2012-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都大田区  第二日の出湯 (★★★) - 2012.11.24 Sat

昨日に引き続いて、今日も午後遅くから東京の温泉銭湯めぐりです。

ここは、JR蒲田駅西口近くのすずらん通り商店街ですが・・・

2012112401RIMG0578-1.jpg

なぜか、漫画750ライダーのフラッグがあったりしました。

(帰宅後調べてみたら、要するにご当地出身ということらしいです。)



そのすずらん通りを右に折れて、5、6分トコトコ歩いてやってきました。

2012112402RIMG0582-1.jpg

こちらの地味で古めかしい(?)のが大田区西蒲田の黒湯温泉、第二日の出湯です。

なぜ「第二」かということですが、区内に別に日の出湯というのがあるからだそうです。



売りは昭和の懐かしい趣ということで、映画のロケや撮影にも時々使われるそうです。

2012112403RIMG0583.jpg

のれんをくぐると、9月までのNHKの連ドラ「梅ちゃん先生」のポスターがありました。

さすが、ご当地! 「梅ちゃん先生」も終戦後の蒲田が舞台だったですもんね。



ん? ・・・てか、もしかすると、ここでロケもやったかもしれませんね。

2012112404RIMG0584-1.jpg

でも、脱衣場は・・・ 昭和というよりずっと新しい感じです。



お風呂は、正面の壁際に3つに分かれた浴槽があり、いちばん右が黒湯でした。

正面のペンキ絵がなかなかいい雰囲気です・・・が  あれ??

2012112405RIMG0589-1.jpg

これは、ひょっとして、 「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」では?!

やはり、そうでした!  隅っこに「立山連峰を望む・・・」と書いてありました。



ここが映画のロケにでも使われたんでしょうかね? うーん、謎ですが・・・

2012112406RIMG0596-1.jpg

あ、温泉リポートしなくちゃ(^_^;)  ・・・えっと、こちらは露天風呂です。



ただし、この露天風呂、月の前半は女湯に、月の後半は男湯になります。

はい! 一応、私、事前にちゃんと調べて来てるんですよ(^^ゞ

2012112407RIMG0597-1.jpg

露天風呂から見える庭の池にはコイが泳いでいたりしますが、

この庭の雰囲気はちょっと古臭くて昭和の雰囲気がありますよね。



露天風呂を反対側からもう1枚撮ってみました。

2012112408RIMG0592-1.jpg

黒湯は透明度は10cmほどで、微かにモール臭があり少しヌルっとしています。

分析書は見当たりませんでしたが、ナトリウム-炭酸水素塩泉あたりかと思います。



お風呂上がりに缶ビールをいただけるというのも銭湯のいいところですよね(^^ゞ

2012112409RIMG0600-1.jpg

しかも350ml缶が250円ですから、さすが庶民の味方です。

缶ビールを飲みながら、もしかして堀北真希ちゃんも来たかも・・・

なんて想像しながら、プハァ~ッ! ・・・と、やっぱコレだな!(^^♪




施設名称:第二日の出湯
所 在 地:東京都大田区西蒲田6-5-17
電  話:03-3731-7761
訪 問 日:平成24年11月24日
入浴料金:大人450円
U R L: http://www.hinodeyu.net/
スポンサーサイト

東京都江戸川区  乙女湯温泉 (★★★☆) - 2012.11.23 Fri

勤労感謝の日、朝から昼過ぎまで都内でちょっとした用事があったんです。

そいつを済ませた後、その足で地下鉄に乗って都営船堀駅まで行ってみました。

2012112301RIMG0550-1.jpg

船堀はもう少し行けばすぐ千葉県で、東京のいちばん東の方にあたります。

着いた時駅の外は、強くはありませんが傘なしでは歩けない小雨模様でした。



その小雨の中を約10分、てくてく歩いて行ったのがこちらの「乙女湯温泉」です。

2012112302RIMG0553-2.jpg

ま、特にどうと言うこともない外観ですが、名前がいいじゃないですか(^^ゞ



玄関をあけると両側に靴箱がならび、その奥がフロント式の受付になっていました。

こちらは東京都の公衆浴場ですので、入浴料金は公定の450円です。

2012112303RIMG0567-1.jpg

でも、公衆浴場には珍しく、入浴券は自動販売機で購入する方式です。

サウナもあるのですが追加400円ということで、今日はやめときました(^_^;)



ということで、さっそく入った脱衣場ですが・・・

2012112304RIMG0557-1.jpg

それほど広くはありませんがきれいですし、大きめのロッカーもいいですね。



お風呂の種類は意外とたくさんあり、ジェットやリクライニングバス、

強力なマッサージや座風呂、それに電気風呂までありました。

2012112305RIMG0561-1.jpg

こちらは黒湯の温浴槽で、ご覧のとおり一部ジャグジーになっています。

露天ではないのですが、雰囲気は4分の1露天(?)といった趣です。( ← って?(^_^;))



あちらに見えるのも黒湯浴槽ですが、これは冷水でした。

2012112306RIMG0562.jpg

透明度は約10cm程度で、モール臭とヌルッとした感触の典型的な黒湯のようでした。



さらに階段の上にあったのが、こちらのヒノキのお風呂です。

こちらのお湯は、ご覧のとおりけっこう透明度がありました。

2012112307RIMG0559.jpg

ところで、サウナは別エリアでしたのでそちらの様子はわかりませんでしたが、

専用のパウダールームがあるのだけは見えました。



でも、私には、各種のいろんなお風呂と冷温2つの黒湯を往復するだけで十分満足できましたよ。

2012112308RIMG0565-1.jpg

湯上がりの後には、フロント横にあるこのドリンクコーナーがうれしいです。

生ビールのほか、チューハイ、お酒、それにおつまみも各種ありました。



以上ですが、乙女湯温泉は、向かい側も含めて15台くらい車が停められます。

2012112309RIMG0568-1.jpg

でも、こういうところは、絶対電車で来るに限るなあと思いながら、

また、帰り道のコンビニでビールを買っちゃったりなんかして・・・ フフフ~ン(^^♪




施設名称:乙女湯温泉
所 在 地:東京都江戸川区船堀7-3-13
電  話:03-3689-1854
訪 問 日:平成24年11月23日
入浴料金:大人450円(サウナは別に400円)
U R L:http://www4.ocn.ne.jp/~otome613/

東京都奥多摩町  松乃温泉 水香園 (★★☆) - 2012.11.19 Mon

まっ赤に燃える紅葉が美しい、奥多摩の「松乃温泉水香園」に行ってみました。

こちらは多摩川の源流近くで、3000坪の広大な庭園を持つ温泉旅館です。

2012111901RIMG0486.jpg

あの下に見えるのが温泉でしょうか? と思ったら、受付け棟でした。

入浴をお願いすると、ちょうどお昼なのですいてますよ、とのことです。



きょうは、入浴付きの昼食会席で団体のお客さんがいらっしゃるのだそうです。

2012111902RIMG0514-1.jpg

あの1番奥の建物が教えてもらった温泉棟でした。

いやあ、それにしても、紅葉がホントきれいですね。



脱衣場もしっとりと落ち着いた和の雰囲気があります。

2012111903RIMG0492-1.jpg

お客さんは、聞いたとおり、他には誰もいらっしゃいませんでした。



なので、きれいな石タイル張りの浴室の写真を撮らせていただきました。

お風呂はこれ1つなのですが、8人くらい浸かれる広さがあります。

2012111904RIMG0497-1.jpg

お湯は・・・  おおっ! これは、なかなかですよ!

ツルツル、ヌルヌルで、肌にとっても柔らかいお湯です。



湯船の底もヌルーリとして、浴室のタイルも気を付けないと滑ります。

2012111905RIMG0495-1.jpg

お風呂を反対側からも写してみました。

立ちのぼる湯気もあったかそうでしょ?



窓の外には多摩川の上流と、そして対岸には深い森が見えます。

2012111906RIMG0506-1.jpg

まるで、この温泉のための景色のようで、実際は写真以上にきれいでした。



お湯に肩まで浸かって窓の外を眺めてみました。

はあ~・・・  肌に柔らかなヌルっとしたお湯に包まれて心地よいひとときでした。

2012111907RIMG0508-1.jpg

脱衣場にあった温泉分析書によると、お湯はアルカリ性単純イオウ冷鉱泉だそうです。

PH9.9とのことで、ツルツル、ヌルヌルのはずですよね。



無色透明、無味無臭と思いましたが、分析書には微硫化水素臭がするとありました。

2012111908RIMG0510-1.jpg

これは、脱衣場の鴨居に掛かっていた「松乃温泉の由来」なるものです。

へえ~  大正末期からなんですね。 ふむふむ、夢枕に仙人がね・・・



園内の通路脇にはこんな記念碑も建っていましたよ。

2012111909RIMG0515-1.jpg

なるほど~ 庭が広くて風情があるとは思いましたが、相当格式ある旅館なんですね。

だったら、お風呂1つで1000円というのも仕方ないのですかね。



さて、最後は、まっ赤に燃えるモミジを背景にしていつものように記念撮影です。

2012111910RIMG0520-1.jpg

って、おいおい、いくら紅葉がきれいだからって、こっちにお尻向けちゃって、まあ・・・(^_^;)

ということで、全体的に悪かないけど、やっぱり私にはちょっと高いかなぁ・・・(^_^;)




施設名称:松乃温泉 水香園
所 在 地:東京都西多摩郡奥多摩町川井640
電  話:0428-85-2221
訪 問 日:平成24年11月19日
入浴料金:大人1000円
U R L:http://www.suiko-en.com/index.html

東京都奥多摩町  玉翠荘 (★★☆) - 2012.11.19 Mon

月曜日が休みになったので、朝から東京の奥多摩へと車を走らせました。

奥多摩町は「東京」とはいえ、山奥深い多摩川の源流の町です。

2012111901RIMG0447-1.jpg

これは町営氷川駐車場近くの赤い鉄橋の上からの眺めですが・・・

おっ? あれみたいですね! あの白い建物が本日の目的の「玉翠荘」のようです。



で、さらに歩いてまわり込んで、こちらが正面玄関です。

2012111902RIMG0482-1.jpg

あ・・・ 駐車場はこちらにもあったんですねぇ。

私、かん違いして町営の有料P(700円)に入れてしまいました、ヤレヤレ(^_^;)



ま、気を取り直して・・・(^_^;)  おはようございます~

2012111903RIMG0477-1.jpg

こちらで入浴をお願いすると、料金は750円ということでした。



私が今朝の1番乗りだそうで、こっちの方が雰囲気がいいからと、

いつもは女湯になっている方に入れていただけることになりました。

2012111904RIMG0474-1.jpg

脱衣場には柔らかい秋の日ざしが差し込んでいました。



そうそう、川に面した傾斜地に建っているということで、

このお風呂のある階は玄関フロアから3階分くらい下りたところでした。

2012111905RIMG0475-1.jpg

石造りのお風呂は3人がいいところで大きくはありませんが、

確かに、渓谷に面した大きな窓が開放感があっていい雰囲気です。



窓から下のほうを眺めてみました。

2012111906RIMG0469.jpg

手前の枝葉がわずらわしい気もしますが、目隠しにもなっているのでしょうね。



右手やや上を見上げると、先ほど通った鉄橋が見えています。

観光客がぞろぞろと歩いていて、こちらのほうを眺めている人もいるようです。

2012111907RIMG0462.jpg

う~む、あまり乗り出すと覗かれちゃいそうですね(^_^;)



あまり変わり映えしませんが、違う向きでもう1枚撮ってみました。

ふう~、のどかな平日朝の1番風呂にのんびりと1人で浸かるって、いいですね~♪

2012111908RIMG0460-1.jpg

お湯自体は無色透明、無味無臭で、あまり特徴は感じられませんでした。



脱衣場の隅にあった貼り紙には、奥多摩温泉、フッ素泉、40℃・・・

また、温泉の供給不足を補うため加水、消毒、と書いてありました。

2012111909RIMG0471-1.jpg

以上、朝のさわやかな1番風呂をいただいた玉翠荘でしたが、

内湯が1つだけですから、リポートはいたって簡単です。

リポートの内容はないよ~♪  なんて、朝から浮かれちゃって、まあ・・・(^_^;)




施設名称:玉翠荘
所 在 地:東京都西多摩郡奥多摩町氷川160
電  話:0428-83-2363
訪 問 日:平成24年11月19日
入浴料金:大人750円
U R L:http://www.gyokusuisou.com/index.html

神奈川県箱根町  ホテル箱根アカデミー (★★★★☆) - 2012.11.18 Sun

※ 平成26年1月をもって閉館しました(T_T)


11月18日の午後、芦ノ湖近くの「ホテル箱根アカデミー」を訪ねてみました。

なぜ「アカデミー」なのかは、コンセプトが研修やセミナー向けだかららしいです。

2012111801RIMG0399-1.jpg

大きな会議室やセミナールームにプロジェクターなども用意されているそうです。



研修にもセミナーにも縁のない私ですが、温泉があると聞けばどこへでも出没します(^^ゞ

ということで、さっそくいつものように温泉リポートを始めま~す!

2012111802RIMG0402.jpg

まず時間ですが、午後1時から5時までが日帰りタイムとなっています。

料金は、箱根としてはまずまずお手頃な850円です。



こちらが脱衣場です。( ← って、見ればわかりますよね(^_^;) )

2012111803RIMG0405-1.jpg

この反対側にはちゃんとコインリターン式のロッカーもありました。



手前に見えるのはジャグジー浴槽で、奥のは10人以上の大きな浴槽です。

大きなガラス窓の向こうには露天風呂があるようですね。

2012111804RIMG0419-1.jpg

お湯は無色透明、無味無臭で、少しキシキシするさっぱり系のお湯でした。



露天の岩風呂は周囲の雰囲気もいいですし、なかなか大きいですよ。

20人以上が、ゆうに入れそうな広さがありました。

2012111805RIMG0410-1.jpg

お湯はカルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉ということで、

かなり複雑で覚えにくい泉質です(^_^;)



もう1枚!  うん、まずまずきれいに撮れました(^^)v

2012111806RIMG0417-1.jpg

この他、嬉しいことに、3人程度と小さめですがサウナもあったんですよ。

でも、時間がまだ早いせいか、70℃ほどでそんなに熱くありませんでした(^_^;)



それでも箱根でサウナがあるって、それだけでかなりポイント高いです。

2012111807RIMG0429-1.jpg

それに、ホテルですが、日帰り客のために和室の休憩室も用意されています。

衝立に座椅子まであっていい雰囲気でしょ? こちらも誰もいらっしゃいませんでした。



休憩室の窓ガラスの向こうに芦ノ湖と外輪山が一望できました。

2012111808RIMG0427-1.jpg

以上、とっても簡単ですが、芦ノ湖近くの「ホテル箱根アカデミー」のリポートでした。

いかがでしたか? 私はかなりいい感じだと思いましたよ(^^♪



さて、温泉の後は例によって仙石原のススキ観察に行きました。

2012111809RIMG0433-1.jpg

行楽シーズンの日曜日ですので、駐車場はどこも満車みたいでした。

でも、ホントにいい色になってますよね。   >>平成24年10月24日の仙石原はこちら>>



それからさらに、いつものお店のいつもの坦々麺4番(750円)です。

2012111810RIMG0440.jpg

私は箱根ではほとんどいつもこれをいただきますが、

いつ食べてもとろみのついた挽き肉たっぷりの激辛めんはおいしいですよ。



そして、本日の最後は、日本防火・危機管理促進協会版の2012年秋の剛力彩芽ちゃんです。

2012111811RIMG0227.jpg

あ、でも、これ、ホテル箱根アカデミーにあった訳じゃないんです。

この際ドサクサに紛れて、ついでに出してみました。 えへへっ・・・(^^ゞ




施設名称:ホテル箱根アカデミー
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町湖尻160
電  話:0460-84-7811
訪 問 日:平成24年11月18日
入浴料金:大人850円
U R L:http://www.hakone-academy.jp/index.php

神奈川県箱根町  かんぽの宿 箱根 (★★★☆) - 2012.11.18 Sun

かんぽの宿箱根は、芦ノ湖から大涌谷に向かう県道735号の途中にあります。

行楽シーズンの日曜日は、大涌谷を目指す車で上り車線はまったく動きません。

2012111801RIMG0370-1.jpg

なので、私は仙石原から抜け道を通り、県道を逆に途中から降りてきました。

かんぽの宿の玄関横には郵便ポストがあります。( ← さすが、かんぽの宿ですね(^^ゞ )



フロントで入浴をお願いすると、料金は800円とのことでした。

2012111802RIMG0390.jpg

こちらは、ちょっと注意が必要ですが、日帰りはいつでもという訳ではなく、

土日祝日の11時から15時の間だけしかやっていません。



私も以前平日に来て、ありゃりゃ・・・ と思ったことがありました(^_^;)

2012111803RIMG0375.jpg

今日は、時間のほうもまだ12時15分ですから、オッケーです(^^)v

あ、ちなみに、800円にはかんぽの宿の名入りタオルも付いていましたよ。



さて、お風呂は、こんなに広々とした明るいガラス張りの浴室でした。

2012111804RIMG0377-1.jpg

ちょうど私が入るのとほぼ入れ違いに1人お客さんが出ていかれて、

その後この広いお風呂を、私はずっとひとり占めでした(^^♪



この大きな浴槽は天然温泉で、10人以上も入れる大きさです。

2012111805RIMG0383-1.jpg

奥のはジャグジー浴槽ですが、こちらは水道水を沸かしたものだそうです。

誰もいなかったので、行儀悪いですが、大の字になって寝転んでみました(^^ゞ



10分か15分か、思わずまどろんでしまいそうなほどの心地よさでした。

2012111806RIMG0378.jpg

こちらは露天風呂ですが5~6人程度の広さです。

肌を流れる空気が冷たくて、箱根はもうすっかり晩秋の気配です。



無色透明のお湯は単純温泉ですが、PH3.6と書いてありました。

2012111807RIMG0386-1.jpg

酸っぱいかと思いましたが、舐めても酸っぱくもなく無味無臭でした。



ということで、なんだかんだと1時間近くまったりして(ねころんで?)、

そろそろ帰るかなぁ、というところでお風呂を出ました。

2012111808RIMG0391-1.jpg

こちらには休憩室はありませんが、ロビーのラウンジでひと休みできます。

折しも横浜で開催されている「横浜国際女子マラソン」のライブが流れていました。



このラウンジのガラス窓越しにちょっと見えているのは芦ノ湖です。

2012111809RIMG0392-1.jpg

この右の方には富士山も見えるらしいですが、雲が多くて今日はだめでした。

お土産物も販売していましたので、私は定番の温泉まんじゅうを買いました。



さあて、では外に出て、帰る前に記念撮影です(^^♪

2012111810RIMG0397-2.jpg

以上、箱根で800円はお手頃な値段ですし、まずまずじゃないでしょうか。

それに、ずっと1人でしたので、思う存分のんびりさせていただきました。




施設名称:かんぽの宿 箱根
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根159
電  話:0460-84-9126
訪 問 日:平成24年11月18日
入浴料金:大人800円
U R L:http://www.kanponoyado.japanpost.jp/yado/hakone/

神奈川県厚木市  七沢温泉 福元館 (★★★) - 2012.11.17 Sat

先週、小田急電車に乗ったついでに、わざわざ本厚木駅まで行き、

街の中で「厚木時間」というフリーペーパーを探しました。

2012111701RIMG0320-1.jpg

歩きまわって、とある不動産屋さんの店先で見つけたのがこれです。



で、だから、フリーペーパーがいったい何?  と言われそうですが、

今月号に厚木市にある七沢温泉の日帰り割引クーポンが付いてるんですよ~(^^♪

2012111702RIMG0291-1.jpg

ご覧のとおり、このどちらの旅館でも大人700円になります。

教えて下さったのは、厚木在住の神奈川のあったか湯のオレンジさんでした(^^♪



有効期限が11月いっぱいということなので、早速今日、午後から車で来てみました。

2012111703RIMG0322.jpg

私の家からちょうど30kmほどなんですが、今日は道路が混んでました~(^_^;)

しかも、途中どしゃ降りだったりして・・・ ふう~(^_^;)



さて、本日紹介するのは、こちらの「七沢温泉 福元館」です。

2012111704RIMG0324-1.jpg

送迎用のマイクロバスが停まっていることを除けば、

見た感じは、せいぜいちょっと大きめの普通の民家という雰囲気です。



こんちは~!

2012111705RIMG0350.jpg

ということで、「厚木時間」を見せて、700円にしていただきました(^^♪

ただ、男湯には露天風呂はないですがいいですか、とのことです(^_^;)



女湯には露天風呂があるそうですが、利用状況で交替なんだそうです。

2012111706RIMG0327.jpg

廊下の突き当たりを左に行ってください、と案内された今日の男湯です。

露天風呂がないのは残念ですが、今日はおばさんたちの団体でもあるんですかね(^_^;)



仕方ないので、ともかく、今日の男湯をご紹介します。

2012111707RIMG0344-1.jpg

脱衣場には棚とかごだけでカギのかかるロッカーはありませんでした。



浴室は、10人ほども浸かれそうな大きめの浴槽が1つありました。

外は冷たい雨の日でしたので、お風呂にはこんなに湯気がこもっています。

2012111708RIMG0337.jpg

これでも、カメラのレンズを何度もぬぐってみたんですよ(^_^;)



でもこのお湯、不思議なお湯で、カランから出てくるお湯がツルツルなのです。

特に石鹸と反応して、洗った後の肌がほんとにツルツルになります。

2012111709RIMG0336.jpg

肌寒い一日でしたが、おかげさまで、じっくりお湯に浸かって身体の芯からしっかり温まりました(^^♪

これから冬に向かって、ホント、ますます温泉がいいですよね(^^♪



温泉分析書にPH10.0とありましたので、なるほど~、かなりの強アルカリ性ですよね。

2012111710RIMG0326-1.jpg

こちらは廊下のガラスに貼ってあった2011年版の山本舞香ちゃんです♪

( ↑ 興味ない人にはどーでもいいと思いますが(^_^;) )



私が帰る頃、泊まり客の方でしょうか、ご夫婦らしい2人連れが到着されました。

2012111711RIMG0352.jpg

この七沢温泉の福元館ですが、そう言えばこちらは、その昔、

あの小林多喜二が泊まりにきたこともあるそうですよ。  ほら、あの蟹工船の・・・



お風呂に入っている間に、マイクロバスも送迎で出かけたようですね。

2012111712RIMG0356.jpg

そうこうしているうちに、雨足がいっそう強くなってきましたので、そろそろ帰りますね!

どうだろ? 1時間で帰れるかなぁ・・・ ともかく、皆さん、さようなら~(^.^)/~




施設名称:七沢温泉 福元館
所 在 地:神奈川県厚木市七沢2758
電  話:046-248-0335
訪 問 日:平成24年11月17日
入浴料金:大人1000円
U R L:http://gold.zero.jp/thattori.13.e7/index.htm

神奈川県座間市  湯快爽快 ざま (★★★) - 2012.11.10 Sat

小田急海老名駅では電車が接近するたびにいきものがかりのSAKURAが流れます。

それを聞きたくて、わざわざ電車に乗って小田急海老名駅に行きました。(←ホントかね(^_^;))

2012111001RIMG0274-1.jpg

そのついでに海老名から2駅先の相武台前まで行き、歩いて温泉に寄ってみました(^^ゞ

こちらは神奈川県座間市にある「湯快爽快ざま」です。



湯快爽快グループは、首都圏で7店を展開する日帰り温泉チェーンです。

2012111002RIMG0276-1.jpg

私としては、「たや」「ちがさき」「くりひら」に続いて4店目となりました。



でも、1日料金だと平日でも1400円、土日なら1700円もするんです。

「たや」「ちがさき」は平日なら700円ですし、「くりひら」でも900円です。

2012111003RIMG0277-1.jpg

なもんで、ちょっとねぇ・・・ と、これまで二の足を踏んでいたのですが、

1時間券があるというので、今回、取材させていただくことにしました。



きょうは土曜日でしたので、1時間券でも580円(平日は480円)でした。

2012111004RIMG0282-1.jpg

それでは、時間が限られているので、まずはお風呂に行ってきま~す!



が、お風呂の中は・・・

さすがに、日帰り温泉チェーンだけあって、お客さんは少なくありません。

2012111005RIMG0280-1.jpg

なので、今日はとても写真を撮る状況ではありませんでしたが、

打たせ湯のある露天風呂のかがり火(ふう)の灯りがいい感じでしたので・・・(^^ゞ



こちらは、もらってきたパンフレットからの紹介です。

2012111006img013.jpg

お湯は、ぬるべとの黒褐色のお湯でした。

暗いため透明度はよくわかりませんでしたが、10cm程度かと思います。



温泉分析書にはナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉でPH8.0とありました。

2012111007RIMG0281-1.jpg

浴室も露天もそれほど広いとは言えませんが、各種のお風呂がそろっています。

もちろんサウナも水風呂もありました。



時間のこともありますので、サウナはきょうは1回12分だけにしておきました。

2012111008RIMG0287.jpg

以上、1時間のカラスの行水でしたが、外に出るとすっかり日が暮れていました。

やっぱり、こういうところは1時間じゃもったいない感じですね(^_^;)




施設名称:湯快爽快 ざま
所 在 地:神奈川県座間市広野台1-48-25(カレスト座間正門西)
電  話:046-254-1126
訪 問 日:平成24年11月10日
入浴料金:大人平日1400円(土休日1700円)
     2時間券平日800円(土休日1000円)
     1時間券平日480円(土休日580円)
U R L:http://www.yukaisoukai.com/zam/index.html

神奈川県川崎市  祇園湯 (★★★) - 2012.11.03 Sat

文化の日、仕事を早めに片付けて、午後3時半過ぎ、元住吉に行ってみました。

東急東横線元住吉駅の西口には、こんな像が建ってるんですよ。

2012110301RIMG0239-1.jpg

そうです、あのグリム童話の「ブレーメンの音楽隊」の像なんです。



ここから始まる通りは、その名も「ブレーメン通り」と名付けられ、

この商店街は「モトスミ・ブレーメン通り商店街」だそうです。

2012110302RIMG0241-1.jpg

以前は、元住吉西口商店街という、いたって平凡な名称だったそうです。



昭和60年に中小企業庁の「コミュニティマート構想モデル商店街」に指定され、

中世ヨーロッパ風の街づくりをテーマに建設されたということです。

2012110303RIMG0244-1.jpg

平成3年には、ドイツ・ブレーメン市のロイドパサージュ商店街と、

友好提携の合意も交わしたとか・・・ アウチッ、舌かんだ(^_^;)



今日は、そのブレーメン通りから北へ5分ほどの銭湯を訪ねてみました(^^ゞ

2012110304RIMG0247-1.jpg

こちらは、川崎市中原区の公衆浴場「祇園湯」です。

水色の建物の壁には、大きな文字の「ゆ」という横幕がありました。



おっと~! これは2012年度版の三吉彩花ちゃんですね(^^♪

2012110305RIMG0249.jpg

隣はJ1川崎のMF、大島僚太選手の応援ポスターです。

お風呂屋さんだけに、フロンターレを応援してるという・・・ うひょ~う)^o^(




えっと、ところで、お断りしておきますが、こちらは温泉ではないんです(^_^;)

2012110306RIMG0252-1.jpg

でも、草津から取り寄せた湯の花を使用した「草津湯」というのと、

超軟水(?)を使用したというお風呂に興味があったので来てみたのです。



この白く見えているのが「草津湯」です。

2012110307RIMG0253-1.jpg

おお~っ! これは確かに草津の湯でした。 しかもぬる湯でずっと入ってられます♪

それに、ふむふむ・・・ 強くはありませんが、微かに硫黄臭もしています。



でも、超軟水というのは、最初はなんだかよくわからなかったんです。

2012110308RIMG0254-1.jpg

が、ボディソープで身体を洗った後のヌルヌル感にはビックリしました。

ヘタなアルカリ性単純温泉などより、ずっとずっとヌルヌルでした。



その他には、「ガリウム石温浴泉」というお風呂もありました。

2012110309RIMG0255-1.jpg

小部屋になっていましたので、ラドン温泉の類いではないかと思います。

ここのお風呂の、熱いこと熱いこと! 湯温計は50℃を指していました。



でも、なんとか、むんぐぐぐ・・・ と20秒くらい浸かりましたよ(^_^;)

2012110310RIMG0258-1.jpg

このポスターは玄関前の自販機のサイドに貼ってありました。

今年の最新版、秋の全国火災予防運動のポスターは能年玲奈ちゃんです(^^♪



外に出ると、秋の空はもうすっかり暗くなりつつありました。

2012110311RIMG0259.jpg

ということで、自然の温泉ではありませんでしたが、草津の湯もあったり、

ヌルヌルの超軟水風呂もあったりで、悪くはありませんでしたよ(^o^)



電車ですから、缶ビールもゴキュゴキュッといただけますし・・・(^^♪

2012110312RIMG0262.jpg

夜になって、ライトアップされたブレーメン商店街をぷらぷらと歩きました。

さあ、また、電車に乗って帰りますかね~  今日もいいお湯でした~(^o^)




施設名称:祇園湯
所 在 地:神奈川県川崎市中原区木月祗園町5-26
電  話:044-422-5774
訪 問 日:平成24年11月3日
入浴料金:大人450円
U R L:http://www.gionyu.com/index.html

神奈川県横浜市  ヨコヤマユーランド鶴見 (★★★) - 2012.11.02 Fri

2か月以上前に購入した「ヨコヤマユーランド鶴見」のクーポンです。

通常は1400円、バスタオル・館内着付きだと1800円もします。

2012110201img012-12.jpg

それが、バスタオル・館内着、それに1ドリンク券まで付いて800円(!)

だったので、ついつい、夜中にクリックしちゃったんです(^_^;)



そろそろ使わないと忘れちゃいそうだなぁ・・・

2012110202RIMG0223.jpg

ということで、金曜日の午前中、時間ができたので出かけてみました。



高いし、名前からしていかにも「健康ランド」的な感じなものですから、

クーポンでもなければ、私はあまり行かないタイプの施設です(^_^;)

2012110203RIMG0221-1.jpg

玄関を入りこちらの受付でそのクーポンを出すと、

引き換えに「入浴セット券」と「ドリンク券」をいただきました。



お風呂は2階、レストラン(食事処)は3階になっているそうです。

2012110204RIMG0219.jpg

2階のお風呂入口にまた、受付があり、そこで入浴セット券を出すと、

タオル・バスタオル、館内着、それとロッカーキーを渡されました。



お風呂は、温泉を利用したヒノキのあつ湯とぬる湯、白湯とジェットバスがありました。

2012110205RIMG0218-1.jpg

これは温泉のあつ湯浴槽ですが、濁りのない茶色いお湯でした。

金曜の10時半頃ですので、まだお客さんはそんなに多くはありません。



こちらは露天の温泉浴槽ですが、これが色合いがよくわかりますね。

2012110206RIMG0216.jpg

ご覧のとおり茶色いですが、透き通っていてしっかり底が見えています。

塩分の濃いナトリウム-塩化物泉ですが、味はなかなかでしたよ(^^ゞ



寝ころび湯が見えますが、その向こう側にはつぼ湯もありました。

2012110207RIMG0217.jpg

もちろん、私の大好きなサウナと水風呂もありましたよ。

ヒノキのいい香りのするサウナ室で、4回42分ほど汗を流してきました(^^♪



ということで、約2時間まったりした後、3階の食事処に行ってみました。

2012110208RIMG0220.jpg

で、ドリンク券で、早速失った水分を補給したのでした(^^ゞ



さらに上階のほうには宴会場もあるらしく、健康ランド的ではありますが、

平日ですいていたこともあってか、思ったより快適に過ごせました。

2012110209RIMG0222-1.jpg

でも、通常料金だったとしたら、私にはちょっとキツイですね・・・

それに、よく考えたら、私にはバスタオルや館内着は不要なものでした(^_^;)




施設名称:ヨコヤマユーランド鶴見
所 在 地:神奈川県横浜市鶴見区下末吉2-21-2
電  話:045-585-1126
訪 問 日:平成24年11月2日
入浴料金:大人1400円(90分コース800円)
U R L:http://www.yu-land.net/

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。