2012-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県箱根町  金時山荘 (★★★) - 2012.09.29 Sat

皆さん、こんにちは~♪

私はいま、箱根仙石原で、いつものススキの定点観測をしています。

2012092901RIMG0097-1.jpg

高原の仙石原は、もうすっかり秋色になっていました。

前回(8/26)から比べると、1か月でずいぶん色合いが変わりましたよね。

>>平成24年8月26日の仙石原はこちら>>



でも、ホント、秋はススキがいいです♪

2012092902RIMG0100.jpg

コーン! とか・・・ いないかな?

( ↑ 去年も同じこと言ったような気が・・・(^_^;) )



でも、こんなススキ野原に来ると、子どもの頃遊んだ田舎の原っぱを思い出します。

ああ、あの頃が懐かしいなぁ・・・



あれっ?? もしかして・・・

そうか! だから、私、ずっと仙石原のススキに惹かれてたんですね、きっと!

これって、原体験ってやつかもしれません!

( ↑ 今ごろ気付いたけど、でも、他の人にはどーでもいいか(^_^;) )



9月最後の土日ですから、ススキ原の中を歩く観光客の列ができていました。

ほらっ! ・・・って、写ってないや・・・

2012092903RIMG0099.jpg

この写真よりも右のほうが散策ルートになっているんですよ(^_^;)

温泉リポーターをやってると、つい反射的に人がいないほうにカメラが向きます(^_^;)

( ↑ おいおい、言い訳はいいから早く、次っ!(^_^;) )



えへへっ、でも、もう1か月くらいすると、一面黄金色にそよぐ見頃になると思います。

私もこの次は子どもの頃に戻った気分で、ススキの中を歩いてみようかな・・・



ということで、以上でススキは終わり、サクッと場面転換します(^^ゞ

ススキ観察の後は、お約束の(?)温泉タイムです~(^^ゞ



きょうは、乙女峠に向かう箱根裏街道(R138)沿いの金時山荘に行ってみました。

2012092904RIMG0121-1.jpg

道路のほぼ反対側には以前来たことのある「乙女山荘」がありました。



玄関を入って、出てこられた女性(女将さん?)に入浴をお願いしてみると、

今ちょうど4人入っているので、10分ほど待ってもらえますか、とのことでしたが、

10分ならということで、私は上がって待たせていただくことにしました。



入浴料金は700円とのことでした。

2012092905RIMG0104.jpg

ふつうの家のリビングみたいで、雰囲気が家庭的で気の置けないいい感じです。

女将さん(?)が私のためにつけてくださったテレビでは、日本女子オープンをやってました。



あちらの食堂のテーブルの上は、今晩の宿泊客用でしょうか? 

2012092906RIMG0102-1.jpg

10人分くらいの食事の準備がされているところでした。

内装はこぎれいにリフォームされています。

階段の上には宿泊室があるみたいですね。



待つこと10数分、その4人の方が出て来られたので入れ替わりに入りました。

2012092907RIMG0107-1.jpg

見ると、皆さん明らかに、この先の金時山から降りて来たような格好の人たちでした。

山荘というくらいですから、山歩きのペースに利用する方が多いのですね。



さて、その浴室ですが、浴槽は4~5人入れますが、カランは3つだけでした。

2012092908RIMG0108-1.jpg

なるほど、だから、ちょっと待って、と言われたんですね。

おかげさまで、私一人でしばらくのんびりと湯を使わせていただきましたよ(^^♪

どうもありがとうございました。



お湯は、単純温泉ですがPH3.6と書いてありました。

酸性の単純温泉は、案外めずらしいですよね。

2012092909RIMG0112.jpg

無色透明ですが、ツルツル感があると感じたのは酸のせいでしょうか?

ただ、匂いや味は特には感じられませんでした。



帰る頃、また5~6人、山から下りてきたらしいグループがいらっしゃいました。

みんな、ワイワイガヤガヤ、楽しそうです。

2012092910RIMG0120-1.jpg

今晩、この人たちが宿泊されるのかもしれませんね。

こんなアットホームな雰囲気で、仲間同士で晩御飯を食べるとおいしいでしょうね。

私も一緒に食べたかったなあ~ ・・・なんてね(^^♪



以上、うらやましいけど、団体行動の苦手な温泉リポーターりゆうでした~(^_^;)




施設名称:金時山荘
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1111
電  話:0460-84-8148
訪 問 日:平成24年9月29日
入浴料金:大人700円
U R L:http://www3.ocn.ne.jp/~kintoki/index.htm
スポンサーサイト

神奈川県小田原市  天然温泉コロナの湯 小田原店 (★★★☆) - 2012.09.29 Sat

ここのところ、山梨・長野方面ばかり行っていたので、

ちょっと方向を変えて小田原のコロナワールドに行ってみました。

ここは、ずいぶん以前、CLSさんに「行ってみたら?」と勧められたことがありました。

2012092901RIMG0071.jpg

初めて行ってビックリしたのは、平置きの駐車場もとてつもなく広いのですが、

さらに向こうに立体駐車場ビルもあって、しかも立体も車がいっぱいだということでした。



その駐車場ビルを抜けるとようやくコロナワールドの入口があります。

2012092902RIMG0074.jpg

コロナワールドは、シネマ、パチンコ、ゲームセンター、カラオケ、

レストランなどのある総合アミューズメント施設で、その中に温泉もあるのです。



建物の中に入り、パチンコ店の横を進むとゲームセンターがあります。

2012092903RIMG0075.jpg

さらに奥に進んでいくと、カラオケやネットカフェもありました。

そのほかボーリング場もあるようです。

建物も、ホントにでかいです!



ようやく温泉の入口にたどり着いたみたいです。

2012092904RIMG0077-1.jpg

料金は平日なら650円なのですが、きょうは土曜日なので750円でした。



別途料金で「遠赤火窯サウナ健美効炉」というのがあるようですが、

館内着・バスタオル・タオル付きで+500円ということです。

2012092905RIMG0086.jpg

私は、ま、スタンダードでいいや、ということにしときました(^_^;)



券売機で750円の券を買ってフロントに出すと、

バーコード付きのリストバンド式ロッカーキーをいただきました。

2012092906RIMG0085.jpg

指定された番号のロッカーを使う方式ですね。

飲食などもバーコードで精算するのかな?



駐車場に車がやたらと多いので心配しましたが、

温泉はそれほどでもないようで、少しホッとしました(^^ゞ

2012092907RIMG0082-1.jpg

この浴槽は白湯と書いてありました。

その右奥はジェットバス、さらに壁ぎわに電気風呂がありました。

腰掛け湯というのもありましたよ。



こちらは露天の源泉風呂です。

2012092908RIMG0080-1.jpg

ちょっと茶色く見えますが、光の加減でヒノキの色が写ったみたいです。

実際は無色透明のお湯でした。

このほかにも、大きな露天風呂、つぼ湯、ぬる湯、替わり湯としてラムネ湯、

3人分だけですが寝転び場所もありました。



お湯はナトリウム-塩化物泉で、PH7.03とあるので、ほぼ中性です。

塩味ですが、ちょっといろいろ混ざってるようなビミョーな味でした。



でも、さすが強塩泉です、ぬる湯に浸かっていてもぽたぽたと汗が流れ落ちます。

これは、サウナと合わせて相当な脱水効果がありそうです(^^ゞ

2012092909RIMG0083-1.jpg

サウナはテレビ付きで20人くらい座れる広さがあります。

もちろん水風呂もあります。

なので、例によって4回に分けて35分、都合1.9kgほど軽くなってきました(^^ゞ



こちらは湯あがりに覗いてみた休憩室です。

2012092910RIMG0087.jpg

畳風の床に幼児の遊び場も作られています。

この人が着ているのが館内着ですね。



そのほか食事処もあります。

2012092911RIMG0089.jpg

セルフですから、私みたいに食べない人でも入りやすいですね。

それに、お風呂入ったり、食事したり、また入ったり、寝転んだりと

何時間でも何回でも、出たり入ったりできるのが嬉しいですね。



ということで、あっという間に2時間がたってしまいました。

2012092912RIMG0076-1.jpg

総合アミューズメント施設の中の日帰り温泉ですから、

風情や趣といったものは期待してはいけませんが、それはそれで快適でした。



そうそう、従業員さんの接客がしっかりしているのが随所に感じられて、

とっても気持ち良かったです。



CLSさん、やっと行ってみましたよ! 

なかなか良かったです。どうもありがとうございました~(^o^)




施設名称:天然温泉コロナの湯 小田原店
所 在 地:神奈川県小田原市前川219-4
電  話:0465-45-5671
訪 問 日:平成24年9月29日
入浴料金:大人平日650円(土日750円)
U R L:http://www.korona.co.jp/Onsen/odw/Original/index.asp?Seq=1231&SubSeq=1

山梨県大月市  日乃出鉱泉 (★★★) - 2012.09.16 Sun

甲州街道を甲府方面に向かって走り、大月ICを過ぎて2~3km行くと、

左コーナーの内側に「JAクレイン笹子川支店」が見えてきます。

そこからさらに700mほど進むと、国道の左下に「日乃出鉱泉」という看板が見えます。



ただし、よっぽど注意して見ていないと、見落とすことになります(^_^;)

いやそれより、「ふしぎな扇の舞」という不思議な看板の方が目に入りやすいです。

2012091601RIMG0050.jpg

が、今朝通った時は、なんと、「日帰り温泉」ののぼり旗が立っていました!

今までそんなものはなかったんですよ。

何十回も通ってますが、こんなことは初めてでした。



よ~し、これは帰りに寄らねば!  と心に決めて諏訪まで走ったのでした(^^ゞ

ということで、約束どおり(?)帰りに立ち寄ってみたという訳です(^^)v

2012091602RIMG0049.jpg

でも、玄関から覗いても、三連休の真ん中の昼下がりというのに、誰の気配もありません。

奥のガラス戸に「湯入口」みたいな文字が見えましたので、

一応、入れそうな感じではありましたが・・・??



何度か「こんにちは~」と呼びかけると、外から男の人が現れました。

裏で畑仕事でもされていたみたいです。

ただし、この方、留守番みたいで、今、ここの人はいないんですよと言われます。

2012091603P1000143-1.jpg

おそるおそる、のぼり旗を見たんですが、と入浴をお願いしてみると、

長靴を脱いで玄関から上がり、湯加減を見に行ってくださいました。



そして、1つしか沸かしてないので奥の女湯に入って下さい、とのことでした。

ヨカッタ~ ホッとしました!

ありがとうございます~(^^♪



女湯のガラスの引き戸を開けて入ると、中はこんな浴室になっていました。

2012091604RIMG0044.jpg

うわっ! 狭いし、レトロです。

( ↑ 期待どおり?(^_^;) )

湯船には木の板が並べてふたにしてありました。



さっそくふたを取って1枚撮ってみましたが、

お風呂はセメントの浴槽にモルタル塗りという感じでした。

2012091605RIMG0047.jpg

湯船は、よくある1.5畳タイプのシステムバスの浴槽2つ分ほどの広さで、

知らない者同士なら2人でも気まずいカンジです(^_^;)

タイルの壁には「松林の海岸から見る富士山」の小さな絵が描いてありました。



こちらは湯船に入って脱衣場方面を見たものです。

2012091606RIMG0048-1.jpg

お湯は、上は暖かいですが底のほうは少し冷たい、という微妙な湯加減でした。

湯船の壁側には上下に2つの穴があり、それが循環式の風呂焚き用の穴のようでした。



ぬるいので、しばらく目をつぶってじーっと浸かっているうちに

少しずつお湯が温かくなってきました。

お湯自体は特に色、匂いはなく、少しだけ金気味がありました。

不思議なことにじっとしていると泡つきがありました。

( ↑ 加温中だからかもしれませんが?(^_^;) )



こちらの別棟は15、6畳程度ですが、休憩室になっているようでした。

2012091607P1000145-1.jpg

ただし、誰もいらっしゃいませんでした。



そうそう、2番目の写真の玄関横の壁に貼ってある貼り紙ですが、

入浴料500円、一日入浴料が700円、うどん300円、うどん(小)200円・・・

などと書いてありました。



私、よっぽど「うどんをください」と言ってみようかと思いましたが、

留守番の男の人じゃ無理と思い、やめたのですが・・・

食べてみたかったなあ・・・(^^ゞ



帰りにはその男の人がわざわざまた表に出てこられて、

車好きらしく私の黄色いのを見て、走りはどうかとか、燃費はどうかとか、

いろいろ聞かれ、最後は上の道路まで上がって、私の車を誘導してくださいました。

お留守なのに、本当にありがとうございました~(^o^)



皆さん、いかがですか?

いつ廃業してもおかしくない(←失礼(^_^;) )ディープな日乃出鉱泉、

こういうのも、たまにはいいと思いませんか(^^ゞ




施設名称:日乃出鉱泉
所 在 地:山梨県大月市初狩町下初狩901
電  話:0554-25-6528
訪 問 日:平成24年9月16日
入浴料金:大人500円
U R L:なし
  

(※)LEさんのご指摘によりHPがわかりました。(9/30)

長野県茅野市  アクアランド茅野 (★★★★) - 2012.09.16 Sun

諏訪からの帰り、茅野市の公共施設「アクアランド茅野」に寄ってみました。

場所は中央自動車道の諏訪ICからすぐのところでした。

2012091601RIMG0042.jpg

隣には、大きな多目的ホールや研修室、和室などのあるカルチャーセンターがあり、

以前は両方合わせて雇用促進事業団の勤労者総合福祉センターだったということです。



ここはプールもあって、プールとお風呂合わせて400円という超お得なお値段です。

2012091602RIMG0037-1.jpg

ちなみにあの奥に人が立っているのがチケットの販売機のところです。

黄色いTシャツの受付の方の雰囲気から、管理は民間の指定管理者のように感じました。



さっそくですが、お風呂はこんな浴室です。

2012091603RIMG0035-1.jpg

タイル張りの浴槽が1つだけでした。

7~8人程度の大きめのお風呂でした。



上の写真の右につながっています。

2012091604RIMG0036-1.jpg

その他はサウナと水風呂というスペックでした。

サウナは15人も入れる大きなものでした。



今日の私は、サウナで軽~く6分×4セット程度にとどめ、お風呂をあがりました。

2012091605RIMG0038-1.jpg

階段を上がると、2階にはちゃんと休憩室もありました。

本を広げて勉強しているような人もいらっしゃいましたよ。



こちらは休憩室にあった温泉分析書です。

2012091606RIMG0039-1.jpg

アルカリ性単純温泉でしたが、お湯はトロリと肌にまとわるようなお湯でした。

ともかく、このお値段なら大満足ですよね(^o^)



2階の反対側にはプールの観覧室もありました。

2012091607RIMG0040-1.jpg

なになに? 「プールの写真撮影はご遠慮ください」か・・・

なるほど~ 最近、盗撮とか、怪しからんヤカラがいますからねぇ・・・

( ↑ って、アンタのことだよ(-_-メ) )



アチャッ!  ピュ~ンとな・・・(~_~;)/~~~




施設名称:アクアランド茅野
所 在 地:長野県茅野市ちの上原263番地
電  話:0266-73-1890
訪 問 日:平成24年9月16日
入浴料金:大人400円
U R L:http://www.city.chino.lg.jp/kbn/03010271/03010271.html

長野県下諏訪町  新湯 (★★★★) - 2012.09.16 Sun

ふう~っ、ここまで184kmもありました。

日曜の早朝4時出発でしたが、ここまで4時間半かかりました(^_^;)

2012091601RIMG0018-1.jpg

ということで、雲ひとつない秋晴れの朝、諏訪湖近くの共同浴場「新湯」にやって来ました。

駐車場がないので、ちょっと手前の町営御田町駐車場に停めて歩きました。



ここは朝5時30分からやっているとのことですが、

ここに限らず諏訪湖周辺の共同浴場は、みな早朝からやっているのが嬉しいです。

2012091602RIMG0026-1.jpg

しかも、入浴料金は大人220円という安さです。

地元の人は、朝から風呂桶抱えて、鼻歌でも歌いながらカラーンカラーンと・・・

そんな地元に親しまれている共同湯ですから、何人も先客の方がいらっしゃいました。



ロッカーは100円の有料でしたが、元がこんなに安いんですからね(^^ゞ

2012091603RIMG0021-1.jpg

お風呂自体はこんなタイル張りの浴槽が1つというシンプルな作りでした。

壁には富士山のペンキ絵が描いてありました。



獅子頭から注がれるお湯を眺めながら、お湯に浸かって1枚です♪

2012091604RIMG0023.jpg

はあ~ いい気持ちです~

暗いうちから起きだして、4時間半も走った甲斐がありました(^^♪

( ↑ つくづく、温泉バ〇ですねぇ・・・ヤレヤレ(^_^;) )



これは脱衣場の上にかかっていた温泉分析書なんですが、

これじゃ見えないですね、すいませんー(^_^;)

2012091605RIMG0027-1.jpg

カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉と書いてありました。

PHは8.7ということでした。

無色透明、無味無臭でしたが、硫酸塩泉系らしくさっぱりしたお湯でした。



新湯の周辺は、昭和の匂いぷんぷんのレトロな街並みです。

コインランドリースワンかあ・・・ 「三丁目の夕日」に出てきそうですね。

2012091606RIMG0017.jpg

トタン壁もボコボコでいい雰囲気が出ています。



・・・ん? 待てよ?!

もしかしたら、諏訪だから、スワンなんですかね~(^^♪

って、どーでもいいか(^_^;)



まだまだ日曜日の朝は始まったばかりです。

もう1つ行きますよ~(^^♪




施設名称:新湯
所 在 地:長野県諏訪郡下諏訪町御田町上3154
電  話:0266-26-7332
訪 問 日:平成24年9月16日
入浴料金:大人220円
U R L:なし

山梨県富士河口湖町  山田屋ホテル (★★★★)  - 2012.09.09 Sun

甲府からの帰り道は、精進ブルーラインを走って精進湖経由にしました。

で、またまた寄り道です(^^ゞ

2012090901RIMG0067-1.jpg

ここは精進湖の湖畔に建つ山田屋ホテルです。



実は、ここには前も来たことがあったんですよね。

ガイドブックに10時からと書いてあったので、10時ちょっと過ぎに来たのですが、

でも、その時は「すいません、まだ清掃中なんです」と断られたのでした。

2012090902RIMG0098-1.jpg

ただ、その時は天気がイマイチで曇り空でしたので、

あまりこだわらず、さっさとスルーしたのでした。



で、今日は清掃中なんてことのないように、しっかり午後にやってきました。

2012090903RIMG0097-1.jpg

今日は、天気のほうも多少雲がありますが、まずまずです。

脱衣場にはかごしかありませんが、誰もいないのでオッケーですね(^o^)



さて、こちらが浴室ですが・・・

小さっ!(^_^;)

2012090904RIMG0084-1.jpg

2人浸かるといっぱいです。

お湯が獅子頭からザーザーと注がれていました。



次にこちらが露天風呂です。

こちらは4~5人程度入れる広さがありました。

2012090905RIMG0070-1.jpg

いや、露天風呂というよりは、屋根がしっかりありますので、

展望風呂というくらいかもしれませんね。

でも、外の天気はまずまずですよ(^^♪

( ↑ さっきから、天気天気って、いったい何?(-_-;) )



うふふっ、それはですねぇ・・・

こういうことなんですよ~(^.^)

2012090906RIMG0073-1.jpg

はい!

窓の外には、富士山がバーンと見えるという訳なんです(^^♪



どうです?  きれいでしょ♪

2012090907RIMG0076.jpg

やっぱり富士山はいつ見てもいいです。

こうやって温泉に浸かって眺めるのなんか、もう最高の気分です。



湖畔ではテントを張ってキャンプしているグループもいました。

2012090908RIMG0094.jpg

このお風呂の向こうはすぐに道路になっています。

立ち上がると道路から完全に見られちゃうほど近いです(^_^;)



窓枠から離れて、内湯に浸かってもう1枚撮ってみました。

2012090909RIMG0086.jpg

屋外に露出を合わせると、内部が真っ黒になってしまいます。

でも、案外、これもプロセニアムみたいで悪くないですよね(^^♪



お湯はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉と書いてありました。

2012090910RIMG0080.jpg

上九温泉は、無色透明、無味無臭のサラッとしたお湯でした。

大人800円という入浴料金はやや高めに感じますが、

温泉プラス富士山と考えれば、まあ、仕方ないかもしれません。



ということで、最後、帰る前に、近くの駐車場で記念撮影をしました。

2012090911RIMG0105.jpg

やっぱり、ペンキ絵もいいですが、富士山は本物がいちばんです。



少し雪をかぶっているほうが、もっといい・・・ かな?

山田屋ホテル、また、冬に来てみたい温泉でした(^^♪




施設名称:山田屋ホテル
所 在 地:山梨県南都留郡富士河口湖町精進478
電  話:0555-87-2311
訪 問 日:平成24年9月9日
入浴料金:大人800円
U R L:http://www.shoujiko.com/

山梨県甲府市  緑が丘温泉 (★★★) - 2012.09.09 Sun

こんにちは、皆さん、どうもー♪  

温泉リポーターのりゆうですー(^o^)

私、最近、甲府の温泉銭湯にちょっとハマってますー

2012090901RIMG0062-2.jpg

ということで、きょうは、緑が丘にあるから「緑が丘温泉」と、

とってもわかりやすいネーミングの、甲府市の住宅街にある温泉銭湯に来ていますー♪

道路端の大きな看板が目印で、道路の反対側は、確かファミマでした。



玄関周りには、来てみないとわからない情報がいっぱいでした。

2012090902RIMG0059.jpg

まず、その1つ、「平日の12時から2時はお昼休み」とありました。

私、着いた時間が12時過ぎだったので、一瞬どうしようかと思いました(^_^;)

でも、続けて「日曜日は昼休みなしで営業」ともありましたので、ホッとしました。



こちらも、事前に押さえておきたかった大事な情報ですね。

2012090903RIMG0061.jpg

朝6時から夜9時までの営業ですが、サウナは午後2時からとありました。

えっと・・・ まだ12時になったばかりです・・・



ということは、サウナは無理みたいですね(^_^;)

2012090904RIMG0058-1.jpg

玄関を入るとセンサーでチャイムが鳴り、受付に女の人が出て来られました。

あのフロントの右手側が、経営者家族のリビングに続いてました。

ども、こんちは~♪



入浴料金は山梨県の公衆浴場ということで、400円です。

脱衣場には無料のロッカーがありますが、鍵は受付で言って借りてくるという方式です。

2012090905RIMG0050.jpg

やっぱり受付の方には、私が初めてだとわかったらしくて、

初めてですか? ロッカーを使うならこのカギを持って行って下さい、と言われました。



さて、そのお風呂はこんな感じです。

天窓からは明るい日ざしが射しこんでいました。

2012090906RIMG0051-1.jpg

ジャグジー付のお風呂と何もないお湯だけのお風呂と2つです。

お客さんは先客が1人だけ、その人もそのうち出て行かれました(*^^)v



こちらは奥の洗い場付近から、反対方向にあるお風呂を見て撮った写真です。

タイル張りですが、タイル絵があるわけでもなく素朴な作りです。

2012090907RIMG0053-1.jpg

右のブースは立ちシャワーが2つですが、

そのさらに手前にサウナ室のドアがありました。

が・・・ ザンネンでした(^_^;)



お湯は低張性弱アルカリ性温泉だそうです。

2012090908RIMG0056.jpg

効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛、うちみ・・・ふんふん、

・・・えっ?  

虚弱児童、って・・・ なに?!

( ↑ ひ弱そうな子がお湯に浸けられている図を想像した(^_^;) )



以上、甲府市の温泉銭湯、緑が丘温泉でした(^_^;)

えっと、ドライヤーは50円、っと・・・( ..)φメモメモ

2012090909RIMG0048.jpg

休憩室もあるそうですが、最初からよそ者と見透かされちゃいましたので、

なんとなく気後れして言い出せませんでした(^_^;)

( ↑ リポーターのくせに気弱ですね、ヤレヤレ・・・(^_^;) )



でも、ここは駐車場もありますので、車の方でも大丈夫ですよ。

2012090910RIMG0063-1.jpg

火曜日が定休日ですから、出かけるときはご注意くださいね。

以上、リポーターのりゆうでした!

皆さん、ポチッとよろしくお願いしますね~

では~ (^.^)/~




施設名称:緑が丘温泉
所 在 地:山梨県甲府市緑が丘1-12-14
電  話:055-252-5485
訪 問 日:平成24年9月9日
入浴料金:大人400円
U R L:なし

山梨県笛吹市  かんぽの宿 石和 (★★★) - 2012.09.09 Sun

あれれっ? うーん・・・ 

また、走ってる途中でタンクローリーの後ろに付いてしまった(^_^;)

2012090901RIMG0014-1.jpg

でも、「DAILY DIRECT」って、何を毎日運んでるんだか・・・

と思ったら、牛乳、って書いてありました!

( ↑ ちょっと、オイルまみれの牛乳を想像した・・・(^_^;) )



いや、いかんいかん!!

2012090902RIMG0016.jpg

と、雑念を払いつつ到着したのは、山梨県笛吹市の「かんぽの宿石和」です。

朝10時30分からという時間に、ほぼピッタリでした(^^)v



しかし、考えてみたら、ここのところ「週末は山梨にいます」という、

山梨県の観光キャンペーンのコピーを地で行ってるなあと・・・(^_^;)

2012090903RIMG0040-1.jpg

先週も今週も、気が付いたらこちら方面に足が向いてたんですよね。

なんせ、山梨は今、桃が最高においしいです~♪

大好きなんですよね、桃!(^o^)( ← あれっ、またまたどーでもいいか(^_^;) )



えー こほん・・・(^_^;)

この「かんぽの宿石和」には、こんなに広大な、よく手入れされた庭園があります。

2012090904RIMG0038.jpg

さすが、旧郵政省の簡易保険の潤沢な資金を投入して作られた施設です。

難しいことはわかりませんが、利用者にとって雰囲気がいいことは悪かないです(~_~;)



入浴料金は800円ですが、昼食バイキングとのセットで1500円というコースもありました。

いろいろと売却されないように、工夫や努力はしてるんですね。( ← がんばれ~(^^ゞ

2012090905RIMG0023.jpg

と、前置きはそのくらいにして、いつもどおり、温泉リポートにまいりまーす(^^♪



と、うわおっ! やった!!

いちばん乗りでした~(^o^)

2012090906RIMG0024-1.jpg

こんな大きな15人ぐらい浸かれるお風呂と、奥にはバイブラ湯です。

いちばん乗りなもので、手前の大浴槽はまるで鏡みたいでしょ(^^♪



その大浴槽側から洗い場方面を見てみました。

2012090907RIMG0032-1.jpg

お湯は無色透明、無味無臭ですが、少しだけヌルっと感がありました。

緑っぽく見えるのは、浴槽の底のタイルの色ですよ。



こちらは露天風呂です。

2012090908RIMG0029.jpg

晴天のため、露天の屋根に組まれた垂木の陰がくっきりと写っていました。

さきほどの雰囲気のある庭園でも見えればよかったのですが、

残念ながら、塀に囲まれて景色は何も見えないのでした。



こちらは大休憩室です。

2012090909RIMG0042-1.jpg

ホントに、でかいです!

向こうの方では、年配の女性のグループが何やら打ち合わせをしてるみたいでした。



館内には、昔の古い石和温泉の写真が飾ってありました。

温泉が湧出した頃の写真(昭和36年)だそうです。

2012090910RIMG0039.jpg

川中の水たまりみたいなところで温泉に浸かっている人のそばで、

海パンをはいた少年が砂遊びをしてたり、見物してる人もいたりと(向こうは果樹園?)、

おおらかでたくましい時代の空気が感じられる光景でした。



でも、もう200円くらい安いといいのになあ、なんちゃって・・・

ねぇ~(^_^;)




施設名称:かんぽの宿 石和
所 在 地:山梨県笛吹市石和町松本348-1
電  話:055-262-3755
訪 問 日:平成24年9月9日
入浴料金:大人800円
U R L;http://www.kanponoyado.japanpost.jp/yado/isawa/

山梨県中央市  シルクふれんどりぃ (★★★★) - 2012.09.02 Sun

「シルクふれんどりぃ」は紬織りや陶芸体験、食事、宿泊もできる公共の複合施設です。

2012090201RIMG0025-1.jpg

その中に日帰り温泉もあるというので立ち寄ってみました。

すぐ隣には郷土資料館や大きな公園もあり、駐車場は車でいっぱいでした。



入浴料金は時間制限なしの400円といううれしい安さです。

2012090202RIMG0027-1.jpg

係の方は、休憩室が混んでたら左にもお部屋がありますのでどうぞ、と言われました。

こんなふうに追加のひと言があると、全体の印象がとても良くなりますよね(^^♪



どのくらい混んでるのかな、と、お風呂の前に休憩室を覗いてみました。

2012090203RIMG0028-1.jpg

なるほど・・・ 言われるとおり、お客さんがかなりいっぱいです。

皆さん、食堂からの出前や持ち込みで楽しくやってらっしゃるようでした。



さて、では、お風呂のほうですが・・・

2012090204RIMG0029.jpg

お風呂もそれなりの人数のお客さんがいらっしゃるようです。

撮影はキビシイですかね・・・(^_^;)



でも、なんとか、お客さんを避けてパシャリ! っと(^_^;)

2012090205RIMG0033-1.jpg

お風呂は、この2段になった浴槽があるだけなんですが、

なかなか開放感いっぱいのお風呂でした。



こうやって見ると、眺めの良さがよくわかりますよね。

2012090206RIMG0031.jpg

山オンチの私はよくわかりませんが、遠くに見える山々は八ヶ岳なんだそうです。

うん、なかなかいいですね(^o^)



ここには写ってませんが、その他にサウナと水風呂もあるんです。

10人ほど腰掛けられる2段式のサウナ室にはテレビも付いていました。

2012090207RIMG0035.jpg

脱衣場には、山梨県ではとても高名な田中収先生の推薦文がありました。

ナトリウムやカルシウム、カリウムなどが豊富で療養泉としてもすぐれている、

というようなことが書いてありました。



温泉分析書によると、PH9.6と高アルカリの単純温泉だそうです。

2012090208RIMG0036.jpg

無色透明、無味無臭で、単純温泉らしくくせのないお湯でした。



という、中央市の公共施設「シルクふれんどりぃ」ですが、

400円と考えれば、かなりポイント高いですよね。

2012090209RIMG0038.jpg

人気のはずですね。私も、近かったら通いたい施設です。

なかなかすばらしいです!




施設名称:シルクふれんどりぃ
所 在 地:山梨県中央市大鳥居1619-1
電  話:055-269-2280
訪 問 日:平成24年9月2日
入浴料金:大人400円
U R L:http://www.city.chuo.yamanashi.jp/sougou/spot.php?id=2(中央市ホームページ)

山梨県甲府市  鏡温泉 (★★★) - 2012.09.02 Sun

※ 平成27年7月に現地を訪ねたところ更地になっていたとの情報をいただきました(-_-;)



甲府市の温泉銭湯、鏡温泉を訪ねてみました。

2012090201RIMG0010-1.jpg

朝10時から夜9時までの営業ということですが、サウナ入口はシャッターが閉まっていました。



銭湯側の半開きのサッシドアを開けて入ると、そこはすぐ番台でした。

2012090202RIMG0020-1.jpg

番台からも入口からもお風呂の中まで見渡せる作りです。



料金は山梨の公衆浴場業生活衛生同業組合の公定価格で400円です。

2012090203RIMG0021.jpg

脱衣場には、籐かごのほか、100円リターン式のロッカーもありました。



浴室に2つ並んだ浴槽は、手前がややぬるめ、奥が少し熱めでした。

2012090204RIMG0015.jpg

さらに奥に見えるのが源泉風呂で、こちらは30℃の気持ちよい冷たさでした。



その、源泉風呂から写してみました。

2012090205RIMG0019-1.jpg

お湯は無味無臭ですが、ご覧のとおり、少し黄緑がかったお湯です。



脱衣場のお風呂入口の上部に、かなり年季の入った温泉分析書がありました。

2012090206RIMG0022-1.jpg

「単純性(緩和性微温泉)」とありますが、書かれている漢字は旧字体です。



駐車場は建物の右奥の、誰かの黄色い車の見えるあたりでした。

2012090207RIMG0012.jpg

サウナは今はやってないそうですが、こんな温泉銭湯もがんばってほしいですよね。




施設名称:鏡温泉
所 在 地:山梨県甲府市相生1丁目3-10
電  話:055-228-2483
訪 問 日:平成24年9月2日
入浴料金:大人400円
U R L:なし

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。