2013-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県箱根町  四季倶楽部 強羅彩香 (★★★★☆) - 2013.03.31 Sun

3月最後の日、小雨の中でしたが、午後から箱根の仙石原に行ってみました。

いつもの観察ポイントですが、今日は遠くの山も煙って、どよ~んとしています。

2013033101RIMG0263-1.jpg

でも、まあ、私の気分も多分にそんな感じです・・・(-_-;)

>>平成25年3月9日の仙石原はこちら>>



明日から新しい年度が始まりますが、実はちょっと憂鬱です・・・

2013033102RIMG0269.jpg

いろいろ課題が多くて、なかなか思うようにいかないんですよね・・・



そんなわけで大好きなお湯に浸かれば少しは気が晴れるかと思い、

午後からちょっと時間があったので気分転換に車で走って来たのです。

2013033103RIMG0293.jpg

こちらは、四季倶楽部グループのホテル「強羅彩香」です。



入浴料金は1050円ですが、箱根ではこれが普通ですので仕方ありません。

ただし、料金の中には貸しバスタオルとタオルが付いていました。

2013033104RIMG0271.jpg

脱衣場は棚とかごだけで、カギ付きのロッカーはありませんでした。

なので、私は例によって、貴重品はビニール袋に入れて持ち込みました。



私が入る時、ちょうどお風呂からお客さんが1人出て行かれました。

2013033105RIMG0278-1.jpg

ということで、お風呂はありがたいことに私1人となりました。

正面の大きな窓からはちょっとした庭園も見えて、落ち着いた雰囲気は悪くありません。



10人ぐらいゆったり浸かれる大きめの浴槽に注がれているのは、白い濁り湯です。

2013033106RIMG0282-1.jpg

白いカルシウム成分はすぐ沈殿するので、浴槽の段差が見えています。

奥の右のドアは脱衣場へのドアですが、左はサウナ室になっていました。



サウナ室は5人程度が腰掛けられる2段式のサウナでした。

2013033107RIMG0275-1.jpg

箱根にはサウナは付いてないことのほうが多いですから、あるだけでポイントが上がります。

温度も極端に熱くはなく、身体にやさしい程度の熱さでした。



それでも、サウナとよく温まる濁り湯ですので、しばらくすると汗がだくだくでした。

2013033108RIMG0272-1.jpg

お湯は、いつもの酸性-カルシウム-硫酸塩・塩化物泉で、PH2.2ということです。

独特なアロマな香りのスッパ渋いお湯ですが、やっぱり、このお湯はいいですねぇ♪



ということで、大好きなお湯で、少しは心が晴れたかというと・・・

2013033109RIMG0289-1.jpg

なかなか、そううまくはいかないものですね・・・

帰りには、やっぱり、また思い出してしまって・・・ ふう~(-_-;)




施設名称:四季倶楽部 強羅彩香
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-304
電  話:0460-82-3371
訪 問 日:平成25年3月31日
入浴料金:大人1050円
U R L:http://www.shikiresorts.com/institution/kanagawa/saika/saika.html
スポンサーサイト

長野県茅野市  玉宮温泉 望岳の湯 (★★★★) - 2013.03.24 Sun

長野県の諏訪で朝風呂した後、次に行ってみたのがこちらです。

2013032401RIMG0220-1.jpg

長野県茅野市の公共の温泉施設「玉宮温泉 望岳の湯」です。

いろいろ考えたのですが、サウナがついて400円という超お得な値段に惹かれました(^^ゞ



いざ入ろうとすると、玄関ドアのガラスにいきなりこんなポスターを見つけてパシャリ!

2013032402RIMG0206-1.jpg

つい先日も茨城県で見たばかりの、未来穂香ちゃんの全身バージョンでした。

でも、なんでこんな不自然な構図かと言うと、ガラスの右に私が映り込んだからです(^_^;)



こちらは、入浴券を買ってお風呂への通りすがりに見た休憩室兼食堂の様子です。

2013032403RIMG0207-1.jpg

食べたり寝ころんだりしているお客さんは既に少なくありませんでした。

時計は11時40分を指しています。 なるほど~、もうお昼に近いですもんね。



そうして向かった男湯には、「西」との貼り紙がありました。

2013032404RIMG0208.jpg

後で調べてみると、東西のお風呂が男女週替わりなのだそうです。

「望岳」というからには山ですが、「西」からは南北アルプスが見えるとのことでした。



さて、そのお風呂はこんな感じです。

2013032405RIMG0213-1.jpg

向こうのほうに見えるのが、北アルプスってことでしょうか?

( ↑ 正直なところ、詳しくないのでよくわかりません・・・(^_^;) )



もう1枚、少し方向を変えて撮ってみましたが・・・

2013032406RIMG0212-1.jpg

景色自体は、まあこんなもんか、というカンジですかね。



ところで、最近暖かくなって、サウナの後の水風呂がなんとも爽快な季節になってきましたよね♪

あまりの気持ちよさに、こんなに遠くまで来ているのに、もう1回もう1回と・・・

2013032407RIMG0209-1.jpg

ついつい5回、計50分もの時間を過ごし、1.7kgもの汗を流してしまいました(汗)

そう言えば、敷き物はありませんでしたが、安いんですから仕方ないですよね。



でもいいかげんに、そろそろ切り上げないと帰りが遅くなっちゃうなあ、と・・・

2013032408RIMG0217-1.jpg

ここからだって、170km以上あるんですよ(^_^;)

ところで、この脱衣場の窓から見えるのが、南アルプスの方向でしょうか?



それはともかく、ふう~っ、なかなかいいお湯でした! さっぱりしました~(^^♪

2013032409RIMG0218-1.jpg

・・・って、いやいや、お湯のことを忘れてますよ!



お湯自体は無色透明で、ほとんど味も匂いもありませんでした。

温泉分析書には、アルカリ性単純温泉でPH8.6と書いてありました。

2013032410RIMG0219.jpg

大休憩室券食堂の廊下をはさんだ向かい側には、すこし小さめの休憩室もあります。

おっ、時間は・・・ 1時25分というところですね。



ということは、あっという間に、1時間45分くらい過ぎちゃったということですか。

2013032411RIMG0224.jpg

まだ十分、陽は高いのですが、ここから4時間半は見ておかなくちゃいけません。

黄色いのも待ちくたびれたようですし、そんなことで、今日はこのへんで~(^o^)




施設名称:玉宮温泉 望岳の湯
所 在 地:長野県茅野市玉川6128番地2
電  話:0266-82-8833
訪 問 日:平成25年3月24日
入浴料金:大人400円
U R L:http://www.city.chino.lg.jp/ctg/03010275/03010275.html

長野県諏訪市  衣温泉 (★★★★☆) - 2013.03.24 Sun

長野県の諏訪市には、地区外の者も入れていただける共同湯がいくつかあります。

きょうはそんな共同湯の1つ、衣温泉を訪ねてみました。

2013032401RIMG0193-2.jpg

ナビをセットしてきましたので迷うことなく着くことができましたが、

家から約185km、朝早く出たのですが到着したのは10時半前でした。



こちらには3台程度ですが、駐車場があるので、遠くから来る者も助かります。

2013032402RIMG0204.jpg

このひさしの下の狭い通路のようなところが入口のようですね。

かなり年季を感じるたたずまいですが、いかにも共同湯らしくて悪くないです。



ふむふむ・・・ やはり、お風呂はこちらからですね。

2013032403RIMG0203.jpg

えっと・・・ 手前が男湯ですね。 では・・・



ガラガラッと引き戸を開けると、いきなり脱衣場でした。

見た感じ、何人もお客さんがいらっしゃるみたいですね。

2013032404RIMG0195.jpg

ただし・・・ ん? 見まわしても、受付も番台も入浴券の販売機もありません。

どうなってるんだろ??



と思って、もう一度外に出ると、お風呂の扉の向かい側がこんなでした。

2013032405RIMG0202-1.jpg

立て札には、入浴料金大人200円、小学生100円、幼児50円、洗髪10円、と書いてありました。

中に人の姿はありませんでしたが、ガラス戸の内側に200円がいくつか置いてあります。



私もそれにならって、ガラス戸を開けて、中に100円玉を2枚置いておきました。

2013032406RIMG0199-1.jpg

ということで、あらためて脱衣場ですが、やはりお風呂には他の方もいらっしゃいます。



でも、そのうちタイミング良く一瞬お客さんが途切れたので、撮影させていただきました。

が、あわてたため、これは・・・ レンズが曇っちゃってますねぇ(^_^;)

2013032407RIMG0196-1.jpg

お湯は、珍しいと思いますが、きれいなエメラルドグリーン色です。



匂いは、ちょっと、青い草いきれを嗅いだような感じ(?)でした・・・(^_^;)

でも、ぬるっとした、肌ざわりのやわらかい心地よいお湯でした。

2013032407RIMG0198.jpg

こっちの写真はきれいに撮れました(^^)v  本当にきれいでしょ♪ 

共同湯にありがちの激アツでもなく、じっくり温まって、気持ちの良い朝風呂となりました。



脱衣場の温泉分析書を見ると、アルカリ性単純温泉なんですが、こういうのもあるんですね。

2013032408RIMG0200.jpg

こんな安い料金で、こんないいお湯に入れさせていただいて、地元の方に感謝です。



最後になりましたが、こちらは以前、HAM1826さんに教えていただいた温泉なんです。

やっと行ってきましたよ! いいお湯でした、ありがとうございました~(^o^)丿




施設名称:衣温泉
所 在 地:長野県諏訪市小和田南3-18
電  話:0266-52-3431
訪 問 日:平成25年3月24日
入浴料金:大人200円
U R L:なし

千葉県銚子市  犬吠埼観光ホテル (★★★★☆) - 2013.03.18 Mon

千葉県銚子市の犬吠埼は関東の最東端で、太平洋に突き出た岬です。

私も何度か来たことがありますが、今朝は思い立って何年かぶりにやってきました。

2013031801RIMG0168-1.jpg

こちらの犬吠埼観光ホテルは海のすぐ近く、それこそ眼下はすぐに海です。

HPなどでも、露天風呂からのどこまでも続く雄大な海の眺めを売りにしています。



う~ん、なるほど・・・  海ならいくらでもあるさ! と言わんばかりのラウンジです。

2013031802RIMG0189-1.jpg

このぶんなら、お風呂からの眺めもかなり期待できそうですね。



そう言えばずいぶん以前、温泉めぐりを始めてまだ間もなかった頃、

西伊豆の露天風呂で大きくて広くて荒々しい海を見て、それは強い衝撃を受けたことがありました。

2013031803RIMG0186.jpg

こちらの入浴料金は平日でも1000円、土日祝日は1200円と、決して安くはありません。

それでも来てみたのは、そんな私の原点をもう一度思い起こすことができるかも、と思ったからなのです。



脱衣場はご覧のような棚とかごだけでカギのかかるロッカーはありません。

2013031804RIMG0175-1.jpg

ですが、浴室入口前のホールには貴重品ロッカーがありますので問題ありません。



ということで、さてさて、まずは浴室内からですが・・・ 

海側に向いた大きなガラス窓の前につぼ湯が2つ並んでいました。

2013031805RIMG0177-1.jpg

まさに自分専用のつぼ湯に浸かって眺める海もいいです。

奥には5~6人が入れる大きめの浴槽もありました。



そしてこちらが、露天の展望岩風呂!

2013031806RIMG0179-2.jpg

天気がすっきりしてなくて視界がいまいちクリアではありませんが、

強風のため波も高く、そのためにかえって、人の力の及ばない自然の本来の姿を感じさせられました。



こちらはもう1つの展望檜風呂です。

2013031807RIMG0183-1.jpg

お湯に浸かってはるか彼方の水平線を見ていると、あらためて海というものの大きさや恐ろしさを感じます。

そして、寄せては返す白い波を眺めていると、本当に時間のたつのを忘れてしまいそうでした。



浴室にはサウナもありますが、しかも、そのサウナに座っても海が見えました。

2013031808RIMG0187-1.jpg

これはラウンジに戻ってからの写真なのですが、すぐ下6~7mに砂浜が広がっています。

先の大地震による津波の時はどうだったのだろうと、思わずにはいられませんでした。



最後のこちらは、玄関前にあった足湯施設の写真です。

2013031809RIMG0190.jpg

私が思わぬ長湯をしたものですから、青いのも待ちくたびれたかもしれません。

シッポは振ってないですがそんな感じがしますので、もうこれで帰ることにしますね(^_^)/~




施設名称:犬吠埼観光ホテル
所 在 地:千葉県銚子市犬吠埼10293
電  話:0479-23-5111
訪 問 日:平成25年3月18日
入浴料金:大人平日1000円(土日祝1200円)
U R L:http://www.inubou.co.jp/

茨城県神栖市  ゆーぽーとはさき (★★★★) - 2013.03.18 Mon

久しぶりに月曜日が休みになりましたので、たまにはあまり行かないところにと思い、

朝6時前に家を出て、ずっと東の方向、茨城県の太平洋岸まで車を走らせました。

2013031801RIMG0146.jpg

ここまで150数キロなのですが、やはり平日に都内を抜けるとなると、

けっこう時間がかかり、片道だけでたっぷり5時間もかかりました(^_^;)



11時過ぎにやっと着いたのは、太平洋からも遠くない神栖市の「ゆーぽーと はさき」でした。

2013031802RIMG0148.jpg

平日の午前中というのに、大広間には女の子たちのグループもいたりしました。



おっ! お風呂の前の壁に貼ってありました!

全国消防協会版の能年玲奈ちゃんです。 

2013031803RIMG0149-1.jpg

2012年秋のバージョンですね。



その隣には未来穂香ちゃんの最新作もありました。

こちらの全身バージョンはけっこう珍しいんですよ(^^♪

2013031804RIMG0150.jpg

いやぁ~ 波崎消防署、えらいっ!

公共施設には、やはり消防系のポスターがよく似合いますよね(^^♪



ということで、ようやくお風呂にたどり着きました~(^^ゞ

2013031805RIMG0151-1.jpg

さあ、お風呂はどんなんでしょうね~♪



内湯は3つ、大きな温泉浴槽と、どくだみの薬草風呂、それに白湯でした。

温泉浴槽のお湯は黄色い透明のお湯で、ややべたつきのあるしょっぱいお湯でした。

2013031806RIMG0156-1.jpg

びっくりしたのは、時々こんなふうに間欠的にお湯が噴き出していたことです!



こちらは露天風呂です。

今日は関東では強風が吹き荒れた日で、お湯から顔だけ出しているといい気持ちでした。

2013031807RIMG0155-1.jpg

お風呂は、この他にサウナと水風呂がありました。

ちょうどWBCをやっていたテレビを見ながら、私はサウナ室で汗を流してきました。



ふんふ~ん・・・♪  お湯に肩まで浸かって、パシャリッ、と(^^ゞ

2013031808RIMG0154.jpg

いいですねぇ・・・ このへんまで来ると、都会の鬱々としたことを忘れられます。



それに、こちらの嬉しいところは、この休憩ルームです。

リクライニングのソファーベッドがあって、ちょっとした高級店みたいです(^^♪

2013031809RIMG0157-1.jpg

それに時間制限なしですから、ホントに昼寝でもするといい気持ちでしょうね。



最後の写真は、入館時から気付いていた剛力彩芽ちゃんのポスターです。

受付カウンターの内側ですから、なかなか撮りにくかったです(^_^;)

2013031810RIMG0164.jpg

ということで、以上、久しぶりに訪問した茨城県の温泉でした。

今までの茨城県の中では、私としては1番かもしれませんね~♪




施設名称:ゆーぽーとはさき
所 在 地:茨城県神栖市砂山15番地
電  話:0479-46-2424
訪 問 日:平成25年3月18日
入浴料金:大人600円
U R L:http://www.yuport-yurara.jp/

神奈川県横浜市  富士乃湯 (★★★★) - 2013.03.10 Sun

3月10日の日曜日、午前中2つの仕事をやっつけて、午後から出かけました。

2013031001RIMG0128.jpg

あまり遠くまではいけないので、ちょっと思案して市内の温泉銭湯にしました。



こちら、東横線の綱島駅から歩いて7~8分の港北区の富士乃湯さんです。

2013031002RIMG0130-1.jpg

のれんがほのぼのしてますね~  って、これ、前にもどこかで見たことありますよ!



料金は神奈川県ですから450円と、サウナは100円と書いてありました。

2013031003RIMG0141.jpg

100円とは嬉しいです! じゃ、久しぶりにサウナもお願いします~♪



と、気負いこんで言ったところ、どうぞ無料ですから自由にお入りください、と・・・??

2013031004RIMG0140-1.jpg

つまり、たまたまですが、毎月10日はサウナ無料の日だったらしいのです(^◇^)



お風呂はご覧のように黒湯と、左のほうはふつうの沸かし湯でした。

2013031005RIMG0139-2.jpg

黒湯は熱めで、モール臭のあるPH7.7のナトリウム-炭酸水素塩泉で、透明度15cmほどでした。



左の白湯には、マッサージやジャグジー、それに電気風呂もありました。

2013031006RIMG0131-1.jpg

それと、あの壁面には水槽が埋め込まれていて、10cmほどの金魚が数十匹も泳いでました。



奥の壁のペンキ絵は富士山と滝です。( ← が、富士山は写ってないか・・・(^_^;) )

2013031007RIMG0136.jpg

こちらの写真は、サウナ室の前の単なる水風呂です。



本日無料のサウナ室は8~10人座れる広さがありました。

2013031008RIMG0135.jpg

それに、外気の入るこんなクールダウンスペースもあるんです。



そんなわけで、私は久しぶりに2回24分、じっくりと汗を流してきました(^^♪

2013031009RIMG0142.jpg

湯上がりには、失った水分の補給ということで自販機で缶ビールを買いました(^^ゞ



自販機では珍しいですが、ヱビスが置いてあって250円だったんです。

2013031010RIMG0129.jpg

以上、たまたまラッキーだったのかもしれませんが、今日は大満足でしたよ~(^O^)




施設名称:富士乃湯
所 在 地:神奈川県横浜市港北区綱島西3-22-18
電  話:045-531-6890
訪 問 日:平成25年3月10日
入浴料金:大人450円(サウナは+100円)
U R L:http://k-o-i.jp/koten/fujinoyu-4.html(神奈川県公衆浴場業生活衛生同業組合)

神奈川県箱根町  国民宿舎 太陽山荘 (★★★★) - 2013.03.09 Sat

3月にしては暖かい土曜日となったので、今日は朝から箱根にきています。

( ↑ あれ・・・? なんか、さっきも同じようなセリフを言ったような・・・(^_^;) )

2013030901RIMG0127-1.jpg

あっ、ちょうど今、春の全国火災予防運動展開中(正確には3/1~3/7)です。

「消すまでは 出ない行かない 離れない」・・・皆さん、気をつけましょうね!



と、前に山梨県の南アルプス市でも会った未来穂香ちゃんが言ってました(^^ゞ

2013030902RIMG0092.jpg

あっ、これ、箱根町消防本部仙石原分遣所に貼ってあったものです。

すいません、ずずいっと入り込み、1枚撮影させていただきました(^^ゞ



こちらは、またまたいつもの、麺屋菊壱の「坦々麺4番」です・・・?(^_^;)

2013030903RIMG0116-1.jpg

ホントにうんまいなぁ~♪  ハフハフッと・・・ いただきました!

( ↑ どーでもいいけど、なんか、写真と文章が合ってないよ・・・(・。・; )



で、おなかいっぱいになった後は、またまたお約束の温泉ということになりました。

2013030904RIMG0124.jpg

車に乗って約10分、やって来たのは、強羅の「国民宿舎 太陽山荘」です。

かなり風格のある建物で、見ると国指定の登録有形文化財というプレートがありました。



なるほど、昭和初期の温泉地の旅館のたたずまいを今に伝える木造建築ですね。

2013030905RIMG0119.jpg

内部は木の香りもただよい、きれいにリフォームされていました。



フロントで入浴をお願いすると、入浴料金は1000円でした。

お風呂はこの斜め向かいにある別棟にあるのだそうです。

2013030906RIMG0096.jpg

そのお風呂棟は玄関先に白い玉砂利の敷き詰められた新築のきれいな建物でした。

( ↑ だから、写真と文章がズレてるってば・・・(・。・; )



はいはい、すいませんねぇ、わかってますよ・・・コホン(^_^;) 

2013030907RIMG0099.jpg

太陽山荘の日帰り入浴タイムは11時から16時となっています。

遅い昼ごはんをしてからで、私が着いたのはもう2時前というところでした。



でも、ご覧のとおり、お風呂には誰もいらっしゃいませんでした。

2013030908RIMG0102-1.jpg

しかも、浴室のタイルの床が完全に乾ききっている様子を見ると、

今朝の清掃の後、私が最初のお客ということのように思えます。



なんか、うれしいやら申し訳ないやら、という気持ちです(^^♪

2013030909RIMG0105-1.jpg

お湯はもちろん、大涌谷で造成された、私の大好きな白い濁り湯ですよ。

温泉分析書には、PH2.2で酸性-カルシウム-硫酸塩・塩化物泉と書いてありました。



お風呂はこれ1つだけですが、このお湯さえあれば私はご機嫌です(^^ゞ 

2013030910RIMG0107.jpg

しかも、私のために朝から用意してもらったお風呂みたいですし、

なんて、贅沢なんでしょうね♪  あ~ ホントに、ごくらく、極楽・・・(^^♪

( ↑ はあ~ なんか、今回は特にいいかげんさが目立つなあ・・・(^_^;)ヤレヤレ )




施設名称:国民宿舎 太陽山荘
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-375
電  話:0460-82-3388
訪 問 日:平成25年3月9日
入浴料金:大人1000円
U R L:http://www.taiyosanso.com/

神奈川県箱根町  そこくらの湯 つたや (★★★) - 2013.03.09 Sat

3月にしては暖かい土曜日となったので、久しぶりに黄色いのと一緒に箱根に行きました。

ゆっくり出たものでけっこう渋滞して、着いた時はもう11時を過ぎてました。

2013030901RIMG0057-1.jpg

ここは、宮ノ下交差点の近く、底倉温泉「そこくらの湯 つたや」です。

7台程度ですが、国道1号に面して駐車場がありました。



駐車場の奥にある玄関から、すぐに続く階段を下りて行くと入口でした。

2013030902RIMG0059-1.jpg

2時間1050円(タオル付き)と箱根価格ではありますが、ちょっとワケありで(?)来てみました(^^ゞ

でも、休憩室は+1000円ということなので、私、休憩はパスしました・・・(^_^;)



フロント奥のロッカールームに荷物を入れて、いざ、お風呂に行ってきます~♪

2013030903RIMG0062-1.jpg

お風呂はフロント階から1階下りたところでした。

こちらには内湯があるだけなのですが、別の場所に露天風呂もあります。



露天ではせっけん類は使えないそうで、まずはこちらで身体を洗ってからにしました。

2013030904RIMG0063.jpg

脱衣場は、と・・・ シメシメ、見たところ誰もいないみたいですよ(^^♪



そのお風呂は、やはり、思ったとおり私1人でした(^^)v

伊豆石の使われた浴室と浴槽ですが、広くて明るくてきれいでした。

2013030905RIMG0064-1.jpg

広~いお風呂に私1人だけです・・・ いやあ、これはホントに贅沢ですよ!

もっともっとゆっくりしたかったのですが、でも、露天風呂も気になります(^^ゞ



ということで、服を着て、露天風呂に移動してみました。

2013030906RIMG0083-1.jpg

階段を上ったところでしたが、手前が「殿の湯」、奥が「姫の湯」とありました。



おっ! でも、これはなかなかいい感じじゃないですか・・・♪

岩風呂風の露天風呂ですが、すぐ前は蛇骨川の渓谷になっているようです。

2013030907RIMG0072-1.jpg

お湯はそれほど熱くなく、そよぐ風を顔に受けて、のんびりとお湯に浸かってきました。

あ~あ、毎日、仕事じゃいろいろあるけど・・・ ふう~、なんか生き返りますね・・・



おかげさまで、最初から最後までずっと1人で、お湯と景色を満喫し最高の気分でした(^^♪

2013030908RIMG0070-1.jpg

お湯は無色透明、無味無臭でしたが、ナトリウム-塩化物泉なんですね。

水素イオン濃度は7.8ですから、中性に近いです。



こちらは温泉を堪能した後、湯上がりに覗いてみた和室の休憩広間です。

2013030909RIMG0084.jpg

例の、休憩付きの2050円の人しか入れませんので、のぞいて見ただけです(^_^;)

でも、テーブル席のラウンジは使っていいというので、そちらで飲み物をいただきました。



以上、こんな感じの「そこくらの湯」ですが、思った以上に良かったという印象でしたよ。

2013030910RIMG0086-2.jpg

そうそう、その後、箱根でいつもの仙石原のススキを見に行ったんです。

>>平成25年2月9日の仙石原はこちら>>



時計はまだ1時を過ぎたばかりですし、もう1つ行ってみようかな~ なんてね・・・(^^♪




施設名称:そこくらの湯 つたや
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町底倉240-1
電  話:0460-82-2241
訪 問 日:平成25年3月9日
入浴料金:大人2時間1050円
U R L:http://sokokuranoyu-tsutaya.jp/

東京都港区  麻布黒美水温泉 竹の湯 (★★★) - 2013.03.06 Wed

麻布は東京港区の一等地で、お金持ちや外国人のビジネスマンの多い町です。

2013030601RIMG0018.jpg

そんな中に黒湯の湧く銭湯があるというので出かけてみました。

電柱に案内代わりの巻き広告がいくつも貼ってあって、道はわかりやすかったですよ。



麻布十番駅から歩くこと7~8分で、見えてきたのが「麻布黒美水温泉 竹の湯」です。

ふむふむ、あのビルみたいです。 なるほど~ コインランドリーがセットになってますね。

2013030602RIMG0022.jpg

こちらも上がマンション風の、新しい4階建くらいのビル銭湯でした。

創業は大正2年で、途中2度ほど建替えて、今なお銭湯としてがんばっているそうです。

こんな町に銭湯なんて、と思ったのですが、意外と古~い町工場や商店もあったりします。



下足入れはよくある伝統的な松竹ではなく、ちょっと洒落たスパ風のものでした。

2013030603RIMG0028.jpg

キーに大きめのカードのようなものが付いているのがわかるでしょうか?

このカードが、なんと、脱衣場のロッカーキーと連動しているのでした。



脱衣ロッカーの扉の裏の小さなケースにカードを差し込むと、それで施錠ができるのです。

いやぁ~ さすが、麻布! ハイテクですっ!( ← ・・・でもねーか(^_^;) )

2013030604RIMG0023-1.jpg

でも、これは・・・? 靴を履いてこない人はお風呂に入ってはいけない・・・?

いやいや、靴を脱ぎっぱなしいにしてはいけないとか? ホントは何の意味があるんでしょ?(^_^;)



お風呂は・・・ これまた、お客さんがいっぱいでした(^_^;)

これ以上カメラを下や右に向けると、お客さんがいっぱい写っちまいます(^_^;)

2013030605RIMG0024-1.jpg

お風呂は奥の壁際に黒湯が2つ、44℃のあつ湯と40℃のややぬる湯とでした。

あつ湯もぬる湯も、それぞれやっと5人程度の広さしかありません。



ちなみにペンキ絵は、帆船日本丸の航海中の絵柄でした。

確か、あの、横浜みなとみらいに展示されているやつですよね。

2013030606RIMG0025.jpg

その他、入口側にサウナと水風呂がありましたが、この水風呂も黒湯でした。

黒湯は7~8cm程度、かすかにモール臭があり、ナトリウム-炭酸水素塩泉でした。



サウナ付きは2時間900円と高めですが、あたりは土地も高いところですからねぇ(^_^;)

私はちょっと・・・ 今日はサウナはやめときました(^_^;)

2013030607RIMG0030-1.jpg

ま、サウナに入らなくたって、熱いのと水風呂で十分爽快でしたよ(^^ゞ

ということで、今日の温泉はオシャレな町麻布の「麻布黒美水温泉 竹の湯」でした。

このあたりに銭湯は珍しいからだと思いますが、逆にお客さんは多いように思いました。



お風呂の帰りに、善福寺から元麻布ヒルズフォレストタワーを見てみました。

2013030608RIMG0034-1.jpg

おしゃれな超高級マンションとお寺の同居する風景がこの街らしいです。

その近くの網代公園には外国人の親子連れがいっぱいでした。



近くの街角スポットには、赤い靴はいてた女の子の像がありました。

横浜の山下公園にある像はよく知っていましたが、こちらは知りませんでした。

2013030609RIMG0043-1.jpg

童謡では、外国人の養女となり異国で幸せに暮らしているのだろう、と想うお話ですが、

真実は、女の子は当時麻布にあった孤児院で病気のため1人さびしく亡くなったのだそうです。

本当は、とっても悲しい話だったんですね・・・



外国の人もこうやって立ち飲みでジョッキを開けてたりします。

2013030610RIMG0048.jpg

麻布は古さと新しさとが微妙に調和して、ちょっと魅力的な町でした。

私は、どうしてもすぐ、あの高校と学生時代を思い出しちゃうんですけどね・・・(^_^;)




施設名称:麻布黒美水温泉 竹の湯
所 在 地:東京都港区南麻布1-15-12
電  話:03-3453-1446
訪 問 日:平成25年3月6日
入浴料金:大人450円(サウナは入浴料込みで2Hまで900円)
U R L:http://homepage3.nifty.com/takenoyu/index.html

東京都大田区  第一相模湯 (★★★☆) - 2013.03.03 Sun

3月3日、今年の桃の節句は日曜日でしたね。

が、私はひな祭りとは特に縁がないので、午後からお風呂にでも、と出かけました(^_^;)

2013030301RIMG0013-1.jpg

電車に乗ってやって来たのは京浜急行の雑色駅、ここは東京都大田区です。

駅前商店街には桃の飾りがあったり、ひなまつりのメロディが流れたりしていました。

ほら、例の、灯りをつけましょぼんぼりに~♪ というアレです。



商店街を抜けて歩くこと約10分、今日のお目当ての第一相模湯に到着しました。

2013030302RIMG0001.jpg

第一相模湯は、1階の銭湯の上に住宅が3階ほど乗っている典型的なビル銭湯です。

そして、大田区と言えば黒湯というくらいですが、こちらも黒湯の天然温泉が売りです。

♪ はあはぁ~ 第一相模湯 く~ろ湯~♪ っと・・・?(^^ゞ



玄関ののれんをくぐると、ずらりと並ぶシューズロッカーが目を惹きます。

2013030303RIMG0007-1.jpg

左のガラス戸の奥が受付(フロント)になっていました。

こちらは東京都の公衆浴場ですので、入浴料金は450円だけで大丈夫です。

サウナなどもありませんので、迷うこともありません。



いざ、脱衣場に入ってみると、ガラス越しにも見るからにお客さんがいっぱいでした。

2013030304RIMG0006-1.jpg

お風呂は、奥に白湯と黒湯の2つの浴槽があり、さらに右の壁際に人工炭酸泉がありました。

普通の銭湯で人工炭酸泉って、私はこんなの初めてでしたが、うれしいですね~♪

予期しなかった炭酸泉にまったり浸かって、ジワァ~ッと泡付きを楽しみました♪



白湯も黒湯もボディマッサージがあり、黒湯の一部には電気風呂もありました。

2013030305RIMG0002-1.jpg

奥のタイル絵はHPの説明によると日光の竜頭の滝だそうですが、

この絵? どこか別の銭湯でも同じような絵を見たような気がしましたが・・・



黒湯はナトリウム-塩化物泉ということで、透明度は約10cm、

微モール臭があり肌ざわりの柔らかいツルっとした黒湯でした。

2013030306RIMG0004-1.jpg

夕方になりさらにお客さんが増えてきたので、適当に私は出ることにしましたが、

黒湯もしっかり黒いですし、人工炭酸泉まであって悪くないと思いますよ。

お客さんが多くのんびりとはいきませんでしたが、でもこれはホントは良いことですよね(^_^;)



以上、簡単ですが、東京都大田区の第一相模湯のリポートをお届けしました。

2013030307RIMG0008-2.jpg

ところで、「第一」とあるのは、近くの仲六郷に「ヌーランドさがみ湯」があるからでしょうが、

やはり近くの南六郷には「第五相模湯」というのもあるみたいなんですよ。

「第五」は天然温泉ではないようですが、なんか、そちらも興味ありますねぇ・・・(^^ゞ 




施設名称:第一相模湯
所 在 地:東京都大田区西六郷2-29-2
電  話:03-3731-1993
訪 問 日:平成25年3月3日
入浴料金:大人450円
U R L:http://www.daiichi-sagamiyu.com/

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。