2011-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県川崎市  第一天神湯 (★★★) - 2011.07.31 Sun

皆さん、こんにちは~(^o^)丿

日帰り温泉図鑑のりゆうです~(^^♪

きょうは、私、JR川崎から南武線に乗り、4つめの駅「平間」に来ています。

2011073101P1000219.jpg

さて、きょうは川崎市の温泉銭湯をご紹介したいと思います。



まずは、駅の南通りを東に歩きます。

が、きょうも暑いですね~(;^_^A

しばらく歩くと汗がびっしょりです~(^_^;)



おやっ?

通りにこんな看板、発見!

2011073102P1000216.jpg

きゃ~~~((+_+))

って、リングです。

少しは涼しくなりましたぁ(^^ゞ



・・・

えっ? アンタの「キャ~」が暑苦しい?

コホン!



では、こちらの涼しげな河童たちはいかがでしょう?

2011073103P1000217.jpg

かっぱ橋じゃないですが・・・



と、いろいろなものを見ながら商店街を抜けて行くと、

おっ、高い煙突が見えてきましたよ。

天神湯、と書いてあります。

2011073104P1000197.jpg

よく目立ちますので、迷うことはありませんね。



はい!

ということで、きょうは川崎市中原区の温泉銭湯、

第一天神湯さんですー(*^_^*)



ベージュ色の建物は1階がスーパーでした。

2011073105P1000212.jpg

その脇の階段をのぼった2階が銭湯です。



のぼりきったところにくつ箱があります。

2011073106P1000200.jpg

富士には月見草がよく似合いますが、

銭湯には松竹錠がよく似合いますよね~♪

(↑はぁ?)



手前が男湯、奥が女湯の入口になっています。

2011073107P1000210.jpg

こんにちは~♪

どうも~ 

日帰り温泉図鑑のりゆうです~(^^ゞ

きょうは、よろしくお願いします~

(↑妄想入っちゃってます?(^_^;) )



こちらの、入浴料金は神奈川県の公定価格450円ポッキリです。



それでは、さっそくお風呂のご紹介をいたしますー(^^♪

浴槽は3つに分かれていて、右と中央の2つは沸かし湯で、

いちばん左が温泉浴槽になっています。

2011073108P1000207-1.jpg

色は、なんとかわかると思いますが、典型的な黒湯です。

透明度は20cmほどと、ほどよい濃さです。



正面の絵は、小さな色タイルをモザイクにして作られています。

2011073109P1000204.jpg

海岸の松林の絵柄ですが、なかなか精密な作品です。



もう1枚 ♪

2011073110P1000205.jpg

こちらの白湯のほうにはジェットやジャグジーもありました。

450円で、くろ湯やジャグジーなどいろいろ楽しめそうですね。



さてさて、それでは私も失礼して・・・

はぁ~ く~ろ湯っと・・・(*^_^*)

なるほど、かすかに独特のモールの香りがして、

黒湯らしいツルツルの浴感があります。

なかなかいいですね~♪



お湯に浸かっているといい気持になります♪

黒湯はよく温まりますよね~♪

こんな気持ちいいお湯に銭湯料金だけで入れるのですから、

とっても素晴らしいことですよねー(*^_^*)



あらためてこちらが脱衣場の様子です。

2011073111P1000208.jpg

あっ、おじさん、写しちゃってすみません!

りゆうの日帰り温泉図鑑の取材なんですよ~(^^ゞ

よかったら、おうちに帰って見てくださいね~

えっ? インターネットなんか見ない?

はあ、失礼しました(^_^;)

(↑ますます妄想がひどくなってきた・・・(^_^;) )



えっと、ここで、ご主人に伺ってみましょう。

2011073112P1000213-1.jpg

あのー、こちら、第一天神湯さんと聞いてきましたが、

煙突などには天神湯と書かれていますね。

どちらが本当なのでしょうか?



はい。

うちはもともと、創業以来、天神湯の屋号だったんですが、

川崎で浴場組合を作ったとき、ほかに天神湯さんがあったため、

登録名は第一天神湯にしたそうなんです。



へえー、そゆことなんですね~

なるほどー

あと、皆さんに向けて何かメッセージはありますか?



はい。

当店のお湯は薪を使って沸かしているので、

お湯がとってもやわらかいんですよ。

それに、黒湯は湯冷めしないので、内風呂の方たちにも大変好評です。

また、1階にはスーパーがあり、公園や多摩川の河川敷からも近いので、

スポーツや買い物のついでにも、ぜひご利用ください。



なるほどー

スポーツの後で黒湯、というのも良さそうですよねー

どうも、ご主人、きょうはありがとうございました。

(↑このインタビューもすべて妄想らしい・・・(^_^;)ヤレヤレ)



ということで、きょうは川崎市中原区の温泉銭湯、

第一天神湯さんからお届けしました。

毎日暑い日が続きますが、たまには温泉銭湯に出かけて、

黒湯でさっぱり汗を流すのもいいと思いますよー



それでは皆さん、りゆうの日帰り温泉図鑑、きょうはこのへんで。

またねー(^.^)/~




施設名称:第一天神湯
所 在 地:神奈川県川崎市中原区上平間354
電  話:044-522-0155
訪 問 日:平成23年7月31日
入浴料金:大人450円
U R L:http://k-o-i.jp/koten/dai1tenjinyu.html(神奈川県公衆浴場業生活衛生同業組合)
スポンサーサイト

山梨県早川町  草塩温泉 (★★★) - 2011.07.24 Sun

山梨県早川町の草塩温泉に行ってみました。

2011072401P1000192-1.jpg

おや?

レンガ色の平屋の建物の前に停まる黄色い車・・・

いろんな場所で見かけますが、きれいな色ですねー(^^♪



コホン!

と、こちらの入浴料金は500円でした(^^ゞ



で、お風呂ののれんです。

2011072402P1000180-1.jpg

なんか、まるで家族経営のようなアットホームさがありましたが、

いちおう公共施設らしいんですよねー(*^_^*)



なかなか、明るく清潔感のある脱衣場です。

2011072403P1000181.jpg

どうやら、お客さんは誰もいないみたいですよ(*^^)v



ダイエーだ、イエーイ!

・・・って、まったく関係ないですね(^_^;)



窓から見ると、すぐ下にあの黄色い車がありました。

2011072404P1000189.jpg

うふふっ♪



アルミ缶の上にあるミカン!

なぁんちって・・・(^^ゞ



で、こちらがお風呂ですよ。

2011072405P1000182.jpg

お風呂には、きれいなタイル張りの浴槽が2つでした。



お湯は、ちょっと黄緑色に見える、緑茶の少し濁ったようなお湯です。

匂いや味は特にありませんでしたが、個性的なお湯ですね。



お湯に浸かった目線でも1枚いただきました♪

2011072406P1000185.jpg

奥の浴槽はジャグジー付でした。



こちらは浴室の窓から見えた外の眺めです。

2011072407P1000188.jpg

田んぼが見えていて、田舎らしい風景に心がなごみます。



お湯は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉ということでした。

2011072408P1000190-1.jpg

PH7.6とのことです。



ということで、さっぱり以上ですが・・・ 

布団が、吹っ飛んだっ!



ってまあ、いったい、どしちゃったんでしょね~(;^_^A

やれやれ・・・




施設名称:草塩温泉
所 在 地:山梨県南巨摩郡早川町草塩321-1
電  話:0556-45-2260
訪 問 日:平成23年7月24日
入浴料金:大人500円
U R L:なし

山梨県甲斐市  釜無川レクリエーションセンター かまなしの湯 (★★★☆) - 2011.07.24 Sun

週末は山梨にいます♪

これって、関東の人にはなじみのフレーズですよねー(^^♪



ここは、釜無川レクリエーションセンター かまなしの湯です。

2011072401P1000167.jpg

釜無川のほとりにあるスポーツ公園の一角で、周囲は広々と開けています。



入浴料は一般は600円ですが、甲斐市の公共施設ですので、

市民の方は300円、さらにお年寄りは150円だそうです。



のれんは、ごくごくシンプルです。

2011072402P1000169.jpg

では、行ってきますー(*^_^*)



脱衣場も特に変わりなく普通です。

2011072403P1000175.jpg

きょうは、じっくり、サウナで汗を流したいと思ってます。



まずは浴室です。

浴槽は2つに分かれていました。

2011072404P1000173-1.jpg

すぐ外は公園の遊び場ですが、申し訳程度の植込みしかなく、

ボール遊びをしている親子などが見えたり、なかなか開放的です(^^ゞ



外が明るくて色の具合がわかりませんが、

お湯は、やや黄色がかった透明のお湯でした。

味は特にありませんが、微金気臭がしました。

浴槽の底が真っ黒というか、赤黒く変色していましたので、

かなりの鉄分が濃いのかなと思いました。



そして、こちらが露天風呂です。

2011072405P1000170-1.jpg

ご覧のように塀が高いもので、外の景色が眺められるわけではありません。



さて、サウナですが、私は、しっかり4回48分も汗を流してきましたよ。

もちろん、水風呂もありますので爽快でした。

どうして、水風呂に浸かると、はぁ~っと声が出るんでしょう(^^♪



ということで、またいつの間にか、2時間経過でした(^^ゞ

ちなみに、失っちゃった水分は1.4kgでしたよ(^^ゞ



風呂上がりに、いつものように温泉分析書で確認しておきます。

2011072406P1000176-1.jpg

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、PH7.8ということでした。



2階にはこのような畳の休憩室がいくつかありました。

2011072407P1000177-1.jpg

ここはからっぽですが、ほかの部屋は団体の貸し切りのような雰囲気でした。



こちらは1階のロビーです。

2011072408P1000178.jpg

ここでも、テレビと小休憩コーナーがありました。



ということで、以上でリポートは終わりなんですが・・・ 

ふと、思ってしまいました??

まんがいんくさん、見に来てくれるかなぁ(^^ゞ

いえね、以前、かまぶろ温泉にコメントをいただいたことがありましたので・・・(^^ゞ




施設名称:釜無川レクリエーションセンター かまなしの湯
所 在 地:山梨県甲斐市西八幡4268-6
電  話:055-276-1151
訪 問 日:平成23年7月24日
入浴料金:大人600円(市民300円)
U R L:http://yamanashikotsu.co.jp/kai-onsen/kamarec.htm

神奈川県愛川町  観泉荘こまや (★★☆)  - 2011.07.23 Sat

※平成25年より日帰り入浴と足湯の営業は終了したとの連絡をいただきました。



神奈川県の中津川に鉱泉が湧いているというので出かけてみました。



このあたりは、中津川の河原を利用したキャンプ場やバーベキュー場など、

家族連れで賑わう夏の川遊びの人気スポットです。

2011072301P1000162-1.jpg

河原からほど近い場所にある、その名も「観泉荘こまや」です。



玄関前に足湯もありましたが、200円なんだそうです。

足湯で200円というのは、どうも・・・(~_~;)



でも、ここは宿泊もできて、バーベキューもやっていたり、

食事もできたり、そしてお風呂も入れるというファミリーキャンプを応援する宿です。

2011072302P1000159-1.jpg

こんにちは~ 入浴できますか? 

私が聞くと、きょうは内風呂ですがいいですか、とのことでした。



露天風呂ができたとの情報があったのですが、

ま、きょうのところは、内風呂でいいか、ということにして

さっそく入れていただくことにしました。



こちらが、その浴室の入口です。

2011072303P1000158.jpg

シンプルなのれんですが、岩風呂らしいですね。



まずは、脱衣場です。

2011072304P1000142.jpg

狭い3畳くらいのスペースに棚とかごだけでした。

なんとなく、海の家的な飾り気のなさですね。

(↑海じゃないですが(^^ゞ )



お風呂です~♪

2011072305P1000146-1.jpg

でも、そんな、岩風呂というほどではありませんね・・・



広さは4人が入れる程度の浴槽でした。

2011072306P1000143.jpg

これ1つなので、どこから見ても変わり映えしません。



開け放たれた窓からの景色です。

2011072307P1000154.jpg

向こうに見える橋は、国道です。

ひっきりなしに走るダンプなどが見えました。

こうやって見ると、ここは川の近くでずいぶん低いところなんですね。



お風呂の注ぎ口から、かなりの量でザブザブと注がれていました。

2011072308P1000148-1.jpg

お湯は地下28mからくみ上げた鉱泉ということです。

無色透明、無味無臭で、さっぱりサラサラ系のお湯でした。



お風呂の窓にこんなものが貼ってありました。

2011072309P1000147.jpg

塩川滝鉱泉、とのことですが・・・



何がW効果なんだろ??

それに、ビミョーな空白がちょっと気になります(^_^;)

なんか、書いてあったのを消した・・・?



お風呂はこれ1つですから、これ以上のものはありません。

しばらく温まって、最後に外に出て、向かい側の川のほうを撮ってみました。

2011172310P1000163.jpg

しかし、うっそうと繁って、川というか森ですよね、完全に・・・

でも、こんな自然いっぱいのところでした。




施設名称:観泉荘こまや
所 在 地:神奈川県愛甲郡愛川町半原914
電  話:046-281-0100
訪 問 日:平成23年7月23日
入浴料金:大人600円
U R L:http://www.0100.co.jp/

長野県安曇野市  安曇野市しゃくなげ荘 (★★★) - 2011.07.17 Sun

白馬から安曇野に入り、しゃくなげ荘に寄ってみました。

ここまで約52kmでしたが、なんとか明るいうちに着きました(*^^)v

2011071701P1000122.jpg

ここは安曇野市の公共施設で、宿泊のできる保養施設です。



安曇野は、NHKの連続テレビ小説「おひさま」の舞台になっています。

2011071702P1000134.jpg

館内には、井上真央さんの大きなポスターが貼ってありました。



夕暮れ時なので、館内は宿泊のお客さんがいっぱいです。

受付で入浴をお願いすると400円ということでした。



お風呂の脱衣室の手前にロッカーがありました。

貴重品は先にこちらに入れておくようです。

2011071703P1000128.jpg

お風呂は熱いのと普通と、2つあるだけですが、

やはりお客さんは少なくありませんでした。



こちらは熱いほうです。

2011071704P1000125-1.jpg

むぐぐっ・・・(;^_^A

熱いけど、最初だけなんとかしのげば、ダイジョウブです!



おおげさにかき混ぜているおじさんがいましたが、

私に言わせれば、こんなのどおってことない程度ですのに・・・(^^ゞ

でも、身体に熱量がいっぱいたまって、

ふう~ 水風呂があるといいのに、と思いますねー(;^_^A



こちらはそれほどでもない、普通の温度のほうです。

2011071705P1000126.jpg

いえね、こちらもお客さんは6~7人いらっしゃいましたよ。

でも、いつものようになんとか写真を撮りました(^^ゞ



お湯は・・・?

2011071706P1000127.jpg

温泉分析書にはアルカリ性単純温泉と書いてありました。

無色透明、無味無臭、特に変わったことはありません。



ロビーの脇でテレビを見ながらコーラを飲んでひと休みです。

2011071707P1000131-1.jpg

汗がひくのを待ちながら、今日1日の温泉の ( ..)φメモメモ

1日5箇所も回ると、ちょっとゴッチャになってしまいますので

忘れないうちにメモしています(*^_^*)



こちらは、帰る前に撮った受付付近の様子です。

2011071708P1000132.jpg

ということで、あっさりしてるかな(^^ゞ

とも思いますが、ともかく・・・

これで、今日の温泉めぐりはオシマイですー



きょうも、早朝からいっぱいお付き合いいただき、本当にありがとうございました!

それではこれから横浜まで帰りますー(^_^;)

どうもありがとうございました~(^_^)/~




施設名称:安曇野市しゃくなげ荘
所 在 地:長野県安曇野市穂高有明7722
電  話:0263-83-2050
訪 問 日:平成23年7月17日
入浴料金:大人400円
U R L:http://shakunagesou.gotohp.jp/



------------------------------

(あとがき)

あのあと横浜まで帰ったんですが、夜の12時半になってしまいました(;^_^A

早朝から22時間かけて、総走行距離は777kmでした。

そのうち17時間は運転してたような気が・・・(^_^;)



そんなにムリしなくても、どこかで泊まってくれば良さそうなものですが、

でも、このブログは一応、「日帰り温泉図鑑」ですから~(^^♪



なんちって(^^ゞ

ホントは、翌日ちょっと用事があっただけでしたー(^^ゞ

ども、おやすみなさいー(^_^)/~

(ふう、なが~い1日がやっと終わりですwww)

長野県白馬村  白馬八方温泉 おびなたの湯 (★★★★) - 2011.07.17 Sun

富山から糸魚川経由で123km、なんとか5時に到着しました。

いやぁ、ここは6時までというので、ちょっと急ぎました(^^ゞ

2011071701P1000121.jpg

白馬八方温泉の露天風呂「おびなたの湯」です。

終わりに近いのですいてるのかな、と思いましたが、

いやはや、かなりの人気のようで、周辺に車がいっぱいでした。



入浴券500円を買ってさっそく入りました。

2011071702P1000116.jpg

よしずの向こうが男湯でした。



その奥には、3畳ほどの棚とかごがあるだけの脱衣場と

15人ほどの浸かれる岩づくりの露天風呂がありました。



写真は・・・

お客さんがいっぱいだったものですから、これ1枚だけです。

2011071703P1000114-2.jpg

スーパーソフトフォーカスで・・・(^_^;)

みんな、のんびりとくつろいでる感じがわかりますよね。



お湯のほうはほんのりタマゴ臭のするいいお湯でした。

やや青白っぽくて、白い湯の花がただよっていました。

眺めのほうは、別に、・・・って感じでした(^_^;)



ということで、ここは混雑してることですし、

しばらく浸かってさっとあがることにしました。

2011071704P1000117.jpg

外に飲泉所がありました。

飲湯口とならんで希釈水というのが見えますが、

成分が濃いので、お湯を5倍に薄めて飲むのがいいらしいです。



ふむ・・・

まろやかですが、特に味はなし・・・ のようですね。

2011071705P1000119.jpg

以上、行ってみたかった白馬八方温泉にも入ることができたし、

思ったより早く切り上げたので、まだ、時間があるかな~ っと(^^♪




施設名称:白馬八方温泉 おびなたの湯
所 在 地:長野県北安曇郡白馬村北城9346
電  話:0261-72-3745
訪 問 日:平成23年7月17日
入浴料金:大人500円
U R L:http://www.hakuba-happo.or.jp/sightseeing/spa/(八方尾根観光協会)



(追記)

ごんごんさんから、おびなたの湯のクーポン情報を教えていただきました。

9月末までですが、これから行かれる方はご活用ください。

しかし、惜しかったなあ・・・(^_^;)

富山県富山市  日方江温泉 (★★★★) - 2011.07.17 Sun

岐阜県飛騨市から日本海を見に行ってみました。

目指したのは、富山の海岸のすぐ近く、最近できたらしい温泉浴場です。

2011071701P1000089-1.jpg

日方江温泉です。

ここまで朝から365kmです。

けっこう走りましたー(^^ゞ



着いたのは午後1時くらいだったでしょうか。

2011071702P1000090.jpg

12時からの営業ということですが、お客さんは他に2人だけでした。



うわっ!

浴室のドアを開けた瞬間、強烈なアブラ臭が鼻につきます。

2011071703P1000096.jpg

それほど心地よい香とは言えないのですが・・・

お湯の個性の1つですから、仕方ないですね。

広さは7~8人程度でした。

奥に見えているのは水風呂です。



主浴槽はご覧のとおりの泡ブクでした。

2011071704P1000101-1.jpg

お湯は茶色くにごっていますが、十分底は見える程度です。

匂いはさきほどのとおりで、特に味などはありませんでした。



ここのすごいところは、400円なのに立派なサウナが完備していることです。

ドライサウナですがタイル造りで、プールのピート板みたいなのを

お尻の下に敷いて座るという珍しいタイプでした。



365kmも走ってサウナでもないと思われるかも知れませんが、

ついつい、もう1回、あともう1回と、砂時計を見ながら5分×5回、

サウナ→水風呂→お風呂と繰り返してしまいました(^^ゞ



ふう~  思わぬ長湯になりましたが、すっきりした~(^^♪



風呂上がりにお風呂入口前の温泉分析書を見てみました。

2011071705P1000091-1.jpg

ナトリウム-塩化物泉なんですが、別にしょっぱくはありませんでした。




ということで、日方江温泉ですが・・・

ここ、実は、富山県からの初のリポートになりましたー(^^ゞ

2011071706P1000102.jpg

飾り気は少ないですが、コスパが大変優れています。

なかなか素晴らしいんじゃないでしょうか!



その後、すぐ近くの富山湾から日本海を見てみました。

2011071707P1000103.jpg

ここには写ってませんが、海で遊んでいる人たちも多かったですよ。



走っているうち、とうとう、新潟県に入りました。

2011071708P1000109.jpg

ははぁ・・・  さすが新潟ですね!

トキの絵が描かれていました。 



観光にはさほど興味はないのですが、「親不知」によってみました(^_^;)

2011071709P1000112-1.jpg

断崖絶壁で、覗くのはコワイですー

落ちたらえらいこっちゃー(^_^;)



ああ、そうでした!

2011071710P1000137-1.jpg

日方江温泉では、一応、会員カードを作ってもらいました。

裏に15個スタンプ集めると1回無料で入浴できるそうです(^^♪



やったね~♪ 

せっせと通ってスタンプ集めよっと・・・(^^♪

???

ではではー(^_^;)




施設名称:日方江温泉
所 在 地:富山県富山市針日269-20
電  話:076-438-2335
訪 問 日:平成23年7月17日
入浴料金:大人400円
U R L:http://www.furoya.or.jp/guide/detail.php?id=111(富山県公衆浴場業生活衛生同業組合)

岐阜県飛騨市  割石温泉 (★★★☆) - 2011.07.17 Sun

平湯温泉から国道471号を走り、1時間で飛騨市の割石温泉に着きました。

2011071701P1000084-1.jpg

知りませんでしたが、ここは着いてみたら老人福祉センターでした。



石碑が建っていて、昭和51年に金属鉱業事業団が地質調査をしていたところ、

突然温泉が噴き出した・・・ と、由来が書いてありました。

2011071702P1000085-1.jpg

それで、温泉を利用して老人福祉センターを建設したんだそうです。



入浴料金は400円でした。

2011071703P1000072.jpg

では、さっそくお風呂に行ってみますー(^^♪



まずは、脱衣場です。

2011071704P1000079.jpg

ま、特に変わったことはありません(^_^;)



お風呂はこれだけです。

15人は入れる広さのタイル張りの浴槽でした。

2011071705P1000077-1.jpg

窓から見える外の眺めは、山や森が見えてなかなか良かったですよ。



うふふっ♪ 

まるで、誰もいないみたいでしょー(^^♪

2011071706P1000075-1.jpg

でも、お客さんは、ちゃんといらっしゃったんですよー(^^ゞ

3人くらいですけどね~

どうやって撮影したかは、ヒ・ミ・ツです~♪



脱衣場に貼ってあったいつもの温泉分析書です。

2011071707P1000080.jpg

アルカリ性単純温泉ですが、PH9.67とのことでした。

無色透明ですが、微タマゴ臭があり、少しだけヌルっとした肌触りでした。



お風呂からあがって館内を見てみると、広い休憩室もありました。

2011071708P1000081-1.jpg

こんなに広いわりに、お客さんは多くはなかったです。



こちらはロビーの様子です。

2011071709P1000082.jpg

ここで、とりあえず私は・・・ ( ..)φメモメモ、です~♪



さて、ということで、急ぎ旅なのでそろそろ出かけますか!

2011071710P1000083-1.jpg

庭先にいたこれは、一体なんでしょ??

飛騨というと、牛??

ちがうなぁ・・・(^_^;)



それから、これは余談ですが、このあたりは神岡町と言って、

昔、神岡鉱山という亜鉛鉱石の採掘場のあったところで、

今は、ほら、あのスーパーカミオカンデという観測施設のある場所です。



確か、宇宙から来るニュートリノという陽子線(だったかな?)

を観測することに初めて成功した・・・ とか、でしたっけ?

私にはちょっと難しすぎるけど、rthcjさんなら、きっとわかると思います(^_^;)



途中の道の駅「宙ドーム・神岡(スカイドーム・かみおか)」にも、

そんな模型とリアルタイムモニターが展示してありました。

うーん、よくわからないけど・・・

ともかくすごいぞ! スーパーカミオカンデ!!




施設名称:飛騨市老人福祉センター 割石温泉
所 在 地:岐阜県飛騨市神岡町割石291
電  話:平成23年7月17日
入浴料金:大人400円
電  話:0578-82-0988
U R L:http://www.hida-kankou.jp/spot/3858/

岐阜県高山市  平湯民俗館 平湯の湯 (★★★★☆) - 2011.07.17 Sun

3連休の中日、朝の3時に起きだして、

近くのガソリンスタンドで満タンにして出発したのが3時半です。

ここまで一般道ばかり270km、およそ5時間30分かかりました。



ふう~、しかし、われながら○○ですね~(~_~;)

2011071701P1000065-1.jpg

はい!

ということで、飛騨高山の平湯温泉にやってきました。



ここの民俗資料館の一角に露天風呂があります。

2011071702P1000063.jpg

もう長旅で、ガチガチに肩が凝ったので、ともかく飛びこみました(^_^;)



朝から先客がいらっしゃるようですね。

2011071703P1000059-1.jpg

たぶんこのあたりに宿泊された方たちではないかと思います。



その方たちを写さないようにしてパシャリ!

2011071704P1000056.jpg

周りは森の雰囲気で、野趣あふれる岩風呂です。

かなり広くて15人でも平気な広さがありました。



お湯はくすんだ黄土色、というところでしたが、底は見える程度です。

かなり特徴のある個性的なお湯でした。

2011071705P1000054.jpg

ご覧のとおり、岩が赤茶色に変色しています。

ちょっと熱めで、肩の凝りによく効きます~(^^♪



お湯は、ナトリウム-炭酸水素塩泉・塩化物泉なんだそうです。

2011071706P1000060-1.jpg

独特の味で、エグミが強いというかゲロマズでした(^_^;)

といことで、肩のこりが取れたから、そろそろ行きますかね~♪



で、外に出て、あらためて寸志箱ですが・・・

2011071707P1000062-1.jpg

200円にしておきました。

いえね、寸志箱にはいくらとは書いてなかったのですが、

まっぷるのガイドブックに、そう書いてあったものですから(^^ゞ



ちなみに、民俗館の駐車場脇に足湯もありました。

2011071708P1000066-1.jpg

こちらには足は浸かりませんでした。

なんせ、きょうは先を急ぐもので・・・



えっ? なんかリポートもおざなりでやっつけみたいだって?

えへへっ、まあまあ、そうおっしゃらずに・・・ 

ではー(^^ゞ

(と、ゴマカシながら、びゅん、と消える・・・(^_^;) )




施設名称:平湯民俗館 平湯の湯
所 在 地:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯27-3
電  話:0578-89-3030
訪 問 日:平成23年7月17日
入浴料金:寸志(200円程度)
U R L:http://hirayuonsen.or.jp/play/siru.html(平湯温泉旅館協同組合)

神奈川県箱根町  ホテルむさしや (★★★★) - 2011.07.10 Sun

ここは芦ノ湖のほとり、元箱根の街道沿いの「ホテル むさしや」です。

2011071001P1000045-1.jpg

以前から知ってはいましたが、

入浴料金が1050円なので後まわしにしていました。

(↑もっとも、箱根は大抵のところが1000円前後なんですが(^_^;) )



ところが最近、クチコミでお風呂の開放感なら箱根一だという話を聞きました。

ならば、ということでやってきました(^^ゞ



ちゃんとしたホテルらしく、住所、名前、電話番号を記帳させられました。

横浜市・・・ りゆう・・・ 電話は045の、と・・・



ロッカーはないということなので、貴重品はフロントに預かっていただきました。

2011071002P1000026-1.jpg

浴室はエレベーターに乗って5階でした。



11時からの日帰り営業で、11時20分頃着いたのですが、

既にお客さんがいらっしゃるようです。

2011071003P1000040-1.jpg

さて、うわさの眺めは・・・



なるほど、なかなかの開放感ですね!

2011071004P1000028.jpg

きのう梅雨が明けてきょうは快晴、芦ノ湖を一望できて、

湖の向こうには箱根の外輪山がはっきりと見えています。

きょうの芦ノ湖スカイラインは気持ち良さそうですね。



右手には、箱根駒ケ岳ロープウェイの山頂駅まで見えました。

2011071005P1000031-1.jpg

(写真は撮りませんでしたが・・・)



おっ、芦ノ湖の遊覧船が着きましたよ。

2011071006P1000032.jpg

ご覧のとおり、浴槽のふちが低いものですから・・・

立ちあがると素っ裸を見られちゃいそうです(^_^;)



下を覗き込むと、5階の高さですから15mくらいでしょうか?

2011071007P1000033.jpg

この写真は広角になってますが、実際はもっと近かったですよ~

あちらから見えちゃう~ というくらいでした(^_^;)



振りかえって1枚 ♪

2011071008P1000034.jpg

10人くらいでもゆったりできる広さでした。



こちらはヒノキの露天風呂です。

2011071009P1000037-1.jpg

大きくはありませんが、4人くらい入れます。

携帯じゃ明暗がうまく写せなくて、湖の色が飛んじゃってます(^_^;)



でも、今日は快晴でホントにすばらしい眺めです。

2011071010P1000038.jpg

それに、横浜あたりはジリジリする暑さというのに、

この露天に吹き込む、湖を渡る風の涼しいことといったら、

寒いくらいでクーラーいらずの自然の涼風でしたよ。

はぁ~ いい気持ちです~(*^_^*)



そうこうしているうち、4~5人の集団がガヤガヤと入ってこられました。

それをしおに私はそろそろ出ることにしました。

なんとか写真撮っといて良かったです(*^^)v



脱衣場の温泉分析書です。

2011071011P1000039.jpg

単純硫黄温泉(硫化水素型)で、PH3.7だそうです。

あまり、それらしい感じはほとんどなかったですが・・・

でも、まあ、ここはやはりこの眺めでしょう!



こちらは1階ロビーの待ち合いコーナーです。

2011071012P1000043-1.jpg

その奥には、休憩コーナーもありました。



と、以上ですが、ホテルむさしや、

クチコミどおり眺めはなかなかのものでした(*^_^*) 

もうちょっと料金に値ごろ感があると、もっと評価が上がるんですが・・・

★4つとさせていただきました。



で、話は変わりますが、帰りにまたまた仙石原に立ち寄ってみました(^^ゞ

2011071013P1000049-1.jpg

いつものポイントで、っと・・・♪

>>平成23年5月15日の仙石原はこちら>>



ススキもずいぶん青々と育ってきました。

2011071014P1000048.jpg

秋が楽しみですねー



さらに、いつもの坦々麺4番をいただいて帰ります(^^♪

2011071015P1000050.jpg

熱いときには、このアツアツの激辛がいい・・・ 

ぐわっ! アヂヂッ、ゲホゲホッ!

仙石原の麺屋菊壱でした(~_~;)



いつも最後までご覧いただきありがとうございます。

それでは、きょうはこのへんで失礼しますー(^.^)/~

レロレロ~(^_^;)

(↑ちょっと、舌をヤケドした・・・(^_^;) )




施設名称:ホテルむさしや
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根20
電  話:0460-83-6348
訪 問 日:平成23年7月10日
入浴料金:大人1050円
U R L:http://www.6348.info/

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。