....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2010-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県伊豆市  サイクル温泉ゆーサロン (★★★☆) - 2010.03.27 Sat

※ 平成26年5月31日をもって温泉の営業は終了となりました(-_-;)
  (サイクル施設はやっています)



自転車の国サイクルスポーツセンターは、日本にただ一つの自転車振興施設です。

2010032701002.jpg



アスリートのための専門バンクのほか、レジャーとしても楽しめるMTBコース、

また、子どもに人気の各種自転車関連遊具のそろった遊園地、

そのほか、体育館やプール、キャンプ場やコテージ、レストランにお土産物屋もあります。



そこに、日帰り温泉施設もあるというので行ってみました。

2010032702003.jpg

入浴料金は3時間800円でした。

脱衣室内には100円の有料ロッカーか脱衣かごしかありません。

ただし、受付前に無料の貴重品ロッカーが ありますので、

あらかじめ、財布、時計などをしまいお風呂に向かいました。



お風呂は全体として広くてきれいな印象でした。

浴室には石タイル張りの大きな20人は入れそうな内湯があります。

その一部にはジャグジーも付いていました。



サウナは、詰めれば7人という程度で、それほど大きくはありませんが、

混んでもなく、また、頭の血が沸騰するほど熱くもなく、気持ちよく汗を流せました。

サウナ好きの私は、ここだけで、きっちり5 回60分も過ごしてしまいました(*^_^*)

2010032703001_1.jpg

( ↑ HPより借用しました(^_^;) )




最初、水風呂はないのかと思ったのですが、外の露天エリアにありました。

ただ、ステンレスの家庭用のお風呂がでんと置いてあるだけのものでした。

ちょっと風情なしでしたけれどね(^_^;)



露天風呂は、岩づくりで25人も入れそうな大露天風呂です。

一部には屋根があり、腰高の塀の向こうには天城の山々が見渡せました。



泉質はホームページ等では単純温泉と書いてありますが、

現場には、ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉と書いてあったような気がします。

クセのないさらりとした印象でしたが、

ジャグジーの泡ぶくを通すとやや塩素臭さが鼻につきました。

2010032704001_2.jpg

( ↑ またまたHPからの借用です(^_^;) )



ふと気づくと、早くも2時間を越えようとしていました。

それはそうですよね、私ときたら、サウナだけで60分ですから(^^ゞ



今日は春休みに入った最初の土曜日で、

朝も車が混んでましたので、帰りも渋滞が予想されます。

そろそろ帰らなくちゃ!



ども、お疲れ様でしたー(^_^)/~



えっ?! これで終わりなのかよ、って?

・・・(^_^;)

はあ、今回は私が撮った現場の写真はありません(;^_^A



じ・つ・は・・・

携帯が電池切れになっちゃってて・・・

アハハッ、マヌケったらないですよねー(;^_^A




施設名称:サイクル温泉ゆーサロン
所 在 地:静岡県伊豆市大野1826
電  話:0558-79-0001
訪 問 日:平成22年3月27日
入浴料金:大人3時間800円
U R L:http://202.69.231.122/leisure/attraction/salon/onsen.html
スポンサーサイト

埼玉県北本市  楽市楽湯 (★★★☆) - 2010.03.22 Mon

※ 平成25年6月から経営譲渡により「湯花楽北本店」になっています。



3連休の最後の春分の日の振替休日、埼玉県鷲宮町まで行った帰りに、

北本市の日帰り温泉「楽市楽湯」を訪ねました。

2010032201051.jpg



玄関を入ると左手に券売機がありました。

きょうは休日ですが、600円というお手頃価格が嬉しいです。

2010032202061.jpg



ここは「竜燈の湯」と「あけぼの」という2つのお風呂があり、

日ごとに男女で入替えのようでした。

きょうの男湯は「竜燈の湯」でした。

2010032203055.jpg



楽市楽湯は、たいへん設備の充実したスパ系の日帰り施設です。

内湯エリアには、普通の浴槽のほか、エステバス、ヘルツバス、

ジェットバス、ジャグジーなど、すべては入りきれないほどのお風呂がありました。



また、露天エリアには、上下2段の源泉風呂のほか、

打たせ湯、寝転び湯、炭酸泉などがありました。

2010032204058.jpg



ちょっとわかりにくいですが、正面が露天の2段になった高い方の源泉風呂で、

その右の少し薄暗い所に打たせ湯がありました。

2010032205057.jpg

この2段の浴槽のみが温泉のようで、黄色から茶色のぬるぬるしたお湯でした。

いわゆる黒湯の炭酸水素塩泉系ですね。

後で表示を見ると、やはり、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉とのことでした。



私の大好きなサウナは、高温サウナと低温のソルティサウナと2つありました。

もちろん、水風呂もあります。

きょうは時間が十分ありましたので、サウナ、ソルティサウナも交互に利用しながら、

水風呂と露天や寝転び湯など、およそ2時間以上も入ってきました。

2010032206054.jpg



お風呂以外にも食事処、休憩所、髪切り処、マッサージなどと大変充実しています。

2010032207053.jpg



休憩スペースには、大量のコミックが置いてあって、好きな人にはたまらないと思います。

2010032208052.jpg



ということで、よくあるスパ系で個性がないといえばそうですが、

だれでも気軽にしっかり温泉を楽しめて、

それで600円ですから、もう十分じゃないでしょうか。



ところで、「らき☆すたの町」として知られた埼玉県鷲宮町ですが、

3月22日を最後に、合併によって久喜市となることになりました。



それを聞いて、私は、鷲宮町最後の日の記念イベント「鷲宮町卒業式」に行ってきたのでした。



そこで、本日でおしまいになる柊姉妹の「特別住民票」を列に並んでGETしてきました(^^ゞ

2010032209001-1.jpg

本物の町長さんのサインと公印が押してありました。



イベントにはそれこそ全国から、らき☆すたファンやアニメファンが来ていました。

イベント会場の駐車場で、今日一番、目立っていた車です。

2010032210050.jpg



よく見ると鷲宮町役場は、早くも「久喜市鷲宮総合支所」と看板が架け替えられていました。

2010032211049.jpg

柊姉妹も明日からは久喜市民になるのですね・・・



この、もう手に入れることのできない特別住民票ですが、

抽選で1名様に読者プレゼントしちまいますよ~(^^ゞ

ご希望の方はコメントで応募してくださいねー(^_^)/~




施設名称:楽市楽湯
所 在 地:埼玉県北本市山中1-62
電  話:048-593-2525
訪 問 日:平成22年3月22日
入浴料金:大人600円
U R L:http://www.rakuichirakuyu.com/index.htm

山梨県富士川町  甲州鰍沢温泉かじかの湯 (★★★☆) - 2010.03.21 Sun

信州からの帰り、同じ甲州街道を帰ってきてもつまらないと思い、

韮崎から富士川街道を南に下がることにしました。



漠然と、市川三郷町か身延町あたりでもう1箇所、

軽い温泉にでも立ち寄るかなと考えながら、R52を車で走っていました。



富士川町まで来たとき、ふと道路端に「かじかの湯」という看板を目にしました。

ん?! そういえば、クチコミで評判だったなぁ・・・と思い出し、

急遽、予定変更、そちらに行ってみました(^^ゞ

2010032101P1000027-1.jpg

名前から勝手に鄙びた温泉かと思っていたら、こちらも立派な町営の温泉施設でした。



入浴料金は大人550円でした。

奥のつき当たりがお風呂の入口のようですね。

2010032102P1000031.jpg



ロッカーは脱衣室の前の小部屋にありました。

財布や時計や携帯など貴重品はあらかじめこちらにしまっておきましょう (*^_^*)

2010032103P1000035.jpg



さて、内湯は25人も入れる大きなお風呂で、底のタイルが黒く変色しています。

円形のジャグジーも付いていました。



露天は2m×3.4mほどのものです。

2010032104P1000033.jpg

ご覧のとおり、塀が高く、景色のほうは大したものは見えません。



泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、PH7.7とのことでした。

お湯は無色透明ですが、塩化物泉らしい微塩味がありました。



7、8人のサウナと2人程度の水風呂もちゃんとありました。

どんなときにもサウナを避けて通れないタイプの私ですので、

さきほど4回42分も入ったばかりなのに、ここでも2回24分入ってきました。

2010032105P1000034.jpg

今日1日で、2.35kgも軽くなっちゃいましたよ(^^ゞ



湯上りに寄ってみた休憩室はそれほど混んでもなく、

まったりとした空気が流れていました。

2010032106P1000030.jpg



ラーメンやカレー、おそばなどの食事もとれます。

さすが、甲州! こんなところにまで、風林火山なんですね(*^_^*)

2010032107P1000037.jpg

この花菱紋は、そうすると、武田の家紋ということなんでしょうか?



と いうことで、ここも設備が整っていて、休憩室もあり、

それでいて、町外の私でも3時間550円(町民の方 は400円)

という大変リーズナブルな料金です。

2010032108P1000040-1.jpg



最後に、帰る前に玄関先でもう1枚撮影しました。

2010032109P1000029.jpg



最後に、ここはクチコミどおりのまずまずの施設でしたが、

実は、ついでにはしごする温泉ではなく、メインに訪問すべき温泉だと思いました(^_^;)

思いつきで訪問した私が悪かったのですが、

メインディッシュを2度食べたみたいで、実は、ちょっと重たかったのでした。

ほんと、勝手ですみません(;^_^A



帰り道に本栖湖の湖畔から富士山が見えました。

2010032110P1000044.jpg

雲ひとつなく、あっと息をのむような美しさでした。

古来、霊峰として人々が崇める気持ちが、少しわかったような気がしました・・・




施設名称:甲州鰍沢温泉かじかの湯
所 在 地:山梨県南巨摩郡富士川町鳥屋137-1
電  話:0556-27-0002
訪 問 日:平成22年3月21日
入浴料金:大人550円
U R L:http://www.kajikanoyu.jp/index.html

長野県富士見町  八峯苑 鹿の湯 (★★★★) - 2010.03.21 Sun

長野県の八ヶ岳のふもと、富士見町にある八峯苑鹿の湯に行ってきました。



きょうは長野県でも下のほうは、18度くらいまで気温の上がったとても暖かい日でした。

が、さすがに、このあたりは車の温度計で6度でした。

しかもそのうち、白いふわふわしたものがちらついてきました。

3月のお彼岸とはいえ、やはり信州の高原は予想以上に寒いです。



こんな季節なのに宿泊の方も多いようで、午前10時過ぎに到着したのですが、

ちょうどチェックアウトらしき団体の方々がどやどやと出て来られるところでした。

2010032101P1000001.jpg



「鹿の湯」というので、那須塩原の「鹿の湯」みたいに、

勝手に鄙びた共同湯みたいな温泉を想像をしていましたが、

なかなかどうして、とってもきれいで新しいリゾートホテルでした。

2010032102P1000003.jpg



このホテルの温泉は、外来客も利用できるように独立した玄関と動線が確保されています。

私は朝10時からの営業にぴったりあうよう、早起きしてやってきました(*^^)v

2010032103P1000005.jpg



脱衣室は広々としていて清潔感があります。

私のほかにお客さんはあるのかな??

2010032104P1000012.jpg



お風呂は清潔感のある明るい内湯と、岩づくりの露天風呂、

それに10数人入れるサウナです。

もちろん水風呂もあります。



浴室はガラス面が大きく取ってあって、明るく開放感があります。

手前が20人は入れそうなお風呂です。

2010032105P1000006.jpg

奥も15人くらい入れそうなジャグジー&寝湯(リラックスバス)でした。



お湯はナトリウム-硫酸塩・塩化物泉ということで、PHは7.03ということでした。

無色透明で、表示によると微塩味とありましたが、私の感じではほとんど無味無臭でした。

2010032106P1000010.jpg



露天風呂は17、8人も一度に入れそうな ゆったりとした岩風呂です。

その半分に屋根があって、雨の日、晴天の暑い夏も快適にお湯が楽しめそうです。

2010032107P1000008.jpg

また、露天の塀越しには裏山が見えていて、幹がむき出しになった白樺林が見えていました。



ところで、露天エリアに出たところにピクトさんがいました。

つるっ、きゃっ、いたっ! ・・・と、ピクトさんの悲鳴が 聞こえてきそうです。

2010032108P1000013.jpg

けなげで働き者のピクトさんでした(*^_^*)



お風呂の設備はひととおりそろっていますので、長湯ができます(*^^)v

ということで、私は、サウナだけで4回42分もいてしまいました。

それに、サウナ→水風呂→露天風呂の繰り返しをしっかりと楽しんできました(*^_^*)

サウナでグラグラと沸騰した血液を一気に水で冷やし、露天の冷たい風で顔の火照りを冷ます・・・

これが気持ちいいんですよねー(^^♪



結局、お風呂だけで10時過ぎから12時前までいてしまいました(^^ゞ

湯上りに覗いた休憩室には多くのお客さんがいらっしゃいました。

2010032109P1000017.jpg



以上ですが、八峯苑鹿の湯は、想像した鄙びた共同湯とは違い、

快適な高原のリゾートホテルでした。

明るく清潔な温泉と充実した設備、それほどめちゃ混むわけでもなく、

休憩室もありレストランもありで、600円です。



かなりコストパフォーマンスは高いと見ました。

お薦めです!!



ところで、帰りに外に出ると、ホテル前の池のほとりになにやら発見しました。

信州諏訪地方の御柱祭は4月から始まるそうですが、ここにも御柱がありました!

2010032110P1000021.jpg

えっと、・・・どこかに神社があるんでしょうか?!

キョロキョロ、っと・・・




施設名称:八峯苑 鹿の湯
所 在 地:長野県諏訪郡富士見町境12067
電  話:0266-66-2131
訪 問 日:平成22年3月21日
入浴料金:大人600円
U R L:http://happoen.com/

神奈川県箱根町  万寿屋旅館 (★★★★☆) - 2010.03.14 Sun

久しぶりの箱根なのでもう1軒、ということで、万寿屋旅館にまわってみました。



きょうは快晴のいい天気となり、このチャンスを逃すまいとするように、

2階の窓だけでなく屋根いっぱいに、さらには木の枝も利用して、

いたるところに寝具が広げられていました。 のどかな風景です。

2010031401032.jpg



万寿屋旅館には男女1つずつの内湯があるだけですが、

着いた時、たまたま、男湯のほうを貸切で年配のご夫婦が使っていらっしゃるということで、

私は、女湯と書かれたほうに案内されました。



入れて良かったです(*^_^*)

2010031402029.jpg



お風呂も2人も入ればいっぱいで、知らない同士なら2人でも気づまりなくらいです。

ですが、ともかく、ここはお湯がいいんです(^^♪

2010031403024.jpg

ほらっ! 箱根の仙石原でおなじみの白いにごり湯です♪

実は、このお湯に会いたくてネットで探してやってきたのでした。



やあ、また来たよー♪ 

という感じで、久しぶりのこの濁り湯との対面です。

2010031404028.jpg

お湯をかき混ぜると、沈殿している成分が混ざって一層にごります。



温泉分析書には、酸性-カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・塩化物泉でPH2.0とありました。

が、この近くの、南甫園、福島館、五彩館、ロッジ富士見苑、かま家、そしてこちら・・・ 

みんな、大涌谷から引いた同じ強酸性の白い濁り湯です。

2010031405025.jpg

何度も入っているうちに、私はこのお湯が病みつきになってきています(^^♪

酸っぱくて渋~いお湯は、ぽかぽか良く温まりますし、湯ざめもしにくいです。



大きなお風呂ではありませんので、何枚撮ってもたいして変わり映えはしませんが、

ともかく、このお湯のアロマな香りには心がとってもいやされます。

2010031406031.jpg

それに、この独特の香りは、お風呂から出てもずーっと、

それこそ何日でも、微かに残り香を感じることができるほどです。



ホントに最高です!

やっぱ、温泉はこれだなーーー(*^_^*)

・・・と、久々に大好きなお湯を堪能しました。

2010031407033-1.jpg

以上、万寿屋旅館は小さな内湯が1つだけで、休憩所も何もありません。

入浴料が750円ですが、このお湯だけで十分その価値はあります。



じゃ、また来るね! 

お湯にそう言って、私は帰ってきました(^^♪

ホント、いいお湯です(*^_^*)




施設名称:万寿屋旅館
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原160
電  話:0460-84-8057
訪 問 日:平成22年3月14日
入浴料金:大人750円
U R L:http://www.onsen-masuya.com/

神奈川県箱根町  勘太郎の湯 (★★★) - 2010.03.14 Sun

久しぶりに箱根にやってきました。2010年になって初めてです。

今年は去年よりも寒く、雪が何度も降ったので、

スタッドレスを持っていない私は、しばらくの間、箱根を敬遠していました。



このところ暖かくなって、ようやく箱根にも春がきました♪

で、きょうやってきたのは、宮城野温泉の「勘太郎の湯」です。

2010031401023.jpg



宮城野温泉は、宮の下で国道1号線に別れた、いわゆる箱根裏街道沿いで、

箱根湯本あたりのざわざわした感じがなく静かで落ち着きがあります。



勘太郎の湯は入浴料金は1000円ですが、HPに100円引きクーポンがあります。

2010031402002.jpg

私ももちろん印刷して持参しました(*^_^*)



さて、早速お風呂ですが、こちらが明るい日差しの差し込む浴室です。

15人は入れそうな大浴場でした。

2010031403011.jpg

この内湯にはジャグジーとジェット設備が付いています。



あ~ いいキモチ・・・♪ 

きょうはとってもいい天気になりました。

露天風呂にも春らしい明るい日差しがいっぱいに降り注いでいました。

2010031404007.jpg



で、露天風呂に肩まで浸かって・・・

ふう~~~♪

2010031405004.jpg



露天のさらに奥には、扉の外に6、7人 ほどの円形の大理石の掛け流し露天風呂もありました。

2010031406015.jpg

眺望のほうは、残念ながら、壁が高くほとんど大したものは見えませんでした。



お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉でPH8.47ということです。

2010031407018-1.jpg

無色透明、無味無臭ですが、さっぱりさらさらしたお湯でした。



お風呂の後には休憩室兼食事処にも行ってみました。

70畳くらいある大きな和室の休憩室でした。

食事もできます。

2010031408020.jpg

ステージもありましたが、何かのイベントのときに使用するだけのようで、

今日はマッサージ機が乗っているだけでした。



以上、勘太郎の湯は、朝から混みすぎない程度にお客さんがありましたが、

ざわざわした感じはなく、のんびりまったりできましたよ(*^_^*)



箱根価格のため、クーポンを使っても900円とやや高めの設定ですが、

静かで、1日のんびりしたいという向きにはいいところかもしれません。



あっ、もちろん駐車場もたくさんありますよ(*^_^*)

2010031409001-1.jpg



さ~て、久しぶりの箱根ですから、もう1軒行っちゃうかな~(^^♪

ではー(^_^)/~




施設名称:勘太郎の湯
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町宮城野923
電  話:0460-82-4477
訪 問 日:平成22年3月14日
入浴料金:大人1000円
U R L:http://www.kantaronoyu.jp/

千葉県旭市  矢指ヶ浦温泉館 (★★★) - 2010.03.13 Sat

「含ヨウ素食塩泉」というのにとっても興味がわいて、千葉県旭市の矢指ヶ浦温泉館まで行ってきました。

九十九里ビーチラインをひたすら走り、到着したのは九十九里浜の東端の岬、もう犬吠崎にも近いところです。

ここまで横浜から約140km、下ばかり使って3時間45分ですから、結構、走りがいがありました(;^_^A



道路から山側に奥まったところに白い建物があり、これがめざす矢指ヶ浦温泉館のようです。

看板をよく注意していないと通り過ぎてしまいます。

2010031301012.jpg



曲がろうとして、ん?! 

駐車場は、道路の反対側の細道を入ったところでした。

2010031302013.jpg



白壁の2階建て、玄関上の金文字がなければ、普通の民家と見まがうような素朴さです。

2010031303011.jpg

玄関前に掃除をされている御主人らしき人がいらっしゃいましたので、入浴をお願いしました。



入浴料は630円でした。

2010031304009.jpg

ここは源泉掛け流しで、宿泊もできるようです。



お風呂は3~4人が入れるタイル張りの内湯だけという簡素な作りですが、

薄緑というか、薄紫というか、透明ですが、変わった色合いでした。

2010031305010.jpg



ふーむ、これがヨウ素泉ですね、なるほど、なるほど!
 
その他、知覚的には、匂いや味は特に変わったことはありませんでしたが、

よくよく考えると、黒湯系なのかもしれませんね。

2010031306002.jpg

いかがでしょうか? 緑っぽいのがわかるでしょうか? 



いつものようにお湯に肩まで浸かって、じっくりとヨウ素泉を楽しんできました(^^♪

2010031307007.jpg



窓の外はこんな感じです。

2010031308008.jpg

まあ、どおってことないですが・・・



浴室内には、にじんだような古い手書きの温泉分析書が掲示してあります。

それによると、含ヨウ素食塩泉、水素イオン濃度7.7などと書いてあります。

2010031309005-1.jpg

昭和28年の温泉分析だそうで、分析したのが国立衛生試験所、

また、今ではなかなかお目にかかれないですが、検査官の名前入りで、

「温泉係長 厚生技官 小幡利勝」と記載されていました。



今から57年前のことですから、この方が御存命か否かはわかりませんが、いい仕事をされたようですね。

おかげさまで、千葉県の温泉認定第1号として登録されたらしいです。




施設名称:矢指ヶ浦温泉館
所 在 地:千葉県旭市足川3918
電  話:0479-64-2218
訪 問 日:平成22年3月13日
入浴料金:大人630円
U R L:なし

東京都台東区  浅草観音温泉 (★★★) - 2010.03.11 Thu

浅草観音温泉は、観光名所の「浅草寺」と「花やしき」に囲まれた一角にあります。

賑わう通りのすぐそばに、まるで時代に取り残されたように蔦のからまる古いビルは、なんとも不思議な存在感です。

2010031101004.jpg

観光ガイド等で紹介されるとき、必ずと言っていいほどおなじみの構図です。

なぜかと思ったら、周辺は立て込んでいて、こちら側からしかビルの全景を撮ることができないのでした。



左の入口は入浴用、右の入口は踊り用となっていて、

未確認ですが、上階には大広間と舞台があるようでした。

2010031102005.jpg



入浴料は700円です。

中には、予想以上の多くの下足箱があって(100人分くらい?)、少し驚きます。

2010031103008.jpg



うす暗くて、思い切りブレてしまいました。すみません。

2010031104009-1.jpg

内部はこんなレトロな雰囲気です。



浴室は、床と浴槽はタイル張り、壁はモルタル塗りで、

女湯との仕切り壁には、タイル工芸のきれいな人魚の絵などが描かれています。

2010031105010-1.jpg



天井は2階ほどの高さがあり、広さも結構大きく、小学校の教室ぐらいの80㎡もあるでしょうか。

その中に半円形の浴槽があり、2つに仕切られていて、熱湯(あつゆ)と普通の湯とになっています。

どちらも10数人はゆうに入れる広さでした。



洗い場はガラスブロックから日ざしが射しこんで大変明るいですが、

全体的な印象は昭和30年代ふうの感じです。

2010031106013.jpg



お湯は、ものの本によると「黒湯系」ということでしたが、私にはほとんど無色透明に見えました。

浴槽の中で循環しているだけなので、味見もできませんでしたので、泉質はよく分かりませんでした。



ここは場所柄、外国人も来るのでしょうか・・・

館内には手書きの英語表示の入浴マナーも掲示されていて、 観光地らしさも伺えました。

2010031107012-1.jpg



脱衣室にはいつまで使われていたのかわからないような、マッサージ機(らしきもの)が置かれていたり、

外観だけでなく内部の備品も、昭和30年代がそのままタイムスリップしたような印象でした。

2010031108014.jpg

このマッサージ機、残念ながら「故障中」との貼り紙がありました(^_^;)



さて、帰りには、花やしきの通りを歩いてみました。

2010031109019-1.jpg



花やしきのシンボル「Beeタワー」が見えます。

2010031110018.jpg



で、お土産は・・・♪

浅草みやげと言えば、やっぱりこれで決まりでしょう!!

かっぱ橋で売っているラーメン!!

2010031111021.jpg

これはゼッタイ、はずせませんよねー(^^♪

えっ? 私 だけ? ・・・(^_^;)



で、家に帰って、作ってみました(*^^)v

2010031112025.jpg

濃厚なとんこつスープに、ねぎ&チャーシューをトッピングしてみまし た♪

実は、これが今回の浅草訪問のお目当ての一つでした。

いただきま~す(*^_^*)



えっ? マズそう、・・・だって?

いやいや、私の作り方が悪いのかもしれませんが、

かっぱラーメンの名誉のために言うと、インスタントにしては、けっこう、おいしかったですよー(^_^;)




施設名称:浅草観音温泉
所 在 地:東京都台東区浅草2-7-26
電  話:03-3844-4141
訪 問 日:平成22年3月11日
入浴料金:700円
U R L:なし

埼玉県皆野町  秩父温泉満願の湯 (★★★☆) - 2010.03.07 Sun

とある温泉サイトで教えられて、露天風呂から滝を見ることができるというのでやって来ました。

埼玉県の秩父とか、奥長瀞というのか、私としてはこのあたりは初めての訪問です。



静かな山あいの渓谷沿いに車を走らせていると、

この季節の枯れ木色の中に突如として、

温泉の昇り旗とともにフェンスが真っ赤に塗られた橋が現れて、とっても色鮮やかです。

ここが満願の湯ですが、最初からいかにも「満願」な感じがいっぱいです。

2010030701035.jpg



駐車場は、まだ朝の11時過ぎでしたが、

既に何十台もの車が止まっていて、大変繁盛している様子です。

2010030702022.jpg



こちらが建物の玄関へのアプローチです。

2010030703023.jpg



11時5分頃の到着でした。

料金は、日曜日のため3時間800円です。

2010030704027.jpg

フロントの係の方が、レシートに「14:15」とペンで書き込んで渡してくれました。



建物の中に入ると、1階の大広間には舞台とカラオケもあり、

朝から多くの皆さんが歌ったり食べたり飲んだりされていました。

2010030705025.jpg

なかなか賑やかです。



私は、まずはお風呂ということで、お風呂に入ることにしました。

2010030706030.jpg

館内は大変な盛況でした。

もちろん、お風呂の中も人がいっぱいです。

ということで、今回は、お風呂の中の様子は紹介できません(;^_^A



お風呂は内湯と露天と、それから5人ほどと小ぶりながらもサウナがあり、水風呂もありました。

サウナがあるとは思ってなかったので、小さく「よっしゃぁ!」って感じです(*^^)v

それに、このサウナ、めちゃくちゃ熱くはなく、気持ち良く汗を流すことができました。



大きくはないので、人が出たのを見計らって入る、ということも必要ではありましたが、

私はまたまた、サウナ→水風呂→露天風呂を4回も繰り返してしまいました。



お風呂は男女週替わりらしいのですが、きょうの男湯の露天風呂は、

噂の、滝が正面に見える「黄金の湯」の方でした。

2010030707029.jpg



この滝は「満願滝」というそうで、10mほどの落差があり、豊かな水量で勢いよく流れ落ちています。

奥長瀞の渓流と、流れ落ちるこの滝を眺めて大きく深呼吸すると、

肺の中一杯にマイナスイオンが満たされるような気がします(*^_^*)



お湯は単純硫黄泉でPH9.5ということでした。

露天風呂のそばに飲泉ができる設備がありました。

ややカルシウムっぽいかなという程度で特に変わった味ではありませんが、

サウナから出ては、そのつどコップで一杯、おいしくいただきました(*^_^*)

2010030708031-1.jpg



眺めもまずまずで、施設もひととおり揃っていて、

日曜料金は3時間800円ですが、平日なら650円だそうですから、この内容なら十分だと思います。

これなら繁盛してるは ずですよね。ナットクです。



帰り際に、ふと玄関の横をみると、壁いっぱいに色紙が飾ってあります。

2010030709032.jpg

おっ、知っている有名なあの歌手も・・・ 

ここに 来たみたいですね。




施設名称:秩父温泉 満願の湯
所 在 地:埼玉県秩父郡皆野町大字下日野沢4000
電  話:0494-62-3026
訪 問 日:2237
入浴料金:大人平日3時間650円(土日祝800円)
U R L:http://www.chichibuonsen.co.jp/index.htm

群馬県高崎市  吉井温泉 牛伏の湯 (★★★) - 2010.03.07 Sun

日曜日の早朝から車を飛ばし、140kmほど走って、群馬県高崎市の吉井温泉牛伏の湯に行ってきました。



実は、最初からここを目指していたわけではなく、

お目当てのところに早く着きそうになって、時間調整でその前に開いてるところは・・・ 

と、携行していた日帰り温泉ガイドを参考にやってきたのでした。

2010030701021.jpg

そういうわけで事前情報は少なかったのですが、意外と山の中で周りに何もない鄙びたところでした。



朝9時からの営業で、私が着いたのは9時30分頃でしたが、

すでに何人かお客さんがいらっしゃいました。



私は、次の予定もあるため、早速のお風呂です。

2010030702016.jpg

入浴料金は600円でした。



こちらが内湯です。

2010030703018.jpg



割り石モザイクタイルの張られた大きな内湯は15人ほどの広さがあります。

2010030704004.jpg



露天風呂からは目の前に林が見えていました。

露天風呂に肩まで浸かって眺めてみました。

2010030705008.jpg

お湯にゆられて手ぶれの上に身体プレですが、

景色はこんな感じ、ということで、お許しを・・・(;^_^A



お湯は、無色透明、無味無臭です。

とりたててクセのない素直なお湯でした。

2010030706011-1.jpg

ただ、あとで掲示をみると、ナトリウム-塩化物強塩温泉だそうで・・・??? 

ちょっと、よくわかりませんでした。



それはともあれ、大きな休憩室にはまだほとんどお客さんはいらっしゃいませんでした。

お風呂のあとのかき氷がおいしそうです。

2010030707019.jpg

さて、お湯について、帰宅後あらためて調べてみると、

成分が強いので加水してあるとの情報がありました。



だとしたら、加水しすぎじゃないでしょうか(^_^;)

少なくとも露天風呂に関しては、ナトリウム-塩化物泉らしさは全く感じられませんでした。

2010030708002.jpg

でも、まあ、写真でご紹介したとおり、ゆったりできましたので、いいですけど・・・ 



料金も手頃で、休憩室も広く、従業員の方もにこにこと愛想よくて、全体的に悪くはないですが、

お湯自体は格別いいとも言えないという・・・

ビミョーな印象でした(;^_^A



まっ、次の予定があるので、サクッと進めちゃいますけどねー(^^ゞ




施設名称:吉井温泉 牛伏の湯
所 在 地:群馬県高崎市吉井町多比良字鬼ケ原2483-1
電  話:027-387-1092
訪 問 日:平成22年3月7日
入浴料金:大人600円
U R L:なし

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。