってみました。

2014062801RIMG0139.jpg

ここは湯元屋虹の湯です・・・ 山深い梅ヶ島温泉の中でも、さらにその最奥部にありました。



こんなに遠くまで来たには訳がありまして、温泉博士のクーポンがあったからなんです(^^ゞ

2014062802RIMG0142-1.jpg

通常700円のところ、なんと無料! ですからね~♪  行くしかないっしょ?!



でも、まわりの人には、たかが温泉によく片道185kmも走れるなあ、と言われます。

2014062803RIMG0123-1.jpg

確かに、入浴料がタダと言っても、リッター9kmにしたって片道約3500円はかかるんですよね・・・



なぁんて・・・  まじめに考えると、私ってなんなんだろね・・・ という感じです(^_^;)

2014062804RIMG0124-1.jpg

とまあ、ちょっとボヤキが出てしまいましたが、気を取り直して、リポート行きま~す!



お風呂は2m×1.8mの4人程度の内湯と、石造りの4人程度の露天風呂と2つでした。

2014062805RIMG0125-1.jpg

いや、それはともかく、スゴイことに、浴室に入った途端に明らかなタマゴ臭を感じました!



それに、薄~く青白く濁った感じのお湯は、微塩味ですが、トロトロの肌ざわりなんです。

2014062806RIMG0128.jpg

こちらの露天風呂は、かなり湯温は冷えていて、いわゆる不感温度風呂程度です。



その露天風呂ですが、高い塀に囲まれて景色は特に見られませんでした。

2014062807RIMG0130.jpg

温泉分析書によると、やはり単純硫黄泉ということですが、PHは9.6もありました。



思った以上に上質のお湯を堪能した後、いつものとおりお土産を買い求めました。

2014062808RIMG0136-1.jpg

いろいろ見比べた挙句、「駿河路薄皮まんじゅう」というのと「お茶パイ」というのをいただきました。



ちなみにこの湯元屋は、温泉もありますが、実はそば屋がメインらしかったです。

2014062809RIMG0137.jpg

昼過ぎでしたので、お客さんが何組もあって、意外と繁盛している様子が見えました。



ところで、湯元屋から70~80m上に、共同駐車場(無料)がありますが・・・

2014062810RIMG0140-1.jpg

緑の中の黄色って、やっぱりよく映えるなあ、なんちゃって・・・  どうもでした~(^^ゞ




施設名称:梅ケ島温泉 湯元屋(虹の湯)
所 在 地:静岡県静岡市葵区梅ケ島5258-13
電  話:054-269-2318
訪 問 日:平成26年6月28日
入浴料金:大人700円
U R L:http://www.yumotoya.com/

神奈川県相模原市  花の宿 天下茶屋 (★★☆) - 2014.06.21 Sat

今朝は、わざわざ相模原の山奥のキャンプ場まで出かけてみたんですよね。

2014062101RIMG0096-1.jpg

それで、結果的に入ったのは、単なる沸かし湯のポリバスのお風呂でした。



ですが、やっぱり一応、温泉に入ってこないと1日がシメられません。

2014062102RIMG0097.jpg

なんてったって、このブログ、「日帰り温泉図鑑」、ですもんね(^^ゞ



というわけで、相模湖近くでいつも看板を見かける、弁天島温泉というのに行ってみました。

2014062103RIMG0098.jpg

国道20号ぞいに駐車場があり、そこから約200mの石畳の細道を降りていきます。



下り坂の途中には、紫陽花の花が今を盛りとばかりに咲きそろっていました。

2014062104RIMG0099.jpg

降り着いたところに見えてきたのが、弁天島温泉(花の宿 天下茶屋)です。



私が玄関を入ると、ロビーにいたお客さんらしき方が、お客さんですよ~

2014062111RIMG0116.jpg

と、奥に向かって大きな声で呼んでくださいました。



出てこられたご主人に入浴をお願いすると、1080円ということでした。

2014062105RIMG0115.jpg

案内されたお風呂には、「弁天の湯」というのれんが掛かっていました。



脱衣場は棚とかごだけで、鍵付きロッカーはありませんでしたが、

2014062106RIMG0114-1.jpg

左上に見えると思いますが、小さな貴重品収納ボックスが置いてありました。



でも、あれって、固定されてないので、あれごと持ってかれちゃったらどおしよ・・・(^_^;)

2014062107RIMG0101.jpg

なんてことも心配しながら、ともかく入ってみたのがこちらの浴室です。



緑いっぱいの景色が眺められるお風呂は、10人ほど入れる広さがありました。

2014062108RIMG0103.jpg

お客は例によって(?)私1人だけですし、窓の外から鳥のさえずりも聞こえてきて、



のんびりゆったりした気持ちで湯あみを楽しむことができました。

2014062109RIMG0113.jpg

すぐ近くだと思うのですが、湖(相模湖)でも見えるとなおいいのになあ・・・(^_^.)



お湯自体は無色透明、無味無臭で、特に変わったことはない単純温泉です。

2014062110RIMG0117-1.jpg

そんなことですから、1080円って、結構いい値段だなあ、と思っちゃったりして・・・(^_^;)



あっ、すいません・・・  でも、静かで、日常の喧騒から離れた落ち着いた雰囲気でしたよ。




施設名称:花の宿 天下茶屋(弁天島温泉)
所 在 地:神奈川県相模原市緑区千木良1270
電  話:0426-84-2650
訪 問 日:平成26年6月21日
入浴料金:大人1080円
U R L:http://www.tenkachaya.com/

神奈川県相模原市  桐花園キャンプ場 (★★☆) - 2014.06.21 Sat

以前、キャンプ場のお風呂がいい感じだったので、相模原の奥にあるキャンプ場に来てみました。

土曜日のちょうどお昼頃でしたが、何組かのデイキャンプらしいグループが来ていました。

2014062101RIMG0084-1.jpg

こちらは本格的なキャンプのほか、バンガローで宿泊する合宿やセミナーの利用も多いようです。



あの向こうに見えるのが管理棟で、そして、そちらにお風呂があるようでした。

2014062102RIMG0085.jpg

まわりにはバンガローやキャビンなどがたくさん並んで建っていました。



ちょっと見ると、土間にテーブルがあって食堂風ですが、食堂かどうかは未確認です(^_^.)

2014062103RIMG0093-1.jpg

お風呂いいですか? と言うと、ご主人らしい男性が、500円ですとのこと・・・



お風呂の脱衣場まで案内してくださって、何かのスイッチを入れてくださいました。

2014062104RIMG0086-1.jpg

後でお風呂に入ってわかったのですが、ハイパージェットのスイッチだったようです。



脱衣場は2畳ほどで、かごが置いてあるだけで、鍵付きロッカーなどはありません。

2014062105RIMG0092-1.jpg

ま、他に誰もいませんので、ともかく服を脱いで入ってみることにしました。



浴室は4畳半ほどの広さで、石を組んだ壁がわずかに「らしい」雰囲気でした。

2014062106RIMG0087.jpg

浴槽に板を何枚も並べて、ふたにしています。



それで、板を全部取ってみたのがこちら・・・  ふうん、2人サイズですが、ポリバスなんですね。

2014062107RIMG0088.jpg

お湯が温泉でないことは最初から承知のうえですが、景色もまるでダメでした(^_^;)



一応、頭と身体は洗ってきましたが、お風呂については、特に見どころもなし、というところでした。

2014062108RIMG0091.jpg

私が帰る時、さきほどのご主人らしき方には、山の帰りですか? テニスですか? 



と、尋ねられましたが、お風呂めあての客が来るなんて想像もしてない、という口ぶりです。

2014062109RIMG0094-1.jpg

それで、お風呂に入りに来た、とも言いにくくなって、適当に笑ってごまかすしかありませんでした(^_^;)

あ、屋外プールの他に屋内プールまであって、水泳教室かなにかをやっていましたよ。




施設名称:桐花園キャンプ場
所 在 地:神奈川県相模原市緑区佐野川1822
電  話:042-687-2239
訪 問 日:平成26年6月21日
入浴料金:大人500円
U R L:http://tokaen.jp/

山梨県北杜市  天然ラジウム岩風呂の宿 不老閣 (★★★★) - 2014.06.15 Sun

山梨県の北部の、山あいの静かな里に、「増富温泉郷」という温泉地があります。

2014061501RIMG0073-1.jpg

そこは、旅館が6、7軒だけという小さな温泉地ですが、

武田信玄の隠し湯の一つといわれる、長い歴史と伝承があります。



お湯はラジウム含有量の多いことで知られ、秋田の玉川温泉、

鳥取の三朝温泉と並び、日本三大ラジウム温泉とも称されるそうです。

2014061502RIMG0083-1.jpg

そんな増富で、きょう私が訪問したのは、旅館「不老閣」でした。

実は、「温泉博士7月号」に温泉手形(無料クーポン)があったものですから・・・(^^♪



おかげさまで、本来は60分で800円なのですが、本当にありがとうございます。

ラジウム温泉自体はぬるいので、先に温かいお湯で5分、その後ぬる湯で10分、

2014061503RIMG0071-1.jpg

女将さんは、これを何回か繰り返してみてくださいね、とのことでした。



ということで、入浴法の指南を受け、さっそくお風呂に行ってみました。

お風呂は「不老の湯」、「長寿の湯」と名付けられており、

きょうの男湯は、奥側の「不老の湯」でした。

2014061504RIMG0054-1.jpg

さて、次は脱衣場ですが・・・



脱衣かごの様子では、どうやら、先客が3~4人いらっしゃるようです。

しかも、お風呂は、女将さんの入浴法のご指導のとおり、

長くじわーっとお湯に浸かっている方たちばかりで、とってもカメラはムリでした。

2014061505RIMG0063.jpg

なので、今日は写真のことは置いといて、私も温泉を楽しみたいと思います。



温かいほうのお湯は無色透明で3人程度の広さ、

もう1つの湯船は5人程度の広さで赤褐色のお湯が満たされていました。

泉質は、含放射能-二酸化炭素-ナトリウム-塩化物泉ということです。

2014061506RIMG0065-12.jpg

じわーっと浸かっていると、体内にラジウムが吸収され、血液が浄化されるような気がします。

( ↑ 注 あくまでも個人的な感想です(^_^;) )



浴室には、ラジウム蒸気浴のできる小部屋も付いていて、

私も一応、胸一杯に天然ラジウム蒸気を吸い込んできました。

2014061507RIMG0067-1.jpg

それから、お湯は飲泉可でしたので、私も備え付けのコップで1杯いただきました。

塩味と特有のエグ味のため、決しておいしいとは言い難いお湯ですが、

いかにもラジウムが効きそうで、なるほど「不老」かも~(^^♪( ← って、またまた個人の感想です(^_^;) )



ところで、きょうが、今月の温泉博士のクーポン有効期間の初日だったこともあってか、

2014061508RIMG0078.jpg

お風呂で言葉を交わした方が、なんと、やはり温泉博士のクーポン利用の人でした。

その方は静岡から来られたそうで、私だけでなく、温泉好きって、みんな遠くから来るんですね~(^^ゞ



以上ですが、帰りには、女将さんにしっかりとお礼を申し上げ、不老閣を後にしたのでした。 

あっ、いつものとおり、タダにしていただいた分、お土産コーナーで買い物をしましたよ。

2014061509RIMG0079-1.jpg

さて、最後はオマケですが、最近気になっている信号機のステーのデザインから・・・

帰り道で撮ったものですが、さすが、富士山のお膝元、富士吉田市でした(^_-)-☆




施設名称:天然ラジウム岩風呂の宿 不老閣
所 在 地: 山梨県北杜市須玉町小尾6672
電  話:0551-45-0311
訪 問 日:平成26年6月20日
入浴料金:大人800円
U R L:http://www.furoukaku.jp/

長野県南相木村  南相木温泉 滝見の湯 (★★★) - 2014.06.15 Sun

日本中がコートジボアール戦の応援に湧きかえっている(であろう)時間、

私は、とりあえずラジオで聴きながら、佐久市から南相木村まで移動しておりました。

2014061501RIMG0031.jpg

あ、一応、本田選手のスーパーゴールの瞬間も聞いていましたよ(^_^;)



その後の猛攻を、なんとかしのぎにしのいで、1-0で後半に入った11時すぎ、

到着したのは、本日第2番目の訪問先、長野県南相木村の「滝見の湯」でした。

2014061502RIMG0052.jpg

「滝見の湯」って・・・  きっと、お風呂から滝が見えるからなんでしょうが、

案外、日本全国、あちこちにありそうな名前なんですよね。



玄関を入ると、ホールの天井から下がる、七夕飾りふうの吹き流し(?)が目を惹きます。

2014061503RIMG0051-1.jpg

そう言えば、6月も半ばで、もう半月もすると7月ですもんね・・・



それで、その「滝見の湯」の続きなんですが、私がまだ、温泉ブログを始めて間もない頃、

温泉入湯1300とか1400とかいう、温泉めぐりの大先輩がFC2にいらっしゃいました。

2014061504RIMG0033.jpg

そして、その方が、滝見の湯(だか、滝見のなんとかだか、)というのがとっても良い、と紹介されていたのです。



その方は、その後、たいへん残念なことにブログを更新されなくなってしまい、

結局、どこの温泉のことだかは、聞きそびれてしまいました。

2014061505RIMG0036.jpg

あれから4、5年が過ぎ、今では私も、数だけなら700以上の温泉に入りました。



でも、あの頃、温泉めぐりの大先輩が書かれていた温泉って、

いったい、どこの温泉のことだったんだろう、と時々思いだしては気になっていました。

2014061506RIMG0043.jpg

ということがあって、長野県の山あいの村に「滝見の湯」というのがあると聞いてやって来たのです。



で、その滝見の湯の露天風呂ですが、岩風呂ふうの作りで、雰囲気も悪くありません。

10人ほど入れるゆったりとした広さで、お客さんもそう多くはなくのんびりできました。

2014061507RIMG0044.jpg

が、しかし・・・?   ご覧のとおり、露天風呂の周囲には高い塀が張り巡らされていて、

残念ながら滝はおろか、景色はほとんど見ることができませんでした。



うーん・・・  ということは、あの大先輩が言われていた場所ではないみたいですね。

2014061508RIMG0042.jpg

ちなみに、HPを見ると「犬ころの滝(!)」というのが、見えるとかですが・・・??

男女の1W交替らしいので、もしかしたら、もう1つのお風呂からは滝が見えるのかもしれません。



それから、お湯は、無色透明ですが、ちょっと塩素臭がしていました。

2014061509RIMG0048.jpg

サウナは、ミストサウナですが、ミストというよりシャワーと言ったほうがピッタリでした。



料金は4月から改定されたようで、開業以来13年間350円でやってきたが、

このたび450円に改定させていただく、うんぬんとの貼り紙がありました。

2014061510RIMG0049.jpg

最後に、お風呂から出てくると・・・  あれっ?! 日本、いつの間にか負けてんじゃん!!

というぐあいで、どーも、きょうはイマイチうまくいかないなあと・・・(^_^;)




施設名称:南相木温泉 滝見の湯
所 在 地:長野県南佐久郡南相木村5633-1
電  話:0267-91-7700
訪 問 日:平成26年6月15日
入浴料金:大人450円
U R L:http://www.takiminoyu.com/index.html

長野県佐久市  国民宿舎 もちづき荘 (★★★★☆) - 2014.06.15 Sun

ところで、最近、私は各地の信号機のステーのデザインが気になっています。



ここは八ヶ岳東麓の清里ライン(山梨県北杜市)ですが・・・  あのデザインはこのあたりの牧場ですよね。

2014061501RIMG0001-1.jpg

まさに牧歌的というか、のんびりと、しかも開放感いっぱいのいい雰囲気でした。



しかし・・・  そこからまだ、60km以上もありました、ふう~~(^_^;)

2014061502RIMG0003-1.jpg

ここまで約220kmですが、家を4時半すぎに出たかいあって、まだ9時ちょっとでした(^^ゞ



ということで、今朝ご紹介するのは、長野県佐久市の「国民宿舎 もちづき荘」です。

2014061503RIMG0007-1.jpg

こちらのお湯は、開湯400年という長い歴史のある温泉ですが、



肌がツルツルになることから、古くから「玉肌の湯」と呼ばれているそうです。

2014061504RIMG0010-1.jpg

広くて明るい浴室には10人以上が入れるゆったりとしたお風呂がありました。



前の写真は外が明るすぎて浴室内が暗く写ってしまいましたが、こちらはいいんじゃないですか(^^ゞ

2014061505RIMG0012.jpg

あの奥には打たせ湯もついていました。



さて、では、お湯に入ってみますね~(^^♪

2014061506RIMG0011.jpg

・・・って、なにコレ?!  これはすごいや!  なんと、ぬるぬるですよ~\(◎o◎)/!



無色透明ですが、ホントに肌にまとわりつくような、まるでローションのような!

2014061507RIMG0015.jpg

温泉分析書では、ただのアルカリ性単純温泉でPH9.6としか書いてありませんでしたが、



いや、ホント・・・  なにコレ?!  あんぐり・・・ という感じでした。

2014061508RIMG0020-1.jpg

こちらは、他の人に教えられて行ってみた2階の、別の浴室ですが、



いやいや、さすが「玉肌の湯」と言うだけありますね。  うん、ホント、これはいいお湯でした(^o^)

2014061509RIMG0024.jpg

こんな実力派のお湯がたった400円なんですよ。 



つくづく、長野県って、奥が深いなあと思いました。

2015061510RIMG0027.jpg

おっ!  ちょうど、コートジボアール戦の開始ですねぇ(^^♪



しかし、ずっと見てるわけにも行かず、私は次の目的地に向かって移動します。

2015061511RIMG0028.jpg

以上、素朴な国民宿舎ですが、お湯は折り紙つきのすばらしい「玉肌の湯」でした。



では、温泉の方はそういうことですが、W杯はカーラジオで聞きながら、次に行きますね~~(^^♪




施設名称:国民宿舎 もちづき荘
所 在 地:長野県佐久市春日5921
電  話:0267-52-2515
訪 問 日:平成26年6月15日
入浴料金:大人400円
U R L:http://www.shinkou-saku.or.jp/mochizuki/index.html

東京都世田谷区  月見湯温泉 (★★★) - 2014.06.14 Sat

6月14日の土曜日、京王線に乗って下高井戸(しもたかいど)駅にやってきました。

2014061401RIMG0219.jpg

どーでもいいけど、高井戸(たかいど)駅とはまったく別の路線で、歩いてはいけないほど遠いです。



駅から日本大学方面にとろとろ歩いていくと、7~8分で見えてきました。

2014061402RIMG0234-1.jpg

こちらが世田谷区の温泉銭湯、月見湯温泉です。



午後3時30分から営業の銭湯スタイルですが、お湯はちゃんとした温泉です。

2014061403RIMG0231.jpg

いや、しかし、またまたどーでもいいけど、ものすごい数の下足箱ですよね~(^_^;)



こちら、東京の公衆浴場ですので450円ですが、サウナはプラス250円、計700円でした。

2014061404RIMG0229-1.jpg

う~ん、700円かぁ・・・  ちょっと、たかいど!  ・・・なんちゃって(^_^;)アハハッ



お風呂は・・・  下足箱があんなに大量にあるだけのことはあって、

2014061405RIMG0224-1.jpg

お客さんがいっぱいでした!  ・・・いや、まいったなあ(^_^;)



ということで、ソフトフォーカスでなんとか1枚だけご紹介します。

2014061406RIMG0225.jpg

でも、お風呂は、寝湯にジェット浴槽、電気風呂、あつ湯に普通の白湯、と種類が豊富でした。



サウナ室のそばには源泉を使った水風呂もありました。

2014061407RIMG0226-1.jpg

浴室の正面の壁絵は、富士山に海という図柄でした。



あ、そうそう、サウナ料金には、タオルとバスタオルが付いていました。

2014061408RIMG0227-1.jpg

テレビの付いた、2段式で8~10人が腰掛けられる広さがあって、



10分ずつ4回もやってしまって・・・  おかげさまで、2.0kgも水分が・・・(^^ゞ

2014061409RIMG0230-1.jpg

お湯は笹濁りの40~50cmの透明度でしたが、あれっ?  泉質は? なんだったっけ・・・(^_^;)



でも、公衆浴場なのに、お風呂の種類はいろいろありますし、

2014061410RIMG0232-1.jpg

しかも、素晴らしいことに、ボディソープとシャンプーも備えてありました。

なかなかいいと思いましたよ~   ビールも230円だし・・・(^^♪




施設名称:月見湯温泉
所 在 地:東京都世田谷区赤堤5-36-16
電  話:03-3321-6738
訪 問 日:平成26年6月14日
入浴料金:大人450円(サウナは+250円)
U R L:http://tsukimiyu.com/index.html

神奈川県厚木市  七沢温泉 福松 (★★★) - 2014.06.08 Sun

箱根からの帰り、厚木まで戻って、まだ時間が早いなあと思い・・・

途中で、七沢温泉(ななさわおんせん)に寄ってみることにしました。

2014060801RIMG0214.jpg

こちらのいい感じに鄙びた温泉宿は 「七沢温泉 福松」です。



玄関を入ると、ウッディーな暖かい空気でした。

2014060802RIMG0185-1.jpg

このロビーの、上がった右手が帳場になっています。



入浴をお願いすると入浴料金は900円ということでした。

2014060803RIMG0186-1.jpg

ん?  金太郎と親子でゴー・・・?



入浴時間は朝7時から夜11時までだそうですが・・・

2014060804RIMG0211.jpg

これって、きっと、宿泊者向けですよね。



そのドアの向こうがお風呂棟になっていました。

2014060805RIMG0189.jpg

待合いには大きな一枚板のテーブルと丸太の腰掛けがありました。



おっ!  なかなかいい雰囲気じゃないですか!

2014060806RIMG0192-1.jpg

お風呂は、脱衣場と浴室が一体で、間にしきりはありません。



総ヒノキの湯舟は7~8人も入れそうな広さです。

2014060807RIMG0206-1.jpg

浴室の床もヒノキ材のようで、ヌルッとするので注意が必要です。



いいですねぇ・・・  青々とした草木に生命の力強さが感じられて。

2014060808RIMG0204.jpg

お湯はかなりの軟水のようで、ヌルッていましたよ。



泉質的にはメタケイ酸(52.8mg)の項による温泉法上の温泉で、

2014060809RIMG0212.jpg

PH7.48とありましたが、数字以上に肌ざわりがいい印象でした。



休憩室もあったのですが・・・  ケホッ! 禁煙にしてほしいです(-_-;)

2014060810RIMG0183-1.jpg

それはそれとして、ヒノキ枠に緑ゴケもあったので、消毒なしの掛け流しみたいでした。

お風呂は1つだけですが、雰囲気もまずまずで、悪くないんじゃないでしょうか。




施設名称:七沢温泉 福松
所 在 地:神奈川県厚木市七沢1751
電  話:046-248-0324
訪 問 日:平成26年6月8日
入浴料金:大人900円
U R L:http://www.fukumatsu.co.jp/index.html

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。