2014-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨県北杜市  北杜市健康増進施設 スポーツスクエア須玉 (★★★) - 2014.01.26 Sun

日曜日の朝、山梨県北杜市の「スポーツスクエア須玉」に行ってきました。

ここまで約140kmもあって、一般道ばかりで3時間半もかかりました。

2014012601RIMG0001.jpg

こちらは日帰り温泉だけでなくプールやジムもある北杜市の公共施設です。



料金は温泉だけなら700円、プールと併用で900円、ジムも利用すると1200円です。

ただし、市民の方はそれぞれ550円、800円、1050円となっています。

2014012602RIMG0018-1.jpg

私の場合、プールやジムの取材(?)はしませんので、700円の入浴券を買いました。



ところで、こちらの温泉ですが、単なるスポーツ施設の併設温泉かと思いきや、

「北杜湯沢温泉 信玄公陣立の湯」という、たいそう立派な名前が付けられています。

2014012603RIMG0002-1.jpg

これは、ここ須玉町若神子地区に、古くは若神子城というお城があって、

武田信玄がこの城でしばしば戦の陣立てを行った、という故事に由来するそうです。



また、若神子城は、甲斐源氏の祖とされる源新羅三郎義光の伝承もあるとのことです。

2014012604RIMG0003-1.jpg

あっ、と・・・ いつの間にかまた、説明口調になっておりました・・・(^_^;)



いやどうも・・・ 軌道修正して、温泉のリポートに戻りたいと思いますが・・・

うわっ! っと・・・ すごい湯気でモワモワ、ちょっと写真は厳しいですねぇ。

2014012605RIMG0006-1.jpg

レンズをぬぐってもすぐに曇ってしまって、何枚かのうちでやっとこの程度に写せました。



お風呂は1つだけですが、大きな浴槽は15人は同時に入れるほどの広さでした。

お湯はほとんど無色透明ですが、しかし、意外なほどぬるぬるしていました。

2014012606RIMG0014-1.jpg

温泉分析表によると、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉でPH8.1ということですが、

見るとメタケイ酸も94.1mgもあって、これがヌルヌルの理由かもしれませんね。



で、もう1枚撮ってみましたが・・・ やっぱりモワモワでダメです(^_^;)

2014012607RIMG0011-1.jpg

こちらには、小さい(譲りあって4人程度)ながら、サウナもちゃんとありまして、

こんな遠くまで来ているのに、私、ついつい4回48分も汗を流してしまいました(^^ゞ



ただ、残念なのは、水風呂がないためサウナ後のさっぱり感にやや欠けるということです。

2014012608RIMG0016-1.jpg

2階には広い無料休憩室もありますが、この日はお客さんも多くなく、

おばさん3人のグループがいらっしゃるだけでした。



できれば、軽く食事もできたりしたらなおいいのになあと思います。

2014012609RIMG0020.jpg

以上、立派な名前はともかく、私としては「プールに付属のお風呂」という印象を持ちました。

あっ、いえ、決して悪くはないですよ! でも、まあ、それなりにという感じでしょうか。




施設名称:北杜市健康増進施設 スポーツスクエア須玉
所 在 地:山梨県北杜市須玉町若神子3900-1
電  話:0551-42-1200
訪 問 日:平成26年1月26日
入浴料金:大人700円
U R L:http://www.kitzwellness.co.jp/sutama/
スポンサーサイト

神奈川県大井町  いこいの村あしがら (★★★☆) - 2014.01.25 Sat

平成26年1月25日、「いこいの村あしがら」を久しぶりに訪問しました。

2014012501RIMG0165.jpg

前回来たのは平成20年12月5日・・・  てことは、実に、5年以上も前です。



こちらは公共の宿泊施設で、一般の宿泊利用のほか、

2014012502RIMG0180.jpg

学校の部活の合宿や企業の宿泊研修などにも利用されています。



日帰り温泉のガイドブックなどには載っているのを見たことがありませんが、

2014012503RIMG0167.jpg

11時から14時の間だけ、700円で立寄り入浴ができるんですよ。



お風呂の設備は内風呂と水風呂、それにサウナだけというきわめてシンプルで、

2014012504RIMG0168-1.jpg

お湯もほとんど無色透明、無味無臭、と特に変わった特徴はありません。



が、それでも、大きく取られたお風呂の前面の窓からは、

2014012505RIMG0171-1.jpg

天気がいいと、富士山の姿を眺めることができて、なかなかなんです。



きょうはちょっと曇っていて、残念ながら富士山は見えませんでしたが、

2014012506RIMG0170.jpg

まあ、サウナと水風呂と温泉さえあれば・・・(^^♪



という私ですので、11時に着いて1時半過ぎまで、しっかりと滞在いたしました。

2014012507RIMG0175.jpg

前回同様、ほとんど私の貸切りみたいで、ホント、ありがとうございました!



お湯は「温泉法上の温泉に該当する」ということですが、

2014012508RIMG0177-1.jpg

よく見ると、「メタケイ酸 76.1mg」ということで、これのようでした。



あ、それから、700円のうちにタオルとバスタオルがセットで付いています。

2014012509RIMG0179-1.jpg

前回はサウナの温度が低すぎた記憶がありましたが、今回はオッケーで快適でしたよ。




施設名称:いこいの村あしがら
所 在 地:神奈川県足柄上郡大井町柳260
電  話:0465-82-2381
訪 問 日:平成26年1月25日
入浴料金:大人700円
U R L:http://www.ikoi.or.jp/

山梨県西桂町  三ツ峠グリーンセンター ふれあい館 (★★☆) - 2014.01.19 Sun

今、私は、富士山登山口の1つ「須走口」のある、静岡県小山町の須走地区に来ています。



「道の駅すばしり」でひと休みしましたが、施設のすぐ後ろには富士山が迫っています。

・・・でも、富士山ってこんな形だったっけ?  という気がしませんか?  

2014011901RIMG0125-1.jpg

あまりにも近づきすぎて、既に富士山の一部に入ったため、全体像が見えないということでしょうか(^_^;)



休憩後、凍てつく籠坂峠を越えて山梨県に入り、山中湖を過ぎ、西桂町までやってきました。

で、到着したのは三ツ峠山のふもと、雪も残る「三ツ峠グリーンセンター」です。

2014011902RIMG0128.jpg

一帯は、武道館やテニスコートなどのスポーツ施設、そば打ちや陶芸などの体験工房、

BBQ施設や宿泊もできるログハウスなどのある、町営のレクリェーションゾーンとなっていました。



その、三ツ峠グリーンセンターの中の管理棟的な中核施設がこちらの「ふれあい館」です。

2014011903RIMG0153-1.jpg

実は、近くを走っていてたまたま案内看板を見つけて、日帰り入浴もあるらしいと知って寄ってみたのです。



受付では、今日は法事が入っているので休憩室が使えませんがいいですか? と・・・

へえ~ そんな利用もあるんですね・・・ 地区の公民館的な場所にもなってるようです。 

2014011904RIMG0134-1.jpg

まあ、私は別に休憩室はなくてもいいので、たいした問題ではありません(^^ゞ

ということで、事前情報は一切なしですが、さっそくお風呂に入ってみました。



あ、大事なこと忘れてました! ここ、温泉じゃないんです。

2014011905RIMG0135-1.jpg

でも、ただの水道水の沸かし湯っていうわけでもないようで、

標高1786mの三ツ峠山から流れ出る湧水を利用した「名水の湯」とうたわれています。



浴室にはこんな大きな浴槽があり、これは10人以上はゆうに入れる広さでした。

2014011906RIMG0144-1.jpg

こもった湯気のせいで、斜め40度ほどでさしこむ冬の淡い日ざしがよく見えます。



なるほど~  この浴槽には炭が入ってるんです、って・・・

ナトリウム、カリウム、カルシウム、マンガンが含まれていて、アルカリ性だそうです。

2014011907RIMG0148-1.jpg

成分的には、へたな温泉よりかえって効き目がありそうですよね~(^^ゞ



こちらは6~7人ほどの露天風呂ですが、湯けむりがいい雰囲気でした。

こちらには竹酢が入っているということで、そういえば酢の香りが微かにしていました。

2014011908RIMG0141-1.jpg

あと、お風呂はもう1つ、1人か2人程度の小さい薬湯というのがありましたが、

ここのお風呂の中では、露天風呂で冷たい空気を顔に感じながらのんびりするのがいちばんでした。



風呂上がりに、久しぶりに全国火災予防運動のポスターをゲットしましたが、さすが、公共施設(^^ゞ

2014011909RIMG0151-1.jpg

2013年春の日本損害保険協会・消防庁版の刈谷友衣子ちゃんでした。



こちらには食堂もあって、ちょうどお昼ですから、食事していっても良かったのですが、

今日は時間がまだ早いので、寄ってみたいところを急に思いついたんですよね♪

2014011910RIMG0155-1.jpg

ということで、あっさりめですが、三ツ峠グリーンセンターのことはこのくらいで~(^^ゞ



・・・と、それから小一時間、車で走って上野原市の山の中にやってきました。

そう、これこれ!  君恋温泉「君恋の宿」・・・  ここに来てみたかったのです。

2014011911RIMG0157.jpg

ロマンチックな名前でちょっと惹かれるでしょ?  前からすごく気になってました。



さきほどの看板の向かい側の狭い上り坂を上がっていくと、こんな建物があります。

見た感じはごく普通の民家ですよね。 でも、これこそ知る人ぞ知る「幻の温泉宿」なのです。

2014011912RIMG0160-1.jpg

何が「幻」なのかということはさておき・・・  こんにちは~  ごめんください~



でも・・・  しーーーん・・・(゜_゜)???

いくら呼んでも、いくら待っても、なぜか返事がありませんでした・・・!?(・_・;?

2014011913RIMG0158-1.jpg

玄関のとびらは開きますし、中の様子もきれいに片付いていて、やってないわけではないようでしたが・・・ 



実は、4〜5年前にも1度、この玄関前まで来たことがあるのです。 

その時はカギがかかっていたかどうかは憶えていませんが、中には入りませんでした。

2014011914RIMG0163.jpg

今回は玄関の中の様子もわかりましたし、看板なども朽ちはてた感じはありませんでした。

なので、廃業したわけではなさそうと思えたことだけは、せめてもの収穫でした。




施設名称:三ツ峠グリーンセンター ふれあい館
所 在 地:山梨県南都留郡西桂町下暮地1900
電  話:0555-25-3000
訪 問 日:平成26年1月19日
入浴料金:大人600円
U R L:http://mitsutoge.jp/hureai.php#3

東京都渋谷区  栄湯 (★★★) - 2014.01.18 Sat

1月18日の土曜日、朝からなんとなくグータラして午後2時もまわった頃ですが、

このまま1日を終わるのがもったいなくて、思い立って電車に乗って出かけました。

2014011801RIMG0104-1.jpg

京王線笹塚駅から徒歩約5分、甲州街道を横切った先にある東京渋谷区の温泉銭湯「栄湯」です。

私の家からだと案外時間がかかって、着いた頃には冬の空は早くも夕方の雰囲気でした。



靴を下足箱に入れて・・・ と、開いた自動ドアの向こうは無人の小さなホールでした。

2014011802RIMG0111-1.jpg

のれんは、しろくまがペンギンの背中を流しているという、ほのぼのした絵柄です。

こちら側の男湯のほうも同じ絵柄で、ただし青色でした。( ・・・かな?(^_^;) )



その、しろくまとペンギンののれんをくぐって中に入ると、そこはすぐに脱衣場です。

2014011803RIMG0108-1.jpg

今では珍しくなった脱衣場側を向いた番台にはおばさんが座っていらっしゃいました。

東京の銭湯は450円、こちらはサウナもありますが、気分的に(?)今日はやめときました(^_^;)



あ、お客さん、すいません~  「りゆうの日帰り温泉図鑑」の取材なんですよ~(^^ゞ

2014011804RIMG0109-1.jpg

ん? りゆうの、なんだって? なんじゃそりゃ? 聞いたことないのぉ、って・・・(^_^;)



お風呂のスペックは、5~6人がやっとのぬるめのお風呂(うち2つは寝湯)と、

90cmの深さのある3人程度の熱めのお風呂、1人用の水風呂、そしてサウナでした。

2014011805RIMG0106-1.jpg

こちらは90cmの深さのある熱めの浴槽です。 深いのでみんな中腰でした(^^ゞ



なんとなく遠かったなあという印象で、帰りのことも考えて今日はサウナはパスしましたが、

熱いのと水風呂を交互に何度も繰り返すだけでも、ずいぶんとポカポカ血行が促進されました。

2014011806RIMG0112-1.jpg

お湯は、メタケイ酸(64.8mg)の項による温泉法上の温泉で、PH7.2だそうです。



ほとんど無色透明、無味無臭で、正直なところ私はさほど温泉らしさを感じず、

温泉だよ言われると、あ~ そう言えば多少スベッとしたかな、程度の印象でした。

2014011807RIMG0110-1.jpg

ただ、冷水浴の効果だと思いますが、お風呂を出た後意外なほどポカポカしていたのを憶えています。



のれんの横のスペースには、ちょっとした休憩コーナーとマッサージコーナーもあります。

(LEさんご注文の)缶ビールは250円でした。 で、私もプハァーッ! とな・・・(^^ゞ

2014011808RIMG0113-1.jpg

以上ですが、東京笹塚の温泉銭湯 栄湯から、温泉リポーターのりゆうがお届けしました~♪

すっかり薄暗くなって、今日の帰りは新宿経由で帰ろかなぁ・・・ では〜(^^)/~




施設名称:栄湯
所 在 地:東京都渋谷区笹塚2-9-5
電  話:03-3377-3369
訪 問 日:平成26年1月18日
入浴料金:大人450円(サウナは別に300円)
U R L:http://home.g00.itscom.net/sakaeyu/index.html

静岡県伊豆市  ねの湯対山荘 (★★★☆) - 2014.01.12 Sun

1月12日の日曜日、箱根峠を越えて伊豆の修善寺まで行ってみました。

2014011201RIMG0039-1.jpg

閑静な修善寺の温泉街の中にあるこちらの旅館は「ねの湯 対山荘」です。

ここは、ぜひとも1月15日までに来てみたいと思っていたのです。



というのは、例によって「温泉博士」に無料クーポン(1/15期限)があったからなんです(^^♪

2014011202RIMG0091-1.jpg

玄関を入ろうとするとちょうど女将さんが出てこられ、1組のお客様をお見送りされるところでした。



その後、私が、「あの~ 温泉に入れるでしょうか」と、おずおずと尋ねると、

女将さんのほうから「温泉手形ですか」と言ってくださって助かりました。

2014011203RIMG0058.jpg

こちらが受付ですが、シックな中にもモダンを感じさせる和テイストなテーブルカウンターです。



修善寺温泉は伊豆では最も古く、1200年という大変長い歴史のある温泉で、

弘法大師空海が開基した修禅寺とともに、開湯したと伝えられています。( ← なぜか説明調・・・(^_^;) )

2014011204RIMG0055-1.jpg

ねの湯 対山荘は、それほど古い旅館ということではないようですが、

古い歴史のある修善寺の町によく調和した落ち着いたたたずまいでした。



脱衣場は木の棚とかご式ですが、別に貴重品専用の小さなカギ付きロッカーがあります。

2014011205RIMG0054-1.jpg

心づくしのおもてなしのためにはほどよい規模の1日11組限定の宿ということで、

お風呂はそれほどの大きさではなく、脱衣場も1畳ほどのこぢんまりしたスペースでした。



さて、こちらがお風呂ですが・・・ 湯気でレンズがすぐに曇ってしまって・・・(^_^;)

2014011206RIMG0049-1.jpg

浴槽の大きさは3人というところですが、清潔感のあるきれいなお風呂でした。

はあ~♪  修善寺温泉は無色透明で無味無臭、くせのない肌に柔らかなお湯ですね♪



浴室から外に出るドアを開くと、そこには石造りの露天風呂もありました。

2014011207RIMG0046-1.jpg

目隠しがあるため景色は見えませんが、そのすき間から下をのぞいてみると、

すぐそばには(川と呼ぶには小さすぎる)清水がチロチロと流れる水路がありました。



露天風呂に浸かって、浴室に続くとびらの方向を1枚撮ってみました。

2014011208RIMG0051-1.jpg

気が付くといつのまにかお客さんも少なくなっていて、お湯で温まったり身体を冷ましたり、

また思うままに手足を伸ばしたりと、肌にやさしい修善寺のお湯をゆっくりと楽しむことができました。



これは私なりの礼儀のつもりなのですが、帰る前に館内でお土産を買い求めました。

2014011209RIMG0084-1.jpg

あんこをあんこでくるんだ珍しい趣向の和菓子ですが、しつこくない甘さがなかなかでした。



女将さんはずいぶん丁寧に、ありがとうございます、また来てくださいね、と見送ってくださいましたが、

いえいえ、こちらこそタダで入れていただいて、ありがとうございました(^o^)

2014011210RIMG0060-1.jpg

修善寺は古い町なので、どちらに行くにも駐車場さがしが気になるのですが、

こちらは10台程度は停められそうな駐車場がありますので車でも安心です。



日帰り温泉はもちろん、泊まりも静かで落ち着けそうですからいいと思いますよ。

2014011211RIMG0066-1.jpg

おかげさまで、いいお湯、いいおもてなしに、満たされた気持ちで帰路に着きました。

帰り道では、函南あたりから富士山もきれいに見えて、きょうはいい一日でした(^o^)




施設名称:ねの湯対山荘
所 在 地:静岡県伊豆市修善寺883
電  話:0558-72-0331
訪 問 日:平成26年1月12日
入浴料金:大人1050円
U R L:http://www.taizanso.com/pc/

神奈川県箱根町  上湯温泉大衆浴場 (★★★☆) - 2014.01.12 Sun

一応、ここから新年の記事なんですが、新年と言えば「箱根駅伝」ですよね~♪



今年は、東洋大学が2年ぶりに往路復路ともの完全優勝を決めましたが、

箱根駅伝の最難関はやはり小田原から芦ノ湖に至る山登りの5区ではないかと思います。

2014011201RIMG0016-1.jpg

過去何度も大逆転のドラマが生まれ、箱根路に数々の選手が伝説を残していきました。

いわく、山のスペシャリスト、山の神、あるいは、新・山の神、などなど・・・



ここはそんな選手たちも目にしたであろう、箱根駅伝5区山登りの風景です。

2014011202RIMG0020-1.jpg

・・・とまあ、前置きが長くなりましたが、平成26年の初湯にやってきたのがこちら、

箱根駅伝往路、小田原中継所から約6.6km地点にある「上湯温泉大衆浴場」です。



国道1号線沿いですからいつも車で通っていますが、実際の訪問は実に4年半ぶりです。

2014011203RIMG0021-1.jpg

写真のとおり、見てくれは素朴で飾り気なし、名前も含めて気取りのなさがいいです。



入浴料金は町内は400円、町外は500円ということで4年半前と変わっていませんでした。

脱衣場は棚とカゴだけの簡素な作りで、カギ付きロッカーなどもありません。

2014011204RIMG0037-1.jpg

でも、確かそうだと思いましたので、私は貴重品は車の中にしまいこんできました。



お風呂はタイル張りの浴槽が1つだけ、洗い場も4つだけの、本当に素朴な公衆浴場です。

先客がいらっしゃいましたがそのうち先に出て行かれて、私1人になりました。

2014011205RIMG0036-1.jpg

浴室内は湯気がこもって写真はなかなか大変でしたが、でも、逆に温かそうに見えるかも(^^ゞ

実際、やや熱めのお湯は身体の芯からよく温まって、思わず、はあ~ と声が出る気持ちよさでした。



お湯に浸かって、パシャリ!  箱根よいと~こ、一度はおいで~、っとな(^^♪

2014011206RIMG0031-1.jpg

お湯は、実は見てくるのを忘れましたが、アルカリ性単純温泉だと思います。



受付のおばさんは、私が見かけない顔だとすぐわかったようで、

石鹸なかったらありますよ、と言われましたが、こういうごく自然な心づかいって嬉しいですよね。 

2014011207RIMG0034-1.jpg

以上、久しぶりの上湯温泉大衆浴場は、建物はモルタルも剥げそうでB級感いっぱいで、

お風呂も決して広くはありませんが、好感度がかなりアップしたのは間違いありませんでした。



・・・と、さて、温泉の後は恒例の(ワンパターンの)、いつものススキの観察です。

2014011208RIMG0082-1.jpg

>>平成25年12月15日の仙石原はこちら>>



さらに新年初めての、いつもの(ワンパターンの)坦々麺4番(麺屋菊壱=750円)もいただきました。

いつもながらですが、「うまーい!」 ( ← 宮川大輔ふうに(^^ゞ )

2014011209RIMG0083.jpg

( ↑ 新聞を一緒に写して、今日のだよ! と、さりげなくアピールしてたりして・・・(^_^;)アハハッ )

ふう~  どうも、ごちそうさまでした。 おかげさまで、おなかも落ち着きました~♪



ということでいまさらですが、皆さん、本年もどうぞよろしくお願いします~(^o^)





施設名称:上湯温泉大衆浴場
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町塔之沢112
電  話:0460-85-7683
訪 問 日:平成26年1月12日
入浴料金:大人500円
U R L:なし

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。