....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2013-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県川崎市  宮前平温泉 湯けむりの庄 (★★☆) - 2013.02.25 Mon

月曜日が休みになったので、電車に乗って川崎の「湯けむりの庄」に行きました。

東急田園都市線の宮前平駅で下車、坂をのぼって徒歩およそ5分でした。

2013022501RIMG0376-1.jpg

こちら、平日でも1200円、休日だと1470円(!)もするんですよ(^_^;)

こんな高いのに、よく行ったなと思ったでしょ?(^_^;)

そこはまあ、取材ということで、一応必要経費ということに・・・ブツブツ?(^_^;)



館内はゆったりとして静かで落ち着いた雰囲気がありました。

2013022502RIMG0367.jpg

と思ったら、就学前の幼児は入店不可なんですね、なるほど~ 静かなわけだ!

料金はバーコードのリストバンドで後で精算というシステムでしたが、

料金の中には館内着とレンタルのタオル・バスタオルもセットで付いていました。



平日にも関わらず、混雑しない程度に大勢のお客さんがいらっしゃいました。

2013022503RIMG0370-1.jpg

人がいなくなった時、浴室内を1枚だけ撮影させていただきましたが、外はワンサカです(^_^;)

お風呂の設備はこういうところですので、もう各種いろいろとそろっています。



お湯はいわゆる黒湯ですが、微モール臭があり、透明度8~10cmほどのツルっとしたお湯でした。

温泉分析書によるとナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉でPH8.1ということでした。

2013022504RIMG0373-1.jpg

露天にも各種のお風呂がありましたが、これは脱衣場の涼み場所から撮影したものです。

黒湯に炭酸ガスを融けこませた炭酸琥珀湯は、国内初という触れ込みで人気のようでした。



私、1200円のモトを取ろうと、サウナだけで66分、全部で2時間50分もいました(^_^;)

あははっ・・・ バッカみたいでしょ?(^_^;)

2013022505RIMG0368-1.jpg

休憩所にはこんなリクライニングソファーもあり、リラックスできそうでした。

レストランもマッサージもアカスリも岩盤浴もなんでもありますが・・・

私としては、館内着やタオルはいらないので、せめて800円くらいにしてほしいなあ、なんてね・・・(^_^;)




施設名称:宮前平温泉 湯けむりの庄
所 在 地:川崎市宮前区宮前平2-13-3
電  話:044-860-2641
訪 問 日:平成25年2月25日
入浴料金:大人平日1200円(土日祝1470円)
U R L:http://yukemurinosato.com/miyamaedaira
スポンサーサイト

静岡県伊豆市  かんぽの宿修善寺 (★★★★) - 2013.02.24 Sun

西伊豆で富士山を見た後は、土肥峠を越えて修善寺に寄ってみました。

2013022501RIMG0360-1.jpg

修善寺温泉は平安時代に弘法大師(空海)が開いたといわれる伊豆最古の温泉です。



かんぽの宿修善寺は、そんな修善寺温泉街からはおよそ1kmほど奥まった丘陵部に建っていました。

2013022502RIMG0353-1.jpg

なので、正確に言うと、こちらは古くからの修善寺温泉とは違うかもしれません。



でも、そんなことはどうでもよくて、ちょうど時間的にぴったりだったんですよね(^^ゞ

2013022503RIMG0351-1.jpg

日帰り入浴タイムは11時から20時までの間で、入浴料金は600円です。



到着した時、既に3時を大きく回っていましたので、さっそくお風呂に行ってみました。

2013022504RIMG0348-1.jpg

大きくて広い浴室には、10人以上が浸かれるゆったりとした浴槽がありました。



外には露天の岩風呂もあります。

2013022505RIMG0349-1.jpg

こちらは6~7人というところです。



お客さんが途切れた間に、お湯に肩まで浸かった目線で1枚撮ってみました(^^ゞ

2013022506RIMG0337-1.jpg

今日は、お湯から出した顔に風がさわさわと吹いて、とっても気持ち良かったですよ。



立ち上がると、この露天風呂からこんな感じで富士山も見えました。

2013022507RIMG0350-1.jpg

手前の山がジャマですが、富士山まで見えると思わなかったのでうれしいですね♪



お湯は無色透明のさらりとしたお湯で、アルカリ性単純温泉、PH9.2ということでした。

2013022508RIMG0352.jpg

ニュータウン1号・ニュータウン2号・対山五葉泉の混合泉ということのようです。



休憩室がないのは残念ですが、露天からの眺めは思った以上に良かったですよ。

2013022509RIMG0358-1.jpg

スタッフの応対もいいですし、いつも思うのですが、かんぽの宿にハズレなしですね♪



さて、最後はおまけですが、帰りに伊豆スカイラインから見た夕暮れ間近の富士山です。

2013022510RIMG0365-1.jpg

今日もいっぱい富士山が見ることができました♪ はあ~ 今日もいい一日でした~(^_^)/~




施設名称:かんぽの宿修善寺
所 在 地:静岡県伊豆市熊坂1257-4
電  話:0558-72-3151
訪 問 日:平成25年2月24日
入浴料金:大人600円
U R L:http://www.kanponoyado.japanpost.jp/yado/shuzenji/

静岡県南伊豆町  民宿 福屋 (★★★☆) - 2013.02.24 Sun

先月、東伊豆から見た伊豆諸島に感激して、今朝もまたまたやってきました(^^ゞ

河津町に入ったあたりのビュースポットから、沖あいを眺めてみました。

2013022501RIMG0303.jpg

左から利島、小さいのが鵜渡根島、真ん中あたりに三宅島、新島、式根島、

ずっと離れて右に見えるのが神津島でしょうか? 今朝も遠くまで見えました♪



そして、そのあたりでは、もう桜(ですよね?)が開花していました。

2013022502RIMG0296-1.jpg

河津町は早咲きの河津桜で有名で、毎年この時期、桜まつりが開催されています。

駅近くの川沿いが名所で、この後、桜まつりに向かう車で渋滞となってしまいました。



でも、今日の私は桜まつりはスルーして、下田まで突っ走りました(^^ゞ

2013022503RIMG0308-1.jpg

ここは、道の駅下田の港からですが・・・

海上保安庁の巡視船と、その奥には観光クルーズ船の「黒船」が見えます。



それから、さらに南伊豆町までやってきました。

2013022504RIMG0326-1.jpg

伊豆最南端の南伊豆町は、菜の花畑もきれいです。



桜も咲き始め、菜の花も咲き乱れ、南伊豆はもうすっかり春の準備が整っているようです。

観光客も多くなっていて、銀の湯会館なんか、車の誘導整理の係の人も出ていました。

2013022505RIMG0323.jpg

そんないろいろなことがありまして、今日私が立ち寄ったのがこちらです。

民家の並ぶ中、普通の家にしか見えないような構えですが、「民宿 福屋」さんです。



こちらは300円で入浴ができるというので、今回、立ち寄らせていただきました。

2013022506RIMG0319.jpg

お風呂は「ポリネシア風呂」と名前がつけられていましたが、

お風呂全体が温室の中のようになっていて暖かく、脱衣場も飾らない雰囲気です。



そう言われれば、浴室も確かにポリネシアンな(?)熱帯雨林的な雰囲気がありますね。

2013022507RIMG0321-1.jpg

こんな、それほど宣伝もしていない、ただの民宿のお風呂なのですが、

驚いたことに、先客としておじさん方が2人いらっしゃいました。



お湯の表示はありませんでしたが、舐めると少しだけ塩気と苦みを感じました。

2013022508RIMG0316.jpg

わずかにべたつく感もあり、下賀茂特有のナトリウム・カルシウム-塩化物泉ではないかと思います。



おじさんたちもひとしきり、あ~ いいお湯じゃ、よく汗がでるのお・・・

などと言って、ゆったりとお湯に浸かっていらっしゃいました。

2013022509RIMG0318-1.jpg

こうやって、お湯に浸かって見上げると、花も咲いていて温室みたいでしょ(^^ゞ

以上、こんな民宿福屋さんでしたが、300円ですから文句ありませんよね。



さて、南伊豆の後はマーガレットライン(R136)を北へ、松崎、西伊豆と走りました。

2013022510RIMG0336-1.jpg

西伊豆では風がとても強くなり、カメラを持ってかれないようにするのが大変でしたが、

駿河湾越しの富士山の姿もホントにきれいです!  まさに、これは絶景でした(^o^)




施設名称:民宿 福屋
所 在 地:静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂460
電  話:0558-62-1003
訪 問 日:平成25年2月25日
入浴料金:大人300円
U R L:http://www.i-younet.ne.jp/~fukuya/

千葉県富津市  かぢや旅館 (★★☆) - 2013.02.17 Sun

館山から内房なぎさラインを北上し、午後1時半頃、金谷に着きました。

金谷と言えば、東京湾フェリーの久里浜-金谷航路のターミナルとして有名です。

2013021701RIMG0279-2.jpg

という話とは関係ないですが、黄色い建物には黄色い車がよく似合います(^^ゞ



ここは、老舗の「かぢや旅館」ですが・・・ なんと、安政元年の創業だそうです。

安政って、井伊直弼の頃?  ともかく、江戸時代からあるってことですよね!

2013021702RIMG0275.jpg

「かぢや」と言うとおり、お店は最初、近くの鋸山の石を切り出す石職人の

使う道具の製造・修理から始まったそうです。( ← と、HPに出てました(^^ゞ )



これは玄関を入ってすぐのフロントあたりです。

2013021703RIMG0249.jpg

食事のお客さんもあるようで、奥ではお店の方が忙しく立ち働いていらっしゃいました。

なので、フロントには人がいなくて、私、くつを脱いで上がってみました。



ほ~ほ~ ビビる大木? ギャル曽根? けっこういろんな人が来てるみたいです。

2013021704RIMG0273-1.jpg

と、そうこうしているうちに仲居さんに会ったので、そこで入浴をお願いしました。

そしたら、その仲居さん、あ、お客さん、ここ土足でいいんですよ、ですって(^_^;)



そんなこともあり~ので、入浴料金700円をお支払いしてお風呂に向かいました。

2013021705RIMG0252.jpg

お風呂は、館内の通路を突っ切った向こう側の、別棟というかお風呂棟でした。

事前に見たHPの館内案内図のお風呂には、サウナの表示もあったんですよ(^^♪



私がお風呂に入った時、ちょうど先客の2人の方が出て行かれました。

2013021706RIMG0264-1.jpg

なもんですから、お風呂の中には湯気がこんなにモワモワとこもっていて、

写真を撮るにはあまり良い条件ではありませんでした(^_^;)



でも、おかげで窓から差し込む日差しがこんなふうに見えたりして・・・

2013021707RIMG0254-1.jpg

いかにも暖かそうで、逆に、案外いいカンジかも・・・(^^♪



お湯は透明で特に味も匂いもありませんでしたが、若干黄色いような気もしました。

お湯は・・・ 獅子頭から、ガオ~ッ! ってか(^^ゞ

2013021708RIMG0257.jpg

でも・・・ 期待していたサウナはずいぶん前から壊れているらしくて、

扉が開かないようブルーシートで固定されていました(^_^;)ハァ



せっかく、旅の最後は、サウナできっちり締めようかと思ってたんですけどね。

2013021709RIMG0267.jpg

サウナがないとなれば、そんなに長居をすることもできず、その必要もなく、

私は適当なところで切り上げることにしました。



脱衣場の壁には昭和45年の温泉分析表がありました。

2013021710RIMG0268.jpg

含沃素臭素重曹食塩泉、と書いてありましたが、う~ん、今で言うと何だろ?

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉あたり・・・? その近くでしょうか??



ということで、最後は、金谷から木更津まで走って、またまた東京湾アクアラインです。

2013021711RIMG0284-1.jpg

ちょうど今、海ほたるPAの下にもぐるところで、これから海底トンネルです。

今日もお付き合いいただき、皆さんどうもありがとうございました~(^_^)/~




施設名称:かぢや旅館
所 在 地:千葉県富津市金谷3887
電  話:0439-69-2411
訪 問 日:平成25年2月17日
入浴料金:大人700円
U R L:http://www.kajiyaryokan.com/

千葉県館山市  海の湯宿 花しぶき (★★☆) - 2013.02.17 Sun

鴨川から次にまわったのは、館山の「海の湯宿 花しぶき」でした。

2013021701RIMG0248-2.jpg

なんとなくパッと見、コンドミニアムみたいな印象を受けますね。



駐車場の前はすぐ東京湾です。 向こうに見えるのは神奈川県の三浦半島あたりですね。

2013021702RIMG0245-1.jpg

ここには写っていませんが、この左の方には伊豆半島もはっきり見えました。



ちょっと瀟洒なくぐり門を抜けて玄関へ向かいます。

2013021703RIMG0242-1.jpg

まるで料亭にでも来たかのような雰囲気は落ち着きがあって悪くありません。



お風呂は2階でしたが、ただの宿屋のお風呂とは違ってゆとりが感じられます。

2013021704RIMG0214-1.jpg

こちらにはちょっとした畳の休憩スペースもありました。



それではこれから、お風呂に行ってきますね~♪

2013021705RIMG0217.jpg

入浴料は800円だったのですが、さて、どんなものでしょ?



そのお風呂はこんな感じです。

2013021706RIMG0234-1.jpg

ナトリウム-塩化物冷鉱泉ということでしたが、特に無色透明、無味無臭でした。



湯船から流し場を眺める、の図・・・(^^ゞ

2013021707RIMG0219.jpg

お客さんは数人いらっしゃったのですが、そのうち出て行かれましたもので(^^ゞ



こちらは露天風呂ですが・・・

2013021708RIMG0232.jpg

山側のほうを向いていました(^_^;)  なんで、海の方を向いてないのん??



と、ちょっと設計ミスじゃないのかと思ってしまいました(^_^;)

2013021709RIMG0236-1.jpg

でも、このロビーや2階の客室は海に面しているようです。



う~む、海の見える客室を取るか、海の見える露天風呂を取るか、だったみたいですね。

2013021710RIMG0244-11.jpg

日帰り入浴客の視点でみると、値段を考えるとちょっとビミョー、というところですかね・・・(^_^;)




施設名称:海の湯宿 花しぶき
所 在 地:千葉県館山市塩見233-4
電  話:0470-29-0236
訪 問 日:平成25年2月17日
入浴料金:大人800円
U R L:http://hanashibuki.com/

千葉県鴨川市  チサンリゾート鴨川 (★★★★) - 2013.02.17 Sun

朝7時40分の海ほたるPA(東京湾アクアライン)は、風がめちゃくちゃ冷たかったです(>_<)

2013021701RIMG0159.jpg

でも・・・ おっ?  寒いだけあって、今朝は富士山もよく見えていますね。



その海ほたるから約1時間半、朝9時すぎ、「チサンリゾート鴨川」に到着しました。

2013021702RIMG0211.jpg

ここは、以前、ひろろろろさんのブログで知ったところなんです。



日帰り入浴は朝7時から9時30分と午後3時から9時です。

2013021703RIMG0204-1.jpg

これまでなかなか時間が合わずに寄れませんでしたが、今日は大丈夫でした。



温泉は内湯に使われていますが、露天風呂は温泉ではないそうです。

2013021704RIMG0199.jpg

貼り紙には「麦飯石ミネラル浴水」と書いてありました。



こちらの露天風呂は4人も入ればいっぱいになるくらいのお風呂です。

2013021705RIMG0169-1.jpg

でも、こちらのセールスポイントは眺望です。 お風呂からの眺めは最高ですよ!



ご覧のとおり、海に面しているものですから、それはもう開放感がいっぱいです。

2013021706RIMG0176.jpg

キラキラと朝日輝くはるか彼方の水平線上には、行き交う船の影も見えました。



誰もいないお風呂で、光る海を眺めながらぼんやりとお湯に浸かりました。

2013021707RIMG0178-1.jpg

追い立てられるような毎日の中でささくれだった心が、少しずつ静かさを取り戻していくようでした。



あ~あ・・・ やっぱり海はいいです。  海は心を回復させる力があるような気がします。

2013021708RIMG0171.jpg

たまたま、他のお客さんが誰もいなかったというのもあるかもしれませんが、



温泉じゃなくたって、私ひとりだけのプライベートな空間と時間は何にも代えがたいものでした。

2013021709RIMG0202-1.jpg

チサンリゾート、なかなかでしたよ! どうも、ありがとうございました~(^o^) 




施設名称:チサンリゾート鴨川
所 在 地:千葉県鴨川市太海浜73-1
電  話:0470-92-1341
訪 問 日:平成25年2月17日
入浴料金:大人500円
U R L:http://chisun-resort-kamogawa.jp/

山梨県南アルプス市  湧暇李の里 樹園 (★★★☆) - 2013.02.11 Mon

私は、今、山梨県の南アルプス市に来ています。

ここは「湧暇李の里(ユーカリのさと)」というらしいですが・・・
 
2013021101RIMG0140.jpg

湧暇李の里って、いったいなんだろ?(^_^;)ヨクワカラン・・・

とりあえず、あの建物は、50cmの反射望遠鏡を備えた「ふるさと天文館」だそうです。



その隣のこちらは、市の文化財調査事務所も入っている「ふるさと伝承館」とのこと・・・

2013021102RIMG0138.jpg

遺跡からの出土品や昔の民具などを展示しているそうです。

ふーむ、湧暇李の里って、どうやら、社会教育施設が集まってる場所のようですね。



そして、こちらが、私のめざした温泉施設なんですが・・・

2013021103RIMG0136.jpg

こちらには「農業体験実習館」という名前も付いていて、コンセプトは、

「農業体験を通して農山村の自然、文化、暮らしを満喫するグリーンツーリズムの館」だそうです。



なるほど~  これには農水省の補助金が入ってるような匂いがしますね~(^_^;)

2013021104RIMG0115.jpg

そうと聞かなければ、普通の日帰り温泉施設みたいですが、まあ、研修室や宿泊室、

テニスコートやBBQ広場もありますから、グリーンツーリズムと言えなくもない、ですか・・・



入浴料金は550円でした。市民は350円、75歳以上は250円だそうです。

2013021105RIMG0127.jpg

市民より市外が高いのは、市税で建設、運営されている施設ですからやむをえないです。

でも、休憩室が1150円って・・・ 高すぎないですか?(^_^;)



ということで、私は、休憩なしの入浴だけにしておきました(^_^;)

2013021106RIMG0120-1.jpg

お風呂は、手前に1つ、左の通路を通った奥に2つ、計3つの浴槽がありました。

手前から高温、中温、低温と3段階の温度設定になっていました。



3つのお風呂を順番にいろいろ浸かるとそれは気持ちいいですよ(^^♪

2013021107RIMG0118-1.jpg

すべてかけ流しで、特にいちばん奥の低温浴槽に浸かると泡つきも見られました。

ほ~ほ~ これは、なかなかのお湯ですねぇ♪



奥のお風呂は、何人もじーっと浸かっていらっしゃったので写真はムリでした(^_^;)

2013021108RIMG0128-1.jpg

さて、湯上がり後ですが、休憩室には入れませんので、ロビーでコーラをいただきました。



・・・が、待てよ?!  隣に食堂もありますね。

1時半かぁ・・・ おなかもすいたし、せっかくだから何か食べて行きますか。

2013021109RIMG0130.jpg

こちらのとんかつ定食700円、お味のほうは、いたってフツーの、お値段なりでした。

でも、ごはんとみそ汁のお替わり自由だって、うれしいなあ(^^♪



こちらは、玄関を入った時から気になっていた、受付の後ろの壁のポスター2枚です。

2013021110RIMG0131.jpg

剛力彩芽ちゃんと未来穂香ちゃん、どちらも2013年春の最新版です♪



以上、・・・という、南アルプス市の「農業体験実習館 湧暇李の里 樹園」でした。

あっ、お湯は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉でした。( ← 忘れてた(^_^;) )

2013021111RIMG0155-1.jpg

最後に、おまけの富士山は、きょうは河口湖畔からの1枚です。

いやぁ・・・ ここからの富士山は大きいし、それに、なんといってもきれいですねぇ!




施設名称:湧暇李の里 樹園
所 在 地:山梨県南アルプス市野牛島2722
電  話:055-285-4131
訪 問 日:平成25年2月11日
入浴料金:大人550円
U R L:http://www.jyuen.info/index.html

山梨県甲州市  塩山温泉元湯 廣友館 (★★★☆) - 2013.02.11 Mon

建国記念日の祝日、山梨県の「塩山温泉元湯 廣友館」に行ってみました。

こちら、ご覧のとおり歴史を感じさせる建物ですが、明治36年創業という老舗旅館です。

2013021101RIMG0091-1.jpg

入浴をお願いすると「準備するので15分待っていただけますか」とのことでした。



玄関ホールには「昨日出しました」と女将さんが言われた雛飾りが飾ってありました。

吊るし飾りの数々は女将さんのお手製だそうです。

2013021102RIMG0092-1.jpg

お風呂の準備ができるのを待つ間、あれこれお話をうかがうことができました。



しばらく後、お風呂の準備ができたということで案内していただきました。

お風呂は階段を上がったところ(2階?)にありました。(←途中なぜか、うわの空で・・・(^_^;))

2013021103RIMG0095-1.jpg

お風呂の前の通路には大正元年の山梨県衛生検査所の温泉検査証号なるものがありました。

もちろん、当時のそのままってことはないと思いますが、さすが老舗です。



その奥のお風呂の入口です。 ・・・が、えっ? 家族風呂と書いてありますが?

2013021104RIMG0096-1.jpg

そうなんです。 家族風呂のほうを使ってくださいと言われたのでした。



まだ少しぬるいかもしれませんがすぐに温かくなると思いますから、

と、私のためにわざわざお湯を沸かしていただいたお風呂です。

2013021105RIMG0097-1.jpg

いつもは、こんなに朝っぱらから入浴客が来ることはないんでしょうね。

本当にありがとうございます。



こちらは、そのお風呂に肩まで浸かって眺める、の図です(^^ゞ

2013021106RIMG0101-1.jpg

家族風呂にしてはかなり大きめのお風呂で、1人でのんびりできました。

ちょっと黄色っぽく写っていますが、それは光の加減で、実際には無色透明のお湯でした。



奥には1人用程度の水風呂もありました。

2013021107RIMG0157.jpg

というより、沸かしてないだけのような気もしました。

ここには写っていませんが、今ではもう使われていないと思われるサウナ室もありました。



そうそう、脱衣場はこんな感じでした。

2013021108RIMG0157-1.jpg

脱衣場にあった温泉分析書には、単純硫黄冷鉱泉でPH10.1とありました。

確かに肌ざわりがつるっとしてかなりアルカリ度が高い感じは受けました。



ところで、こちらは館内にあった防火ポスターなんですが、これは誰だと思いますぅ?

2013021109RIMG0157-1.jpg

私もわからなかったので、帰ってからいろいろ調べたんです。 

そしたら、なんと、坂上香織さん、時期は平成2年らしいです。



そして、こっちはもっと「レアもの」かもしれませんよ!

2013021110RIMG0156.jpg

モデルはあののりピーで、昭和62年のものらしいです。

さすが超老舗の旅館ですね。 額に入っていましたが、さりげなく飾ってあるポスターも超お宝です!



ということで、老舗の歴史に圧倒されまくり(?)の廣友館でした。

2013021111RIMG0088-1.jpg

週末は、こんな静かな旅館で世俗を離れてのんびり過ごすのも良さそうですよね♪

それにしても、あのポスター、いいなあ・・・(^_^;)



ということで、帰る前に第二駐車場で記念撮影ですが・・・ フロントビューはどうですか?

2013021112RIMG0085-2.jpg

あ、いや、実は1月のあの大雪の日に、氷と化した雪道を走行中、

フロントリップスポイラーがパリンと割れてしまって、やっと昨日交換したんです(^_^;)

前のAMSのカーボンスポイラー、結構高かったんだけどなあ・・・(^_^;)




施設名称:塩山温泉元湯 廣友館
所 在 地:山梨県甲州市上於曽1961
電  話:0553-33-3123
訪 問 日:平成25年2月11日
入浴料金:大人600円
U R L:http://www.cosmo.ne.jp/~koyukan/index.htm

神奈川県箱根町  ホテル箱根パウエル (★★★★☆) - 2013.02.09 Sat

静岡からの帰りに箱根仙石原の「ホテル箱根パウエル」に寄ってみました。

2013020901RIMG0026.jpg

心配しましたが、道路の脇に少し残っている程度で、雪はほとんど跡形もありませんでした。



玄関を入ると正面の雛飾りが目を惹きます。 もうそんな季節なんですね。

2013020902RIMG0050.jpg

雛飾りを目にするようになると、春はほんとうにもうすぐですね。



こちら、入浴料は1000円ですが、ネーム入りタオルも付いています。

2013020903RIMG0028.jpg

今日、電話したところ、日帰り入浴は12時半から夜6時までとのことでした。



でも、以前聞いた時は、今日は午後2時からです、と言われたこともありました。

2013020904RIMG0029.jpg

なので、一応、事前に電話で確認したほうが間違いがないと思います。



てなことをあれこれ考えているうちに、お風呂まで来ていました(^^ゞ

2013020905RIMG0034.jpg

こちらのお湯は、「仙石原と言えば白いにごり湯」という、例の大涌谷で造成されるお湯です(^^♪



泉質は酸性-カルシウム-硫酸塩泉で、PH2.5です。 ツルスベですよ~♪

2013020906RIMG0030.jpg

このブログでもたびたび紹介していますが、私の大好きな箱根ならではのお湯です。



こちらは濁っていないもう1つのお湯です。お湯はなんでしょうか?

2013020907RIMG0043.jpg

手前は寝ころべるようなやや浅い浴槽で、奥は普通の深さの浴槽でした。



露天風呂も、濁っていないもう1つのお湯ですが、少し黄色っぽく見えました。

2013020908RIMG0041.jpg

目隠しが付いていますが、露天風呂からは箱根の山々が見えていました。



もう1つのお湯にも水質分析書があり、「あと1mgで温泉という井水」とありました。

2013020909RIMG0045-1.jpg

なるほど、よく見るとメタケイ酸が49.0mgとあり、確かにあと1mgで温泉です。



でも、わずか1mgですから、実質的には温泉となんら変わりはありません。

2013020910RIMG0053.jpg

という、2つのお湯を一度で楽しめるという、なかなか贅沢な箱根パウエルでした(^^♪



さて、温泉の後はいつものように、仙石原のススキの定点観測にも行きました。

2013020911RIMG0056-1.jpg

このあたりは日当たりが良いので、ご覧のように、雪の痕跡もありませんでした。

>>平成25年1月12日の仙石原はこちら>>



帰りには、箱根湯本を過ぎてロマンスカーと一緒になったので、走りながらパシャリ・・・(^^ゞ

2013020912RIMG0060.jpg

それにしても、ホテル箱根パウエルのことですが、思っていたよりずっと良かったですよ。

どうも、ありがとうございました〜(^o^)




施設名称:ホテル箱根パウエル
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1244
電  話:0460-84-8686
訪 問 日:平成25年2月9日
入浴料金:大人1000円
U R L:http://www.powell.jp/hakone/

静岡県三島市  湯郷三島温泉 (★★★☆) - 2013.02.09 Sat

静岡県の三島に「湯郷」という温泉があるというので出かけてみました。

ここのところ雪が降ったりで、早朝の箱根越えは心配なのでR246を使いました。



朝8時前に出てここまで2時間半、着いてみたら三島カントリークラブの敷地内でした。

2013020901RIMG0025-1.jpg

駐車場には車が何十台もありましたが、ほとんどはゴルファーだと思います。



温泉めぐりをするようになって4年半、今では温泉ばっかりになりましたが、

実は私も以前、少々ゴルフをやってたことがあるんですよ。

2013020902RIMG0003-1.jpg

なんせ、某デパートでゴルフクラブを売ってたこともあります。

でも、ある時、これ以上続けるには才能がないなあと感じてやめたのでした(^_^;)



おっと、ゴルフの話をしてる場合じゃないですね、温泉、温泉っと(^_^;)

2013020903RIMG0009.jpg

お風呂は「駿河の湯」と「富士の湯」というのが男女交代なんだそうですが、

今日の男湯はこちら、駿河の湯のほうでした。



富士の湯からは富士山が、駿河の湯からは駿河湾が眺められるそうです。

2013020904RIMG0017.jpg

私としては、できれば富士の湯のほうが良かったなあ、なんてね・・・(^_^;)



料金は700円ですが、平日は時間制限なし、土日祝だけ3時間以内となっています。

時間制限はありますが、土日祝日も平日と同一料金というのは嬉しいですね。

2013020905RIMG0010-1.jpg

お風呂の入口の扉を開くと正面に、まずは大きな内湯がありました。

このお風呂はけっこう大きいですよ、15人はゆうに入れる広さがありました。



サウナ室も撮ってみました~( ← ・・・って、別に、施設的には他と一緒です(^_^;) )

2013020906RIMG0012-1.jpg

6~7人程度の広さですが、こちらにはサウナ用のマットも備えてありました。

考えてみれば久しぶりのサウナで、私は4回計42分、しっかり汗を流してきました。



こちらの露天風呂は10人ほどの大きさです。

2013020907RIMG0015-2.jpg

お湯はご覧のとおり無色透明で、特に匂いもなくさらりとした感じでした。

後で見た温泉分析書によると、アルカリ性単純温泉でPH8.8ということでした。



お客さんが途切れた時、立ち上がって駿河湾の方向を眺めてみました。

2013020908RIMG0019-1.jpg

この間より少しもやっていますが、なんとか駿河湾が確認できました。

薄く見える島影は、左は伊豆半島(西伊豆)で、右は由比とか清水とかでしょうか?



ふーん、まあまあ、駿河の湯も眺めは悪くはありませんでしたね(^^ゞ

2013020909RIMG0020-1.jpg

ということで、2時間近くゆっくり時間をかけて、のんびりまったりしてきました。

ちょうどお昼過ぎになって、休憩室兼食事処もそこそこの賑わいです。



ところでこの三島カントリークラブですが、今は平日なら7770円なんですね。

2013020910RIMG0023-1.jpg

私がやってた頃は、大抵のゴルフ場は平日でも15000円はしたように思います。

土日は昼ごはんを食べて2万円が当たり前だったような・・・(^_^;)ヤレヤレ



女子プロの世界に不動裕理さんが現われ最強女王になっていく頃のことですから、

もう、かれこれ10年以上も前のことですけどね・・・

と、ひと昔前の思い出に浸りながら、静岡県100湯達成でした~(^^♪




施設名称:湯郷三島温泉
所 在 地:静岡県三島市徳倉1195
電  話:055-988-0600
訪 問 日:平成25年2月9日
入浴料金:大人700円(土日は3時間)
U R L:http://yugo.co.jp/spa/mishima/

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。