2014-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群馬県沼田市 南郷温泉 しゃくなげの湯 (★★★★) - 2014.04.29 Tue

4月29日は日帰りで、群馬県の利根沼田エリアまで走ってきました。

2014042901RIMG0098-1.jpg

赤城山麓の遅い桜もそろそろ散り始める頃のようです。



そんな山間部の道路を40~50分も走って到着したのは、

地元の人に「あそこはいいよ!」と勧められた「南郷温泉 しゃくなげの湯」です。

2014042902RIMG0111-1.jpg

いわく、源泉かけ流しで、近くの老神温泉と同じようないいお湯なんだそうです。



しかし、着いてみて、まず車の多いのにビックリしました!!

表は満車(70~80台)で停められず、裏にやっと1台分の空きを見つけました。

2014042903RIMG0114-1.jpg

正直、こんな田舎で( ← 失礼(^_^;) )なに?! と思いました。



ほらね、館内の休憩所だってこんななんですよ・・・

もうホントに座る場所もないほど、ごろ寝のざこ寝状態です。

2014042904RIMG0105.jpg

お風呂は日替わりかもしれませんが、檜風呂と石風呂があり、今日の男湯は檜のほうでした。



なるほど、檜風呂というだけあって、脱衣場もウッディな雰囲気です。

浴室も完全檜作りのお風呂が2つと、水風呂が1つありました。

2014042905RIMG0102-1.jpg

水風呂?!  ということは・・・  そう! サウナもあったんですよ~(^^)v

6人程度で大きくはありませんが、サウナはそれほど混んではいませんでした。



露天には、やはり完全檜風呂と檜枠の石風呂と2つありました。

2014042906RIMG0101.jpg

ところで、薦められたお湯のことですが、PH9.37の単純温泉なんですが、

これが確かに、ぬるツルの肌に柔らかいとってもいいお湯でした!



無色透明ですが、口に含むとほんのりとタマゴ味までしました。

2014042907RIMG0106-1.jpg

なある・・・  これはいいなあ!  と、お客さんの多さも納得できたのでした。



遠いところなので、最初は1時間ほどでサクッと切り上げようと思っていたんです。

でも、予想以上にいいお湯で、しかもサウナまであって、

2014042908RIMG0104-1.jpg

ついつい2時間近くも長居させられて(?)しまいました(^^ゞ



しゃくなげの湯では、そばや軽食など食事もできますし、

近郊の人たちには格好の保養施設になっているようです。

2014042909RIMG0107-1.jpg

そうそう、入浴料金のことですが、560円という微妙な設定ですが、

これも消費税の影響で、4月から550円が560円になったようです。



ただし、元の「2時間550円」を「3時間560円」へと変更して、

2014042910RIMG0110.jpg

単に値上げしたわけじゃないという、うれしい配慮も見られました。

以上ですが、地元の人のオススメの温泉は間違いなかったですよ(^^♪




施設名称:南郷温泉 しゃくなげの湯
所 在 地:群馬県沼田市利根町日影南郷100番地
電  話:0278-20-0011
訪 問 日:平成26年4月29日
入浴料金:大人3時間560円
U R L:http://syakunage.jp/publics/index/13/
スポンサーサイト

群馬県昭和村  道の駅あぐりーむ昭和 足湯 (★★☆) - 2014.04.29 Tue

GW中の飛び石のお休みになった昭和の日に、群馬県の昭和村に行ってきました。

2014042901RIMG0083-1.jpg

ここは関越自動車道の昭和ICから1分の道の駅、「あぐりーむ昭和」です。



折しも昭和の日の記念イベントとして、恒例のお祭りが行われていました。

2014042902RIMG0071-1.jpg

特設ステージではチンドン屋の賑やかしがあったり、



昭和の遊びコーナーでは、こま回しやメンコ、お手玉、あやとり、竹馬などなど・・・

2014042903RIMG0090-1.jpg

出店もいろいろあって、ともかく大人も子どもも大変な人出で賑わっていました。



そんな中ですが、こちらには足湯がありますので、紹介しておきたいと思います。

2014042904RIMG0072.jpg

ふむふむ・・・  「この足湯は天然温泉です」と書いてあります。



で、こちらですが・・・  ほお!  完全屋内の足湯施設というのは珍しいですね。

2014042905RIMG0093.jpg

この真ん中の大きな足湯のまわりに4~5人用の小ぶりの足湯が3つありました。



なるほど・・・  向かいの工業団地のキャノン電子からの引き湯のようですね。

2014042906RIMG0080.jpg

泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩泉ということです。



私も靴下を脱いで裾をまくって足を浸けてみましたが、わりとアツアツです。

2014042907RIMG0075.jpg

しかし、お客さんたちはみんな外のステージが気になっているようですが・・・



見ると、村内の保育所園児たちが歌の発表をしているところでした。

2014042908RIMG0086-1.jpg

カワイイですね~❤( ↑ 写真は別の場面です(^_^;) )



てなことで、朝採りの新鮮なレタスやキャベツやいちごなどをお土産に買い込んで、

2014042909RIMG0092-1.jpg

きなこちゃん、お待たせ!  さあ、次に行くぜい!(^^)v




施設名称:道の駅あぐりーむ昭和 足湯
所 在 地:群馬県利根郡昭和村大字森下2406-2
電  話:0278-25-4831
訪 問 日:平成26年4月29日
入浴料金:無料
U R L:http://www.michieki.jp/eki/958/(参考)

静岡県富士宮市  富士山天母の湯 (★★★) - 2014.04.26 Sat

いきなりで恐縮ですが、静岡県富士宮市の「富士山天母の湯」の入浴券です。

2014042601RIMG0059.jpg

山梨県早川町から、富士山の南側を通って帰る途中に寄ってみたのです。

入浴券の自販機には、1時間券、3時間券、1日券と、種類がいろいろありました。



1時間ではいくらなんでもせわしないだろうと、3時間券(720円)にしましたが、

2014042602RIMG0060-1.jpg

受付でその入浴券を出すと、帰りに入浴券を見せてくださいね、とのことで、

下足箱のカギと引換えにプラの番号札を渡されました。



お風呂に向かう途中には大広間がありましたので、ちょっと様子をパシャリ!

2014042603RIMG0047-1.jpg

節電して営業中、というところでしょうか・・・ ブレてしまいました(^_^;)



そして、こちらがお風呂の入口ののれんです。

手前が男湯で、奥が女湯です。( ← って、まあ、見りゃわかりますか(^_^;) )

2014042604RIMG0049.jpg

・・・どうも、写真と写真の間を等間隔にするために、ムダにしゃべくる悪い癖です(^_^;)

もう、ここ1年半くらいずっと続いている、ハマって抜け出せないパターン行動なんですが・・・



こういうのって、軽度の強迫神経症の類いなんじゃないかと自己分析しています(^_^;)

2014042605RIMG0052-1.jpg

とと・・・  それはそれとして、お風呂は端に座湯や寝湯の付いた一体型の大きな浴槽で、

開放感のある大きなガラス窓の向こうが露天エリアになっていました。



外には、石組みの露天風呂の他、左奥には3人ほどのヒノキ風呂もありました。

2014042607RIMG0055.jpg

でも、このお湯の色!  ご覧ください!  ホントにすごいでしょ!



なんちゃって・・・  実はこれ、薬草風呂なのでした(^_^;)

ドクダミとかセンブリとか・・・  えっと、忘れてしまいました(^_^;)アハハッ

2014042606RIMG0054-1.jpg

というか、実はここ、温泉ではないのです。( ← あっ、なんだよ~ という声が聞こえた(^_^;) )



すいません・・・ でも、温泉じゃなくたって生薬が身体に良さそうですし、

遠くに駿河湾を眺める景色も決して悪くはないですよ。

2014042608RIMG0061.jpg

それに、身体に負荷の少ない50℃のトロンサウナも気持ち良かったです。

私は18分ずつ2回、都合36分も汗を流して、1kgほど軽くなりました(^^ゞ



あ、でも、サウナの後の水風呂がなかったのがちょっと残念でしたけどね(^_^;)

2014042609RIMG0064-1.jpg

それに、帰りに入浴券の販売機をよく見たら、1時間の延長券が200円だったんですよね。

てことは、1時間50分ほどでしたので、1時間券と組み合わせたほうが安かった?(^_^;)チェッ!




施設名称:富士山天母の湯
所 在 地:静岡県富士宮市山宮3670-1
電  話:0544-58-8851
訪 問 日:平成26年4月26日
入浴料金:大人1時間410円、3時間720円、1日1020円
U R L:http://www.city.fujinomiya.shizuoka.jp/kankikaku/anmo.htm

山梨県早川町  ヴィラ雨畑 すず里の湯 (★★★) - 2014.04.26 Sat

このところなかなか忙しくて、先週ようやくスタッドレスからノーマルタイヤに履き替えました。

2014042601RIMG0024-1.jpg

なもので、4月26日の土曜日の朝は、ちょっと慣らしで軽く180kmほど走ってみました。



およそ4時間走って、到着したのは山梨県の南アルプスの山あいの町、早川町です。

2014042602RIMG0041.jpg

ヴィラ雨畑は、昔の学校跡地を活用して建てられた宿泊・研修施設ですが、もちろん温泉もあります。



お風呂棟は別棟になっていて、見ると門の屋根部分が藁ぶきで田舎情緒がいっぱいです。

2014042603RIMG0026.jpg

そうそう、入浴料金のことですが、ちょっと前のガイドでは500円となっていましたが、



消費税アップの関係だと思いますが、今は大人550円になっていました。

2014042604RIMG0027.jpg

脱衣場にはまだストーブが置いてあって、なるほど南アルプスだもんなあと思います。



お風呂は・・・  開放感いっぱいの明るい浴室には湯船が2つありました。

2014042605RIMG0034.jpg

お湯は無色透明でほとんど無味無臭、肌ざわりもさらりとしたお湯でした。



最初、お客さんは2人いらっしゃったのですが、さっさと出て行かれましたので、

2014042606RIMG0032.jpg

お湯に浸かった目線でもパシャリ! といただきました・・・(^^♪



大きなガラス戸は、開けて外に出ることもできるようになっています。

2014042607RIMG0033.jpg

まだ少し肌寒いですが、これからの季節は温泉で火照った身体を冷ますのに良さそうですね。



お湯は、PH7.44、湧出温度が14.2℃の単純硫黄冷鉱泉と書いてありました。

2014042608RIMG0035.jpg

硫化水素臭、ガス発生あり、ともありましたが、今日はどちらも感じられませんでした。



それでも、お風呂はすいているし、景色はいいし、のどかな気分でのんびりできました。

2014042609RIMG0040-1.jpg

こちらは小さな休憩所ですが、ご覧のとおり他に誰もなく、私1人ですからこれで十分です。



久しぶりの田舎気分で、私にしては珍しく、食堂でお昼ごはんもいただきました。

2014042610RIMG0044-1.jpg

これは肉うどんなんですが、想像してたのと違って、けんちん汁風の珍しい味でした。

さあて、お昼も食べたし、また走りますか!(リアがちょっとスベルけど・・・(^_^;) )




施設名称:ヴィラ雨畑 すず里の湯
所 在 地:山梨県南巨摩郡早川町雨畑699
電  話:0556-45-2213
訪 問 日:平成26年4月26日
入浴料金:大人550円
U R L:http://www.town.hayakawa.yamanashi.jp/tour/spot/staying/villa-amehata.html(早川町HP)

静岡県伊東市  宇佐美ヘルスセンター (★★★☆) - 2014.04.19 Sat

宇佐美ヘルスセンター・・・  その名前からして、バリバリの昭和の匂いがします。

2014041901RIMG0019-1.jpg

ナビにセットして行ったところ、伊豆急宇佐美駅のすぐ近くではありましたが、

車のすれ違いもままならないほどの、狭い路地の奥に案内されてしまいました。



たまたま今日は軽だったものですから、狭い路地もたいして気になりませんでしたが、

2014041902RIMG0018-1.jpg

普通車だったらちょっと入りたくない、狭い路地のどん詰まりにありました。

ふーむ・・・  名前からは健康ランド的な施設かと思いましたが、共同湯的な雰囲気です。



駐車スペースも見つからず、一度表通りまで戻って、ある場所に車を置いてきました。

2014041903RIMG0010-1.jpg

で、戻って、あらためてガラガラと扉を引くと、そこはすぐに受付になっていました。

店番のおじさんに、いくらですかね? と聞くと、350円ということでした。



ということで、さっそく入ったお風呂ですが、お客さんは6~7人もいらっしゃいました。

2014041904RIMG0011.jpg

でもまあ、一応「取材」ということになってますので、手早く撮影させていただきました。

ざっと12畳ほどの浴室ですが、その半分近くが浴槽になっていて、10人程度のサイズです。



他のお客さんを写さないように、下を写してみました(^_^;)

2014041905RIMG0014-1.jpg

わりと細かい粒のタイル張りですが、こういうのもいかにも昭和風ですよね。



脱衣場には、昭和35年の静岡県衛生研究所分析なる掲示板がありましたが、

衝立の蔭になってしまいましたが、加水なし加温なしの掛け流しと書いてありました。

2014041906RIMG0015.jpg

石鹸で身体を洗ってしっかりお湯に浸かると、はあ~♪ いい気持ちです(^^♪

本当はもっとゆっくりしたかったのですが、置いてきた車のことが気になりまして・・・



なので、手短かにお風呂を切り上げて、戻ってきました(^_^;)

2014041907RIMG0020-1.jpg

で・・・ ここは、3~4分ほど離れた場所にある宇佐美郵便局の駐車場です。

一応、土曜日だからいいかな、と思ったのですが、すいません、ありがとうございました。



あれっ?  駐車場から、ふと横を見ると、こんなものが・・・

2014041908RIMG0021-1.jpg

へえ~ 北緯35度00分線上の街なんだそうです。  なるほどね~ 勉強になりました~(^o^)




施設名称:宇佐美ヘルスセンター
所 在 地:静岡県伊東市宇佐美1849
電  話:0557-48-9270
訪 問 日:平成26年4月19日
入浴料金:大人350円
U R L:http://www3.hp-ez.com/hp/usami-healthcenter/page5

静岡県伊豆の国市  古奈湯元公園 よりともの足湯 (★★☆) - 2014.04.19 Sat

咲いた~ 咲いた チューリップの花が~  並んだ~ 並んだ 赤白 黄色~( ← の車(^^♪ )

2014041901RIMG0006-1.jpg

いや、のっけから少々浮かれモードで、どうも失礼いたしました~(^^ゞ



4月になっても寒い日もありましたが、さすがにもうすっかり本物の春ですよね(^^♪

2014041902RIMG0007-1.jpg

4月19日の土曜日、暖かい南の風に誘われて、伊豆長岡に行ってみたんです。



ここは伊豆長岡温泉街の東部に位置する古奈地区です。

2014041903RIMG0004-1.jpg

ここの古奈湯元公園に足湯があるというので、今回、訪問してみました。



着いてみると、公園足湯は「よりともの湯」と名付けられていました。

2014041904RIMG0001-1.jpg

お湯はけっこう熱いので、しばらく足を付けていると足がまっ赤になります。



次々と車でやってくる人がいて、この足湯は人が途切れることがありません。

2014041905RIMG0003-1.jpg

公園内のすぐ隣には、足ツボ刺激のウォーキングゾーンもありました。



お湯はこの地に湧くアルカリ性単純温泉だそうです。

2014041906RIMG0009-1.jpg

1号泉、2号泉の混合だそうですが、アツアツで足の疲れがとれていいですよ。




施設名称:古奈湯元公園 よりともの足湯
所 在 地:静岡県伊豆の国市古奈1199-3
電  話:なし
訪 問 日:平成26年4月19日
入浴料金:無料
U R L:https://www.city.izunokuni.shizuoka.jp/kankou/kanko/onsen/ashiyu/konayumoto.html(伊豆の国市ホームページ)

神奈川県箱根町  箱根湯本ホテル (★★★) - 2014.04.13 Sun

ど~も~♪  いきなり坦々麺(4番)の写真で、恐縮です~(^^ゞ

いえね・・・ 前回、箱根強羅で、公園そばの温泉に入ったじゃないですかぁ、

2014041301RIMG0232.jpg

お昼時でお腹がすいたもので、その後、仙石原のいつものめん屋さんに寄ったんですよね。

もう私、箱根ではこれしか食べない、というくらいのファンになっております(^^ゞ



いつものとろみのついた辛いやつをいただいた後、行ってみたのがこちらでした。

2014041302RIMG0233.jpg

が・・・?  電話番号をナビにセットして行ってみたのですが、

車は何台もあるものの、なぜか暗く、どこが玄関かもわからないほどシーンとしていました。



よくよく見ると、本館は休館中のため別館におまわりください、との貼り紙を見つけました。

2014041303RIMG0235-1.jpg

なあんだ、ということで、貼り紙の案内に従って数分、到着したのがこちらです。

あっ、ここね!  箱根旧街道沿いで、何十回も通っているのに、気付かないものですねぇ(^_^.)



ふんふ~ん♪  実は、こちらも温泉博士4月号に無料クーポンがあったんですよね。

2014041304RIMG0249.jpg

とは言うものの、いつもフロントでは小さな声で、すいません、この券は使えるでしょうか?

と、周囲の人に知られないように、おずおずと出して見せる小心な私です(^_^;)



でも、こういう大きなホテルはいいですね、通達がピシッと徹底されていて。

2014041305RIMG0246.jpg

にっこりとスタンプを押していただき、どうぞごゆっくり、と受け付けていただきました。

あっと・・・  てなことを考えている間に、早くもお風呂の入口に着いたのでした。



おおっ、このお風呂はすごい!  広いも広いですが、浴室内のほとんどが浴槽という感じです。

2014041306RIMG0244.jpg

一応、4つに分かれていますが、お湯はオーバーフローしていて、40~50人は入れそうです。

大きなガラス窓からの眺めも、猿沢渓谷を眼下に見て、悪くないですよ。



そして、こちらが本格岩づくりの、野天情緒いっぱいの露天風呂です。 

2014041307RIMG0240.jpg

このすぐ向こうが猿沢です。  落っこちないように気をつけなくちゃ(^^ゞ

この露天風呂は、人1人がすり抜けられるすき間で、もう1つの露天風呂につながっていました。



で、すり抜けてみると・・・  なるほど、先ほどのクーポンの見本写真の場所でした。

2014041308RIMG0241.jpg

箱根旧街道沿いで、時々上のほうに車の影がちらっと見えますが、ほとんど気になりません。

お客さんは何人かいらっしゃいましたが、混んではなく、のんびりゆったりできました。



お湯は、温泉分析書によると、ナトリウム-塩化物泉でPH8.7ということです。

2014041309RIMG0234-1.jpg

無色透明で、無味無臭ですが、メタケイ酸を126mgも含有する「美肌の湯」だそうです。

もちろん、街道沿いに駐車場も完備していますので、車でも便利ですよ。



ただし、専用休憩室はないようでしたので、ゴロンとしたい人向きではないかもしれません。

2014041310RIMG0252.jpg

でも、ともかく無料で入れていただいたのですから、いつものようにお土産を・・・

ということで、「箱根の切り株」×2、いただきました。  どうもありがとうございました~(^o^)




施設名称:箱根湯本ホテル
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋97
電  話:0460-85-8800
訪 問 日:平成26年4月13日
入浴料金:大人1000円
U R L:http://www.hakone-yumotohotel.com/

神奈川県箱根町  箱根翠光館 (★★☆) - 2014.04.13 Sun

箱根強羅には、本格的なフランス式庭園として名高い「強羅公園」というのがあり、

そこには1年中、四季折々の花々がまるで艶やかな彩りを競うように咲き誇ります。

2014041301RIMG0227-1.jpg

今回は、そんな強羅公園に隣接するホテル、箱根翠光館に行ってみました。



フロントで入浴をお願いすると、入浴料金は2時間1100円ということでした。

一応、念のためですが、日帰り入浴は11時から19時までのようです。

2014041302RIMG0207.jpg

下足箱のカギと車のキーの引換えにバーコード付きのリストバンドを渡されましたが、

ここには食堂も売店もないようなので、単なる預かり品の引換券がわりのようでした。



また、お風呂には鍵のかかるロッカーはありませんので、ということで、

2014041303RIMG0209.jpg

必要なら1階の貴重品ボックスを利用するよう案内されましたが、

でも、お客さんが他にいらっしゃる気配もないので、私はそのまま上に上がりました。



ということで、あらためまして、こちらが4階の展望風呂になります。

2014041304RIMG0210-1.jpg

ご覧のとおり、お風呂からの眺めは、強羅公園がそのまんま丸見えでした。 

いや、ホント、これは絶対、あちらからも丸見えの近さです(^_^;)



だって、窓際に近づくと、公園内を散策する人たちの顔もわかるほどなんですよ。

2014041305RIMG0212-1.jpg

最短20mというほどの近さでしたので、さすがの私も(?)、

あちら側から見られないよう身体を隠しながらの入浴となりました(^_^;)



昼間でこれですから、夜間だとこちらが明るくて、まさに劇場じゃないですか~

2014041306RIMG0217-2.jpg

夜・・・ 公園に来てみたい、と思っちゃったりなんかして・・・( ← バカ(^_^;) )



PH7.5のナトリウム-塩化物泉は、無色透明、無味無臭ですが、わずかにべとつきを感じました。

また、お風呂を出ると、横には、一応、こんなちょっとした休憩スペースもありました。

2014041307RIMG0205-1.jpg

この座布団の様子から察するに、お客さんがまるでいなかったわけでもないのかな?



ところで、実は、HPによると、日帰り入浴のお客様は強羅公園の見学もできる、

と書いてあったのですが、実際にはそんな案内はされませんでした(-_-;)

2014041308RIMG0225.jpg

公園の入園料は確か550円ですから、それも込みならお得だと思いますが、

それがないとなると、入浴だけで1100円はちょっと高いなあと感じます。



一応行ってみた、という感じになってしまいましたが、以上、箱根強羅の翠光館でした。

2014041309RIMG0229.jpg

あ、そうそう!  帰りがけに発見したことが1つありました。  

表の看板をよく見ると、「東洋信託銀行強羅保養所」という裏返し文字が見えました。



はは~ん、 もしかして、こちらもリストラクチャリングですかね・・・

2014041310RIMG0231-1.jpg

なかなか世の中は厳しいのね・・・  と、2014年春の全国統一防火標語、

イメージキャラクターの優希美青ちゃんも言っていました・・・( ← ウソ(^_^;) )




施設名称:箱根翠光館
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
電  話:0460-82-3351
訪 問 日:平成26年4月13日
入浴料金:大人1100円
U R L:http://www.suikoukan.com/

神奈川県箱根町  木賀の里House (★★★☆) - 2014.04.13 Sun

※ 平成26年12月1日、現地で閉館状態であることを確認しました。



4月13日の日曜日、箱根に来たのですが、最初当てにしていたところに電話してみたところ、

申し訳ありません、日帰りは今はやめたんです、とあえなく断られてしまいました(^_^;)

2014041301RIMG0175-1.jpg

で、どうしようかと思案しながら、ともかく、とりあえず仙石原に行ってみました。

が、ううむ・・・  この1か月の間にススキの原では野焼が行われたようですね。



>>平成26年3月9日の仙石原はこちら>>

2014041302RIMG0201.jpg

で、さてさて、どうしたもんですかね・・・  うん! そうだ、とりあえず、あそこに行ってみるか!

ということで、昨年12月にオープンしたという「木賀の里House」に行ってみたのです。



場所は、箱根裏街道(国道138号線)の道路沿いで、木賀(きが)付近になります。

2014041303RIMG0197.jpg

いつも通る道ですので、今年の1月頃から真新しい幟旗が立っていて、気にはなっていました。



ネットで調べてみると、新規オープン施設らしいので、行ってみようとは思ったのですが、

ただ、HPを見ても、温泉はともかく、その他はイマイチよくわからないんですよね(^_^;)

2014041304RIMG0198.jpg

実際に訪問してみた感じは・・・ 新規オープンとはいうものの、かなりズダボロな印象で・・・(^_^;)

ですが・・・  ん?!  「朝日生命木賀の里寮」?  はは~ん なあるほどね!



つまり、元はあの有名な企業の保養所だったようです。 ふうん、そうだったんだ~ 

2014041305RIMG0179-1.jpg

たぶん、古くなって、リストラクチャリングの波もあって、売却されたもののようです。



で、業態を変えて昨年末に再開したものの、やっぱり流行らなくて半年ももたずに閉鎖!!

・・・かと思うぐらい、うす暗くてさみしくてシーンとしていました。( ← すみません(^_^;) )

2014041306RIMG0180-1.jpg

フロントで声をかけても誰の姿もなく、見るとカウンターに立て札が置いてあります。



そこには、館内巡回のため離席しているので、入浴料500円をセルフで置いてください、

という趣旨のことが手書きで書いてあって、いきなりB級感いっぱいです(^_^;)

2014041307RIMG0185-1.jpg

指示どおり、500円硬貨を1枚、トレイに置いて、矢印に従ってたどりついたのがこちらでした。



しかし、昔のまんまだと思いますが、お湯は案外、悪くないみたいでしたよ。

無色透明で無味無臭ですが、お湯には茶褐色の湯の花がちらちらと舞っていました。

2014041308RIMG0186-1.jpg

少しキシッと感じるお湯は、ナトリウム-塩化物泉でPH8.48ということでした。



HPによると「露天風呂は800円」というようなことも書いてあったのですが、

露天風呂ってあれかなあ、と外に見えるそれらしき穴(ただし、お湯なし)を見ていました(^_^;)

2014041309RIMG0194.jpg

館内に貼ってあった「湯の歴史」という由来によると、徳川幕府三代将軍家光以来、

代々将軍家に献上され、800年以上の歴史ある名湯というような記述がありました。



他には誰も来ないだろう、と思いきや、帰る頃には少しずつお客さんがいらっしゃって、

2014041310RIMG0196-1.jpg

休憩室にビールとお弁当を持ち込むご夫婦もいたりと、意外と固定客も着いてきている様子です。

ちなみに、この休憩室は3時間まで無料、3時間越えると追加500円だそうです。



ということは、500円だけで3時間まったりできるという訳で、箱根では意外に穴場かもしれません。

2014041311RIMG0204-1.jpg

最初、なんとなくズダボロだなあとか、B級感いっぱいだなあとか感じましたが、

名より実を取るならば、決して悪くないんじゃないかな、と思い直したのでした(^_^;)




施設名称:木賀の里House
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町木賀982
電  話:0460-83-8902
訪 問 日:平成26年4月13日
入浴料金:大人500円
U R L:http://www.hakoneonsen-kiganosto-house.jp/

山梨県笛吹市  花やぎの章 慶山 (★★★☆) - 2014.04.06 Sun

甲府市内でひとっ風呂浴びた後、少し戻ってお隣の笛吹市に行ってみました。

笛吹市には、山梨県の温泉地として外すことのできない「石和温泉」があります。

2014040601RIMG0144-1.jpg

その中でも、今回は、大型の温泉ホテル「花やぎの章 慶山」を訪ねてみました。



ホテルのロビーに入ると、ひときわ大きな豪華な雛飾りが目を惹きました。

4月6日だったのですが、このあたりは旧暦のお祭りの風習なんですね。

2014040602RIMG0145.jpg

そう言えば、以前、同じ山梨県内で同じ状況にぶつかったことがありましたが、

えっと、あれは確か・・・  そうそう、甲州市の嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館でした。



私の住んでいる地域では(生まれ育った地域でも)、ひな祭りと言えば普通に3月3日ですが、

2014040603RIMG0166-1.jpg

考えてみると「桃の節句」と言われたって、3月3日には桃の花なんか咲いてもいないですよね。

ですから、本当の季節感の感じられるお祭りの時期としては4月でいいのかもしれません。



てなことを考えつつ、でも、さすが名前どおり、花やいでいるなあ、と感心したのでした(^^ゞ

2014040604RIMG0163-1.jpg

ということで、このへんで軌道修正して、温泉の紹介に戻りたいと思いますが・・・

脱衣場はかご式でしたが、お風呂の入口に無料の貴重品ロッカーがありますので心配いりません。



で、こちらが浴室の写真なんですが・・・  なんか、画質が良くないですねぇ(^_^;)

2014040605RIMG0154-1.jpg

まるでパンフレットの写真をカメラで写したみたいな粗い画像になってしまいました。

でも、ちゃんと正真正銘、浴室内で当日私が撮った写真なんですよ(^_^.)



湯気がいっぱいなのと暗かったのでああなりましたが、全ては私の未熟さのせいです(^_^;)

2014040606RIMG0161-1.jpg

いえ、決して改ざんや捏造ではありません。 悪意のない単純なミスで・・・( ← ん?(^_^;)オボチャン~ )



えっと・・・ コホン!(^_^;) 

こちらは露天風呂です。  明るい分、さきほどよりはクリアな写真が撮れました。

2014040607RIMG0157-1.jpg

はあ~ 春の柔らかい日ざしが、気持ちいいわぁ・・・ 



おっと、今回も無駄口たたいてしまって、大切なスペックを書くのを忘れていました。

こちらは、内湯が2つ、露天が1つですが、大型ホテルらしくどれもかなり広いです。

2014040608RIMG0171-1.jpg

内湯はざっと30人と20人、露天風呂も30人は入れる広さでした。

そのほか、4~5人用の大きな樽風呂、それから7人掛けのミストサウナ室もありました。



温泉分析書には、PH8.9のアルカリ性単純温泉と書いてありましたが、

2014040609RIMG0170-1.jpg

無色透明、無味無臭ですが、数字以上にぬるっとする「美肌の湯」でしたよ。

温泉博士4月号の無料クーポンで入れていただいたので、おみやげを買って帰りました(^^♪



こんないいお湯、しかも広々していて、本当にありがとうございました~\(^o^)/




施設名称:花やぎの章 慶山
所 在 地:山梨県笛吹市石和町市部822
電  話:055-262-2161
訪 問 日:平成26年4月6日
入浴料金:大人1000円
U R L:http://www.keizan.com/

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。