....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2013-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県熱海市  民宿 みやこ荘 (★★★☆) - 2013.01.27 Sun

伊豆多賀まで戻って、入浴もできるという、とある民宿兼食堂に立ち寄ってみました。

お店に入り入浴をお願いすると、お風呂はエレベーターで屋上とのことでした。



5階建の屋上に出ると、そこにはプレハブ的な簡易な小屋がありました。

2013012701RIMG0370.jpg

この右にもう1つ小屋があり、そちらが女湯でした。



サッシの引き戸をガラガラと引くと、いきなり中は脱衣場です。

窓からの眺めはすぐ海が見えていて、期待できそうです♪

2013012702RIMG0371-1.jpg

ここには写っていませんが、無料のウォーターサーバーも置いてありました。



さらにガラス戸を引くと、お湯の満たされた白いポリバスがありました。

天井も含めてガラスが多く使われていて、大変明るく開放的です。

2013012703RIMG0380-1.jpg

ポリバスの土台部分には伊豆石が使われています。

床はプラスチック製で、全体的にあと付けの簡易な作りのように感じました。



それでも、海のすぐそばの5階建の屋上ですから、眺めは抜群です。

2013012704RIMG0375-1.jpg

シャワーで身体を流しながらも外の景色が眺められます。



窓からは、最近整備されたばかりの長浜海浜公園が見えました。

あの建物は「うみえ~る長浜」といって、今日は産直品市をやっているようです。

2013012705RIMG0391-1.jpg

ん? 端っこに黄色いのが見えていますが、あれは他人のそら似です(^^ゞ



あの右手の沖に見えるのは「初島」という相模湾に浮かぶ島です。

今日は空気が澄み渡っていて、島に建つ白いホテルまではっきりと見えました。

2013012706RIMG0387-1.jpg

またまたGooglで測ってみると、初島までおよそ9.5kmでした。



左手、海の向こうにはなにやら島影が見えます。

後で聞いてみたら、左の方は三浦半島、その右の方は房総半島なんだそうです。

2013012707RIMG0386-1.jpg

三浦半島までは約50km、房総半島は63kmです。

いや、それにしても爽快な眺めです♪



お湯は・・・ よくわかりませんでしたが、なんだろ?

2013012708RIMG0374-1.jpg

温泉ではないという情報もありますが、ただのお湯とも違うような・・・?

でも、お湯うんぬんよりも、おかげさまで最高の開放感を満喫しました。



お風呂から出た後は、1階の食堂でお昼ごはんにしましたが・・・

2013012709RIMG0397-1.jpg

なぜか気が大きくなって、一番高い刺身定食(1800円)を頼んでしまいました(^^ゞ

やっぱりお風呂があまりにも爽快だったからでしょうか、気分はサイコーだゼエ♪



イチオシのアジのタタキ丼(1100円)は、次回のお楽しみに残しときます。

2013012710RIMG0399-2.jpg

ということで、伊豆多賀駅からも近い、国道135号沿いの「民宿 みやこ荘」でした。

宿泊客用の内湯は温泉ということですが、この屋上展望風呂は違うのかもしれません。

でも、お湯はともかく眺めは素晴らしいですから、それで十分じゃないでしょうか。




施設名称:民宿 みやこ荘
所 在 地:静岡県熱海市下多賀1480
電  話:0557-68-2385
訪 問 日:平成25年1月27日
入浴料金:大人500円
U R L:http://www.miyakoso.com/
スポンサーサイト

静岡県伊東市  山喜旅館 (★★★☆) - 2013.01.27 Sun

先々週の大雪に懲りたので、晴天に恵まれた日曜日、雪のない伊豆に行ってみました。

東伊豆町の伊豆北川付近からの眺めです。今朝は伊豆諸島がよく見えました。

2013012701RIMG0341-2.jpg

大島は近くて大きいので、いつもわりとよく見えますが、今朝は一段とはっきり見えました。

ちなみに、Googlで距離測定してみると、大島まではおよそ31kmほどらしいです。



その大島から少し右に視線を移すと、今朝はその他の島々も見えました。

左に高く大きく見えるのが利島(39km)、その右にくっついた小さな山が鵜渡根島(45km)、

2013012702RIMG0339-1.jpg

ほぼ中央に薄く見える低いのが三宅島(90km)、こんもりしてるのが新島(54km)、

その右にかすかに平たく見えるのが式根島(58km)です。(いずれも島のほぼ中心部まで)



すごいなあ~♪ あんな、はるか彼方まで見えることにかなり感動しました(^o^)

海を眺めた後は、ホントは伊豆北川で温泉を、と思ったのですが、

2013012703RIMG0344-1.jpg

ちょっとした事情により、20km戻って伊東で温泉に寄ってみました(^_^;)



こちらは伊東市東松原の山喜旅館です。

かなり古風で、伝統的な温泉旅館らしい風格があります。

すぐ近くには、以前来たことのある昭和初期建築の東海館もありますが、

2013012704RIMG0357.jpg

こちらもどうなんでしょう?  同じ時代のものなのではないでしょうか?



こちら、HPでは「格安旅館」とうたっていますが、

こんな風格ある老舗でも格安をアピールしないと生き残れないのですね。

しかも、立ち寄りは600円で、時間は朝8時から夜10時までという、

2013012705RIMG0354-1.jpg

ほとんどいつでもいらっしゃい、というくらいの一生懸命さがあります。



こんな歴史の感じられる旅館ですが、お風呂は案外新しくきれいでした。

石タイルを施した浴槽は、間口2.5m奥行き3mほどでした。

お湯は無色透明ですが舐めると塩辛くて、後味でちょっと苦みが残りました。

2013012706RIMG0351.jpg

ややべとつきもありますので、これは塩化物泉で間違いないと思います。



お風呂には最初、年配の方が1人だけいらっしゃったんです。

その方もやはり日帰りだそうですが、奥さんと一緒にいわゆる日帰りプランで来られたとのことでした。

旅館もいろいろ大変ですねえとか、団体旅行も今じゃ少なくなりましたもんねえ、

2013012707RIMG0359-1.jpg

・・・みたいな話をしながら、しばらくその方とお湯に浸かっておりました。



そのうち、お先に、と言って出て行かれましたので、写真を撮らせていただきました。

お湯はぬる目で、いくらでも浸かっていられて、なかなか気持ち良かったですよ。

ただ、ぬる目とはいっても塩化物泉です。お湯から出ても汗がなかなか引きませんでした。

2013012708RIMG0362.jpg

脱衣場には昭和34年の温泉分析書が掲げてありました。

PH7.7の弱食塩泉ということですが、申請者は「山喜旅館 山田秀治」とあります。

なるほど~  そこからでも、もう54年ですよね。



これは、お風呂を出て玄関に向かう廊下から撮ってみました。

2013012709RIMG0364.jpg

うす暗い中にも輝くよく磨かれた廊下、木製の建具にも風情があって悪くありません。

この左手は食堂のようで、先ほどの方と奥さんらしい方とが浴衣で食事をされていました。



ということで、建築物としてもとっても歴史のありそうな山喜旅館でした。

玄関も千鳥破風(というのかな?)づくりの堂々とした立派な建物です。

2013012710RIMG0369-1.jpg

近くの東海館は既に10年以上前に廃業してしまいましたが、

こちらにはなんとか頑張ってほしいと願わずにはいられませんでした。




施設名称:山喜旅館
所 在 地:静岡県伊東市東松原町4番7号
電  話:0557-37-4123
訪 問 日:平成25年1月27日
入浴料金:大人600円
U R L:http://www.ito-yamaki.co.jp/index.html

東京都江戸川区  あけぼの湯 (★★★☆) - 2013.01.23 Wed

みなさん、こんにちは~  日帰り温泉図鑑、リポーターのりゆうです~(^o^)丿



今日、私は、電車を乗り継いで東京都江戸川区の船堀まで来ています。

今日ご紹介するのは、船堀駅からおよそ5分の温泉銭湯「あけぼの湯」です。

2013012301RIMG0322-1.jpg

さあ、さっそく来ましたけれど、この白っぽい建物がそうなんですね。

建物に沿って6、7台分の駐車場もありますので、車でも大丈夫ですね。



さて、こちらなんですが、大変歴史のある銭湯のようで、

創業は江戸時代の安永年間(1770年代)ということです。

ホントですかぁ~? というくらい古いですよね(^^ゞ

2013012302RIMG0325-1.jpg

さて、入口はこちらになりますが・・・

下足箱に靴を入れて中に入ると、右にフロント式の受付がありました。



中に座ってらっしゃるのは奥さんでしょうか?

こんにちは~ どうも~ りゆうの日帰り温泉図鑑です~(^^ゞ

あっ、ども・・・ それでは、さっそく取材させていただきますね~♪  

2013012303RIMG0326.jpg

こちら、東京都の公衆浴場ですので入浴料金は450円です。

時間は3時40分というところなんですが、もうお客さんがいっぱいです。

けっこう繁盛してるようですね、いいことですねぇ(^^♪



お風呂は、大きな浴槽の一部をハイパージェットや電気、寝湯に区切ったタイプです。

そして・・・ この浴槽の中を横切っていくと、露天風呂に出るんですね。

2013012304RIMG0332.jpg

ということで、露天風呂を1枚! 

・・・でも、イマイチ何だかよくわからない写真になってしまいました(^_^;)

ただ、こちら、天然温泉ですし、しっかり空が見えて開放感があっていいですよ。



東京の銭湯で、空の見える露天風呂があるのはここだけ、という話もあります。

それに、露天で一緒になった年配のお客さんに聞くと、2階にもお風呂があるそうです。

2013012305RIMG0328-1.jpg

なので、今度は2階にも行ってみました。

その2階には、ドライサウナ、スチームサウナ、水風呂、牛乳風酵素風呂、寝湯、

リラックスバス、ジェットバス、高温浴槽と、なかなか各種取り揃えてありました。



さきほどの方によると、今日は水曜日で鶴の湯が休みだから混んでるんだそうで、

明日は逆にこちらが休みだから鶴の湯が混むよ、とのことでした。へえ~

2013012306RIMG0333-1.jpg

いろんなお風呂がありますから、順番にいろいろと試していたら、

あっという間に時間がたってしまいました。 

銭湯でこんなにお風呂の種類があるのは珍しいですよね(^^♪



ところで、お湯から出た後の楽しみといったら、やっぱりビールです♪

ということで、いただきましたよ、私も! 缶ビール、お値段は350円でした。

2013012307RIMG0336-1.jpg

えっと・・・ お湯のことですが、アルカリ性単純温泉ということのようです。

ただ、ここの場合、お湯云々よりも、公衆浴場にしておくには惜しいほどの(?)

種類の豊富なお風呂が、なんといってもすばらしいと思います!



あっ、どうも~、おかげさまで取材終わりました。 はい!

どうもありがとうございました。 いっぱい宣伝しときますね~(^^ゞ 

2013012308RIMG0334.jpg

以上、きょうの「りゆうの日帰り温泉図鑑」は船堀の「あけぼの湯」からお届けしました。

公衆浴場とは思えないほどのお風呂の豊富さ、それに空の見える露天風呂、いいですよ!



それでは、皆さん、また来週お会いしましょう! サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ(^_^)/~

( ↑ ト、ニギニギしながら去る(^^ゞ )




施設名称:あけぼの湯
所 在 地:東京都江戸川区船堀3-12-11
電  話:03-3680-5611
訪 問 日:平成25年1月23日
入浴料金:大人450円(サウナは+300円)
U R L:http://www5a.biglobe.ne.jp/~akebonoy/

山梨県韮崎市  ゆーぷるにらさき (★★☆) - 2013.01.14 Mon

諏訪で大雪になって、ちょっと怖くなって国道20号を戻って来ました。

それでも戻る道すがら、せっかくなんだから雪見風呂をしたいと思いました。

2013011401RIMG0320.jpg

走りながら何か所か考えましたが、国道からちょっと分け入るとすごい積雪です。

で、55km戻ってもう大丈夫かと思って寄ってみたのが「ゆーぷるにらさき」でした。



このあたりは雪がほぼ止んでいて残りも125kmほど、なんとなく一安心です。

2013011402RIMG0317-1.jpg

ゆーぷるにらさきは韮崎市の公共施設で、温水プールもあります。

あっ、そっかあ! 湯とプール! だから「ゆーぷる」なんですね♪



こちらがお風呂、というか更衣室の入口です。

2013011403RIMG0314.jpg

料金はプール利用込みで、市民は300円、市外客は700円です。

この更衣室から、プールへもお風呂にも行き来できるようになっていました。



私はプールはいらないので、ちょっと割高感を感じてしまいます(^_^;)

2013011404RIMG0313-1.jpg

こんな大雪の日にわざわざ温泉に来る人も少ないとみえて、

お風呂のお客さんはあまり多くなく、6~7人というところでした。



さて、こちらが期待の露天風呂です。

2013011405RIMG0311-1.jpg

なんとか一応、雪見風呂にありつく(?)ことができましたが、

ご覧のとおり、それほど特に雰囲気があるわけでもありませんでした。



お湯は地下1500mから湧くナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉です。

2013011406RIMG0315.jpg

PH8.4ということですが、数字以上にぬるっと感がありました。



その他には、スチームサウナとミストサウナがあったのですが、

このラインアップはちょっと不思議な組み合わせですよね。

2013011407RIMG0304-1.jpg

お湯からあがって2階から覗いてみたプールです。

大雪だからだと思うのですが、ガラーンとして、誰もいませんでした(^_^;)



こちらは同じく2階の広い和室の休憩室です。

2013011408RIMG0305-2.jpg

おじさんが1人だけでした。



ということで、雪も気になりつつ1時間ちょっとで切り上げました。

帰りは、まあまあ、甲府まではそこそこ順調だったんですよ。

2013011409RIMG0316-1.jpg

ところが、そこから先は高速が早くも通行止めになってしまい、

その影響で一般道はノロノロの大渋滞となってしまいました。



峠では立ち往生する車も相次いでちっとも進みませんし・・・

2013011410RIMG0319-1.jpg

もう、マジで一時は家に帰れないかとあきらめかけました(^_^;)



大渋滞を耐え忍んでどうにかこうにか帰ることはできましたが、

韮崎を1時に出て、結局帰りついたのは夜9時になっていました。

ちょっと雪を甘く見すぎました。 つくづく、自分がバカだと思いました(^_^;)




施設名称:ゆーぷるにらさき
所 在 地:山梨県韮崎市中田町中条1800-1
電  話:0551-20-2222
訪 問 日:平成25年1月14日
入浴料金:大人700円
U R L:http://www.kitzwellness.co.jp/nirasaki/

長野県下諏訪町  みなみ温泉 (★★★★) - 2013.01.14 Mon

爆弾低気圧で大雪となった1月14日、長野までひとっ風呂(?)しに行きました。

朝5時前に出発したのですが、神奈川県内を走っている間はまだ雨でした。

2013011401RIMG0281.jpg

が、甲州街道ではみぞれとなり、山梨県大月市に入ったあたりから雪になり、

長野県に入った頃にはあたりは真っ白、しっかりと大雪になっていました。



そんな中、やっとの思いで、下諏訪町の共同湯「みなみ温泉」に到着しました。

2013011402RIMG0295.jpg

う~ さぶっ!  青いのも雪まみれになってよく走ってくれました(^^)v



共同湯の中には地区外の人を全く受け付けないものもありますが、

みなみ温泉は私のような地区外からの一般人も入れていただけます。

2013011403RIMG0294-1.jpg

おっ? 年末特別警戒実施中だ~(^^♪( ← だから、何?(^_^;) )



あっ、おっはようございます~♪

と、元気よくお金を出そうとしたら、入浴券を買ってね、と指差されてしまいました。

2013011404RIMG0293.jpg

差されたほうを振り返ると、入浴券の自動販売機がありました。

ふふっ、早くも地元じゃないのがバレてしまいました(^_^;)



でも、こういう共同湯って、見慣れない人間はきっと一発でわかると思うんですよね(^_^;)

2013011405RIMG0285.jpg

それにしても、入浴料は大人220円、小人110円という安さなんです。

地区外の私なんかも同一料金ですから、ホント、地元の人に感謝ですよね。



お風呂は、こんないい感じの円形のタイルの浴槽でした。

2013011406RIMG0288-1.jpg

外は大雪ですが、中は湯気がいっぱいで見るからに温かそうです。

時間は9時前でしたが、こちらは朝は7時からやっているそうなんです。



浴場は友との語りの場、か・・・ いいですねぇ(^o^)

2013011407RIMG0289-1.jpg

数人の地元の人らしき方々が、積もったねぇ、などと話をされていました。



お湯はナトリウム-硫酸塩・塩化物泉でPH8.19ということでした。

無色透明、無味無臭でさらりとした印象でした。

2013011408RIMG0290-1.jpg

お湯はやや熱めで、こんな寒い日にぴったりの湯かげんでした。

何回も出たり入ったりを繰り返して、おかげさまで、身体の芯からよく温まりました。



ということで、横浜から大雪の日にわざわざ180kmも走ってきた温泉バ〇です(^^ゞ

2013011409RIMG0283.jpg

外はだんだんすごいことになってきたなあ・・・ ちょっと心配になってきた(^_^;)

でも、この後、もっとすごいことになっちゃうんですけどね、あははっ・・・(^_^;)




施設名称:みなみ温泉
所 在 地:長野県諏訪郡下諏訪町西四王4971-7
電  話:0266-27-5877
訪 問 日:平成25年1月14日
入浴料金:大人220円
U R L:なし

神奈川県箱根町  おくど茶寮 利休庵 (★★★★) - 2013.01.12 Sat

ここは元箱根の箱根園ゴルフ場付近です。 

今日も空気が澄んでいて富士山がきれいですね~♪

2013011201RIMG0227-1.jpg

それにしても、あ~ 忙しい! 

箱根に来たら、やらなくちゃいけないことがいっぱいなんです(^^ゞ



まず、こちらは仙石原、いつものススキの定点観測です。

2013011202RIMG0229-1.jpg

完全な枯れススキですが、しっかり立ってますから今年は雪はまだみたいですね。

>>平成24年12月14日の仙石原はこちら>>



それから次に、またまた、いつもの坦々麺4番(超辛口)を食べて、と・・・

2013011203RIMG0235.jpg

ふぅ~  あいかわらず、おいしいなぁ~(^o^) 

毎度のことですが、挽き肉たっぷりのとろみ超辛つゆが麺にうまくからんでます。



で、その後ようやく、やってきたのは仙石原のにごり湯なのでした(^^♪

2013011204RIMG0269-1.jpg

「おくど茶寮 利休庵」です。



こちらはしばらく日帰り入浴をやめていたのですが、

要望が多かったそうで、昨年12月から再開したということなんです。

2013011205RIMG0238-1.jpg

そういうことなら、ということでさっそく来てみたというわけです。



私、念のため、富士山見ながら、一応事前に電話しておいたのですが、

そのせいでしょうか、宿の方には大変ていねいに迎えていただきました。

2013011206RIMG0240.jpg

控えめに、決して慇懃無礼でなく、お客様を大切にする気持ちが感じられました。



貸切り露天風呂もあるそうですが、1500円ということなので・・・

取材経費の少ない「りゆうの日帰り温泉図鑑社」(?)としてはこちらにしました(^_^;)

2013011207RIMG0241.jpg

こちらは1時間1000円の一般用の浴室です。

内湯の広さは3人というところで、小ぢんまりとしています。



そして、この内湯の湯船に私の大好きな白いにごり湯が満たされていました。

2013011208RIMG0244.jpg

この日の一番風呂ですので、にごり成分が沈殿して湯船の段が見えています。



でも、沈殿したにごり成分をかき混ぜると・・・ 

ほらね! にごったでしょ(^^♪ 

2013011209IMG0248.jpg

このお湯、スッパ渋くて肌には強烈なお湯ですが、よく温まるんですよね。

はあ~  やっぱり、仙石原のにごり湯は何度来てもいいですねぇ(^^♪



露天風呂は腰高の深さの石風呂ですが、こちらは温泉ではないそうです。

2013011210RIMG0249.jpg

一応入ってみましたが、ふうむ・・・ 1人用というところですね。

それに、露天風呂といっても、板塀で囲われていて景色は見えるわけではありません。



でも、見上げると、ちょっとみやびな赤い傘がかかっていました。

2013011211RIMG0243.jpg

落ち着いた静かな隠し湯風で、雰囲気は悪くはありません。



お湯はいつもの酸性-カルシウム-硫酸塩・塩化物泉でPH2.0です。

大涌谷に噴出する火山性ガスと天然水から造成される温泉です。

2013011212RIMG0252-1.jpg

貸切り風呂ではないのですが、ほぼ1時間の間、他には誰も来る人はなく、

実質的に私1人だけの贅沢な貸切り風呂となりました(^^♪



お風呂を出て玄関方向に向かっています。 この両側が客室のようでした。

2013011213RIMG0266.jpg

なんせ、お風呂に来る時はずっと宿の方に案内されていたので、写真は撮れなかったんです(^^ゞ

それにしても、お湯がいいのはもちろんですが、こちらの接客はすばらしいなぁと感心しました。



泊まるなら、こんなおもてなしの心あふれる静かな宿がやすらぎますよね。

2013011214RIMG0276.jpg

ということで、帰りは箱根湯本駅付近でロマンスカーと競争になりました、とさ(?)

では、皆さん、きょうはこのへんで。 どうもでした~(^_^)/~




施設名称:おくど茶寮 利休庵
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817-460
電  話:0460-84-8125
訪 問 日:平成24年1月12日
入浴料金:大人1時間1000円
U R L:http://sengokuhara.com/

東京都品川区  西品川温泉 宮城湯 (★★☆) - 2013.01.09 Wed

皆さん、こんにちは~(^O^)/  きょう私は東京に来ています。

ここは最近話題の赤レンガ駅舎が復元された東京駅です。

2013010901RIMG0190-2.jpg

いえね、東京に仕事で来たもんですから、ちょっとね(^^ゞ



丸の内南口のドーム、古代ローマパンテオン風というやつでしょうか?

( ↑ 実は、建築は詳しくないのでよくわからん(^_^;) )

2013010902RIMG0195-1.jpg

仕事が早めに片付いたので、ちょっと寄り道しようと思います(^^♪

東京から京浜東北線に乗って大井町まで行ってみます。



大井町で東急大井町線に乗り換えて1駅、下神明から徒歩5分で着きました。

2013010903RIMG0206-2.jpg

はい! 今日のリポートは西品川温泉 宮城湯からになります。

どーでもいいけど、電柱と電線がかなりわずらわしいですね(^_^;)



宮城湯はこんなビルの温泉ですが、東京都の公衆浴場ですので450円です。

2013010904RIMG0208-1.jpg

のれんをくぐって階段またはエレベーターで2階に上がります。

2階がお風呂の玄関となっていて、正面にフロントがありました。



サウナは別料金で200円ですが、私としては珍しくサウナなしです。

2013010905RIMG0220-1.jpg

2階からあらためて1階に下りると男湯、3階に上がると女湯のようですが、

この牛乳石鹸ののれんがちょっとかわいくていいですね。



脱衣場のロッカーキーはあらかじめフロントで手渡される方式でした。

2013010906RIMG0210-1.jpg

営業時間は午後3時半からで、今4時を回ったところですが、

既にお客さんはお年寄りを中心に7、8人いらっしゃいました。



こちらは沸かし湯の浴槽ですが、焼き物のタヌキが寝ていますね。

2013010907RIMG0215-1.jpg

タヌキの向こう側は水風呂で、その奥がサウナ室になっていました。

ここのサウナは特製のカギもなく、専用のバスタオルを渡されるだけです。



そうそう、タヌキの左側には3人分の寝湯もありました。

2013010908RIMG0212-1.jpg

あっ、こちらの写真はまた別の浴槽ですが、こちらのお湯はなんだろ?

あまりにも鮮やな黄緑色のお湯で、入浴剤のような匂いもしていました。



でも、壁にははっきりと「天然温泉」というプレートが貼ってありますよね。

2013010909RIMG0216-1.jpg

加温している、塩素系薬剤使用、循環装置あり、と書いてありましたが?



このジャグジーの泡プクの色をご覧ください。

ほんとにホント? これが天然温泉??

2013010910RIMG0217-1.jpg

フロント横の壁に温泉分析書があって、一応、温泉法上の温泉らしいのですが、

どう見ても私には、黄緑色の入浴剤が投入されているとしか思えませんでした(^_^;)



まあ、お湯はともかく、仕事帰りに最近ブームの温冷浴でさっぱりしましたけどね。

2013010911RIMG0221-1.jpg

それに、250円で缶ビールをいただけるというのも銭湯ならではです(^^♪

さあ、水分も補給したところで、帰りますか!  では~(^_^)/~




施設名称:西品川温泉 宮城湯
所 在 地:東京都品川区西品川2-18-11
電  話:03-3491-4856
訪 問 日:平成25年1月9日
入浴料金:大人450円(サウナ+200円)
U R L:http://www.miyagiyu.co.jp/

山梨県南アルプス市  遊・湯ふれあい公園 後楽園スポーツクラブ (★★★★) - 2013.01.06 Sun

私は今、山梨県南アルプス市の「遊・湯ふれあい公園」に来ています。

2013010601RIMG0157-1.jpg

こちらは屋内プールやトレーニングジム、フィットネススタジオもあるスポーツ施設です。



「さくらの里憩いの家」とあるのが、いかにも「らしい」公共施設です。

2013010602RIMG0171-1.jpg

後楽園スポーツクラブの名前でわかるように、(株)東京ドームスポーツが指定管理者です。



こんなふうにジムで汗をかいて、そのあと温泉という人たちで大人気のようです。

2013010603RIMG0168-1.jpg

この隣にはスタジオがあり、エアロビだかボクササイズだかの教室をやってました。



温泉の入口はその奥にありました。

2013010604RIMG0159-1.jpg

ジムの利用込みで600円、温泉だけなら400円という安さがうれしいです。



プールだって夏期は200円、温水の時期でも300円だそうです。

2013010605RIMG0165.jpg

こちらが温泉の脱衣場ですが、なんとなくスポーツ施設らしいですよね。



浴室は、例によってモワモワで、湯けむりで奥の方はよく見えません。

2013010606RIMG0164-1.jpg

円形のジャグジーの向こうに大浴槽がありました。



あの隅っこの扉はサウナ室の扉です。 そしてその手前にあるのは水風呂でした。

2013010607RIMG0163-1.jpg

こんなに安いのにしっかりとサウナに水風呂まであるとは、ホントすばらしいです!



サウナ大好きの私ですので、ついつい3回27分も汗を流してしまいました(^^ゞ

2013010608RIMG0160-1.jpg

お湯はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉でしたが、うす黄色のお湯でしたよ。



湯から出て上がってみた2階には、広い畳の休憩室もありました。

2013010609RIMG0169.jpg

以上ですが、さすがは公共! コスパに優れたなかなかすばらしい施設でした(^o^)



さてさて、こちらは、南アルプスからの帰り道、精進湖畔からみた富士山です。

2013010610RIMG0178.jpg

息を飲むような美しさに、あわてて道ばたに車を停めて撮影してみました。



そしてもう1枚、こちらは山中湖畔からです。

2013010611RIMG0185-1.jpg

富士山は、やっぱり霊峰と呼ぶにふさわしい圧倒されるような美しさでした。




施設名称:遊・湯ふれあい公園 後楽園スポーツクラブ
所 在 地:山梨県南アルプス市鏡中条3782
電  話:055-282-7610
訪 問 日:平成25年1月6日
入浴料金:大人400円
U R L:http://www.shisetsu.jp/city.minami-alps_yuyu/

山梨県甲州市  塩山温泉 宏池荘 (★★★) - 2013.01.06 Sun

笹子トンネルの事故もあったりでしばらく山梨方面に行ってなかったのですが、

新年になって最初の日曜日、久しぶりに山梨県まで走ってみました。

2013010601RIMG0138-1.jpg

やってきたのは甲州市(塩山)の温泉旅館「宏池荘」です。 



ん? こうちそう?? 

もしや、あの「宏池会(こうちかい)」と何か関係あるんですかね?  
2013010602RIMG0153.jpg

谷垣さんも来ました~、とか?( ← んなわきゃないか(^_^;) )



さあ、無駄口はいいから、さっさと入りましょ(^_^;)

だって、受付のおじさんに11時までだけどいいかね、と言われて入ったのですから。

2013010603RIMG0152.jpg

そう、入浴時間は朝7時半から11時までと午後1時から夜8時半までなんです。

あと、水曜・木曜は定休というのも押さえておかなくちゃいけませんよね。



脱衣場は棚にかごという作りで、カギのかかるロッカーはありません。

2013010604RIMG0141-1.jpg

残り20分ほどという時間でしたが、まだ3人ばかりいらっしゃるようでした。

それでは、私も、ビニール袋に貴重品を詰め込んでお風呂に行ってみます~♪



うわおっ! っと、中はモワモワですねぇ(^_^;)

2013010605RIMG0144-1.jpg

手前と奥に2つの浴槽があり、手前が冷水、奥が温浴槽でした。

冷水といっても完全な水ではなく、20何度かはあるような気がしました。



こちらの写真のほうが少しは見られるでしょうか?

2013010606RIMG0145-1.jpg

窓の外は坪庭風の庭園になっていました。



ところで、お湯はアルカリ性単純温泉ということでしたが、

かなりヌルっとしていてタイルの床も気を付けないと滑りそうなほどでした。

2013010607RIMG0149.jpg

カランのお湯も温泉できっと超軟水なのだと思いますが、

石鹸で洗った後お湯で流してもぬるぬるが全然取れませんでした♪



これは廊下にあったプレートですが、温冷浴を推奨しているようです。

2013010608RIMG0150.jpg

私も、温浴槽と冷浴槽とを行ったり来たりしましたが、ホント、サッパリしましたよ(^^♪

もっと時間があったら良かったんですが、すぐ11時になっちゃって・・・(^_^;)



休憩は別料金が必要のようですが、400円でこれならまずまずじゃないでしょうか?




施設名称:塩山温泉 宏池荘
所 在 地:山梨県甲州市塩山上於曽1959
電  話:0553-33-2033
訪 問 日:平成25年1月6日
入浴料金:大人400円
U R L:http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/139932/139932.html(楽天トラベル)

山口県山口市  かんぽの宿湯田 (★★★☆) - 2013.01.02 Wed

1月2日の朝、湯田温泉駅で足湯にちゃぷんと使って来ましたが、

ホントは、ちゃんとお風呂にも入ろうと思って来たんですよ(^^ゞ

2013010201RIMG0117-1.jpg

はい、こちら、今日の目的の「かんぽの宿 湯田」です。

こちらは自家源泉をもっているそうですから期待できますよ。



フロントで入浴をお願いすると400円ということでした。

2013010202RIMG0137-1.jpg

うん?  500円かと思っていたのですが、うれしいですね♪

でも、11時からですのでしばらくお待ちくださいとも言われました。



まだ10時40分ですが、ちょっと時間を間違えたみたいでした(^_^;)

2013010203RIMG0124-1.jpg

なので、先に大広間に行ってみました。

しかし、ここもすでにかなり大勢のお客さんがいらっしゃいました。



こちらのラウンジにもかなりの人がいらっしゃいますね。

2013010204RIMG0122-1.jpg

待つこと15分、ようやく11時前になったので、お風呂前に行ってみました。



ここには写ってませんが、この前の待ち合い椅子などには、

男女およそ10人ずつくらいの方が待っていらっしゃいましたよ。

2013010205RIMG0133.jpg

さて、オープンです。  では、私も行ってきますね♪



お客さんがいっぱいですので、写真をパシャパシャ撮る訳にはいきませんでしたが、

1枚だけ、ささっと露天風呂の様子を撮らせていただきました。

2013010206RIMG0128.jpg

いかがですか?  開放感たっぷりの庭園露天風呂です。



ツルツル感のあるなめらかなお湯はアルカリ性単純温泉で、

温泉分析書にはPH9.4と書いてありました。

2013010207RIMG0131-1.jpg

かなり人気の施設のようで、お客さんは次から次にと入ってこられますので、

十分肌もツルツルになったことだし、適当に切り上げることにしました。



でも、さすが山口県の代表的な温泉ですね、癖はないけどいいお湯でした。

2013010208RIMG0119-1.jpg

しかも、雰囲気のある露天風呂まであって400円とはすばらしいです(^^♪

以上ですが、今年もいっぱい行くぞっ、と小さくガッツしたりゆうでした~(^o^)/




施設名称:かんぽの宿 湯田
所 在 地:山口県山口市神田町1-42
電  話:083-922-5226
訪 問 日:平成25年1月2日
入浴料金:大人400円(ただし12時まで、12時からは500円)
U R L:http://www.kanponoyado.japanpost.jp/yado/yuda/

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。