2011-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨県甲州市  嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館 (★★★) - 2011.02.27 Sun

甲州街道(R20)を東京に向かって走っていると、

JR甲斐大和駅を過ぎ、新笹子トンネルの手前あたりで、

大和天目山方面に向かう左折分岐が現れます。

この道は、先は大菩薩峠に向かいますが、冬季は通行止めになっています。



今日訪れた嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館は、

その冬季閉鎖になる道の最奥部にある昔ながらの湯治宿でした。

2011022701P1000132.jpg

実は、山梨市の国道140号線(雁坂みち)三富からの帰り道だったもので、

私の型式の古いナビは、国道411号線(大菩薩ライン)を経由して、

反対側からの大菩薩峠越えを案内してくれて・・・

行ってみたら閉鎖中でした(^_^;)



結局、大回りをすることになって手間取りました(;^_^A

2011022702P1000127.jpg

まだまだ、寒々とした景色の中に、ひっそりとたたずむ湯治宿です。



玄関を開けると華やかな雛飾りがありました。

2011022703P1000096.jpg

「桃の節句 4月3日」とあります。

このあたりは、月遅れの桃の節句のようですね。

ま、そのほうが本来の季節感に近いはずです(*^_^*)



館内はいずこも、歴史を感じさせる深い趣のある作りです。

2011022704P1000125.jpg

こんな時間にこんな場所に、フリの立寄り客が来ることはあまりないと見えて、

お客さんはもちろんのこと、宿の方の姿もありませんでした。

なので、呼び鈴(鐘)を大きく鳴らしました。



こちらがお風呂の入り口です。

装飾の小物もいちいち由緒ありそうですね。

2011022705P1000097-1.jpg

のれんの横には、温泉の効能などが書かれた飾り板がかかっています。

アルカリ性単純温泉、PH10.2とありました。



別の板には、「当館は湯治場として明治35年に創業し110年の歴史をもちます」

とも書いてありました。



長い歴史があるようですが、お風呂は思ったより明るくきれいでした。

2011022706P1000116.jpg

古代檜を使用した、と書かれていました。



静かで落ち着いたお風呂です。

2011022707P1000103.jpg

湯けむりもいい感じでしょ?!



洗い場にはお湯や水の蛇口はありません。

2011022708P1000100.jpg

鏡の下にお湯の満たされている湯槽があって、

そこから手桶ですくってお湯を使うようです。



こちらは外の露天風呂です。

2011022709P1000104.jpg

5~6人が浸かれそうなゆったりとした岩風呂です。



露天風呂のすぐ下は渓流が流れています。

2011022710P1000108.jpg

上のほうに目を向けると、向かいの山が迫っています。



いずれにしても、目に入るのは、空と山と川だけです。

2011022711P1000111.jpg

それに、聞こえるのは、お湯の注ぐ音と、時おりさえずる鳥の声だけでした。



お湯に浸かって、内風呂との出入り口方向です。

2011022712P1000110.jpg

このあたりの飾り物も歴史を感じるものがいっぱいです。



脱衣場は広くはありません。

小さな洗面コーナーでした。

2011022713P1000119-1.jpg

鏡に・・・私が映らないように、っと(^^ゞ



と、今回は、こんな山奥の一軒宿をご紹介しました。

2011022714P1000128.jpg

最初から最後まで、とうとう、私以外に誰も訪れる人はなく、

こんな静かな隠れ宿的な雰囲気こそ、秘湯だなぁと感じたのでした。

山奥の人のめったに来ない静かな宿をお探しなら、いいと思いますよー(^^♪




施設名称:嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館
所 在 地:山梨県甲州市塩山牛奥5532
電  話:0553-48-2621
訪 問 日:平成23年2月27日
入浴料金:大人500円
U R L:http://www.eps4.comlink.ne.jp/~sagashio/
スポンサーサイト

山梨県山梨市  白龍閣 (★★★☆) - 2011.02.27 Sun

今日は、山梨県側から、埼玉県との県境に向かう「雁坂みち」を走っています。

2011022701P1000063.jpg

以前も来たことのある「みとみ笛吹の湯」入り口を過ぎてすぐの場所でした。



天然温泉500円という看板もうれしい「白龍閣」に行ってみました。

2011022702P1000093.jpg

玄関を入り案内を請うと、若女将らしき方が出てこられました。



忙しそうにお昼客のお膳の支度をされてたようですが・・・

2011022703P1000092.jpg

いや、唐突ですが、この方、なかなかの美人ですよ!

正真正銘の(?)美人若女将の宿ですね(*^_^*)



えっと・・・ コホン(^_^;)



こちらの男湯は「龍神の湯」だそうです。

2011022704P1000065-1.jpg

りゅう・・・(^^ゞ



そして、こちらが脱衣場です。

2011022705P1000070.jpg

さて、・・・と、中はどうなってるのかな?



うわっ、浴室内はモワモワですね!

2011022706P1000080.jpg

でも、入った瞬間、強くはありませんが、明らかなタマゴ臭を感じました。



浴槽は前後2つに分かれていて、

打たせ湯のように、2本の竹筒からお湯が注がれていました。

2011022707P1000091.jpg

しっとり感のある肌にここちよいお湯で、無色透明、かすかに白身タマゴ味です。

PH8.9のアルカリ性単純温泉と書いてありました。



こちらは露天風呂です。

今日はいい天気になりましたが、まだ冬枯れの山は寒々としていました。

2011022708P1000086.jpg

鉄柵の下は、渓谷でした。



こんな滝もありました。

2011022709P1000075.jpg

滝を見ながらの露天風呂も、いいものですよ。



という白龍閣でしたが、実はここ、山梨の温泉にとっても詳しい30’s Learnerさんの記事で知りました。



私も行ってみましたよ!

残念ながら、ツララはもう融けてましたがいい雰囲気でした。

ありがとうございましたー(*^_^*)




施設名称:白龍閣
所 在 地:山梨県山梨市三富川浦297
電  話:0553-39-2611
訪 問 日:平成23年2月27日
入浴料金:大人500円
U R L:http://www.hakuryuukaku.jp/

静岡県伊東市  恵比寿あらいの湯 (★★★☆) - 2011.02.26 Sat

ここは、国道135号沿い、伊東漁港のすぐ向かい側です。

道端に、なにげなく恵比寿神の石像が建っています。

2011022601P1000031.jpg

つくばい(?)には、あったかいお湯が出ていました。



状況から考えると、きっと、これは温泉なんでしょうね。

2011022602P1000033.jpg

はい!

ここが、伊東市新井地区の共同湯「恵比寿あらいの湯」です。



これは男湯の脱衣場側からみた番台です。

かわいらしいウサギの絵が印象的です。

2011022603P1000038.jpg

料金は250円でした。

ちゃんと券売機がありましたよ。



お客さんは、土曜の午後2時前でしたが、次々とあって、

浴室内は常に5人6人、あるいは7人8人といらっしゃって、

さすがに今日はカメラは無理でした(;^_^A

2011022604P1000036.jpg

左の曇りガラスの扉の向こうがお風呂です。



お風呂は16畳くらいのタイル張りの大きな浴室で、その中央部分に、

7~8人程度入れる浴槽がありました。



浴槽にはぬるめのお湯が掛け流されています。

お湯は無色透明、無味無臭で、PH8.4の単純温泉、とのことです。

2011022605P1000037.jpg

私はぬるめのお湯にじっくり浸かっていましたが・・・

でも、皆さんは早い早い、どんどん来て、どんどん出て行かれます。

本当に普通の地元の皆さんの共同湯ですね。



これは、道路の反対側、海側からみた「恵比寿あらいの湯」です。

2011022606P1000039.jpg

地図だと「新井会館」と出ていますので、2階は地区の集会所か何かでしょうか。

それから、右の暗っぽいビルの1階が、あらいの湯の駐車場だったみたいです。

ただし2台だけのようです。



漁港から海の向こうを見ると・・・

2011022607P1000044.jpg

相模湾に浮かぶ初島(←たぶん)がはっきりと見えました。

おそらく10kmくらい沖合いなんですけれど。



さてさて、今日の帰りは、大渋滞必至の国道135号線ルートは止めて、

冷川ICに登り、伊豆スカイラインルートにしました(*^_^*)

2011022608P1000047.jpg

パラグライダーでしたっけ??

気持ち良さそうですね~ ♪



伊豆スカも、本当は1000円くらいするはずですが、

今は、全線走っても上限200円、という割引の社会実験中です。

2011022609P1000054-1.jpg

伊豆スカを出て、箱根峠からまたまた、無料実験中の箱根新道です。



こちらからは下りばかりで、箱根の山を一気に下ります。

2011022610P1000058.jpg

そういえば、箱根新道で「走りながら撮り」したのは初めてです。

箱根七曲がり以外も、けっこう急カーブの連続なんですよ。

なので、危ないので良い子は絶対にマネしないでくださいねー(^_^;)

(あっ、子どもは運転してはいけません(^^ゞ )



箱根の山を降りきったら、そのまま、また西湘バイパスです。

2011022611P1000061.jpg

左側車線の伊豆へ向かう方は混んでますねー

私は右側から西湘バイパスに入り、横浜まで特急で帰りまーす。

では、お疲れ様でしたー(^.^)/~~~



あれっ?

もういなくなっちゃったよ・・・

と、陰の声・・・(;^_^A




施設名称:恵比寿あらいの湯
所 在 地:静岡県伊東市新井1-9-4
電  話:0557-37-2246
訪 問 日:平成23年2月26日
入浴料金:大人250円
U R L:http://www.city.ito.shizuoka.jp/hp/page000001900/hpg000001855.htm

静岡県伊東市  リゾートセンターみのり (★★★★) - 2011.02.26 Sat

おっはようございますー(^o^)丿

今朝の富士山で~す!

と、のっけから、かなりのハイテンションスタートです(*^^)v



ただ、今日はよく晴れてるのですが、遠くの視界はいま1つですね。

2011022601P1000003-1.jpg

はい、また例によって、無料実験中の新湘南バイパスですー(^^♪



お次は、ずーっと走って、西湘バイパスの石橋IC出口の手前です。

2011022602P1000004.jpg

てことは、今日はR135を通って、東伊豆を目指してるんですー(^^♪



湯河原町を過ぎて、熱海に入ってすぐの、こちらお店は「麦とろ童子」です。

2011022603P1000007.jpg

一応、車とめて寄ってみたんですが、まだやってませんでした(^_^;)

いえね、CLSさんが以前紹介されてたお店なんですが、

そば屋さんくらいなら、私でもなんとか入れるかなと・・・(^^ゞ



11時30分開店なのですが、CLSさんは11時に入れてもらったそうですが、

今はまだ9時半ですから、いかんせん早すぎですよねー(^_^;)

・・・なので、お味の報告はまた、ということで(^^ゞ



で、網代を過ぎ、宇佐美まで走って、山登りの途中で到着したのがこちら、

リゾートセンターみのりです。

2011022604P1000009.jpg

時刻は11時ちょうどの到着でした。



ここは、ハイシーズンは大人1000円ということなのですが、

冬の間はWEBクーポンを利用すれば700円です。

もちろん、私は事前にしっかりクーポン券を印刷してきましたよ(*^^)v



でも、フロントに行くと、今日は風呂の日で500円です、と言われるではありませんか!

ふろの日?! 

あっ、なるほど~ きょうは26日ですよ!

2011022605P1000010-1.jpg

おっしゃあああー

いやぁ、こりゃツイてましたー(^^♪

しかも、風呂の日プレゼントで名入りタオルまでいただきました。

ありがとうございました(*^_^*)



気をよくして、さっそくお風呂ですー(^^♪

2011022606P1000025.jpg

お風呂に入る前から、もう好印象ですから(^^ゞ



しかも・・・

やたっ! 私が1番乗りですー(*^^)v

時間どおりに着いたかいがありましたー

2011022607P1000018-1.jpg

中は、明るいきれいな浴室に、浴槽が2つでした。



それに、サウナと水風呂もあります。

2011022608P1000012.jpg

左はぬるめ(35℃)のジャグジーのお風呂で、



右はややあったかめ(40℃)のお風呂でした。

2011022609P1000019-1.jpg

窓の向こうに露天風呂が見えています。



こちらが、岩づくりの露天風呂です。

10数人は入れそうな大きなお風呂でした。

2011022610P1000017-1.jpg

う~ん、なかなかゆったりしていて、いい雰囲気でしたよ(*^_^*)



これは屋根付きのヒノキ枠の露天風呂です。

2011022611P1000016.jpg

6角形のジェット装置付きのお風呂もありました。

2011022612P1000015-1.jpg

こんなに広々としたお風呂を私1人が独占です。

はあ~ ホント、温泉って、いいものですね~(^^♪



と思ったら、すぐに人が入って来られて、その後2~3人続けてこられました。

いやぁ~ 写真、先に撮っといて良かった~(*^^)v



この後、一昨日に引き続き、サウナでしっかり3回50分がんばりました。

ちなみに、今日は1.6kgの水分をなくしちゃったのでした(^^ゞ



お湯から出て、脱衣室の様子も撮っておきました。

2011022613P1000023.jpg

ほら、もう1時ですよ。

居心地がいいと、2時間くらいあっという間です(^^ゞ



一応、温泉分析書もパシャリと・・・

2011022614P1000022-1.jpg

PH9.0のアルカリ性単純温泉ということでした。



和室の休憩室もありました。

2011022615P1000029.jpg

リゾートセンターということで、フィットネスマシンなどもありましたよ。

2011022616P1000027.jpg

こちらは、セルフキッチンだそうです。

2011022617P1000028-1.jpg

カップラーメンも置いてありました。

ビールなどもあるようです。



ということで、リゾートセンターみのりでしたが、

いやぁ、思ったよりも全体的になかなか良かったですよー(*^_^*)



帰る前に、駐車場で1枚撮影しました。

2011022618P1000030-1.jpg

まだ、もう1つ行く時間はありそうですね(*^_^*)

よーし! この際、伊東市街まで行ってみるか!!

ということで、また後でー(^_^)/~




施設名称:リゾートセンターみのり
所 在 地:静岡県伊東市宇佐美沼の山3226-100
電  話:0557-47-0534
訪 問 日:平成23年2月26日
入浴料金:大人1000円(※)
U R L:http://www.minori-resort.com/asobinohoko1/index.html

※ オフシーズンのHP割引700円あり

東京都多摩市  極楽湯 多摩センター店 (★★★) - 2011.02.24 Thu

極楽湯は全国で30店舗以上を展開する温泉スパのチェーンです。

きょうは、横浜から27kmと、程よい距離の多摩センター店を訪ねました。

2011022401P1000089-1.jpg

駐車場は3時間無料です。

でも、3時間かぁ・・・ 



ちょっと、せわしないかもねー(^_^;)

いやいや、普通の人なら、3時間あれば十分ですって(^_^;)

2011022402P1000087-1.jpg

と、ぶつぶつ言いながら、のれんをくぐりました。



受付を済ませて、わき目もふらず、お風呂に直行ですー

2011022403P1000091-1.jpg

いきなり露天エリアの写真ですが・・・



平日だというのに、お客さんはかなりいっぱいだったもので・・・

2011022404P1000094.jpg

たいした写真は取れませんでした(^_^;)



さすがに設備の充実した温泉スパですね。

お風呂は内外10種類ほどありましたよ。

私の大好きなサウナはドライと蒸気と2つありました。



光の具合か、お湯は黒っぽく写りましたが、実際は黄色いお湯でした。

透明度は底が十分見えるほどです。

2011022405P1000095.jpg

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉でPH8.7とのことです。

ほとんど無臭ですが、かすかにモール系の塩味を感じます。



きょうの私は、久しぶりにサウナをバッチリ4回60分(!)かけて、

都合2.1kgも汗を流してきました(*^_^*)



サウナで汗を流して、身体をお湯で流して、水風呂でキーンと締めて、

それから、露天の寝ころび湯などでまったりと・・・

それを何度も繰り返して・・・

あぁ~ 極楽、ごくらく・・・ ホント、極楽湯ですー(*^_^*)

2011022406P1000097.jpg

そんなことしていたら、あっという間に2時間15分ほど過ぎてしまいました。

3時間を超えると駐車料金が発生するので、そろそろ出なくっちゃ(^^ゞ



こちらは、湯あがりに通った大きな大きな食事処です。

2011022407P1000096-1.jpg

最新のスパですから、その他にも、館内はお休み処、髪切り処、

手もみ処などなど、施設はとても充実していました。



外に出て駐車場で時計を見ると、入場して2時間半以上たってます。

2011022408P1000100-1.jpg

時間は、うん、まあこんなもんでしょ(*^^)v

ということで、そろそろ帰りますー(*^_^*)



ところで、車の後ろに見えるピンクのお城みたいな建物ですが、

皆さん、これ、何だと思われますか??

・・・ラブホ(~o~)?!



いえいえ(^^ゞ

答えは、「サンリオピューロランド」です。

はい、あのキティちゃんで有名なサンリオキャラクターのテーマパークです。

極楽湯多摩センター店は、そのすぐ隣だったのでした。




施設名称:極楽湯 多摩センター店
所 在 地:東京都多摩市落合一丁30番地1
電  話:042-357-8626
訪 問 日:平成23年2月24日
入浴料金:大人平日800円(土日祝950円)
U R L:http://www.gokurakuyu.ne.jp/gokurakuyu/tempo/tamacenter/

埼玉県小鹿野町  赤谷温泉 小鹿荘 (★★★) - 2011.02.20 Sun

埼玉県の奥秩父を走行中・・・

ぐわっ!

突然、行く手に現れた、巨大クモ型怪獣!!

ぐもももも~~

2011022001P1000051.jpg

なんちって(^^ゞ(←すぐはしゃぐタイプ(^_^;) )



コホン(^_^;)

小鹿野町に入りました(^^ゞ

2011022002P1000052.jpg

小鹿野は、花と歌舞伎のまち、だそうです。



本日2つめの目的地、赤谷温泉小鹿荘に着きました。

ここは140年の歴史ある旅館ということです。

なんか、豪華絢爛ですねー

2011022003P1000054.jpg

ぼんぼりが、秩父夜祭ふうな感じもします。



と思ったら、やっぱり、これは「まつり館」というのだそうです。

2011022004P1000055-1.jpg

こちらが本館です。



玄関を入って・・・

2011022005P1000076.jpg

こちらも、なかなか趣向を凝らした作りのように見えますね。



こんな甲冑も飾ってありました。

2011022006P1000056-1.jpg

ご先祖様のか何かでしょうか?



で、まあ、私は、お風呂ということに・・・(^^ゞ

2011022007P1000058.jpg

入浴料金は600円でした。

男湯の右のうぐいす色ののれんには「貸切風呂」とありました。



こちらが男湯の中の脱衣場です。

2011022008P1000061-1.jpg

ロッカーなしのかごだけです。



お風呂は誰もいらっしゃいませんでした(*^^)v

2011022009P1000060.jpg

で、あちこちからパシャリ、パシャリと・・・



でも、湯気でモワモワです。

2011022010P1000064.jpg

このお風呂、案外大きくて10人くらいいけそうです。



こちらは露天風呂です。

2011022011P1000066.jpg

こちらは5人程度でした。



眺めはこんな感じです。

2011022012P1000069.jpg

お湯は無色透明、無味無臭でした。

露天風呂の木の枠に緑色の藻が発生していましたので、

塩素を投入していないのかもしれません。

ちなみに温泉分析書によると、メタホウ酸の項による温泉法上の温泉、ということでした。



と思ってたら、そのうち3人ほど入ってこられました。

ので、撮影タイムはオシマイです(^^ゞ



こちらはお風呂の前の、ちょっとした休憩コーナーです。

2011022013P1000071.jpg

ここでまた、忘れないうちにメモメモです( ..)φメモメモ



でも、そこから振り返ると、男湯の右隣の貸切風呂が気になりますねー(^_^;)

えっと・・・ 

どうしよ(;^_^A



・・・(^_^;)

誰も使用してないようでしたので、ちょっと失礼して、覗いてみました(^_^;)

どれどれ・・・

2011022014P1000073-1.jpg

でも、これ1つだけでした。



こちらは、先ほどの「まつり館」の1階の部屋です。

2011022015P1000075-1.jpg

囲炉裏のある宿というのがうたい文句ですが、なるほど、なるほど。



ということで、以上、赤谷温泉 小鹿荘でした。

まあ、可もなく不可もなく、というところでしたかね~

じゃ、そーゆーことで(^_^)/~



ところで、その帰り道、近くに温泉スタンドがありました。

元祖秩父温泉 大竜寺源泉とのことです。

2011022016P1000078-1.jpg

ここもメタホウ酸の項による温泉法上の温泉、と書いてありました。

つまり、小鹿荘とほぼ同じ泉質のように見受けました。



さてさて、さらにその後、東京まで帰ってきましたが・・・

2011022017P1000077.jpg

福生(ふっさ)市内で、左は鉄条網の続く治外法権エリアです。



U.S. AIR FORCE

2011022018P1000085.jpg

アメリカンな空気に前のハーレーもピッタシです。



でも、いつも米軍横田基地の横を通るたびに、「限りなく透明に近いブルー」・・・

な気分に染まってしまう「りゆう」でした・・・(^_^;)

ぐもももも~ まではテンション高かったんですけどね・・・




施設名称:赤谷温泉 小鹿荘
所 在 地:埼玉県秩父郡小鹿野町三山243
電  話:0494-75-0210
訪 問 日:平成23年2月20日
入浴料金:大人600円
U R L:http://www.ojikasou.co.jp/

埼玉県横瀬町  秩父湯元 武甲温泉 (★★★) - 2011.02.20 Sun

たまには「八王子バイパス」を走ってみました。

2011022001P1000022.jpg

現在、社会実験で無料なのですが、先週、新湘南バイパスを走ったとき、

そちらの無料実験は3月末で終わるらしいことを知りました。

もしかしたら、こちらもこの3月で終わるのかもしれない・・・

今のうちに走らなくちゃ! ということで、走りに来ました(^^ゞ



横浜から走り続けて2時間余り、埼玉県の「秩父湯本 武甲温泉」に到着しました。

朝はスイスイでした(*^^)v

2011022002P1000029.jpg

さっそく入ります~♪



おっ?!

入るとすぐに、ポスター発見!

2011022003P1000030-1.jpg

やあ、ひっさしぶり~(^^♪

仲里依紗ちゃんは、今年の春の全国火災予防運動にも起用されていますが、

このポスターは、昨年秋の「日本防火研究普及協会」版です。



さて、いきなりですが、こちらは、露天風呂です。

2011022004P1000038.jpg

いつもいつも、進行がマンネリ(?)と言われているので、

たまには、違う展開をと思うのですが・・・(^_^;)

結局、たいして変わらなかったりします(^_^;)



ご覧のとおり、なかなか、広々とした露天風呂でした。

2011022005P1000041.jpg

割り石タイルで20人くらい入れる広さがありました。

お湯は無色透明、無味無臭のお湯でした。



その他、もちろんサウナもあります。

詰めれば8~10人座れます。



窓の外から内湯の方向を写してみました。

2011022006P1000042.jpg

石タイル張りのこの内湯が、また大きくて、30人も入れそうでした。



他に人工炭酸泉もありましたよ。

ぬるめですが、とってもよく温まります。

2011022007P1000043.jpg

ここのお湯は、温泉分析書によると単純硫黄泉ということですが、

知覚的には、「硫黄泉」と言われても、ちょっとね・・・ というところです(^_^;)



順序がいつもと逆ですが、お風呂の入口(女湯)です。

2011022008P1000044.jpg

いや、私は男湯に入りましたよ(^_^;)・・・(?)



食事はここで注文できます。

2011022009P1000046.jpg

ただ、私は別にお腹はすいてないので・・・ スルーしました。



こちらは大休憩室で100畳ほどもありました。

2011022010P1000047.jpg

カラオケもできるようになってたり、

演歌歌手のショーや、いろいろ大衆劇団の公演があったりと、

くんくん・・・ そういえばこの匂い、同じ秩父の「満願の湯」と似ていますね(^^ゞ



2階にも小休憩室がありました。

途中、2階の窓から前の駐車場方向を見ました。

2011022011P1000035.jpg

うふふっ、青いのもちゃんと待ってます(*^_^*)



・・・という「秩父湯元 武甲温泉」でした。

あらっ(^_^;)

2011022012P1000049.jpg

急いでますので、ではではー(^_^)/~



あれあれ、急に、終わっちゃったなぁ(^_^;)

なんで・・・(^_^;)




施設名称:秩父湯元 武甲温泉
所 在 地:埼玉県秩父郡横瀬町横瀬4628-3
電  話:0494-25-5151
訪 問 日:平成23年2月20日
入浴料金:大人平日700円(土日祝800円)
U R L:http://www.buko-onsen.co.jp/index.htm

神奈川県横浜市  永楽湯 (★★★☆) - 2011.02.19 Sat

横浜市南区の温泉銭湯を訪ねてみました。

2011021901P1000003.jpg

本当は、市営地下鉄の伊勢佐木長者町駅から歩いて8分ほどなんです。

しかし、ぐるぐると探して、20分くらい歩き回ってしまいました。(^_^;)

このあたりは、ラブホが立ち並んでいたりして、

あまりキョロキョロするのはためらわれる地域なんですが・・・(~_~;)



・・・と、時間をロスした分、急がなくっちゃ!

下駄箱に靴をしまって・・・

2011021902P1000006.jpg

中は、きわめて伝統的な番台式のお風呂屋さんでした。



脱衣場からお風呂を覗くと、かなりのお客さんがいらっしゃるようです。

なので、ソフトフォーカスでのご紹介になります。

2011021903P1000008-1.jpg

お風呂場はそこそこの広さがあり、洗い場が28箇所、シャワーが3箇所ありました。

こういう銭湯タイプには珍しく、窓が大きく取ってあって、

外の小庭が見えるようになっていました。



正面奥に浴槽が2つ、白湯ですが、ジェットバス、超音波気泡バスがあります。

そして、左奥には2つの黒湯浴槽がありました。

2011021904P1000007-1.jpg

黒湯は、透明度20cmほどのナトリウム-炭酸水素塩泉で、PH8.7、

黒湯特有の浴感は、それほど感じられませんでした。



あっ、ここ、サウナと水風呂もあるんですよ。

サウナ室は案外広く、詰めれば8~9人入れそうでした。

このサウナは追加料金100円ですが、

なぜだか、きょうの私は、サウナは付けなかったのでした(^^ゞ



なんとなく、気持ちが急いでるんですよね~

そこで、サウナの代わりに、熱々の黒湯と水風呂を繰り返してみました。

うっひゃあ~ 気持ちいいですよ~(^^♪



脱衣場には大型液晶テレビがありました。

2011021905P1000009-1.jpg

ソファーもおいてありますので、皆さん、飲み物を飲んだり、

思い思いにくつろいでいらっしゃるようでした。



このあたりは、普通のおじさんぽい人(←もちろん会社員には見えませんが)でも、

背中いっぱいにリッパな彫り物があったりします(^_^;)

ま、歓楽街にも近い場所ですし、若い頃ワルサしてたんでしょうかね。

2011021906P1000011.jpg

ということで、極々簡単ですが、横浜の下町の温泉銭湯、永楽湯でした。



外に出ると、もう灯りが入ってました。

2011021907P1000013.jpg

またまた、きょうも夜が来る、っと・・・

ではー(^_^)/~




施設名称:永楽湯
所 在 地:神奈川県横浜市南区永楽町1-8
電  話:045-250-3660
訪 問 日:平成23年2月19日
入浴料金:大人450円(サウナは+100円)
U R L:http://web-house.jsy.ne.jp/00063/eirakuyu/

神奈川県箱根町  名湯 翠の宿 (★★★) - 2011.02.13 Sun

箱根の仙石原でお昼にした後、強羅からニノ平に回りました。

きょうの2つめは、こちらの箱根ニノ平温泉「名湯 翠の宿」です。

2011021301P1000106-1.jpg

実は、別のところに行こうと思っていたのですが、

この看板にひかれて立ち寄ってみました。



自ら「名湯」と宣言するくらいですから、相当、自信があるとみました。

2011021306P1000115.jpg

玄関を入りスリッパに履き替えると、階段で下に下りていくようになっています。

下からおばあさん(←女将さんらしい)が現れたので、入浴をお願いすると、

うちは貸切ですが、今ならちょうど入れますよ、とのことでした。

良かったです~(*^_^*)



入浴料金は550円でした。

案内していただいたお風呂が、こちらです。

2011021302P1000114-1.jpg

え?

狭っ!!



お風呂の大きさは幅45cm、長さ1.5mというところで、

浴室全体でもやっと2畳ほど、なるほど、完全に1人用です!

2011021303P1000112.jpg

これは、貸し切りなわけですねー(^_^;)



何枚撮ったって、しょせんこれだけのものです(^_^;)

2011021304P1000111.jpg

お湯は無色透明、無味無臭で、さっぱり感のあるお湯でした。



まあ、でも狭いには違いないですが、

貸切ですから、手足を伸ばしてゆっくり浸かってきました(*^_^*)

隣は女湯ですが、そちらからも、カッコーン・・・

と、湯桶の音などが聞こえていました。



脱衣場はもっと狭くて、1.5畳あるかどうかという程度です。

温泉分析書がありましたので、見てみました。

2011021305P1000108-1.jpg

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉だそうです。

PHは8.5と書いてありました。



おやっ?

メタケイ酸は、218mgもあるようでした。

それに、加水なし、加温なしとも書いてあります。

ふむふむ、しっとり、うるおい肌になったかも・・・(^^ゞ



ということで、箱根ニノ平温泉「名湯 翠の宿」、

小さな小さな家庭風呂程度でしたが、お湯は悪くありませんでした。

名湯かどうかは別にして、源泉を大切にかけ流しで使用していることはわかりました。



以上、どちらもさっぱり系でしたが、今日の温泉はこれでオシマイですー(*^_^*)

2011021307P1000117-1.jpg

この道路の反対側、斜め向かいは、以前来たことのある「亀の湯」でした。

ニノ平地区は、箱根の中でも、気取らず庶民的で安いのがいいですね(*^_^*)




施設名称:名湯 翠の宿
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1077
電  話:0460-82-2715
訪 問 日:平成23年2月13日
入浴料金:大人550円
U R L:http://www.hakone.or.jp/shop/midorinoyado/index.html(箱根町観光協会公式サイト)

神奈川県箱根町  箱根大平台温泉 いしゐ旅館 (★★★) - 2011.02.13 Sun

昨日の首都圏は珍しく、まとまった量の雪が降りました。

それでも、今朝は晴れて気温も上がり、昼前にはほとんど溶けてきました。

そんなことで、私は、昼前から箱根方面に出かけることにしました。



R1を通り、いつものように新湘南BPです。

2011021301P1000070-1.jpg

今朝の富士山もきれいですね~



新湘南BPを終点まで行き、これまたいつものとおり、R134に入ります。

でも、昨日とうって変わり、絶好のドライブ日和となったためか、

ここからノロノロの渋滞にはまってしまいました(^_^;)



およそ30分後、やっとのことで渋滞を抜けました。

今、左手に湘南の海を見ながら、西湘BPを走行中です。

2011021302P1000075.jpg

現在、この2つの自動車道が無料実験中のため、箱根に行くのがとっても便利です。



でも、今日、案内看板を見て気がつきましたが、

この無料期間は、今年の3月31日で終了するらしいのです。

あ~あ、また、箱根が遠くなっちゃうな・・・(;^_^A

今なら、箱根口ICまで、あっという間なんですけどね・・・



と、箱根湯本を過ぎ、箱根駅伝の山登りで有名な大平台のヘアピンカーブを曲がると・・・

2011021303P1000100.jpg

そこは、すぐに大平台温泉郷です。



なんと、たまたまですが、この日は「もうひとつの箱根駅伝」と言われる、

「大学対抗ごみ拾い駅伝」をやっていました。

2011021304P1000096.jpg

大平台給水所では、関係者が選手の到着を待ち受けていました。

選手は大きなゴミ袋に大量のゴミを入れて走っています。

ただでさえ山登りで大変きついのに、かなり、走りにくそうですね。

・・・でも、えらいなぁ!



と、感心しつつ、私は、大平台のこちら、「いしゐ旅館」にお邪魔しました。

何がなくても温泉、何があっても温泉、です~(^^ゞ

2011021305P1000080.jpg

こんにちは~ ♪



ここは、露天風呂からの眺めがいいと評判なんですよねー♪

前回も一度、玄関までは来たのですが、

その時は、露天風呂を作っていない、と言うので、

それならまたの機会に、と思ってパスした旅館です。



きょうは、露天風呂やってますか?

2011021306P1000091-1.jpg

が、・・・またまた、やってないそうです(>_<)

雪だったので・・・とのことでした。



がっかりしながらも、もう2度めなので、

もしかしたら、露天風呂の様子だけでもわかるかもと思い、

とりあえず、内風呂だけでも入ってみることにしました。



入浴料金は750円でした。

露天風呂があっても750円、内風呂だけでも750円かぁ・・・

ちょっと、フクザツな、気持ち、です・・・



こちらが、案内された内風呂です。

2011021307P1000086-1.jpg

脱衣場も小ぢんまりです。



浴室内はこのお風呂が1つだけです。

2011021308P1000082.jpg

およそ8畳ほどの浴室に、4人程度の広さのお風呂でした。



お湯は無色透明、無味無臭で、さらっとしたクセのないお湯です。

温泉分析書は見てきませんでしたが、大平台温泉のお湯ですから、

よそと同じなら、たぶん、ナトリウム-塩化物泉というところではないかと思います。



お湯が緑っぽく見えますが、それはタイルの色の関係ですね。

2011021309P1000084.jpg

実は、このお風呂の続きに露天風呂があるかも、と期待したのですが、

・・・ありませんでした。

今日はことごとく、ハズレる日みたいです(^_^;)



ということで、もう1枚撮りましたが・・・

2011021310P1000085.jpg

お風呂はこれ1つなので、たいして変わり映えしませんよね。

結局、露天風呂はどこにあるのかなぁ・・・



お湯から出て、受付近くまで戻ってくると、

受付横に談話室風の小部屋がありました。

2011021311P1000090-1.jpg

ところで、ずっと気になっている露天風呂ですが、

どこなのかと思ったら、別棟の屋上にあるのだそうです。

ということで、せっかくですから行ってみました。



屋外階段を上って・・・

おーお、雪が積もって階段も気をつけないと・・・

で、こちらが、その屋上の展望露天風呂でした。

2011021312P1000094-1.jpg

なるほど、ここもたどり着くのにも雪が深くて大変ですね。

これなら、雪が降ったので今日はお風呂を作ってない、と言われるのもわかりました。



露天風呂からは、向かいに箱根外輪山が見えていました。

2011021313P1000093-1.jpg

ということで、お湯には入れませんでしたが、

一応、眺めだけは確認することができました(*^_^*)



以上、箱根大平台の「いしゐ旅館」でした。



ところで、この後、お昼ごはんに、久しぶりに仙石原に行ってみました。

2011021314P1000101.jpg

このブログでも何度か紹介している「麺や菊壱」です。



少し離れた、道路の反対側に専用駐車場がありますが・・・

2011021315P1000105-1.jpg

道路はほとんど問題ないのですが、駐車場はこんなに雪が残っていました。

雪だからまあいいですが、こんな程度でも、フロントがゴリゴリです(^_^;)



注文は、きょうはかる~く坦々麺4番(超辛口)にしてみました。

2011021316P1000103.jpg

一応、メニュー上では最高の超辛口ですが、

裏メニューでは、注文に応じて50番まであるんですよ。

あいかわらず辛いけど、とってもおいしいです(*^_^*)

坦々麺4番+お冷や3杯=しめて750円でした。



それから、最後に、たまには消防ポスターですが・・・

2011021317P1000104-1.jpg

2011年「春の全国火災予防運動」全国消防協会版の清水富美加ちゃんです。

最新作です(^^♪



えっ? どこにあったのか、って?

それは・・・(^_^;)



すぐ近くの箱根町消防署仙石原出張所でした。

なあんだ!! 

消防署にこのポスターが貼ってあるのは当たり前じゃないか・・・

・・・と、ぶつぶつ・・・(^_^;)




施設名称:箱根大平台温泉 いしゐ旅館
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町大平台635
電  話:0460-82-2878
訪 問 日:平成23年2月13日
入浴料金:大人750円
U R L:http://www.ishiiryokan.jp/

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。