....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2013-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉県鴨川市  かんぽの宿鴨川 (★★★) - 2013.07.28 Sun

房総半島を暴走し( ← またか・・・(^_^;)ヤレヤレ )鴨川まで行ってみました。



どこにしようかと思いながら、寄ってみたのが「かんぽの宿 鴨川」です。

海岸通りに面していて、有名な「鴨川シーワールド」からもすぐ近くでした。

2013072801RIMG0291-1.jpg

ほらっ、赤いポストのあるのがかんぽの宿のシルシですよね。



入浴をお願いすると、料金は大人700円ということでした。

フロントの横にも、さりげなく「ゆうパック」の看板がありました。

2013072802RIMG0290.jpg

ともかくかんぽの宿は、ひと昔前に郵政省が潤沢な資金を投入して作った施設ですから、

どこに行ってもハズレはない、というのがこれまでの私の印象です。



温泉はエレベーターで上がって、最上階の7階ということでした。

2013072803RIMG0261-1.jpg

海のすぐ近くですし、これは眺めも期待できそうですよね。



通路の窓からふと下を見ると、裏の駐車場に最近「チマタで噂の(?)」青い車がいました。

こうやって見ると、そんなに大きいわけじゃないけど、めっぽう速いらしいですよ(^^ゞ

2013072804RIMG0262.jpg

てなことは、どーでもいいから、早いとこお風呂の紹介してくれっ!(あっ、はい・・・?(^_^;) )



ということで、脱衣場ですが、ふんふん・・・ 誰もいらっしゃらないようですね(^^♪

脱衣場も海側を向いていて、なかなかいい眺めでした。

2013072805RIMG0284.jpg

では、ロッカーに荷物を放り込んで、さっそくお風呂に行ってきます~♪



こちらがお風呂の全貌です。 奥にジャグジー付の大浴槽、手前に寝湯がありました。

7階からの眺望を十分に生かした全面ガラス張りの明るい浴室です。

2013072806RIMG0267-1.jpg

お湯は無色透明で、ほとんど無味無臭でした。



脱衣場にあった温泉分析書には、含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、

温泉名は「なぎさの湯」と書いてありましたが、鴨川はどこでもこれですね。

2013072807RIMG0271-1.jpg

あの正面に白く見えているのは鴨川シーパラダイスの施設の一部で、

おそらくはイルカショーなどをするステージの屋根だと思います。



今日は水平線がイマイチぼやけているのが、ちょっと残念でした。

2013072808RIMG0280-1.jpg

窓ガラス越しであることと、天気がシャキッとしないせいでしょうね。



私の他には誰もいらっしゃいませんでしたので、まあ、行儀悪いとは思いながら、

思い切ってお風呂の床にしばらく寝ころんでみたりしました(^^ゞ

2013072809RIMG0278-1.jpg

はあ~ いい気持ちですね~♪



でも、正直に言うと、露天風呂があればなおいいと思うのですが・・・

これだけのシチュエーションですのに、もったいない気がしました。

2013072810RIMG0288-1.jpg

こちらは、ちょっと珍しいと思いますが、ロビーの中に作られた池です。

外の池とつながってるようですが、誰がこんなもの考えたんでしょうか?



以上、今日は「かんぽの宿鴨川」からお届けしました~(^_^)/~




施設名称:かんぽの宿 鴨川
所 在 地:千葉県鴨川市西町1137
電  話:04-7092-1231
訪 問 日:平成25年7月28日
入浴料金:大人700円
U R L:http://www.kanponoyado.japanpost.jp/yado/kamogawa/
スポンサーサイト

千葉県長柄町  長柄町福祉センター (★★☆) - 2013.07.28 Sun

昨日は私にしては珍しく、ちょっと高級な大人気の温泉施設に行きました。

そこで今日は、豪華でもなく貧弱でもない、平均的な公共の温泉に行ってみました。



こちらは、千葉県長柄町(ながらまち)の長柄町福祉センターです。

2013072801RIMG0246.jpg

なんと言っても公共施設は安いというのがいいところですよね。  



こちらも1日料金が500円という財布に優しいお値段でした。

でも、町民の方は1日ずっといて200円だそうですよ。

2013072802RIMG0255-1.jpg

内部だってこんなにきれいです。 ありがたいですよね~♪



では、さっそくお風呂の紹介です。

脱衣場はご覧のとおり、棚とかごで、カギのかかるロッカーはありません。

2013072803RIMG0248-1.jpg

でも、外には有料(100円)ですが、ロッカーもありました。



お風呂場を覗いてみると、すでにお客さんが何人かいらっしゃるようでした。

10時オープンということで、わざわざ途中の道の駅で時間調整してたんですけどね・・・(^_^;)

2013072804RIMG0253-1.jpg

それで、10時5分くらいに入館したのですが、地元の人はさすが早いです!



そのお風呂は10人ほど浸かれる浴槽が1つだけというシンプルな作りでした。

お客さんを写さないように、なんとか1枚だけ撮らせていただいたのがこれです。

2013072805RIMG0252-1.jpg

お湯は、透明度が5cmほどの真っ黒の黒湯です。

ぬるぬるして特有のモール臭もあって、典型的なナトリウム-炭酸水素塩泉でした。



こうすれば色合いがわかるかと思って、洗面ボウルにお湯をすくってみました。

2013072806RIMG0249-2.jpg

まるで、しょうゆラーメンのスープみたいに見えませんか(^^ゞ



ところで、ホールの反対側には、こんなに広大な休憩室がありました。

でも、この休憩室ですが、空いていたテーブルの場所に座ろうとしたところ・・・

2013072807RIMG0254-1.jpg

すると、大向こうから、「にいちゃん、そこ、人が来るよ!」と注意されました。

つまり、誰かが場所を確保していて、今、お風呂にでも行っているということのようでした。



だって、荷物の何が置いてあるわけでもないんですよ!

2013072808RIMG0256-1.jpg

そんなこと知らねーや! と、言いたい気持ちを抑えて、私はプイと席を立ちました。

田舎はこれだからなぁ、と、なんだか故郷を飛び出した10代の頃を思い出しました・・・(-_-;)




施設名称:長柄町福祉センター
所 在 地:千葉県長生郡長柄町桜谷712
電  話:0475-30-7200
訪 問 日:平成25年7月28日
入浴料金:大人500円
U R L:http://www.town.nagara.chiba.jp/ngr/pf.html#2

神奈川県箱根町  箱根 天成園 (★★★★) - 2013.07.27 Sat

箱根の天成園は普通に宿泊できるホテルですが、日帰り温泉としても大変な人気です。

通常は2400円もするのですが、先月グル―ポンで1200円の券を売ってました。

2013072701RIMG0236-1.jpg

でなければ、ボンビーな「りゆうの日帰り温泉図鑑社」ではなかなか取材もできません(^_^;)



玄関に行く途中、看板を見ると、中庭に滝があるらしいので行ってみました。

玉簾の瀧(たまだれのたき)と言うそうですが、予想以上に本格的な滝です。

2013072702RIMG0197-1.jpg

それに、おおっ、涼しいです! 水しぶきとマイナスイオンのせいですね(^^♪

それにしても、滝が見えるホテルはたまにありますが、中庭に滝があるなんてスゴイですね。



ということで、ますます期待の高まる温泉のほうのリポートに入りたいと思います(^^ゞ

2013072703RIMG0229-1.jpg

あらためて玄関から入って、フロントで例のクーポン券を出しました。

そこで、バスタオル、タオル、館内着(浴衣)セットを出していただきました。



温泉(男湯)は7階ということなので、奥のエレベーターで7階まで上がりました。

2013072704RIMG0204-1.jpg

エレベーターから出るとすぐ正面が男湯の入口です。



そのお風呂ですが、広々、ゆったり、というのが第一印象でした。

それに、まだ早かったこともあって、お客さんは私のほかは2人ほどしか見ませんでした。

2013072705RIMG0211-1.jpg

この写真奥の扉は、右がドライサウナ、その隣がミストサウナ室でした。



こちらは露天風呂の川側です。 ・・・え、川側? と思いましたぁ?

川の向こうの山が見えてますが、よしずのすき間から下を見ると早川の流れが見えます。

2013072706RIMG0213-1.jpg

ホント、広々してますし、この雰囲気は都会の日帰り施設にはないですよね~♪



そして、こちらが山側です。 いかがですか?

そのまま山の中に落っこちてしまいそうな、ボーダーレスの(?)お風呂です(^^♪

2013072707RIMG0217.jpg

いいなあ♪  なんだか、心が山のパワーに感応して吸い込まれそうな気分です。



お湯はPH8.6のアルカリ性単純温泉でそれほどの特徴はありませんが、

心いやされるお風呂に、レストランなども充実していて、万人受けする施設と感じました。

2013072708RIMG0214.jpg

サウナも4回45分も入って、水風呂も自然と声が出るほど気持ち良かったです。

と、まあ、今日は、さすがに高いだけのことはあるなあ、と感心しきりなのでした(^^ゞ



さて、久しぶりに箱根に来たものですから、いつものように仙石原にも寄りました。

2013072709RIMG0240-1.jpg

>>平成25年6月2日の仙石原はこちら>>



ところで、帰る時、日帰り入浴の500円割引券とホテルの宿泊割引券をいただきました。

なので、いつもご覧いただいている方への読者サービスとしてプレゼントしちまいます~(^^ゞ

2013072710RIMG0243.jpg

ご希望の方はコメントで応募して下さいね~  なお、個人情報はくれぐれも「非公開」で!

( ↑ と、すっかり温泉リポーターになったつもり・・・(^_^;) )




施設名称:箱根天成園
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町湯本682
電  話:0460-83-8500
訪 問 日:平成25年7月27日
入浴料金:大人2400円
U R L:http://www.tenseien.co.jp/

東京都品川区  北品川温泉 天神湯 (★★★☆) - 2013.07.21 Sun

7月21日の日曜日、ちゃんと投票に行って、それから電車に乗って出かけました。

2013072101RIMG0173-1.jpg

京浜急行の新馬場(しんばんば)駅下車、徒歩3~4分という近さです。



こちらの「北品川温泉 天神湯」は東京都品川区の公衆浴場です。

2013072102RIMG0184.jpg

でも、エントランスを入った感じは、まるで温泉スパみたいな雰囲気があります。



1階のフロントで入浴料金をお支払いして、階段を2階に上がるとお風呂です。

2013072103RIMG0176.jpg

ちょうどこの反対側が女湯となっています。



脱衣場ですが・・・  お客さんを避けていたらこんな写真になりました。

2013072104RIMG0181-1.jpg

わかりにくい写真ですいません。 右半分は洗面台の前の鏡です。



これはメインの浴槽ですが、ちょっと濁ったうぐいす色で、薬湯のようでした。

2013072105RIMG0178-1.jpg

手前はあつ湯です。 江戸っ子はお熱いのがお好きですからね~(^^ゞ



こちらはトビラの奥の天然温泉浴槽です。

2013072106RIMG0179-1.jpg

黒湯ですが、この黒湯、ほんとに真っ黒で透明度2cmもないほどでした。



ぬるっとしてモール臭もあって、久しぶりに出会った本格派の黒湯でした。

2013072107RIMG0187-1.jpg

こんなモダンな外観の割には、缶ビールも250円で、庶民の味方の銭湯ならではです。



ということとは全然関係ないですが、一応、今日までが賞味期限(?)なので・・・

2013072108RIMG0195.jpg

選挙の日って ウチじゃなぜか 投票行って 温泉するんだ~♪  なんちゃって(^^ゞ




施設名称:北品川温泉 天神湯
所 在 地:東京都品川区北品川2-23-9
電  話:03-3471-3562
訪 問 日:平成25年7月21日
入浴料金:大人450円
U R L:http://www.tenjinyu.com/index.html

静岡県伊東市  鎌田福禄寿の湯 (★★★☆) - 2013.07.14 Sun

2週間ほど前の訪問記録になりますが、どうも・・・ 

なんとなくつい、惰性で行っちゃったようなお風呂です(^_^;)

2013071401RIMG0155-1.jpg

先日、伊豆に行った時、帰りにちょっとだけ時間があるからというので・・・(^_^;)



ここは、伊東の七福神の湯のうちの1つ、鎌田福禄寿の湯です。

数えてみると、これで七福神のうち、5つめということになりました。

2013071402RIMG0157.jpg

七福神の湯はどこもそうですが、地元にしっかり根づいた共同湯です。



午後2時からというところ、着いたのは2時20分でした。

車は7台停められますが、私が5台めというところでした。

2013071403RIMG0159-1.jpg

こちらの石像が、名前の所以となっている福禄寿です。



入浴料金はわずか200円なんです。 ありがたいですよね~♪

お風呂は、浴室の真ん中にデーンと浴槽があるという、シンプルな作りです。

2013071404RIMG0158-1.jpg

お客さんはご覧のとおりですので、今回は写真はこれでオシマイです。

周りを見回しても地元の人ばかりで、私以外旅行者はいないようでした。



ということで、シンプルなお風呂は、リポートもシンプルになりました。

2013071405RIMG0160.jpg

ちなみにお湯は、無色透明、無味無臭で単純温泉ということでした。

特別のくせのないところが単純温泉のいいところです。



帰る頃にはもう駐車場はいっぱいで、私が出るとすぐに他の車が停まりました。

2013071406RIMG0161-1.jpg

駐車できたのは、案外ラッキーだったのかもしれませんね。

と、まあ、あまり・・・ 熱の感じられないリポートですいません~(^_^;)




施設名称:鎌田福禄寿の湯
所 在 地:静岡県伊東市宮川町1-2-16
電  話:0557-36-3665
訪 問 日:平成25年7月14日
入浴料金:大人200円
U R L:https://www.city.ito.shizuoka.jp/kankou/html/onsen/hpg000001850.html

静岡県東伊豆町  山十旅館 (★★★★) - 2013.07.14 Sun

7月14日の日曜日、東伊豆 北川(ほっかわ)の海岸に来ています。

北川は温泉もあり海にも近いので、夏の間は海水浴客で賑わうところです。

2013071401RIMG0126.jpg

ただし、今日はシャキッとしない天気のため、海で遊ぶ人は多くはありませんでした。



そして、そこから振り返るとこちら、海岸から徒歩0分の「山十旅館」があります。

旅館といっても、海水浴客向けの、夏中心の民宿といった趣です。

2013071402RIMG0128-1.jpg

実は以前、冬だったと思いますが、この前まで来たことがあるのですが、

季節はずれであまりにもシーンとしていて、玄関を入りそびれたことがありました(^_^;)



うん、でも、今日は大丈夫そうです。 ということで、こんにちは~♪

2013071403RIMG0129-1.jpg

入浴をお願いすると、お風呂は屋上の露天風呂と1階の奥に室内風呂があり、

係の方は、どちらでもいいですよ、両方入ってもいいですよ、と言ってくださいました。



なので、私は、まずは屋上の露天風呂に行ってみることにしました。

2013071404RIMG0147-1.jpg

扉などはありませんが、右ののれんの中が簡易の脱衣場です。



で、階段を数段のぼった向こうが・・・  

うわあ~(^o^)  これはっ! いいじゃないですか~!!

2013071405RIMG0131-1.jpg

いやあ・・・ これは、絶景ですね! すばらしい!



しかも、さえぎるものが何もない最高の開放感です。

こんなすばらしい露天風呂を、またまた、私1人なんですよ(^o^)

2013071406RIMG0130.jpg

なんか、すごくぜいたくですね~(^o^)



でも、前の手すりの位置までは、立って歩くことはできません(^^♪

だって、舟や釣り人から完全に丸見えになっちゃいます~(^^ゞ

2013071407RIMG0140-1.jpg

さすがの私も立ちあがる勇気はありませんでした(^^ゞ



右を見るとこんな感じです。

こちらからも丸見えです♪

2013071408RIMG0136-1.jpg

ホント、開放感バツグンですよね~



左後方は、こんな具合で民家がビッシリですから・・・

こんなに近いと、ついつい手を振りたくなってきます( ← バカ・・・(^_^;) )

2013071409RIMG0142-1.jpg

あまりはしゃぎすぎるとご近所から苦情がきそうですよね(^^ゞ



開放感いっぱいのお風呂を貸切りで満喫した後、一応、室内風呂も入ってみました。

ま、こちらはこんな普通のお風呂ですが、ともかく、屋上の露天はオススメです!

2013071410RIMG0148-1.jpg

こんなの500円ではめったにないです!!



あ、興奮してすっかり忘れてましたが、しかも、ちゃんと温泉ですよ。

ナトリウム・カルシウム-塩化物泉でPH8.0、意外とつるつる感もありました。





施設名称:山十旅館
所 在 地:静岡県賀茂郡東伊豆町北川1035
電  話:0557-23-0633
訪 問 日:平成25年7月14日
入浴料金:大人500円
U R L:http://www.yamaju.in/

静岡県下田市  クアハウス石橋旅館 (★★★☆) - 2013.07.14 Sun

夏はやっぱり南伊豆でしょっ!  ということで、日曜の朝、南伊豆まで走りました( ← ?(^_^;) )

2013071401RIMG0117.jpg

訪問したのは、下田蓮台寺で創業130余年という、古い歴史のある「クアハウス石橋旅館」です。

緑に囲まれた純和風な旅館で、落ち着いた感じでちょっといい雰囲気です(^^♪



明治になって、今は、えっと・・・ 145年ですから、創業は明治初期ってことなんですね。

2013071402RIMG0092.jpg

こんな老舗旅館ですが、近年は積極的に科学的なヘルスケアの考え方も取り入れています。

なので、「クアハウス」という訳ですが、なかなかハイカラですよね~



入浴料金は1050円ですが、ここだけの話、私は会社の割引で半額でした(^^ゞ

2013071403RIMG0093-1.jpg

こんな幻想的な洞窟のような通路を長々と歩いて、奥の奥へと進むのでした。

開国の港として有名な下田ですが、どことなくその歴史の記憶も感じさせるたたずまいです。



ほとんど100m近くも通路を歩いたんじゃないかと思う頃、ようやく浴室に着きました。

2013071404RIMG0098-1.jpg

脱衣場はこんな感じで、お客さんも何人かいらっしゃるようでした。



お風呂には、クアハウスというだけあって、ちゃんと、温泉療法のコースが書いてありました。

まずはかぶり湯ですが、中温と高温と各5杯ずつ、その後全身浴を5分だそうです。

2013071405RIMG0102-1.jpg

それから打たせ湯を2~3分、気泡浴を5分、その後はちょっとひと休みします。

そして、箱蒸し湯に5分入って、最後は寝湯で10分、というのが推奨コースでした。



せっかくですから、私もそれにならって順番に試してみました(^^♪

2013071406RIMG0110.jpg

でも、打たせ湯が・・・ めちゃくちゃ熱くて、ガマンできませんでした(^_^;)

露天風呂はコースには入っていませんが、ここらで涼風にあたりながらひと休み、もいいです。



ところで、これが「箱蒸し湯」なのですが、私、実は初めての体験でした。

2013071407RIMG0100-1.jpg

要は1人用の蒸気サウナですが、扉を開けて中の腰掛けに座って、また扉を閉じるのです。 

上にはちゃんと頭を出す穴も開けてあって、凝った趣向がちょっと楽しかったです(^^ゞ



ということで、コースを順に試しているうちに、早くも1時間を過ぎてしまいました。

2013071408RIMG0116.jpg

こちらは温泉の後で入ってみた娯楽室ですが、温泉旅館と言えばやはり卓球ですよね~(^^♪

私も、たまには温泉卓球してみたいなあ、と思うのですが・・・ いつも1人ですwww



あ、でも、完全に1人ぼっちというわけでもなかったのでした。 

2013071409RIMG0120.jpg

待たせちゃってごめんね~(^_^;)

道路を挟んだ反対側に、こんなだだっ広い空き地の駐車場がありました。



と、本日は、そんな静岡県下田市の蓮台寺温泉 クアハウス石橋旅館でした。

2013071410RIMG0123.jpg

最後は下田港で海保の巡視船をパシャリ!  奥に見えるのは、観光遊覧船「黒船」です。

ということで、夏はやっぱり南伊豆でしょっ! ・・・と思った、とさ( ← ??(^_^;) )




施設名称:クアハウス石橋旅館
所 在 地:静岡県下田市蓮台寺185-1
電  話:0558-22-2222
訪 問 日:平成25年7月14日
入浴料金:大人1050円
U R L:http://www.kur-ishibashi.com/top/index.htm

東京都大田区  稲荷湯 (★★★) - 2013.07.13 Sat

3連休の初日、用事を片付けて夕方前に、電車に乗って温泉銭湯に行ってみました。

東京都大田区の稲荷湯、 場所は東急池上線 石川台駅から7、8分のところです。

2013071301RIMG0073.jpg

東京によくあるビル銭湯ですが、ビルとしても老舗の趣があります。



木札の下足箱に靴を納めて、中に入るとフロント式の受付がありました。

入浴料金は、東京都の公衆浴場ですので公定料金で450円です。

2013071302RIMG0082-1.jpg

サウナもあるのですが、別料金が500円もするので、やめました(^_^;)



脱衣場から浴室方向を撮ってみました。

中央に大きな腰掛け台があって、風呂上がりに涼むのに良さそうです。

2013071303RIMG0075-1.jpg

左手前に置いてあるのはメダカの水槽でした。 涼しげでいいですよ♪



お風呂は左から、水風呂、ジャグジー、ジェット、ボディマッサージ、

その奥にコーヒー色の温泉浴槽がありました。

2013071304RIMG0076-1.jpg

ちなみにサウナ室は、この水風呂の左側にあります。

2段式のせいぜい7、8人ほどの小部屋ですが、500円とは、これいかに・・・(^_^;)



こちらは、ボディマッサージと奥のコーヒー色の浴槽です。

2013071305RIMG0077-1.jpg

温泉はかすかにモールっぽい匂いがして、20cmほどの透明度があります。



浴槽の壁には、「重炭酸ソーダが含まれ、メタケイ酸が豊富」、

という趣旨のことが書かれた小さなプレートが貼ってありました。

2013071306RIMG0079-1.jpg

桶にすくってみると、そんなに濃い色でないことがわかりますね。



でも、このお湯、そんなに熱くなく、肌にもまろやかで気持ちのいいお湯でした。

サウナには入りませんでしたが、水風呂と交互に浸かると爽快でしたよ。

2013071307RIMG0078.jpg

ということで、たっぷり1時間、温浴と冷水浴を繰り返し、身も心もサッパリしました。

飲み物は・・・ こちらの場合、ジュースや牛乳系だけのようでした。



外に出ると、夕暮れの中、子どもたちが浴衣を着てどこかに急いでいます。

2013071308RIMG0083-1.jpg

近くでお祭りでもあるのかもしれませんね。



すぐ近くの石川台希望が丘商店街です。

ふうむ・・・ よく見ると、商店街のアーチが神社の鳥居に見えますね。

2013071309RIMG0084-1.jpg

来る途中に見た駅前商店街のほうは、銀色の金属柱ですが明らかな鳥居型でした。

このあたりは神社の門前町なんでしょうか?  ・・・あっ、だから、稲荷湯!!



でも・・・ その稲荷の本体は、見落としてしまいました(;^_^A

2013071310RIMG0085.jpg

もしかして、来る途中、駅のすぐ近くに神社みたいなのがあったような気もしますが・・・



ま、大田区が地元の○○さんなら、きっと知ってらっしゃるでしょう♪

なんて、そんなケシカランことをムフフと思いながら、お祭りでビールを飲んだのでした(^^ゞ




施設名称:稲荷湯
所 在 地:東京都大田区東雪谷3-30-14
電  話:03-3729-4526
訪 問 日:平成25年7月13日
入浴料金:大人450円(サウナは+500円)
U R L:http://www.ota1010.com/yu.cgi?no=060,code=(大田浴場連合会)

長野県下諏訪町  毒沢鉱泉 宮乃湯旅館 (★★★★) - 2013.07.07 Sun

諏訪湖の近くの山中に、珍しいオレンジ色の鉱泉が湧いていると聞きました。

2013070701RIMG0064-1.jpg

そこで、せっかく諏訪湖に来たものですから、立ち寄ってみることにしました。



こちら下諏訪町の、その名も「毒沢鉱泉 宮乃湯旅館」です。

2013070702RIMG0063.jpg

「毒沢」という恐ろしい名とは違って、静かで落ち着いたたたずまいの旅館でした。



玄関を入って案内を乞うと、とっても愛想のいい女将さんが出てこられました。

2013070703RIMG0062-1.jpg

女将さんは私に、この温泉や旅館の来歴のことなど、いっぱいお話してくださいました。



亡くなったご主人は、元は養護学校の先生をなさっていたそうです。

2013070704RIMG0042.jpg

そのご主人の考えにより、この旅館は20年も前から完全パリアフリーだそうです。



さて、こちらが、諏訪湖周辺では大変珍しいオレンジ色の鉱泉です。

2013071305RIMG0047-1.jpg

なるほど! 確かに、陽がさしているところはオレンジ色に輝いていますね~



獅子頭から注がれるオレンジ色のお湯は、透明度15cmほどの濁り湯でした。

2013070706RIMG0050-1.jpg

浴室はもう1つ、檜風呂の浴室があるそうですが、今日は女湯になっているとのことでした。



あの左の扉はサウナ室の扉です。 そして、右奥にはちゃんと水風呂もありました。

2013070707RIMG0049-1.jpg

実はこの鉱泉も、武田信玄の隠し湯の一つと言われています。



そして、人々を寄せ付けないよう、わざと「毒沢」と呼んだとか・・・( ← 女将さんの受け売り(^_^;) )

2013070708RIMG0055-1.jpg

飲泉用の注ぎ口がありましたので、飲んでみました。



うわっ! しかし、渋くてゲロマズでした・・・(^_^;)

2013070709RIMG0056.jpg

脱衣場の温泉分析書によると、含鉄(Ⅲ)-アルミニウム-硫酸塩泉ということです。



帰る前にもまた、女将さんにいろいろな話をうかがいました。

2013070710RIMG0058.jpg

女将さんは武田富子さんとおっしゃるようで・・・ えっ? 武田?!

もしや、ご先祖は信玄公隠し湯の湯守だったとか・・・?( ← どうでしょ〜(^_^;) )




施設名称:毒沢鉱泉 宮乃湯旅館
所 在 地:長野県諏訪郡下諏訪町星が丘1877
電  話:0266-28-3888
訪 問 日:平成25年7月7日
入浴料金:大人750円
U R L:http://www2.ocn.ne.jp/~miyanoyu/

長野県岡谷市  おかや総合福祉センター 諏訪湖ハイツ (★★★) - 2013.07.07 Sun

今日の私は超早起きして、早朝から長野県内を走り回っています(^^♪



ですが・・・ 昨日、関東で梅雨明け宣言が出されたばかりだというのに、

松本市内を走行中、スコール的な激しいにわか雨に降られたりしました~\(^o^)/

2013070701RIMG0020-1.jpg

なんか、顔文字がへんじゃね?? ・・・と思った方もあるかもしれませんが、

これで、い、い、のです~(^◇^)( ← やれやれ、今度は躁状態だな、こりゃ(^_^;) )



そうこうして、諏訪湖畔の岡谷市まで戻った頃、ようやく雨があがりました。

2013070702RIMG0022-1.jpg

こちらの建物は、諏訪湖ハイツ、 ・・・まるで、マンションのような名前ですが、

岡谷市の公共施設で、しかも、総合福祉センターということなんです。



社会福祉協議会やシルバー人材センター、それに障害者地域活動ホームなどが入っています。

2013070703RIMG0023-1.jpg

その一部が高齢者向けの温泉休養施設となっているという訳でした。

ですので、市内の65歳以上の方は、ナント、100円という安さです!



でも、私みたいな市外からの一般客でも400円ですから、十分安いですよね~(^^♪

2013070704RIMG0028-1.jpg

脱衣場は、いかにも公共っぽい、飾り気のないスチールロッカーが並んでいました。

こうやって見ると、誰もいないみたいですが、いえいえそんなことは・・・(^^ゞ



こちらがお風呂なんですが・・・ レンズが曇っちゃって、どうもすいません。

2013070705RIMG0024-1.jpg

なんせ、お客さんを写さないようにすばやくパシャリ、というわけで・・・(^^ゞ

そうなんです、やはり100円ということで、お年寄りでかなりニギヤカでした。



こちらのほうが少しはマシでしょうか?

2013070706RIMG0026-1.jpg

わかりづらいかもしれませんが、窓から見えているのが諏訪湖です。

このあたりの人は海を見ることはできませんが、お風呂に浸かりながら湖を見てるんですね。



こちらはパラソルの下にイスが置いてあるだけのクーリングエリア(露天)です。

2013070707RIMG0029-1.jpg

他に何があるという訳ではありませんが、火照った身体をさますにはいいです。



そうそう、お湯はしっかりとした茶色、ただし、浴槽の底まで見える薄いものです。

アルカリ性単純温泉だそうで、味や匂いはほとんどありませんでした。

2013070708RIMG0031.jpg

ご覧のとおり休憩室もありますし、レストランも別にあります。

おじさんやおばさんたちがこっちを見てるようですが、実はテレビがこちらにあるんです(^^ゞ



お風呂の後は、せっかくの機会なので、裏庭を通って諏訪湖を見に行きました。

2013070709RIMG0038-1.jpg

お風呂に入っている間に天気が回復して、夏らしい雲がもくもくと湧いていました。

大きな大きな湖の湖岸近くは水草が茂っていました。



きょうは日曜日で何かのイベントのようで、裏庭ではフリーマーケットも出ていました。

2013070710RIMG0035-1.jpg

そして、その一角には、こんな大きな足湯もありました。

すぐ隣の水遊び広場では、小さな子たちがびしょぬれになって遊んでいます。



今年もいつの間にか、そんな本格的な暑い夏がやってきたんですね。

やっぱり、暑い夏には熱い温泉がイチバンです~\(^o^)/( ← やっぱり躁だな・・・(^_^;) )




施設名称:おかや総合福祉センター 諏訪湖ハイツ
所 在 地:長野県岡谷市長地権現町4-11-50
電  話:0266-24-2290
訪 問 日:平成25年7月7日
入浴料金:大人400円
U R L:http://www.suwako-haitsu.jp/

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。