2011-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨県甲府市  山宮温泉 (★★★☆) - 2011.06.26 Sun

北杜市からの帰り道、甲府市で「山宮温泉」というのに寄ってみました。

2011062601P1000098-1.jpg

黄色いのを駐車場に入れて・・・♪

左の階段を昇った先が玄関でした。



料金は大人500円ですから、このあたりとしてはまずまずです。

8畳くらいの食堂みたいなスペースから、3段上がってお風呂のようです。

2011062602P1000116-1.jpg

狭いながらも隣には座敷もありました。



脱衣場には「温泉分析効能」を書いたプレートが貼ってありました。

2011062603P1000100.jpg

泉質はナトリウム-塩化物泉とあります。

しょっぱいタイプかな?

温泉分析書を見るとPH8.1とのことでした。



ガラス戸をあけて、こちらが浴室の様子です。

2011062604P1000106.jpg

この浴槽はぬる目ですが、かけ流しだそうです。

写真右に写っているのは水風呂でした。



最初お客さんが1人だけあったのですが、そのうち出て行かれ、

きょうもまた、私の貸切りみたいになってしまいました(^^♪

で、あっちこっちから・・・パシャリ!



奥からも撮ってみました。

2011062605P1000109.jpg

温浴槽は2つに分かれています。

この写真の奥側が加熱浴槽です。

循環と書いてありました。



ということで、はい!

いつものお湯に浸かった目線ですー(^^♪

2011062606P1000110.jpg

お湯は無色透明、無味無臭でしたが、タイルが茶変色しており、

鉄分などもありそうでした。



それに、このぬるめのお湯、じっとしているとかなりの泡つきです。

肌にまとわりつく小さな泡をときどきぬぐって・・・

しゅわしゅわ、ですー(^^♪

うふふっ、お湯は結構いいかも・・・♪

2011062607P1000104-1.jpg

以上、これだけなんですが、鮮度のいいお湯にじっくり浸かり、

時々熱めのお湯に入り、そのあと水風呂に浸かり・・・



なかなか気持ちのいいひと時でした。

2011062608P1000114-1.jpg

見るからに、明らかに30年くらいたった古い設計で、

バリアフリーのバの字もありませんが、

混んでもおらず、お年寄りが日がな、まったりしそうなとこでした。

いや・・・ お年寄りにはあの階段はきついか、な? 




施設名称:山宮温泉
所 在 地:山梨県甲府市山宮町2532-1
電  話:055-251-4263
訪 問 日:平成23年6月26日
入浴料金:大人500円
U R L:なし
スポンサーサイト

山梨県北杜市  甲斐大泉温泉 パノラマの湯 (★★★★) - 2011.06.26 Sun

ここは、その名のとおりパノラマの景色が評判らしいです。

でも、ナビによると私の家から151kmもあるのですが、

「るるぶ」の100円引きクーポン(しかも6月30日まで!)の存在が、

先日来、しきりと私の背中をチョイチョイと押すのでした(^^ゞ



で、6月最後の日曜日、国道16号から甲州街道へと、

下の道ばかり延々3時間45分も走って、とうとうやってきました(*^^)v

2011062601P1000078.jpg

ただ・・・ ここらへん、完全に曇っとるやろ・・・

「パノラマ」期待して来るには、お天気がイマサンくらいです(^_^;)



それでも、受付で「るるぶ」を提示して600円にしていただいたので、

ま、よしとしましょう(*^_^*)

それに、前夜のことですが、ホームページに「オリジナルタオルプレゼント」

の特典チケットがあるのを見つけたんですよ(*^^)v



そして、さらになんと、今日は26日「ふろの日」じゃありませんか!

受付で、豪華景品がもれなく当たるくじ引きサービスをやってました!!

ということで、もう、この時点で、かなり印象点がグングン上がってます~(^^ゞ



HPによると男湯と女湯は1週間で入れ替えだそうですが、

きょうの男湯はこちらでした。

2011062602P1000087.jpg

ねっ! 

毎月26日はお風呂の日、と書いてあるでしょ?!

私が当たった豪華景品は、オリジナルタオルとあわせて最後に紹介しますね(^^♪



まずは、お風呂の写真をご覧ください。

こちらは、浴室から外の方向を見てみたものですが、

15人くらいは一緒にお湯に浸かれる大きな浴槽でした。

2011062603P1000081-1.jpg

でも・・・

完全な曇り空ですねー アハハッ!!

(↑すぐ、笑ってごまかすタイプ・・・(^_^;) )



次ですが、こちらが露天風呂です。

2011062604P1000082.jpg

ツツジ? サツキ?

きれいに咲きそろっていましたが、どうも、植物のことは自信がありません(^_^;)



ともかく、この露天風呂、30人や40人入れそうな広さでした。

下には、テニスコートが見えましたが、遠くは残念ながら・・・です(^_^;)



お湯に浸かった目線でも撮ってみました。

曇ってなければパノラマの絶景がその向こうに見えるのでしょうが・・・

2011062605P1000080.jpg

それでも、このお湯、なかなか個性的なお湯でした。

淡い褐色ですが、透明で底までよく見えます。



温泉分析書によると、PH7.1のナトリウム-炭酸水素塩泉ということで、

微塩味と金気臭があると書いてありましたが、

私には、ほとんど無味無臭のように感じられました。



サウナは6~7人と、それほど大きくはありません。

それでも、きょうは3回30分ほど汗を流して来ました。

ですが、どんだけ減ったかは、よくわかりません。

というのも、珍しく、体重計がチャチイ家庭用のヘルスメーターでしたので・・・



お風呂からあがって、広い館内を散策しました。

休憩所もレストランもありました。

2011062606P1000091-1.jpg

北杜市民は300円という格安料金ということもあってか、

けっこう賑わっていました。



おっ?!

館内を探検していたら、久々に見つけましたよ(*^^)v

2011062607P1000094-1.jpg

清水富美加ちゃんの住警器設置促進バージョンです。

これを見つけたのは初めてです(^^♪



と、以上、パノラマはちょっと天候の関係で難しかったですが、

いろいろサービス充実のパノラマの湯でした。



帰りがけに玄関の外を見ると、飲泉所がありました。

2011062608P1000096.jpg

なかなかおいしいんですよ。



その横にはこんな銘々板もあります。

2011062609P1000097.jpg

ん? 金田一春彦・・・?

ああ、あの・・・

じっちゃんの名にかけて! の、あれ??



って、ホントは、国語辞典で有名な言語学者のセンセイです(^^ゞ

ここの大泉村の名誉村民だったんですねー

いやいや、勉強になりました。



ということで、最後に、お約束のオリジナルタオルです(^^♪

2011062610P1000119.jpg

いいでしょ? 

なかなか絵柄が凝ってますよねー

パノラマの絶景の向こうに富士山が見える、ということらしいですね。



で、100円引きのクーポンのあった「るるぶ」と、

右上が、お風呂の日のくじ引きで幸運にもゲットした、

超豪華な・・・ てぃっしゅぺーぱー、でした!!



あははっ、くじ運悪っ・・・(^_^;)




施設名称:甲斐大泉温泉 パノラマの湯
所 在 地:山梨県北杜市大泉町西井出8240-1
電  話:0551-38-1341
訪 問 日:平成23年6月26日
入浴料金:大人700円
U R L:http://panoramanoyu.sakura.ne.jp/

静岡県伊豆市  屋形共同浴場 (★★★☆) - 2011.06.19 Sun

西伊豆の土肥海岸近くの「屋形共同浴場」に行ってみました。

有名な土肥金山のすぐ近く、ですが、さらに海岸寄りです。

2011061901P1000075-1.jpg

この写真は、狭い道路を挟んだ堤防の外の海岸から撮っています。

年季の入ったクリーム色のモルタル壁に、

クラゲの足のようにやたらと長い温泉マークが目を惹きます。



大人400円、小人200円の料金の表示に続いて、

体についている砂をきれいに落とし良くふいてからお入りください、

と、注意書きがあります。

2011061902P1000073-1.jpg

ここは、海岸のホントにすぐ近くですから、

夏にはシャワー代わりに使う海水浴客が多いのでしょうね。



券売機で400円の券を買って、さっそく入れていただきました。

13時からのオープンですが、男湯では今日は私が1番だったらしく、

最初は熱いから、気にせず水で埋めてくださいね、と言われました。

ちなみに、この風呂番の女性、中国かどこかの方のようでした。

2011061903P1000065.jpg

お湯は、なるほど、おっしゃるとおりかなりの熱さです。



さすがの私も(?)、食いつく熱さにはかなわず、

水道でジャブジャブ埋めさせていただきました~^_^;

2011061904P1000066.jpg

熱いのに1分浸かっては、洗い場にぺたんと座って体を冷ます、

その繰り返しだけですが、これが案外気持ちいいんですよね~(*^_^*)



湯船に浸かった目線で1枚です。

2011061905P1000070-1.jpg

お湯は、無色透明のさらりさっぱりのお湯でした。

低い湯舟のふちから、ジャブジャブとお湯が流れていきます。

あぁ ぜいたくですね~(^^♪



と、そうこうしているうちに、お客さんが2人、また1人と入ってこられました。

あれこれ世間話をしながらで、近所の方々みたいでした。



それを潮に私はそろそろ出ることにしましたが、

熱いのに浸かったせいもありますが、汗がなかなかひきませんでした。

2011061906P1000072.jpg

ここの脱衣場は、こんな棚だけです。

でも、隅にものすごく頑丈そうな金庫のような貴重品入れが2つありました。

金庫に付いてるのと同じダイヤル錠がありましたが、

どうやって使うのかは、結局、よくわかりませんでした(^_^;)

へたに入れて開かなくなっちゃったらタイヘンですもんね(^_^;)



一応、最後に、温泉分析書を確認しておきましょう♪

2011061907P1000071.jpg

なになに・・・ 

カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉でPH8.3だそうです。



帰る前に、海岸線から向こうを見てみました。

防波堤のさらに沖に見えるのは、沼津あたりでしょうか?

2011061908P1000076-1.jpg

うみはひろいな おおきいな~ っと・・・(^^♪



話は変わりますが、1000円高速は今日で終わりなんですよね。

西湘バイパスや新湘南バイパス、箱根新道の無料実験も今日で終わりらしいです(^_^;)



震災復興に役立つなら、たまに通る高速代くらいの負担は仕方ないですね。

それに、高速1000円のおかげで、首都圏の観光客がみんな遠出してしまい、

伊豆の観光業界は苦戦続きだったらしいです。

なんとか今年の夏は、ここの海岸にも人がいっぱい戻ってくるといいですね・・・




施設名称:屋形共同浴場
所 在 地:静岡県伊豆市土肥2791-21
電  話:なし
訪 問 日:平成23年6月19日
入浴料金:大人400円
U R L:なし

静岡県伊豆市  時乃栖 湯治場ほたる (★★☆) - 2011.06.19 Sun

ここは、御殿場や富士、伊豆などで、高級温泉リゾート施設を展開する

「時乃栖(ときのすみか)」グループの施設です。

どこも入浴料金は安くはなく、御殿場など、大人は平日でも1500円、

休日なら2000円します。



こちらも「まっぷる」や「るるぶ」などのガイドを見ると、

入浴料金が1200円と書いてありました。

2011061901P1000064-1.jpg

けっこう遠い伊豆の山の中で、それはないよね、と思ってました・・・(^_^;)



ところが、最近なにかの機会に、1200円は1日料金であって、

1時間料金は700円だということを知りました。

・・・だったら、いちおうリポートしてみるか! 

ということで、出かけてみました(^^ゞ



と、なんやかや、前置きが長くなりましたが、

確かに少しだけ高級店のイメージもある落ち着いた館内です。

2011061902P1000059-1.jpg

休憩室もありましたが、なんせ1時間ですので、先を急ぎますよ(^_^;)



で、さらに奥へと進んだところがお風呂の入口です。

2011061903P1000043.jpg



さあ、こちらが期待の大浴場です。

2011061904P1000045.jpg

露天風呂ではありませんが、壁も窓もありませんので開放感はなかなかです。

先客はお二人でした。



ともかく、ここはその広さがすごいです!

一応、3つに分かれていて、左からやや熱い、ふつう、ややぬるい、

と、湯温が違っていましたが、それぞれ30人ずつも入れるという広さでした。

2011061905P1000050.jpg

柱周りに入浴客が何人も気持ち良さそうに浸かっていました。

(↑ホントは石像です、まったりした顔なので怖くなかったです(^_^;) )



お風呂の向こうはすぐ下に川が流れ、せせらぎの水音だけが聞こえていました。

2011061906P1000048-1.jpg

はあ~ 緑豊かな自然とせせらぎの音は、何にもまさる大事なエレメントですね。



あっ、そうそう、お湯なんですが、無色透明、無味無臭、

脱衣場の貼り紙には、完全掛け流しと書かれていましたが、

温泉分析書が見当たらず、よくわかりませんでした(^_^;)



洗い場の隅には、つぼ湯がありましたよ。

2011061907P1000054.jpg

と、思ったら、水でした!



でも、入ってみました(*^^)v

ふふっ、・・・気持ちいいですね~♪



ということで、45分をメドにお風呂から出ることにしましたが・・・

2011061908P1000056.jpg

時計は12時20分くらいを指していました。



着替えて、一応、休憩室も覗いてみました。

2011061909P1000058-1.jpg

日曜ですが、そんなに混んでませんでした。

備え付けの毛布をかぶって寝ている人数人、静かに話している人数人です。

私はここで、ちょちょっと( ..)φメモメモ・・・



っと、以上、時乃栖 湯治場ほたる ですが、いかがでしたでしょうか?

2011061910P1000040-1.jpg

うるさくなくて、静かでいいとは思いますけれど・・・

お風呂もあれだけしかありませんから、そんなに1日いると言っても・・・

なかなか・・・(^_^;)



ということで、まあまあ、なんとか、というところでしょうか?




施設名称:時の栖 湯治場ほたる
所 在 地:静岡県伊豆市上船原545
電  話:0558-75-1028
訪 問 日:平成23年6月19日
入浴料金:大人1時間700円(1日1200円)
U R L:http://www.tokinosumika.com/hotaruizu/

静岡県河津町  温泉民宿 中瀬隠居 (★★★) - 2011.06.19 Sun

中瀬隠居・・・

伊豆の河津に、こんな名前の温泉宿があるということを最近知りました。

2011061901P1000039.jpg

しかも、500円で立ち寄り入浴ができるというんです。

だったら、リポートしなくっちゃ!

ということで、ある日曜日、雨の中を早朝出発して伊豆までやって来ました。



朝10時半、お訪いを告げると若奥さんが出てきて、

お風呂は、露天風呂と内風呂が2つあって、どれでもどうぞと、

また、誰もいないので3つ全部入ってもいいですよ、とのことでした。



で、内風呂その1を覗いてみた。

2011061902P1000031-1.jpg

ふんふん、こんな感じ、ね~♪



次に、内風呂その2も覗いた。

2011061903P1000032-1.jpg

なるほど、なるほど・・・

この内風呂2つは鍵がかけられて、貸切りにできるようです。



最後に露天風呂を覗いてみて、やっぱりこちらに入ることにしました。

2011061904P1000037.jpg

雨にぬれた周囲の緑が色鮮やかです。



お湯は無色透明ですが肌にやわらかく、微かに硫黄臭を感じました。

無味ですがミネラル豊富そうな(?)おいしいお湯でした(^^ゞ



大きくはありませんが、なかなか雰囲気あるでしょ?!

2011061905P1000030.jpg

時おり雨足が強くなったりしましたが、

露天風呂のこちら半分には屋根があり、頭は濡れずに快適でした(*^_^*)



と、まあ、これだけのことなんですが、

たまたま誰も他にいなかったこともありますが、

500円なら十分納得でした!

2011061906P1000035.jpg

それに、帰りにはちゃんと、先ほどの若奥さんが出てきて、

玄関口でしっかり見送ってくださいました。

どうもありがとうございましたー(^.^)/~




施設名称:温泉民宿 中瀬隠居
所 在 地:静岡県賀茂郡河津町梨本379-8-1
電  話:0558-35-7182
訪 問 日:平成23年6月19日
入浴料金:大人500円
U R L:http://www.n-inkyo.com/index.html

神奈川県横浜市  黄金湯 (★★★) - 2011.06.12 Sun

日曜日なのに、昨日に引き続き横浜市内の温泉銭湯です。

2011061201P1000019.jpg

今日やってきたのは、保土ヶ谷区の「黄金湯」でした。



いえね・・・(^_^;)

4月に営業所を変わってからというもの、たいへん忙しくって、

震災の影響もありますが、なかなか土日もままならず、

もちろん休暇なんか、夢のまた夢です。



昨日も1日仕事でしたし、今日も午前中現場に出るようなことで・・・

手軽な市内の温泉銭湯がやっとなんです。



と、ぶつくさ言いながらも、着いた・・・(^_^;)

2011061202P1000028.jpg

このあたりは、あまり人通りの多い場所ではなく、

建物も、なんとなく時代に取り残されたようなレトロ感も漂っています。



ともかく中へ入ってみます。

2011061203P1000027.jpg

ここはサウナもあるらしいのですが、燃料代高騰の折から、

サウナは土日だけらしいという噂も耳にしました。



内部は、今では珍しい番台式で、おばあさんが腰掛けていらっしゃいました。

料金は横浜の公定価格で450円です。

2011061204P1000025.jpg

あれっ? 番台から監視できる位置にモニターが・・・

ふうむ・・・ 

男湯の中には監視カメラがあります。

ということは、今日はお風呂の写真は難しそうですねー(^_^;)



浴槽は奥の壁の前に3つ並んでいて、一番左が温泉浴槽でした。

茶褐色ですが、お湯の底まで見える麦茶のようなお湯でした。

微かにモール臭がしています。

ただし、特につるっとした感じなどはありませんでした。



タイルの壁には、炭酸水素ナトリウム350mg含む温泉法上の温泉、

と書かれた表示板が貼ってありました。



写真は難しいかとも思いましたが、一応、1枚だけ撮らせていただきました(^^ゞ

左のが温泉浴槽ですね。

右2つは、白湯の沸かし湯でした。

2011061205P1000023.jpg

壁の絵は、安芸の宮島の鳥居の絵なんです。

横浜あたりとしては、ちょっと珍しい絵ですよね。



上の方にはお城の絵もありましたので、広島城(?)でしょうか?

あっ、先ほどの脱衣場からお風呂を撮った写真の左上のほうに写ってますよ。



ということで、以上、黄金湯でした。

まあまあ、ですかね?

麒麟淡麗は、200円でした・・・(*^_^*)

2011061206P1000026.jpg

おっと、そうそう!

サウナのことなんですが・・・

入ってみようと思って、近寄ってガラス戸越しに覗いてみたら、

暗いうえに、中はどうやら、タオル干し場になっていました。



つまり、今はもう、土日もやってないということのようでしたが、

なかなか、このあたりでお風呂屋さんを経営していくのは厳しそうです。

なんとか、がんばってほしいものですね・・・




施設名称:黄金湯
所 在 地:神奈川県横浜市保土ヶ谷区仏向町245-1
電  話:045-331-2707
訪 問 日:平成23年6月12日
入浴料金:大人450円
U R L:http://k-o-i.jp/koten/koganeyu.html(神奈川県公衆浴場業生活衛生同業組合)

神奈川県横浜市  若宮湯 (★★★☆) - 2011.06.11 Sat

ここは、地下鉄弘明寺(ぐみょうじ)駅から徒歩約3分、

鎌倉街道沿いに面した7階建て(ぐらいだったかな?)のビルです。

2011061101P1000001.jpg

土曜日の仕事帰りに寄ってみました。



のれんがかわいらしい温泉銭湯 若宮湯です。

ビルの上のほうはマンションのようでした。

2011061102P1000004.jpg

ところで、ここの住所は通町(とおりちょう)で、

一本裏の通りが若宮町というんです。



ふむ・・・ 昔はこのあたりも若宮町と言ったのだけど、

分かれて通町という新町名になったのか・・・

はたまた、もともと近所の若宮町で営業していたのが、

建替えを機にこちらに移転してきたのか・・・



些細なことが気になりだすと、落ち着かなくて、どうも・・・(~_~;)

誰か、教えて~~~(^_^;)



ま、いいや・・・

それはさておき、のれんをくぐると、アクリル板の下足箱がありました。

2011061103P1000015.jpg

ここは公衆浴場なので、基本は450円ですが、

サウナもあって、そちらは別に200円が必要です。



仕事の帰り道ということで、あまりのんびりサウナで時間を過ごす

というほどの時間と気持ちのゆとりもなく、きょうの私はサウナなしです(^_^;)

2011061104P1000012-1.jpg

なんか、ブレた・・・(^_^;)



お湯は、ご覧のとおり、黒湯です。

手前側が黒湯の冷水風呂で、中央のが黒湯の沸かし湯でした。

2011061105P1000011.jpg

でも、見てください! 洗い場のタイル床の変色がすごいですよね!

この黒湯、透明度がやっと1.5cmあるかどうかの正真正銘、真っ黒の黒湯でした。



それに、濡れ朽ち葉の匂いのようなモール臭がしっかりあって、ぬるぬるです。

そうと知って来たわけではありませんでしたが、

数ある黒湯温泉の中でも、一番の黒湯かもしれません。



黒湯浴槽のこっち側には、電気、エステバス、

ハイパワージェットバスが並んでいます。

2011061106P1000008.jpg

壁のタイル絵が水族館みたいで鮮やかですね。



はあ~ こんな濃い黒湯は久しぶりです~(^^♪

黒湯の温かいのと冷たいのと、交互に浸かってぬるぬるです~(^^♪

ということで、サウナはなくとも、しっかりリフレッシュできました(*^_^*)



で、受付横の休憩コーナーです。

2011061107P1000014.jpg

プシュ~ んごっ んごっ んごっ・・・(^^♪

うふふっ・・・(*^_^*)



ところで、鎌倉街道をはさんだ反対側あたり、比較的近くに「中島館」という温泉銭湯もあります。

2011061108P1000017.jpg

サウナはあちらは100円だったり、あちらは露天風呂があるとか、

お風呂の種類の豊富さではあちらに負けるとか、

そんな声も聞こえていたのですが・・・



いやいや、どうして、あちらのお湯も決して薄くはありませんが、

若宮湯の黒湯は、きっと、横浜一じゃないでしょうか。

お湯ならゼッタイ、ここがお奨めですよ!




施設名称:若宮湯
所 在 地:神奈川県横浜市南区通町4-81-1
電  話:045-731-1891
訪 問 日:平成23年6月11日
入浴料金:大人450円(サウナは+200円)
U R L:http://k-o-i.jp/koten/wakamiyayu.html(神奈川県公衆浴場業生活衛生同業組合)

山梨県身延町  ふだん着の宿 かがみゆ (★★★) - 2011.06.05 Sun

山梨県にある武田信玄のかくし湯の1つ、下部温泉に行ってみました。



きょう訪れたのは、以前来たことのある「下部温泉会館」の前をすぎて、

さらに少し奥まったところにある「かがみゆ」です。



ここはずいぶんのんびりした温泉のようで、

私が玄関を開けると、奥のほうで談笑していたおじさん(ご主人らしい)が出てきて、

応対してくださいました。

2011060501P1000075-1.jpg

このおじさんが言われるには、

うちに立ち寄りで来る人は、最低40分、長いと1時間20分くらいですよ、と。



また、露天風呂もあるけれど、それよりもぬるいのをメインにして、

身体が冷めたら温かいのに浸かってください。

ぬるいのと温かいのとに交互にじっくり浸かるのがいいですよ・・・ とのことでした。

2011060502P1000061-1.jpg

気の弱い私は、そう言われるともう、最低40分は出てはいけない!

40分では計ってたみたいだし、50分ぐらいはいたほうがいいかな・・・

などと、アレコレ考えてしまうのでした(^_^;)



ということは置いといて、お風呂のことですが・・・

2011060503P1000065.jpg

先の2枚目の写真がが温かいほうの浴槽です。

この3枚目のがぬるいほうです。

どちらもこんなに広々してるのに、ずっと私1人だけなんですよ。



露天風呂もありました。

2011060504P1000062-1.jpg

でも、確かに、おじさんも言われたとおり、そんなに広くない・・・

というか、2人でいっぱいな程度でした。



それでも、お湯に浸かった目線で見ると、

大きな石づくりのお風呂に緑もいっぱいで、それなりに雰囲気はありました。

2011060505P1000072-1.jpg

おじさんのお奨めのとおり、ぬるいのと温かいのと交互に浸かってみます。



身体を洗ったみたり、また、露天に出てみたり・・・

またまた、ぬるいのと温かいのと繰り返したり・・・

2011060506P1000069.jpg

と、そのうち、ようやく40分が過ぎ、帰ることにしたのでした(^_^;)



下部温泉のお湯は、無色透明で無味無臭です。

特に変わった特徴があるわけではありませんが、

さらさら系の弱アルカリ温泉かな、という感じでした。

2011060507P1000068.jpg

これがスバリ当たってたらおなぐさみ、なんですけどね・・・

表示が見当たらなかったので、確認できませんでした(^_^;)

でも、ま、いっか、では~(^.^)/~




施設名称:ふだん着の宿 かがみゆ
所 在 地:山梨県南巨摩郡身延町下部1130-20
電  話:0556-36-1312
訪 問 日:平成23年6月5日
入浴料金:大人800円
U R L:http://www8.ocn.ne.jp/~shimobok/kagami/kagami.html

山梨県身延町  門野の湯 (★★★) - 2011.06.05 Sun

はーい! みなさん、こんにちは~

温泉リポーターのりゆうですー(^^♪



きょうは私、山梨県の身延町にある「門野の湯(かどののゆ)」にお邪魔しています!

2011060501P1000056.jpg

もう、私、待ちきれずに中に入っておりますが、

中にはこんなのれんが掛かっています。

右には、小上がり風の休憩室もあります。



こののれんをくぐると、その奥に、ホントの浴室ののれんがあります。

2011060502P1000045-1.jpg

では、さっそく入ってみましょう(*^_^*)



脱衣場は小ぢんまりとしています。

そうですね、4畳半というところでしょうか。

2011060503P1000053-1.jpg

ちゃんとリターン式のロッカーがあります。



さて、いよいよお風呂の中ですが・・・

おおっ、これは!



浴室の前面がガラス張りになっていて、なかなかの開放感です。

ちょうど緑も美しく、明るくさわやかですね~

2011060504P1000048-1.jpg

こちらのお風呂、10人くらいのゆったりした広さでジェット装置も付いていますが、

お湯は37℃ということで、かなりぬるめの設定です。

今はやりの「不感温度風呂」というところでしょうか。




この左にもう1つ40℃の浴槽があります。

こちらが、そのもう1つのお湯に浸かっての1枚です。

2011060505P1000054-1.jpg

ジャグジーで泡ブクになってました。



お湯は、脱衣場にあった分析書によると、

PH8.45の単純硫黄泉ということでしたが、

無色透明、無味無臭で、肌触りも含めて、

感覚的には格別に特徴のあるものではありませんでした。



ところで、お客さんは、私のほか常に3~4人いらっしゃいましたが、

ぬるめのお湯にじーっくり浸かっているお客さんが多くて、

実は、写真を撮らせてもらうのがなかなか大変だったんですよ(^_^;)



ふう~・・・

ということで、お風呂の写真取材もなんとかできました(^^ゞ



こちらは受付とロビーまわりです。

2011060506P1000059.jpg

私は、休憩なし2時間400円の券しか買いませんでしたので、

こちらに座って飲み物だけいただきました。

あっ、町民の方は300円らしいですよ。

さすが、身延町の町立施設ですね。



という門野の湯でしたが、なんとなく「蔵」をイメージする作りですが、

ここは町の高齢者保養施設という位置づけのようです。

2011060507P1000047-1.jpg

あっ、もしかして、お湯がぬるめに振ってあったのは・・・

お年寄りの安全面のことを考えてのことなんでしょうか、ね・・・?



いずれにしても、2時間400円というお値段ですから、

ぬるいのと温かいのと、のんびり時間をかけて交互に浸かるというのが良いようです。



以上、りゆうの日帰り温泉図鑑、

きょうは、山梨県身延町の高齢者保養施設 門野の湯からお届けしました。

それでは、また、次回をお楽しみにー(^_^)/~



(と、すっかりリポーター気取りでやってみた・・・(^_^;) )




施設名称:門野の湯
所 在 地:山梨県巨摩郡身延町門野1122
電  話:0556-62-2221
訪 問 日:平成23年6月5日
入浴料金:大人2時間400円
U R L:http://www.town.minobu.lg.jp/kanko/midokoro.php?id=99

静岡県富士宮市  新稲子川温泉ユートリオ (★★★☆) - 2011.06.05 Sun

ほらねっ(^^♪  右がユートリオです。

交通標識に書かれてるくらいですから、行ってみたくなるじゃありませんか(^^ゞ

2011060501P1000021.jpg

で、行ってみました(*^^)v

横浜を朝7時ちょうどに出たかいがあって、10時ちょうどに着きました。



着いてみると、さわやかな新緑の中、

山裾の敷地にゆったりと建つ保養施設のようでした。

2011060502P1000024-1.jpg

ここは、ちょっと前のガイドでは入浴料金1500円と出ています。

なので、ちょっと足が重たかったのですが、

最近、料金も改定されたそうなんです。



今は1時間30分で500円でした。

その他、3時間だと800円、1日料金も1000円になっていました。

ちなみに、ここにはお風呂だけじゃなく、温水プールもあります。

同じ料金でプールもお風呂も入れるそうです。

2011060503P1000027.jpg

私は、例によってお風呂だけですが、ほとんど時間ピッタリだったはずですが、

既に先客の方が2人いらっしゃいました。



それでも、写真は撮らせていただきましたけどね(*^^)v

2011060504P1000032-1.jpg

ひのき枠のお風呂は2つあり、左は10人以上入れるお風呂で、

右は28.4℃の源泉風呂でした。



こちらは露天風呂ですが、

おおっ! ホント、目に青葉・・・ですねー(*^_^*)

2011060505P1000034.jpg

それに、すぐ近くの緑の茂みから本物の鳥のさえずりが聞こえて、

あぁ・・・ 爽快、いい感じです!



やっぱ、温泉ってお湯も大切ですが、眺めというか環境というか、

視覚的なものも大切ですよね(*^_^*)

2011060506P1000033-1.jpg

いやされ感はなかなか優れものでした。

このへんは、東京、横浜の温泉銭湯には残念ながら望むべくもないところです。



という、朝の1番風呂を出てみると、

休憩所は、いつのまにかお客さんが増えてきていました。

2011060507P1000038.jpg

こちらで、しばし記録です( ..)φメモメモ



お湯は、含硫黄-カルシウム・ナトリウム-塩化物泉で、PH9.7でした。

無色透明、無味ですが、かすかにカルシウム臭が感じられます。

どちらかというと、キシキシ系のお湯でした。



ここで、食事もとれるようで、

ざるそば550円、ラーメン450円、カレー500円など、

それにビールもありました。



と、メモも終わりましたので、では、そろそろ次行きま~す(^^♪

2011060508P1000040.jpg

なかなか、いい気持ちでした~♪

では、どうもでしたー(^.^)/~




施設名称:新稲子川温泉 ユートリオ
所 在 地:静岡県富士宮市上稲子1219
電  話:0544-66-0175
訪 問 日:平成23年6月5日
入浴料金:大人1時間30分500円、3時間800円(1日1000円)
U R L:http://u-trio.com/index.html

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。