2011-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉県柏市  柏天然温泉 ゆの華 (★★★) - 2011.05.29 Sun

※ 平成26年3月31日をもって閉店しました(・.・;)



別にぃ、どこでも良かったんですぅ・・・



千葉の柏市付近を走っていて、どおしようか考えてました。

で、2、3の候補の中から寄ってみたのがこちらでした。

2011052901P1000010-1.jpg

たまたま近かったからなんです・・・

前の道路はR16ですね。



ここは、よくある土日料金が平日より高い、という設定ではなく、

いつでも大人700円という設定でした。

こういうのはポイント高いです(^^♪



お風呂は、毎日、男女を1階(和風)と2階(洋風)で入れ替えるそうですが、

今日の男湯は2階でした。

2011052902P1000003-1.jpg

階段の途中から、食事処を撮ってみました。



こちらが男湯の入口です。

2011052903P1000004-1.jpg

中は・・・ お客さんはかなりいっぱいでした。



こちらは雨模様の露天風呂です。

歩行浴槽になっていて、雨に打たれて歩く人もないので、1枚いただきました。

2011052904P1000005.jpg

でも、雨でちょっとレンズが曇ってました(^_^;)

今日の写真はこれ1枚だけですが、

でもまあ、よくある温泉スパですから、きっとご想像の範囲内ですよー(^_^;)



いちおう、お湯の印象だけ書いておきますね。

お湯はナトリウム-塩化物泉で、黄土色のにごったようなお湯です。

ただ、底まで見えますのでかなり透明度は高いです。



味は、かなり塩っ辛いです。

それに、アクのようなエグい渋みがあります。

肌の弱い方はご注意の、ガツンとくる強いお湯でしたよ。

切り傷でもあるとしみそうです。

2011052905P1000007-1.jpg

おっと、大事なこと忘れてたっ!!

サウナ好きにはたまらない情報です(^^ゞ



ここのサウナは普通のドライサウナと、塩サウナ、

それにハーブのミストサウナと3つもあったんですよ!

2011052906P1000008.jpg

そんなことで、あっちのサウナ、こっちのサウナと・・・

私、お風呂の中に2時間半くらいいてしまいました(*^_^*)

こんなに遠くまで来て、思わぬ長湯になってしまいましたが、

まあまあでしたよ~(^^ゞ




施設名称:柏天然温泉 ゆの華
所 在 地:千葉県柏市柏6-10-15
電  話:04-7162-4126
訪 問 日:平成23年5月29日
入浴料金:大人700円
U R L:http://www.yunohana.co.jp/kashiwa.html
スポンサーサイト

神奈川県川崎市  政の湯 (★★★) - 2011.05.28 Sat

ここはJR川崎駅から歩いて約10分のところです。

唐突ですが、この界隈はけっこうアブナそうな一帯です(^_^;)



過激なフーゾク店がそこここにあって、

キョロキョロしてるともの欲しげなお客に見られてしまいそうです。



そんなあぶないストリートにある「政の湯」ですが、

こちらはもちろん、明るく健全なお風呂屋さんです(^_^;)

2011052801P1000064-1.jpg

ふう~ ヨカッタ・・・(^_^;)



玄関の中では、スヌーピーではないとは思いますが・・・

2011052802P1000068.jpg

おちゃめなワンがお客さんを陽気に迎えてくれます(*^_^*)



お風呂の入口ののれんも・・・

2011052803P1000073-1.jpg

ごくフツーです・・・



お風呂は、こちらに温泉の2つの浴槽がありました。

含重曹・食塩泉ということですから、

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉というところですね。

2011052804P1000070-1.jpg

手前は寝湯で完全に1人用です。



お湯は茶色で、透明度が15cmくらいでした。

かすかに炭酸水素塩泉らしい香りがしていました。



こちらは白湯浴槽です。

2011052805P1000071-1.jpg

ジャグジーもブクブク気持ち良さそうです。



その他、サウナと水風呂もちゃんとありました。

ただし、サウナは別に200円必要ですが・・・



で、そのサウナはどうだったか、って??

・・・あうっ、いててっ(>_<)



実は、私としたことが、こんなあやしい(?)通りを歩いたせいで、

かなりの気後れをしてしまい・・・

わかってはいましたが、サウナの別料金は払いませんでした・・・(-_-;)



なので、サウナは、どうなっているのかわかりません(-_-;)

すみません・・・



でも、サウナがなくても、

熱い黒湯と水風呂を交互に入るだけで十分にさっぱりしましたよ。

これからの夏に向けては、これだけで十分気持ちよく汗を流せます!



・・・と、負け惜しみみたいですか・・・(^_^;)

でも、嘘じゃないですよ、気持ちいかったのはホントです。



後でいつものように、お風呂からあがって缶ビールを1本いただきました。

2011052806P1000072-1.jpg

受付前の休憩コーナーなんですが、生活ガイドと並んで、

なにげに、おねいさんの顔写真付きフーゾクの宣伝用ウチワがあったり・・・



別に気にしなければいいのですが、どうも・・・

私のような小心者はどうにも落ち着かない「政の湯」でした(^_^;)



で、外に出てあらためて見まわすと・・・

2011052807P1000067-1.jpg

この通り、政の湯通り、なんだそうですよ!



それに、政の湯商店会!!

2011052808P1000080.jpg

この「政の湯」って、どんだけ力を持ってるんでしょ?!



なんだか、ただの銭湯じゃないな、と思わせますよね(^_^;)

2011052809P1000077-1.jpg

参考までに、近所にはこんなお店や・・・



あんなお店・・・

2011052810P1000081.jpg

アブナイ雰囲気ぷんぷんです・・・



焼肉店の前にこんなスパルタンにドレスアップしたZがあったり・・・

2011052811P1000083.jpg

おっ?! 



こっちにはセンチュリーか・・・

2011052812P1000084-1.jpg

こんな車、庶民は乗らないですから・・・



と思ったら、代紋入りの○○会総本部・・・??

2011052813P1000085-1.jpg

これは写真撮ってる場合じゃないかも!!



A) おい、政っ!

B) へい、アニキ、なんすか?!

A) 表でカメラ向けてるあの野郎を引っ張ってこい!

B) へい、わかりやした!



えっ?! マジ、やばいっす(>_<)

さようなら~~~(>_<)



(※おことわり A・Bのやりとりはあくまでもフィクションです(^_^;) )




施設名称:政の湯
所 在 地:神奈川県川崎市川崎区南町2-4
電  話:044-222-3256
訪 問 日:平成23年5月28日
入浴料金:大人450円(サウナは+200円)
U R L:http://k-o-i.jp/koten/masanoyu-kawa.html(神奈川県公衆浴場業生活衛生同業組合)

神奈川県川崎市  ニュー銭湯 かまぶろ温泉 (★★☆) - 2011.05.22 Sun

ある日曜日、京浜急行に乗って川崎大師に行ってみました。

2011052201P1000035.jpg

川崎大師は、東京の明治神宮、千葉の成田山新勝寺に次いで、

全国3番目に初詣客の集まる超人気スポットです。

私も何年か前に1度来たことがあります(^^ゞ



ちなみに、4番目は浅草寺、5番目は鎌倉の鶴岡八幡宮らしいです。

ついでに、( ..)φメモメモ



なるほど、大師というからには、やはり弘法大師の関係です。

2011052202P1000038.jpg

正しくは、「真言宗智山派大本山金剛山金乗院平間寺」というらしいです。

でも・・・ 憶えられない・・・(^_^;)



一心に手を合わせる人たちは、何を祈っているのでしょうか。

2011052203P1000040.jpg

その向こうにはお坊さんが立ち、大震災義援金の呼びかけもされていました。

私もほんの気持ちばかり・・・です。



境内ではジャグラーがパフォーマンスを見せていました。

2011052204P1000042.jpg

ジャグラー・ルビーさんというようです。

お寺でこんなのやってるんだ!



で、頃やよし、というわけでやってきました。

ニュー銭湯 かまぶろ温泉です。



こう書くと、川崎大師から近そうですが・・・ 近くないです!

たっぷり20分以上歩きましたー(^_^;)

2011052205P1000051.jpg

でも、なかなか派手な目立つ色の建物ですね。



お風呂の設備はスーパー銭湯並みにいろいろ整っていますが、

基本は公衆浴場価格の450円で、サウナ付きで770円になります。



私は、もちろん券売機で770円の券を買いました。

そうすると、サウナ利用者識別用のリストバンド、タオル・バスタオル、

それに使い捨ての歯ブラシまでいただきました。



こちらは一般部分(共用)のお風呂です。

2011052206P1000055-1.jpg

壁に水槽がはめ込んであり、お風呂に浸かりながら、

メダカやグッピーなど小魚が泳ぐのを見るという珍しい趣向です。



こちらはやや茶色系のにごったお湯です。

ナトリウム-塩化物泉ということですが、ヒマラヤ岩塩を混ぜ込んでいるそうです。

2011052207P1000054.jpg

正面の容器に入っているのがヒマラヤ岩塩の固まりなんですが、

せっかくの温泉ですから、なにも岩塩を混ぜる必要ないのになぁ、

と思ったりします・・・



味は、しょっぱいはしょっぱいですが・・・

本当の味や匂いがイマイチわかりません。



ところで、この奥の階段を4段上がったところが、

サウナ利用者専用スペースとなっていました。

2011052208P1000052.jpg

ここにはサウナ室と水風呂のほか、専用の洗い場もあります。

ここにだけに、シャンプーやボディソープが置いてありました。



私は、例によってサウナでしっかり汗を流しましたが、

ちょっと熱めでした・・・ アッチチ・・・(;^_^A



ということで、きょうは比較的あっさりと終わります(^_^;)

で、風呂上りの缶ビールは300円、と・・・

これも、ちょっと高めかな・・・



以上ですが、本日は川崎のヘルシースポット「かまぶろ温泉」からお届けしました。

2011052209P1000060.jpg

まあ・・・ ギリギリのラインというところでしょうか。

じゃ、そーゆうことでー(^_^)/~




施設名称:ニュー銭湯 かまぶろ温泉
所 在 地:神奈川県川崎市川崎区藤崎町4-7-3
電  話:044-211-2626
訪 問 日:平成23年5月22日
入浴料金:大人450円(サウナ付き770円)
U R L:http://www.kamaburo-onsen.com/

神奈川県厚木市  七沢温泉 中屋旅館 (★★★) - 2011.05.21 Sat

5月21日、土曜日の午後、仕事を終えて帰ってきました。

遅い昼ごはんを食べてひと息ついていると、もう夕方も近いのですが、

考えてみたら明日は夕方まで休みですし、

思いたって出かけてみることにしました(*^^)v



横浜から34km、1時間ちょっとの道のりを走り、

厚木市七沢の温泉旅館 中屋旅館に着きました。

その時は、もう午後6時を回っていました。



中屋旅館のお風呂は、露天風呂と内風呂と2つですが、

まずは明るいうちに露天風呂、ということでこちらから行ってみました。

2011052101P1000004-1.jpg

ふむ・・・ 赤い日よけの傘が印象的でしたね。



お湯に浸かるとこんな感じです。

なかなか風情のある1枚だと思いません、ですか?

2011052102P1000013.jpg

それに、たぶん音響でしょうが、時折かじか蛙の鳴く声が、

ケロケロケロ・・・と聞こえてきました。



そうこうしているうち、露天風呂に灯が入ったのです。

2011052103P1000015-1.jpg

お湯はぬるっとしていて、特にボディソープを使ったあとでは、

ものすごくぬるぬるになり、いつまで流してもぬるぬるが取れません。

確か、飯山温泉あたりでも感じた独特のヌルヌルべとつくお湯です。



お湯の温度はやや熱めでしたので、

一度につき3~5分程度ずつ、何回も繰り返し浸かってきました。



誰も他にいらっしゃいませんでしたので、洗い場にぺたんと座り込んで・・・

夕闇が近づく中、火照った身体にあたる涼風が心地よかったです。



ところで、せっかくですから、内湯のほうも入らなくっちゃ!

ということで、服を着て今度は内風呂のほうにやってきました。

2011052104P1000023-1.jpg

2~3人が入れる程度で大きくはありませんが、

こちらのお湯もなかなか、つるつるのぬるぬるでした。

2011052105P1000022.jpg

温泉分析書は見当たりませんでしたが、効能書きが張ってありました。



温泉分析書は、もしかしたら玄関横とか、

フロント(帳場)付近にあったのかも知れませんが、

残念ながら気づきませんでした。

2011052106P1000025-1.jpg

玄関ホールですが、伝統と風格が感じられます。



ということで、しばし、ぬるベトの無色透明のお湯に浸かった後、

2011052107P1000027.jpg

午後7時過ぎ中屋旅館を後にしました。



ふと見ると、玄関横に柴犬がいました。

2011052108P1000028.jpg

この旅館の飼い犬のようですが、なぜか、近寄っても目を合わせてくれませんでした。

客商売なのにシャイなんですかね~(^^ゞ

それとも、うさんくさそうなヤツが来たと思って、

目を合わせたくなかったのかなあ・・・(^_^;)



まったく、失礼しちゃうな・・・(^_^;)





施設名称:七沢温泉 中屋旅館
所 在 地:神奈川県厚木市七沢2750
電  話:046-248-0008
訪 問 日:平成23年5月21日
入浴料金:大人1000円
U R L:http://www9.ocn.ne.jp/~nakayar/

神奈川県箱根町  大和館 (★★★☆) - 2011.05.15 Sun

大和館は箱根湯本駅近くの旅館の立ち並ぶ、その奥ににひっそりと建つ小さな宿です。

2011051501P1000092.jpg

江戸時代創業の老舗ということですが、大型のホテルや旅館に押され、

現在では素泊まりと日帰りのみの受け入れとなっているようです。



これだけ有名な観光地の箱根でも今はなかなか厳しく、

全体としてのパイは小さくなっているようです。

2011051502P1000090.jpg

特に大震災の影響による観光客の激減により、

箱根でも、先日、とうとう廃業を決めた日帰り施設もあります。



そんな時代ですので、私も微力ながら、せっせと箱根に行きたいと思います。

2011051503P1000082.jpg

と、つい、しんみりとあれこれ考えているうち、

あらら・・・

いつの間にか脱衣場まで来ていましたよ(^_^;)



お風呂はこれ1つだけです。

女将さんは、大きい方ですので誰かお客さんがきたら一緒にお願いしますねー

と言われましたが・・・

2011051504P1000087.jpg

こんな感じで、3人がやっとというところですが、

オーバーフローのお湯が洗い場に流れていました。



こちらは方向を変えて撮ってみました。

ま、特に代わり映えはしませんね(~_~;)

2011051505P1000084.jpg

あ、結局、私のいた間、誰も入ってくる人はありませんでしたよ。



ところで、泉質はどこにも書いてありませんでしたが、

無色透明で、くせのないまろやかなお湯でした。

このあたりですからアルカリ性単純温泉というところでしょうか。

2011051506P1000085.jpg

車も何台か置けて便利です。



すぐ近くには、有名な大きな旅館や、

国道からいつも見かける流行っている日帰り温泉施設もあります。

2011051507P1000089.jpg

ということで、箱根の賑やかな通りから二本くらい裏に入った感じで、

明るい賑やかさとはちょっと違って、

なにか秘密めいた匂いがしていたりして、

私としては、個人的にはけっこう憧れました。

2011051508P1000093-1.jpg

こういうとこに・・・ いつか、来れたらいいなあ、と・・・(^_^;)ナンノコッチャ・・・




施設名称:大和館
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町湯本655
電  話:0460-85-5746
訪 問 日:平成23年5月15日
入浴料金:大人600円
U R L:http://www.kanagawa-ryokan.or.jp/institution_hp/yamatokan.html

神奈川県箱根町  マウントビュー箱根 (★★★★) - 2011.05.15 Sun

久しぶりに箱根に行ってみました。

前に来たのは、震災前のまだ雪の残っている2月でした。

私の定点観測ポイントの仙石原は、もうすっかり初夏の趣になっています。

2011051501P1000056-1.jpg

ススキを除いて、ですが・・・

>>平成23年1月16日の仙石原はこちら>>

              

と、そこで10時半になりましたので、

近くの「マウントビュー箱根」に立ち寄ることにしました。

2011051502P1000078-2.jpg

大好きな仙石原の白いにごり湯がお目当てです(*^_^*)



ここは入浴料金は1100円と、ちょっと値が張ります。

別のところも候補にしていたのですが、そちらは11時からということで、

待つのもナンですし、日頃まじめに働く自分へのご褒美ということで、

ま、いっかと・・・(^^ゞ



で、お風呂でーす(^^♪

2011051503P1000074-1.jpg

箱根にごり湯の会の看板も誇らしげですね。



ただし、内湯のほうはにごり湯ではありません。

2011051504P1000071-1.jpg

6~7人が入れる石タイルの浴槽には、やわらかなお湯がなみなみと満たされていました。



内湯は、さっとスルーして・・・

では、お待ちかねのにごり湯です!

2011051505P1000060-1.jpg

あずまや風の屋根付きの露天風呂でした。



このお湯は箱根温泉供給株式会社の生成する温泉で、

仙石原一帯の旅館などに供給されています。

私のいちばん好きな温泉なんですよ~(*^_^*)



日差しにキラキラと輝くミクロの白い粒子の混ざったお湯で、

単純な硫化水素臭とも違う独特のカルシウム臭のある

なんともアロマな香りが病みつきになります(*^_^*)



なんとも幸せな気分に包まれます。

いつものお湯に浸かった目線です(^^♪

2011051506P1000067-1.jpg

はぁ~ 温泉はええわぁ~(*^_^*)

ついつい昔の関西なまりが出ます~(^_^;)



この1枚がわりと本物に近い色合いです。

2011051507P1000070-1.jpg

いいでしょ~ ♪



透明度は30~40cmというところでした。

周りの石はカルシウム分が付着して白く変色していますね。



脱衣場にあった表示では、ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩泉とありました。

PH2.2ですから、確かにスッパ渋っ! ですよ(^^ゞ

2011051508P1000058-1.jpg

浴感はもちろんしっかりありますし、湯上がり感も爽快です。

そのうえ、このお湯はかなり強烈で、数日間この香りを身体から感じます。

ホント、このお湯大好きです!!

1100円ですが、やっぱ、来てよかったですー(*^_^*)



ということで、ガツンと来る強いお湯の後は、コレでした。

2011051509P1000079.jpg

いつもの激辛坦々麺、きょうは4番にしてみました。

こちらもガツンとくる辛口です。



最後にしますが、本題とは関係ないのですが、例のポスターです(^^ゞ

2011051510P1000052.jpg

2011年の最新作です。

今年の標語は、「消したはず 決めつけないで もう一度」です。

そして、今年1年間の全国統一防火標語の日本損害保険協会版のモデルに選ばれたのは、

橋本愛ちゃんでした!



今年1年、あちこちで見かけることでしょう。

皆さん、どうぞよろしくお願いしますー(*^_^*)




施設名称:マウントビュー箱根
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原885
電  話:0460-84-6331
訪 問 日:平成23年5月15日
入浴料金:大人1100円
U R L:http://mvhakone.jp/

東京都墨田区  御谷湯 (★★★) - 2011.05.08 Sun

昨日に続き、2日連続で東京散策です。

今日は、東京スカイツリーのおひざ元、墨田区をうろうろしています。

2011050801P1000012-1.jpg

スカイツリーと鳥居のコラボの図です。



鳥居があるからには、神社、というわけで・・・

はい、現在、隅田公園の隣の牛嶋神社に来ています。



こちらの写真は「撫で牛」といって、身体の悪い部分を撫でて、

次いで牛の同じ部分を撫でると、良くなると伝えられています。

2011050802P1000009-1.jpg

病気平癒の「撫で牛」ですが、私の場合は・・・

頭をいっぱい撫でておきましたー 

・・・ムリかなあ(^_^;)



さて、商店街をスカイツリーに向かって進むと、634m到達記念!

2011050803P1000013.jpg

ということで、ゆかたの6340円セールをやっていました。

ところで、どうして634mにしたか、知ってますぅ?



実用上は600mあれば問題なかったようですが、

いろいろ世界の塔と高さを競ううちこの高さになったそうですね。

最後の決め手は、このあたりの旧国名 武蔵の語呂合わせらしいです)^o^(



建設費400億円を含む総事業費は約650億円ということですから、

なんと1mあたり1億円強というお値段になります。



せっかくなので、真下近くまで行ってみましたよ。

2011050804P1000025-1.jpg

真下近くになると上のほうはよく見えないので、

これで本当に634mもあるなんて思えませんよね。

でも、うー、首がいてっ!



いててて、というわけで、スカイツリーはこのくらいにして、

途中、本所税務署などを横目に見ながら、歩きました。



本所かぁ・・・

そういえば、本所の鐡、なんてぇ呼ばれたのもいやしたかねぇ・・・

ん? あれは実在の人物ではないんでしたっけ?



とまあ、江戸の昔に思いをはせながら、やってきたのはこちらでした。

はい、ここから温泉にもどりますー(^^ゞ

2011050805P1000035.jpg

温泉銭湯、御谷湯(みこくゆ)です。

のれんは、やはりイナセな江戸風です。

建物の風合いといい、なかなかの渋さですね。



のれんの内側は、定番の松竹の下足箱です。

2011050806P1000046-1.jpg

中はいまどきのことで、フロント式になっていました。



料金は450円、東京の公衆浴場価格です。

2011050807P100003971.jpg

カギ付きロッカーもありますが、銭湯定番の籐かごも置いてありました。



正面奥に白湯浴槽が3つ並んでいます。

いちばん左は深くて「足ふみ風呂」と書いてあります。

2011050808P1000041.jpg

その右は、ジェット墳流が腰に心地よい「座風呂」です。

さらに右にジャグジーの「白湯」、この一角に打たせ湯までありました。



壁は、ご覧のとおりタイル絵ではなく、

なにかの遺跡からの出土品を貼りつけたような雰囲気でした。



こちら側には黒湯浴槽が3つあります。

おっ! これはピントぴったしです(^^♪

2011050809P1000044.jpg

奥から、高温風呂、中温風呂、低温風呂となっていました。



この熱いのと冷たいのを交互に入ると気持ちいいですよ~♪

とってもサッパリします。

ただ、どちらも広くないので、2人ずつくらいしか入れませんが。



ところで、お湯の色がなんとかわかりますか?

2011050810P1000043-1.jpg

茶色のお湯で、透明度が20cmほどでした。

ほとんど無味無臭です。



温泉分析書は見当たりませんでしたが、

おそらく、ナトリウム-炭酸水素塩泉系ではないかと思います。

なんだかんだと歩きまわりましたので、今日は足も疲れました。

後の予定はなしにして、のんびりお風呂タイムにしました(*^_^*)



以上、今日は、東京の下町にある渋~い温泉銭湯でしたが、

黒湯系の茶色のお湯もいいですし、

お風呂は意外と沢山の種類があって、まずまず堪能できました(*^_^*)

ということで、★3つということにさせていただきました!



さて、お風呂から出て、駅に向かう道ですが・・・

2011050811P1000049-1.jpg

634mもあるものですから、どこからでもよく見えますね。



それにしても、今から200年以上も昔、

江戸の盗賊どもに「鬼平」と怖れられたあの人は、

この町にこんな高い塔が出現すると想像したでしょうか・・・




施設名称:御谷湯(みこくゆ)
所 在 地:東京都墨田区石原3-30-8
電  話:03-36231695
訪 問 日:平成23年5月8日
入浴料金:大人450円
U R L:なし

東京都大田区  照の湯 (★★★★☆) - 2011.05.07 Sat

今日は5月7日です。

初めて言いますが、実は私の誕生日なんですよー(^^♪



しかも土曜日だし・・・ ということで、昨夜から、

ちょっとフンパツして普段なかなか行けない特別な温泉でも行こう、と思ってました。



で、多少はあれこれありましたが、やって来ました(^^ゞ

京浜急行の雑色(ぞうしき)駅です。

2011050701P1000200.jpg

駅前にはすぐにアーケードの雑色商店街があります。

商店街のぶら歩きも楽しいですよね~(*^_^*)



おっ?!

ここは商店街の会館みたいですが・・・

2011050702P1000168-1.jpg

マスコット・キャラですかね・・・

ベタですね~(^^♪



ほーほー、「人にまちに優しい《笑》店街」だと。

2011050703P1000171.jpg

でも、嫌いじゃないんですよね、このセンス(^^ゞ



おやっ? 

あれは・・・?

2011050704P1000174-1.jpg

「ON泉 OFF呂」!

うふふっ、かなりウケた~(^^♪



ということで、やってきましたよ!

ここは、東京都大田区の温泉銭湯「照の湯」です。

2011050705P1000177.jpg

えっ、これが・・・ 特別な温泉かい?! 

と、ツッコミもありそうですが・・・(^_^;)

まあ、いろいろ事情もないことはなく、ご容赦を・・・(^_^;)



のれんをくぐると、コレがまた不思議の国のゆめワールドです。

2011050706P1000190.jpg

なんか、かなりごちゃごちゃしていますねー



さて、というのはともかく、早速お風呂に行ってきま~す(^^♪

ここは黒湯温泉でサウナも付いているのに、

450円ポッキリという大変大衆的な価格なんですよ。



お風呂に入ると、正面に大きく富士山と西伊豆の海の風景が描かれていました。

洗い場のイスが大理石風の作りつけなのは、ちょっと初めての経験でした。



お客さんは少なくありませんでしたが、なんとか1枚撮らせていただきました。

左に見えるのが、銭湯にしてはずいぶん奢った古代檜のお風呂です。

2011050707P1000181.jpg

手前が浅くなっている寝転び湯、奥は電気風呂でした。

右には、イベント風呂ということでラベンダーのお風呂もありました。



サウナは5人がやっとですが、こういうところではそんなに混雑はしません。

有線でコテコテの演歌がずーっと流れる中、

適度に3回30分、汗を流してまいりました(;^_^A




ここの水風呂には、源泉そのままの冷鉱泉が使用されています。

3cmほどしか見えない真っ黒の黒湯で、

ほとんど無味無臭ですが、ややぬるっとしていました。

PH8.1のナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉ということでした。



こちらは外気浴槽という程度の露天風呂ですが、

こちらにも黒湯が使われていました。

2011050709P1000186.jpg

子どもの日(端午の節句)ウィークということでしょうか、

菖蒲が湯舟の中にドサドサと投げ込んでありました。



いずれにしても、ともかく公衆浴場価格の450円だけで、

これだけ設備が充実しているのですから、文句なしだと思います。



湯上がりには、受付横の小さなロビーでひと休みすることもできます。

2011050710P1000188.jpg

缶ビール(350ml)が250円ですから、まあまあですよね。

なんと、あのテレビは「子連れ狼」をやってましたよ。

たぶんDVDだと思いますが・・・



以上、照の湯は、日本の高度成長を支えた京浜工業地帯のど真ん中の町、

東京大田区にあって、この町にとってもよく似合う、

気取らないけれど中身の濃い、お湯も濃い、温泉銭湯でした(^^♪

2011050710P1000189.jpg

以上、私にとって特別な日の特別な温泉、いかがでしたか?



ON泉 OFF呂 っと・・・

ね、いいでしょ~~~(^_^;)

上戸彩さんも、そうそう、だって・・・(^^ゞ

2011050711P1000173-1.jpg

やれやれ・・・ グスン・・・




施設名称:照の湯
所 在 地:東京都大田区仲六郷3-23-6
電  話:03-3739-5527
訪 問 日:平成23年5月7日
入浴料金:大人450円
U R L:http://www.ota1010.com/yu.cgi?no=027,code=(大田浴場連合会)

長野県平谷村  平谷温泉ひまわりの湯 (★★★★) - 2011.05.04 Wed

長野県の西南の端、もう岐阜県や愛知県もすぐ近くのところまで来ました。

2011050401P1000151.jpg

ここは、「道の駅信州平谷」に併設の温泉施設「ひまわりの湯」です。



道の駅としても相当大規模の施設ですが、

2011050402P1000150.jpg

温泉にもお客さんがドヤドヤと入っていきます。



すごい人気ですね、ゼッタイ、混んでそうですねー(^_^;)

2011050403P1000156.jpg

館内のおみやげ物コーナーもひろびろ充実しています。



ちょっと覗いた食事処(兼休憩室)も人がいっぱいでした。

2011050404P1000154-1.jpg

今日は早朝からたくさんの温泉に入りましたが、



もう5時半も過ぎましたし、きっとこれが最後です(^^ゞ

2011050405P1000157.jpg

さて、ここからお風呂で~す(^^♪



で、そのお風呂は・・・

うわっ! 

なるほど、すごい人数でした!!

ということで、さすがに今回は写真はなしですね・・・(^_^;)



まず、内湯ですが、大きなタイル張りの浴槽が2つ、

たくさんのお客さんでも平気な20人と25人くらいの広さがありました。



そして露天ですが、こちらは岩づくりで、やはり2つありましたが、

これがまた広いです!!

どちらも30人以上浸かれそうな広さがありました。



ともかく人が多くて、あちこちざっと100人くらいいたと思います。

洗い場の順番待ちも大変そうでしたよ。



ただし、私としては本日5回目のお風呂ですので、

こんな混雑時には洗い場はパスです(^^ゞ



旅の最後にはサウナも欠かせませんが、

私の大好きなサウナもありました。

サウナ室だって10人以上ゆうに入れるリッパなものでした。

それにスチームサウナも。

もちろん、水風呂もありました。



サウナは3回24分ほど、ぐったりしない程度に控えめに・・・(^^ゞ

ただ、ちっと熱めだったかな・・・



ということで、お湯から出る頃にはもう7時を過ぎていて、

夜のとばりがすぐそこまで降りて来ていました。

2011050406P1000159-2.jpg

写真はムリと言いつつ、

暗くなってきたので、遠めで少しだけ撮影させていただきました(^^ゞ



すみません~(^^ゞ

2011050407P1000161-1.jpg

こんな信州の自然豊かな森の中の露天風呂でした。



そうそう!

温泉分析書がありましたので、お湯のおさらいをしておきます。

お湯は、ナトリウム-炭酸水素塩泉でPH8.5です。

2011050408P1000162-1.jpg

透明でしたが、無色から、わずかに黄色っぽいようでした。

それに、微かに硫化水素臭があり、口にすると微かに硫黄味を感じました。



こちらは、お湯から出て覗いてみた和室のお休み処です。

2011050409P1000164.jpg

午後8時の閉館ですが、まだゴロンとしている人もありました。



さて、これから、私はどおしよっかなあ・・・

これから横浜に帰るにはちょっと遠いかなあ・・・

2011050410P1000167-1.jpg

今日1日、下ばかり走って約360kmか・・・

思えば遠くに来たもんだ・・・(^_^;)



ともかく、では~(^_^)/~




施設名称:平谷温泉 ひまわりの湯
所 在 地:長野県下伊那郡平谷村252番地
電  話:0265-48-2911
訪 問 日:平成23年5月4日
入浴料金:大人600円
U R L:http://www.hiraya-himawari.jp/

長野県下條村  下條温泉郷コスモスの湯 (★★★★) - 2011.05.04 Wed

南木曽町を後にして長野県をさらに南下しました。



途中で、昼神温泉もいいなあ、と思いつつも、

優柔不断な私は、思い迷っているうちに通り過ぎてしまい、

愛知県に近い下條村までやってきました(^_^;)



やって来たのは、下條村の公営施設「秋桜の湯」です。

2011050401P1000132.jpg

玄関を入ると券売機があり、私は400円で入浴券を購入しました。



さあて、ここのお湯はどんなかな?

2011050402P1000134.jpg

のれんの絵は、やっぱりコスモスですね。



浴室はきれいなタイル張りで、20人は入れる大きな浴槽です。

2011050403P1000136.jpg

手前側(写真の右側)にはジャグジーも付いていました。

左奥のドアが外の露天風呂につながっているようですね。



露天風呂はこんな岩風呂風の10人くらいの広さでした。

お湯に浸かった目線でご紹介します(*^_^*)

2011050404P1000138.jpg

幅も奥行きも素晴らしい開放感のある眺めで、はるか彼方の山々も見えていました。

ちょっと薄くて写真では見えにくいですが、

あれは、中央アルプスか南アルプス方面でしょうか?



なかなか、いい眺めでしたよ♪

2011050405P1000140.jpg

それに、このお湯、無色透明、無味無臭ではありますが、

ぬるっとしてとっても肌ざわりのいいお湯で、

本日イチバンのお湯だったような気もします。



お湯から出ると、脱衣室の時計はもう3時40分頃をさしています。

2011050406P1000141.jpg

もう1か所行けるかな?

ていうか、もう1つ行く予定なんです(^^ゞ



温泉分析書がありましたので、いちおう確認しておきますね。

2011050406P1000142-1.jpg

アルカリ性単純硫黄泉と書いてありました。

水素イオン濃度は9.0とのことです。



こちらの休憩室では、食事も注文できるそうです。

2011050407P1000143.jpg

中華そば500円、カレーライス600円などです。

生ビール(大)800円は、ちょっと高い、かな・・・(^_^;)



ということで、本日の4か所め、下條村のコスモスの湯からのリポートでした。



こちらは帰り道、村内で見つけた花畑です。

2011050408P1000147.jpg

もちろん、季節的にコスモスというわけにはいきません。

でも、各種、色あざやかでとってもきれいですね(*^_^*)



ところで、話は変わりますが、このあたりまで来ると、

たいていの温泉に温泉おやじさんが訪問されているようです。

グーグルでもヤフーでも「コスモスの湯」と検索すると、

公式HPの次に表示されます。

すごいなあ、温泉おやじさん!




施設名称:下條温泉郷 コスモスの湯
所 在 地:長野県下伊那郡下條村睦沢3405
電  話:0260-27-2600
訪 問 日:平成23年5月4日
入浴料金:大人400円
U R L:http://www.vill-shimojo.jp/02kankou/50onsen/2009-0204-1748-2.html

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。