2014-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県伊豆市  湯ヶ島ゴルフ倶楽部&ホテル董苑 (★★★☆) - 2014.05.31 Sat

西伊豆から中伊豆にまわり、「湯ヶ島ゴルフ倶楽部&ホテル董苑」に行ってみました。

2014053101RIMG0114.jpg

10年ほど前には、私もけっこうゴルフ場に通ったこともあったのですが、

憑き物が落ちるようにパタリとやめて以来、ゴルフ場に来るのは本当に珍しいです。



今、私がゴルフ場に出かけると言えば、もう、温泉目的しかありません。

2014053102RIMG0115-1.jpg

こちらのホテル併設のゴルフ場は、外来の日帰り入浴もできるというので来てみたのです。



しかも、ここだけの話、私の会社の厚生施設契約があって、割引があるのです(^^ゞ

ということで、皆さんにはすみませんが、980円のところ800円で入れていただきました。

2014053103RIMG0116-1.jpg

ところで、その私の会社の厚生施設情報では、12時からとありましたので、

私、時間を見計らって、12時30分過ぎに着くように行ったんですよね・・・



でも、フロントでは、「ただ今清掃中で1時からなんですが・・・」と、言われてしまいました(^_^;)

2014053104RIMG0118.jpg

でも、でも、臨機応変なお客様対応のできるホテルマン(レディ)でしたよ。



すぐに浴室の清掃係に連絡をとって、ほとんど清掃が終わったことを確認し、

清掃係員が多少出入りしますが、お客様が気になさらなければお入りいただいて結構です、と。

2014053105RIMG0119-1.jpg

ほお・・・ なるほど!  こういう、お客様を大事にする気持ちって、伝わってきますよね。

1時まで待ってくれ、と言われても文句が言えないところですが、うーん、好感度上昇です。



そんなことがあって来たお風呂ですが、そんなわけで当然、私がいちばん乗りです(^^♪

2014053106RIMG0120.jpg

露天風呂は15人以上も入れそうなゆったりとした作りの岩風呂でした。

周囲はゴルフ場なくらいですから、自然豊かな高原リゾートの雰囲気いっぱいです。



この露天風呂、左奥が浅瀬になっていて、寝ころぶのにちょうどいいんです。

2014053107RIMG0124-2.jpg

で、寝ころんで、浴室方向を眺めてみた・・・(^^♪

もう、こんな広々とした露天風呂を、私だけでひとり占めなんて、贅沢ですよね~♪



こちらはお湯に浸かった目線で・・・  はあ~~  ええなあ~~

2014053108RIMG0121-1.jpg

ところで、こちらには知らなかったのですが、私の大好きなサウナもあったんですよ。

初めは電気が入ってなくて、ちょうど1時になった頃、電気が入ったようですが・・・



また、ちょうど1時頃から、お客さんがお風呂に次々と何人も入って来られましたが、

2014053109RIMG0117-1.jpg

考えてみたら、ゴルフ場のお風呂でサウナに入る人もないらしく、ずっと私1人でした。

おかげさまで、サウナもの~んびり、3回36分、だら~っと汗を流してきました(^^ゞ



お湯は単純温泉でPH7.9ということで、特に変わったお湯ではありませんが、

2014053110RIMG0132.jpg

そうそう!  露天風呂のお湯ですが、多くはないですが、泡つきがあったんですよ!

思ったより新鮮なお湯なんでしょうね。  どうもどうも、ありがとうございました~(^^♪




施設名称:湯ヶ島ゴルフ倶楽部&ホテル董苑
所 在 地:静岡県伊豆市湯ヶ島2571-10
電  話:0558-85-2100
訪 問 日:平成26年5月31日
入浴料金:大人980円
U R L:http://www.yugashimaclub.com/hotspring.html
スポンサーサイト

静岡県西伊豆町  沢田公園露天風呂 (★★★★★) - 2014.05.31 Sat

今日は、西伊豆町の海の見える露天風呂として有名な、沢田公園露天風呂に来ています。

前回、ここの温泉に入ったのは平成21年1月31日、もう5年4か月も前のことです。

2014053101RIMG0112.jpg

昨年の台風で施設が損壊し、修繕工事が終わり再開したことは知っていましたが、

久しぶりに寄ってみたところ、他の車は1台しかなく、これはチャンスかも!



ということで、ソッコー入ってみることにしました、んですよ(^^♪

2014053102RIMG0109.jpg

あの崖の上の小屋がそうなんですが、いかにも野趣が感じられていいでしょ?



料金はずっと500円でしたが、この4月から600円になったようです。

でも、100円値上げぐらいなんのその、というほど、ここの眺めは価値があります。

2014053103RIMG0084-1.jpg

どうです!  海に向かって切り立った崖の上に建つ露天風呂です。



4~5人も入ればいっぱいになる石造りのお風呂が1つだけですが、

遠く水平線を見て、波の音と潮風を感じながらの湯浴みは、もう、最高の開放感です。

2014053104RIMG0089-1.jpg

今朝は、日射しもあまりきつくもなく、さわやかな風が身体をそよぎ、

いやあ、 やっぱり海っていいなあ~ と、自然と深~いため息が出てしまいます。



実は私、この5年4か月の間、何度も下の駐車場までは来てるんですよね。

2014053105RIMG0087-1.jpg

ただ、その間に台風で2度も施設がやられて閉鎖になっていたり、

やっていても観光バスがいてこりゃダメだとあきらめたり、そんなことが続いていました。



夢にまで見た、というのは大袈裟かもしれませんが、ずっと入りたかったのです。

2014053106RIMG0103-1.jpg

こちらは、お風呂の防護柵の間から下を覗いてみた、の図ですが・・・

ヒュ~~  海面まで40~50mほどもあるでしょうか?  まさに、断崖絶壁です!



おっと、向こうからモーターボートがやってきた!  少し下がらないと!

2014053107RIMG0104-1.jpg

あまり乗り出してると、向こうから見られちまいます(^_^;)



こちらは、お湯が直接海に流れる構造のため、石けん・シャンプー類はいっさい禁止、

また、洗い場というほどのスペースもなく、ただ身体を掛け流す程度しかできません。

2014053109RIMG0101.jpg

おっ! しかし、ケロリンて、こんな場所にまで勢力を伸ばしているのか。 ふふっ、やるなぁ・・・^m^



こちらはお風呂の後ろの脱衣場、というか脱衣小屋です。

こんな海に面した断崖の上なのですから、台風でたびたび壊れるのもわかりますよね。

2014053108RIMG0097.jpg

この5年4か月の間だけでも2回も壊れてます。 しかも、バリバリにやられてます。



ほとんど小屋は建替えに近いと思いますし、また、一度などは、

手前の取付の階段部分まで地崩れして陥没したりしていました。

2014053111RIMG0108.jpg

経費も相当かかるでしょうに、それでも、何か月かかっても、きちんと修理して再開してくれるという、

西伊豆町の関係者の方々の、この心意気を賞賛したいと思います。



そんなわけですから、600円なんて、ぜんぜん安いもんですよ(^o^)

2014053110RIMG0098-1.jpg

お湯は、カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉で、PH8.8と書いてありましたが、

そんな泉質うんぬんはともかく、本当にすばらしい温泉だと思います。



あ、女湯もちゃんと分かれてますから、ぜひ、皆さん、行ってみてくださいね~(^O^)/




施設名称:沢田公園露天風呂
所 在 地:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科沢田2817-1
電  話:0558-52-0057
訪 問 日:平成26年5月31日
入浴料金:大人600円
U R L:http://www.town.nishiizu.shizuoka.jp/kakuka/kankou/syouko/onsen/sawada.html


※ 追記に過去ログが置いてありますが、私のメモですのでスルーしちゃってください(^_^.)

山梨県中央市  豊富健康福祉センター (★★★) - 2014.05.23 Fri

5月23日の金曜日、長野県からの帰り道、山梨県内で寄ってみたのがこちらです。

何か月ぶりに平日が休みになって、どうしてもここに来てみたかったのです。

2011052301RIMG0059-1.jpg

中央市立豊富健康福祉センター・・・  えっ?  ただの公共施設じゃん、て??



そうなんですが・・・  こちらは土日祝日は、やってないんですよ!

2011052302RIMG0060-1.jpg

月曜から金曜までしかやっていないというお役所らしい公共施設なんです。



ずいぶん前から気になっていたのですが、ようやく来ることができました。

2011052303RIMG0063-1.jpg

300円を支払って、さっそく向かったお風呂ですが、なぜか草津温泉・・・?



脱衣場の様子からは、数人の先客がいらっしゃるようでした。

2011052304RIMG0074-1.jpg

浴室に入っても、混まない程度に、次から次とお客さんがいらっしゃって、



平日なのに、しかも賑やかな都会ではないのに、ある意味驚きます。

2011052305RIMG0069-1.jpg

ただ、ほとんどの人は10分ほどでパシャパシャッと出ていかれる感じです。



露天風呂はありませんが、窓の外にちょっとした風情のある坪庭がこしらえてありました。

2011052306RIMG0068-1.jpg

お湯が緑っぽく見えますが、それは光のかげんのせいで、



実際には、無色透明のサラッとしたお湯でした。

2011052311RIMG0071-1.jpg

レンズの水滴でイマイチの画像ですが、手前にはジャグジー浴槽もあります。



この掲示板によると、お湯はナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉のようですね。

2011052307RIMG0072.jpg

肌ざわりも特別なことはなく、温泉としては平凡なタイプのようですが、



くんくん・・・ うーむ、投入されているらしいジア臭がしました(^_^;)

2011052308RIMG0075-1.jpg

脱衣場の壁には、山梨県では大変高名な地質学の権威、田中収先生の推薦文があります。



2階からはカラオケが聞こえていて、こちらのシニアパワーもなかなかのようです。

2011052309RIMG0076.jpg

受付下では、「もういいかい 火を消すまでは まあだだよ」と、優希美青ちゃんも・・・



周辺は児童館、デイサービスセンター、農業研修センター、公民館などの並ぶ一帯でした。

2011052310RIMG0081-1.jpg

という、いかにも公共という、飾り気なしの施設でしたが、市民の方は100円ですよ!

いいですよね~  これじゃ、近くの人は家でお風呂なんか沸かさないですよね~♪




施設名称:豊富健康福祉センター
所 在 地:山梨県中央市大鳥居3738-1
電  話:055-269-3330
訪 問 日:平成26年5月23日
入浴料金:大人300円
U R L:http://www.city.chuo.yamanashi.jp/sougou/shisetsu.php?id=28(中央市HP)

長野県茅野市  尖石温泉 縄文の湯 (★★★★) - 2014.05.23 Fri

何か月ぶりかに平日の休みが取れたもので、うれしくて早朝からピューンと走りました。

2014052301RIMG0040-1.jpg

ここまでおよそ175km・・・  ホントは、こんなに遠くまで来るつもりはなかったんです(^_^;)



が、朝早く出すぎて、途中ではまだ施設が開いてなかったんですよね( ← オバ○・・・(^_^;) )

だって、休みだと思うと、3時くらいに目が覚めて、それから寝られなくなっちゃって・・・

2014052302RIMG0056-1.jpg

それで、前の晩の計画とは違って、こんな遠くまで来ちゃったというわけでした(^_^;)



ここは茅野市郊外の尖石温泉・・・  縄文時代の尖石遺跡の近くです。 

受付では、今日は体験学習ということで、中学生の男の子が2人実習していました。

2014052303RIMG0052-1.jpg

今日は平日にもかかわらず、9時オープンの9時半過ぎですが、

既にお客さんはそこそこいらっしゃって、なかなか人気の施設のようでした。



こちらは、65歳以上の市民は300円ということで、ほとんど皆さん、そんな感じでした。

2014052304RIMG0049-1.jpg

さて、こちらは、さっそく入ってみたお風呂ですが、

この内湯浴槽は15人から18人ほども入れそうな広さがありました。



露天風呂は10人ほどのサイズで、開放感いっぱいの岩風呂風です。

2014052305RIMG0051.jpg

この露天岩風呂には屋根が付いていて、雨の日でも問題なくお湯が楽しめそうです。



ちょうど今の時期、季節もさわやかで絶好ですよね!  

それに、このあたりまで来ると、ホント、空気もおいしいんです。

2014052306RIMG0046.jpg

このほか、サウナもあり、もちろん、ちゃんと水風呂もありましたよ。



こんな遠くまで来ても、ついついサウナがあると、トラップにかかったようになって・・・(^_^;)

しっかり36分も(ただし4回に分けて)、汗をタラーリポタポタポタッと流してしまいました。

2014052308RIMG0044-1.jpg

おかげさまで、かるーく1リットルも水分が失われちゃったのでした(^^♪



お湯は、ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉という複雑なタイプで、

無臭ですが、うすく白濁~黄濁していて、口にすると金気味がありました。

2014052307RIMG0053-1.jpg

メタケイ酸だって、なにげに96.4mgもありますから、立派な美肌の湯ですよね。



お風呂から出ると、食事もできますし、和室の休憩室だってあります。

お昼には早かったので、私は自販機で牛乳110円だけにしましたが、

2014052309RIMG0042-1.jpg

どうです?  この充実ぶりで、市外からの私のような者でもわずか400円です。



「金鶏の湯」、「望岳の湯」、「アクアランド茅野」、「塩壺の湯」などもみな400円ですが、

茅野市の公共の温泉って、コスパが抜群ですごいなあ・・・ と感心します。

2014052310RIMG0058-1.jpg

以上ですが、実は、今日はどうしてももう1つ行きたいところがあるので、また~(^_^)/~




施設名称:尖石温泉 縄文の湯
所 在 地:長野県茅野市豊平4734番7821地
電  話:0266-71-6080
訪 問 日:平成26年5月23日
入浴料金:大人400円
U R L:http://www.city.chino.lg.jp/www/contents/1000000763000/

埼玉県寄居町  かんぽの宿寄居 (★★★) - 2014.05.18 Sun

群馬県まで行った帰りに、埼玉県寄居町に「よりいまち」してみました~(^^ゞ( ← はぁ?(^_^;) )

2014051801RIMG0023-1.jpg

もお~♪  玄関横に郵便ポストがあるとこなんか、「かんぽの宿」みたいじゃないですか~(^^ゞ



って、だから、ここ、「かんぽの宿」だって・・・ 

2014051802RIMG0036-1.jpg

もお~ は、こっちが言いたいよ!(-_-;)マッタク



あ、そっか、そうですよね・・・ どうもすいませんでした~(^_^;)

2014051803RIMG0025-1.jpg

ともかく、お風呂、お風呂っと・・・( ← と、話を変える・・・(^_^;) )



さて、そのお風呂ですが、エレベーターを登って6階にありました。

2014051804RIMG0027-1.jpg

そう言えば、かんぽの宿は既にあちこち7~8箇所で入っていますが、



過去の経験では、たいていは中の中から中の上ですが、まれにハズレるという印象です。

2014051805RIMG0029-1.jpg

さて、こちらはいったいどうでしょ?



日曜日の午後1時過ぎでしたが、お風呂にはお客さんが5~6人いらっしゃいました。

2014051806RIMG0031-1.jpg

お風呂は2つ、手前に源泉風呂、奥に沸かしのお風呂で、写っているのは奥の沸かし湯です。



奥の沸かし湯側から撮ってみました。 

2014051807RIMG0028.jpg

ジャグジーで泡ブクになっています。  右に見えるのが源泉風呂です。



外に小さな岩風呂風の露天風呂もありましたが、お客さんが常にいらっしゃったので・・・

2014051808RIMG0026-1.jpg

これは外の待合いからですが、一応、お風呂からもこんな感じではありました。



お湯はアルカリ性単純温泉ですが、微かに白濁していて、意外とぬるっとしていました。

2014051809RIMG0035-1.jpg

1階のロビー奥には、日帰り客のためにこんな休憩室も用意されています。



以上、さらっとしたリポートですが、結果はさてさて・・・?

2014051810RIMG0038-1.jpg

う~ん、決して悪くはないですが、ま、かんぽの宿らしいというところですかね・・・




施設名称:かんぽの宿寄居
所在地:埼玉県大里郡寄居町末野2267
電話:048-581-1165
訪問日:平成26年5月18日
入浴料金:大人800円
URL:http://www.kanponoyado.japanpost.jp/yado/yorii/

群馬県藤岡市  鮎川温泉 金井の湯 (★★☆) - 2014.05.18 Sun

5月18日の日曜日、早朝から約130km走って、群馬県の藤岡市まで行きました。

2014051801RIMG0004-1.jpg

本当は、同じ藤岡市内の「桜山温泉センター」というのに行きたかったのですが・・・

案内看板を頼りに行ってみると、ガラーンと・・・ そして、「休業中」の貼り紙が!



えっ?  「本日休業」じゃなくて「休業中」ですよ!!  

2014051802RIMG0020.jpg

だったら、途中の案内看板にもちゃんと書いといてほしいな~(-_-;)

と、まったくの無駄足となってしまいました・・・



で、そこから一番近いのは・・・  と、急きょ予定変更で来てみたのがこちらでした(^_^;)

2014051803RIMG0006-1.jpg

こちらは個人の会社の経営する温泉施設だそうですが、

一応、露天もサウナもあって、4時間700円なので、まあ悪くはないだろうと思って来たのです。



ロスした時間を取り返そうと、さっそくお風呂に飛び込みました。

2014051804RIMG0014-1.jpg

ふんふん、なるほど~  入墨、泥酔は入浴禁止だそうです。 



お風呂には、たいへん広々とした、20人は浸かれそうな大きな内湯がありました。

何人かお客さんはいらっしゃいましたが、ちょっと取材で、すいません~ と・・・(^^ゞ

2014051805RIMG0013-1.jpg

サウナと水風呂もありましたので、12分ずつ3回、しっかり汗を流してきました。

水風呂には、3mの高さから打たせ湯(水)も落ちていて、いい気持ちでした。



露天風呂から見える新緑は目に鮮やかで、ふんと、いい季節ですよね~(^^♪

2014051806RIMG0010-1.jpg

このすぐ向こうには、幅50mもあろうかという川がありまして、

さえずる鳥の声が、チーチーチュルチュルチュル・・・ と、聞こえておりました。



こちらの打たせ湯は2mの高さからの2本・・・  肩に当てると、ちょうど良いマッサージです。

2014051807RIMG0011-1.jpg

お湯は、なんとなく黄色い感じがわかっていただけると思いますが、

うすい黄色のべとつくお湯で、しょっぱいけれどそれほどの濃さではありませんでした。



あとで確認したところ、やはり、ナトリウム-塩化物泉ということでした。

2014051808RIMG0005-1.jpg

今日はまだ他にも行きたかったので、予定では1時間半を目安にしたのですが、

サウナがあったりすると、どうしてもついつい長湯してしまうんですよね~(^^ゞ



ということで、およそ1時間50分後の、こちらは休憩室です。

2014051809RIMG0016-1.jpg

ん?  右上の壁に貼ってあるのは・・・?  あれは確か、刈谷友衣子ちゃん、かな・・・(^^ゞ

しかし、そこまでは良かったのですが・・・  みんな、タバコをぷかぷか吸ってるんですよね(-_-;)



いやあ、今どき、こんなのって・・・  臭いし目にしみるし、たまりませんでした(-_-;)

2014051810RIMG0018-1.jpg

そんなわけで、休憩室でのんびり、とはとってもいかず、すぐに退散しました。

この際だから言いますが、タバコは絶対やめた方がいいと思いますよ!




施設名称:鮎川温泉 金井の湯
所 在 地:群馬県藤岡市金井627
電  話:0274-40-8888
訪 問 日:平成26年5月18日
入浴料金:大人4時間700円
U R L:http://www.kanainoyu.jp/

東京都大田区  益の湯 (★★★★) - 2014.05.06 Tue

5月の3日と4日、GWの渋滞の中、約880kmも車を運転しましたので、

2014050601RIMG0253.jpg

さすがに今日はもう、車はいいや、ということで電車で東京に来ています。



JRと東急を乗り継いで東京都大田区の久が原駅までやってきました。

ということは、またまた、駅からぶらぶらと温泉銭湯か? ・・・と思われるでしょうが、

2014050602RIMG0240-1.jpg

確かに温泉銭湯はアタリですが、実はぶらぶらするまでもなく、この駅の正面なんです。



こちら、駅改札から徒歩10秒という、驚きの近さの大田区の温泉銭湯「益の湯」です。

以前、東京の銭湯事情に詳しいLEさんから、廃業しちゃうかも、と聞いたので、

2014050603RIMG0250-1.jpg

それは早めに行かないと! ということで来てみました。



4時から営業ということなので、4時ちょっと前に着くように来たのですが、

既に近所のお年寄りが7~8人並んでいて、いやいや、なかなかの人気です。

2014050604RIMG0241-1.jpg

東京の銭湯は消費税増税後も、今のところがんばって、以前のままの450円です。

フロント式の受付では下駄箱のカギと引換えに脱衣場のロッカーキーを渡されました。



さきほど言ったとおり、なかなかの人気でお風呂の写真は撮れず、HPからお借りしました(^_^;)

2014050605005b-1.jpg

左は水道の沸かし湯ですが、右の二つは黒湯のぬるめと熱めのお風呂でした。

浴槽での透明度は15cmほどで、微かにモール臭のするつるっとしたお湯でした。



ケロリン桶にすくってみると、こんな感じで、それほど濃いわけではありません。

2014050606RIMG0243.jpg

泉質は、PH8.4、メタケイ酸と重炭酸ソーダの項による温泉法上の温泉ということですが、

脱衣場には、昭和51年当時の都知事、美濃部亮吉名による「温泉利用許可書」がありました。



それから、こちらの嬉しいところは、土日祝日だけらしいですが、サウナが無料だったんです(^^♪

2014050607RIMG0247-1.jpg

6人程度で大きくはありませんが、2段式で、ともかく無料ってありがたいですよね~♪

受付横にはちょっとした休憩コーナーもあって、風呂上がりにひと休みできます。  



が・・・  あれっ?  ビールは・・・  置いてありませんでした(^_^;)

2014050608RIMG0248.jpg

以上、伝統の風格が感じられ、お客さんもいっぱいで活気はあるし、サウナ無料と意欲的だし、

銭湯の経営が楽じゃないことはわかっていますが、今のところ、大丈夫そうに思えたのですが・・・



というか、貴重な東京の温泉銭湯ですから、本当にがんばってほしいなあと思います。

皆さんも、近くの方は、ぜひ入りに行ってみてくださいね~(^_^)/~




施設名称:益の湯
所 在 地:東京都大田区南久が原2-1-23
電  話:03-3751-3003
訪 問 日:平成26年5月6日
入浴料金:大人450円
U R L:http://www.ota1010.com/yu.cgi?no=056,code=(大田浴場連合会)

長野県木曽町  二本木の湯 (★★★★★) - 2014.05.04 Sun

こちらは長野県木曽町の木曽街道旧道(飛騨街道?)沿いにある「二本木の湯」です。

濁河温泉からの帰りに、途中だからということで寄ってみました。

2014050401RIMG0233-1.jpg

周辺は田園風景が続き、田植え前の代かき作業をする耕運機も見えたり、



のどかではありますが、どうせまた、近在の年寄りが集まっている施設だろうと・・・

2014050402RIMG0220-1.jpg

正直なところ、特別なにかの期待があって来たわけではなかったのです(^_^;)スイマセン



玄関を入り・・・ キョロッと見まわすと、正面の左手のほうに券売機らしきものが見えました。

2014050403RIMG0221-1.jpg

料金は大人620円ですが、この20円は明らかに消費税増税の影響ですね。



受付のさらに左奥に、大きく「ゆ」と染め抜かれたのれんがかかっていました。

2014050404RIMG0222.jpg

外廊下に貴重品ロッカーがありますが、脱衣場は6畳ほどの畳敷きで、木製の棚とカゴだけでした。



脱衣場の様子では、ご覧のとおり、先客が何人かいらっしゃるようでした。

2014050405RIMG0224-1.jpg

さて、お風呂のほうはというと、8人程度の湯船が1つだけで、



黄土色で透明度20~25cmほどの濁り湯ですが、これだけで620円か・・・ と思ったんです。

2014050406RIMG0223-1.jpg

でも、お湯に身体を沈めてみると・・・ な、な、なに? これって?!(@_@;)



シュワシュワで、泡つきがすごいんです!  スパの人工炭酸泉なんかメじゃないほどすごいんです! 

2014050409RIMG0227-1.jpg

少しスッパくて、口の中でシュワシュワはじけて、砂糖入れるとサイダーになるじゃん! わーい(^◇^)



などと、へんな連想をしたのは、思わぬ事態に遭遇して動揺したからかもしれません(^_^;)

2014050407RIMG0225-1.jpg

泉質は、含二酸化炭素-カルシウム-炭酸水素塩泉でPH5.94ということですが、



遊離二酸化炭素が1949mg(1000mgが炭酸泉の基準)というのがすごいです。

2014050408RIMG0229.jpg

はあ~っ  世の中、広いわ・・・ 知らないだけで、すごい温泉ってあるもんだわ、と、



あまりの素晴らしさに感動し、ホントはまだ他の温泉にも寄る時間はあったのですが、

2014050410RIMG0235-1.jpg

このお湯の後ではどんな温泉もつまらないものになるだろうと思い・・・ 今日はもうやめましたよ(^_^;)

いや、しかし、本当に素晴らしかったです!  文句なし、オススメです!!




施設名称:二本木の湯
所 在 地:長野県木曽郡木曽町新開6013-1
電  話:0264-27-6150
訪 問 日:平成26年5月4日
入浴料金: 大人620円
U R L:http://www.nihongi-spa.com/

岐阜県下呂市  濁河温泉市営露天風呂 (★★★★☆) - 2014.05.04 Sun

夜中の3時に愛知県を出発し、朝6時前、眠くなり始めた頃のことです。

ここは、トイレ休憩で立ち寄った岐阜県中津川市の「道の駅賤母(しずも)」です。

2014050301RIMG0163-1.jpg

おおっ! 優希美青ちゃん!  アスペクト比の小さい丸顔がかわいいですよね~❤

と、おかげさまでいっぺんに目が覚めてしまいました~(^^ゞ



そこから、さらに走ること1時間・・・  えっと、ここはいったいどこだったっけ??

2014050302RIMG0178.jpg

ああ、そうそう、あのあづま屋には「安部の晴明 駒見公苑」と書いてありましたが、

ここは長野県木曽郡木曽町(旧木曽福島町)の清博士(せいはかせ)(!)。



道路の反対側の田んぼの隅には安倍晴明のお墓という五輪塔と塚がありました。

2014050313RIMG0176.jpg

安倍晴明というと、例の「陰陽師」で有名になったあの人ですが、ホントですかねぇ?



ま、ことの真偽は別にして、古くからこのあたりの人々がこの「お墓と伝承されるもの」に、

五穀豊穣や家内安全を祈り、伝説を語り継いできたことは間違いありません。

2014050303RIMG0180.jpg

おっと、いかん!  なぜか、旅番組みたいになってきた・・・( ← いや、「番組」じゃないし(^_^;) )



と、それはさておき、この公園脇に咲く桜は、まだまだ満開の見ごろでした。

これでもう、おそらく、今年の桜の見納めになりそうですので、アップでもパシャリ!

2014050304RIMG0174.jpg

くんくん、いい匂い・・・  なんちゃって(^^ゞ



しかし、私たちは桜というとピンク色を想像しますが、( ← あれっ? 私だけ?(^_^;) )

河津桜は別にして、本当の桜色ってほとんど白に近いんですよね。( ← だから?(^_^;) )

2014050305RIMG0187.jpg

(・・・って、おいおい!  また、話が脱線してますよ!)

(・・・いえね、夜中から走ってきたもので、少し朦朧としてきたような・・・(^_^;) )



ということで、木曾の御嶽山を見ながら、ちょっと休憩しました(^^ゞ

2014050306RIMG0186.jpg

ていねいに、こんな案内板もありましたので、よくわかりましたよ。

写真のレベルが取れてないかもしれませんが、最高峰は左の剣ヶ峰(3067m)だそうです。



と、旅番組ふうに景色を紹介しながら、その後、長峰峠を越え、再び岐阜県に入りました。

2014050307RIMG0209-1.jpg

途中のスキー場では、GW中とあって、まだまだわんさかと人出でビックリしたり、

そうこうして、ようやく到着したのが、岐阜県下呂市の濁河温泉(にごりごおんせん)でした。



ここまで約220km、愛知県から岐阜県、長野県を通り、再び岐阜県に入ったというわけです。

2014050308RIMG0206.jpg

このあたりは標高1800mで、ご覧のとおり、周辺にはまだ雪も残っています。

冬の間は閉鎖され、今年は4月18日の日曜日に営業を始めたばかりなんです。



私、以前から来てみたいと思っていた濁河温泉に、初めて来たんですよ(^o^)

2014050309RIMG0200.jpg

HPに朝9時からと書いてあったので、あちこちで取材(?)で時間調整しながら、

到着はピッタリ9時00分!  ・・・が、不思議なことにお客さんが数人いたという・・・?



ま、そんなことはともかく、これが私の濁河温泉初入湯です(^^♪

2014050310RIMG0199.jpg

ほお~  笹濁りというのでしょうか、薄い茶渋色のお湯の中には、

細かい濁り成分が浮遊していて、朝日にキラキラと輝いてそれはきれいでした。



野趣あふれる岩風呂は30人は入れそうな広さで、2槽に分かれています。

2014050311RIMG0196-1.jpg

あづま屋の下のお風呂はかなりぬるく、5月とはいえ少しブルッちゃいました(^_^;)

大きいほうのお風呂の熱いお湯の注ぎ口付近が、温かくていちばん気持ち良かったです。



ほら、この写真の右奥の、あの注ぎ口付近が特等席だと思いますよ(^_-)-☆

2014050414RIMG0198-1.jpg

それにしても、こんな山奥で濁り湯に浸かって深呼吸すると、運転疲れも吹っ飛びますね~♪



お湯は、ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉という、

かなり複雑な成分で、金気臭があり、口に含むと金属味と弱い塩味も感じました。

2014050312RIMG0204.jpg

以上、初めての濁河温泉に大満足して、建物を出た後、ひょいと振りかえると・・・

あ、なあんだ、6時からだったんですね!  それじゃ、時間調整する必要なかったじゃん(^_^;)




施設名称:濁河温泉市営露天風呂
所 在 地:岐阜県下呂市小坂町落合濁河温泉
電  話:0576-62-3373(※)
訪 問 日:平成26年5月3日
入浴料金:大人500円
U R L:http://www.city.gero.lg.jp/kankou/view.rbz?nd=102&cd=27&ik=1&pnp=100&pnp=102(下呂市ホームページ)

※ 営業期間中のみ(4月中旬~11月中旬)

愛知県半田市  ごんぎつねの湯 (★★★) - 2014.05.03 Sat

皆さん、こんにちは!  5月3日のゴールデンウィーク中のことですが、

私は、静岡県の掛川市からさらに西に向かい、夕方、愛知県に入りました。

2014050301RIMG0146-1.jpg

ふうん・・・ 「南吉の生家」が右で、「南吉の家(養家)」は左ね・・・

そうです!  ここは、童話「ごんぎつね」の作者新美南吉の生まれた愛知県半田市です。



とか言いながら、実は私、「新美南吉」って・・・ 知りませんでした(^_^;)スイマセン~

2014050302RIMG0147-1.jpg

ふと見上げると、夕暮れの空にケムトレイルが・・・ 

いや、もとい、ただの飛行機雲ですよね。( ← はあ?(^_^;) )



ということで(?)、「ごんぎつね」にちなんだという「ごんぎつねの湯」に着きました。

2014050303RIMG0148-1.jpg

今日はあちこち渋滞で、着いた時、既に6時半をまわっていましたが、

駐車場には70~80台もの車があり、こんな時間でもほとんど満車状態でした。



私が玄関を入った時、ちょうど10人ぐらいの小学生の団体(大人が引率)が出てくるところでした。

2014050304RIMG0150-1.jpg

すごいなあ・・・ ここもたいへんな人気の施設なんですねぇ。

ともかく、券売機で800円の券を買って受付に出し、ロッカーキーをいただきました。



脱衣場もお風呂も人がいっぱいで、今回はとても撮影どころではありません。

2014050305RIMG0154-1.jpg

沸かし湯の内湯はともかくとして、露天は褐色のナトリウム-塩化物泉のお湯でした。



露天には、洞窟風呂や寝湯、打たせ湯、歩行浴などがありますが、

寝湯は気持ちいいけれど、足のつっぱり場がなくズルッと溺れそうになるのが難点です(^_^;)

2014050306RIMG0156-1.jpg

5mほどの歩行浴槽では子どもがキャッキャッと泳いでいました(^_^;)

それから、常連ふうのオヤジがいたのですが、タオルを湯船に浸けるんですわ・・・(-_-;)



お風呂のあと、食堂「ごんぎつね」でカツカレー(780円)をいただきました。

2014050307RIMG0158-1.jpg

が・・・ しまった!!  きつねうどんか何かのほうが良かったかなあ(^_^;)



あ、そうそう、忘れてましたが、狭いながらもサウナ(定員5人)もあったんですよ。

温度はめちゃくちゃ熱くはありません。 もちろん水風呂もありました。

2014050308RIMG0159-1.jpg

結局、サウナに2×12分、食事もしたりで、外に出るともうすっかり夜になっていました。

なので、もう今日はこれくらいにしますね。  どうも、さようなら~(^_^)/~




施設名称:ごんぎつねの湯
所 在 地:愛知県半田市平和町5-37
電  話:0569-27-8878
訪 問 日:平成26年5月3日
入浴料金:大人800円
U R L:http://www.handa-kankou.com/sitesee/read.php?wt=km&dcat=13&p=210&htm=table&rt=wt@km/dcat@13/pcat@19/htm@map/n@(半田市観光協会)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。