....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2009-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県秦野市  鶴巻温泉 弘法の里湯 (★★☆) - 2009.09.26 Sat

弘法の里湯は秦野市鶴巻温泉にある市営の日帰り温泉施設です。

小田急線鶴巻温泉駅のすぐ近く、駅から徒歩3分というアクセス抜群の場所にあります。

2009092601012.jpg



土曜日の午後2時半頃の訪問でしたが、

ここは丹沢や大山などの山歩きを楽しんだ後訪れるハイカーも多いようです。



今日は土日料金で2時間1000円でした。

このあたりでもちょっと高めの設定です(^_^;)

2009092602021.jpg

お風呂の入口には達磨をかたどった凧が飾られています。

これは「秦野達磨凧」といって神奈川の名品100選にも選ばれているこの地域の名産です。



お風呂の設備としては大きな内湯と露天風呂、それから湿式サウナがありました。

お湯は無色透明ですが、ややしょっぱくてカルシウム味がします。

ナトリウム・カルシウム-塩化物泉ということでした。



露天風呂からは竹の垣根と板格子の屋根とで、残念ながら空もよく見えません。

半露天といったほうがいいお風呂です(^_^;)



これは脱衣室からですが、露天の様子を撮影させていただきました。

2009092603020.jpg

こんな感じであまり空もよく見えません。



それから、湿式サウナって、要するにミストサウナですが、

ドライサウナと比べて私は個人的にあまり好きではありません。



・・・ま、私が好きじゃないとかはともかくとして、

サウナを出たら、普通は冷たいのに入りたいじゃないですか・・・

でも水風呂がないんですよね(^_^;)



そんなこんなで、1000円の割には内容はちょっと、でした。

おまけに駐車場、有料なんですよね(^_^;)



2階には休憩室があって、グダッと寝ころべます。

また、食事を注文することもできますが・・・

2009092604007.jpg



2階の外のスペースです。

2009092605008-1.jpg

湯上りにここでビールでも飲めたらいいのでしょうが・・・



でも、辛口かもしれませんが、はっきり言って値段に見合ってないように思います。

2009092606010.jpg



平日は2時間800円だそうですが、それでもまだちょっと高いです。

秦野市民は平日2時間600円だそうですが、それくらいがいいとこじゃないでしょうか。

でも、私は秦野市民じゃないもんですから・・・(;^_^A

2009092607014.jpg



ということで、総合評価はこんな感じになりました。

あしからず~(^_^;)




施設名称:鶴巻温泉 弘法の里湯
所 在 地:神奈川県秦野市鶴巻北3-1-2
電  話:0463-69-2641
訪 問 日:平成21年9月26日
入浴料金:大人平日2時間800円(土日祝1000円)
U R L:http://navi.city.hadano.kanagawa.jp/kankou/satoyu/index.html
スポンサーサイト

埼玉県鷲宮町  百観音温泉 (★★★☆) - 2009.09.22 Tue

群馬県からの帰り道、埼玉県鷲宮町の百観音温泉に立ち寄りました。

名前からはひなびたイメージを持ちましたが、自動車のがんがん流れる国道沿いでした。

2009092201012.jpg



敷地内には、名前のいわれとなっている観音堂があり、

少し懐かしい感じのベージュ色のレトロな雰囲気の温泉施設でした。



が、中はどうしてなかなか、今風スパも顔負けに設備が大変充実していました。



お風呂には大きな内湯が2つ、もちろんサウナと水風呂もあります。

( ↓ この写真はHPからお借りしました。)

2009092202ND39105-300x200-1.jpg

露天は上・下の湯、それからうたせ湯があり、

さらに最近新設されたらしい広い大露天風呂、そのほか寝湯もあります。



そのどれにも、透明ですが黄色いお湯が出ています。

しかも口にするととってもおいしい塩化物泉です。



群馬県内でなんともシブ~い(?)酸性泉に浸かってきた帰りだったので、

ことのほかおいしく頂きました。

( ↓ こちらもHPからお借りしました。)

2009092203ND38980-300x200-1.jpg

露天の上の湯は深くて熱いです。

やせがまんしましたが、うわっち・・・という感じで、15秒でたまらず出ました。

温度計がありましたが46.8℃とか・・・こんな熱いの誰が浸かるんやろ・・・(*_*;



お風呂の後は休憩もできる広間の食事処もあります。

2009092204014.jpg

ここは、注文して食事もできるようになっています。

こんなに混んでいました。



テーブル席もありました。

2009092205013.jpg

ということで、これが3時間700円ですからかなりレベル高いと思います。



帰り際に外の観音堂横のお団子屋さんで何かお土産をと思い、

「みたらし」と「ずんだ」と、それから、常連らしいお客さんに教えられて

「うぐいす」というのを買ってみました。

2009092206011.jpg

普通のうぐいすはあんこが団子の中にあると思いますが、

この「うぐいす」、白玉団子のまわりを甘いこしあんで包んで、

うぐいすきなこをふんだんにまぶしたものでした。



上品な甘さで、絶品でした!

おいしかったですー(*^_^*)



さて、ということで、楽しかった旅もそろそろ終わり・・・ っと(^.^)/~~~




施設名称:百観音温泉
所 在 地:埼玉県北葛飾郡鷲宮町西大輪868 ※
電  話:0480-59-4126
訪 問 日:平成21年9月22日
入浴料金:大人3時間700円
U R L:http://www.100kannon.com/


※平成22年9月現在「埼玉県久喜市西大輪2-19-1」に変わっていました。

群馬県渋川市  伊香保露天風呂 (★★★★☆) - 2009.09.22 Tue

伊香保に来たらまずはここ、ということでやって来ました。

2009092201005.jpg

入口で450円を払って入ると、そこには脱衣所もなく、

露天風呂の脇にすのこの脱衣スペースとロッカーがあるだけの簡素な作りでした。



お風呂はあつめとぬるめと2槽に分かれていて、

あつ湯の方には源泉100パーセントと書かれた黄土色の濁り湯がザブザブと注がれています。



この黄土色の濁り湯ですが、透明度は意外とあって、ぼんやりとなら湯船の底まで見えます。

お湯は口にすると金気があって渋くてまず~いです(;^_^A

2009092202pic_ikahoroten-1.jpg

( ↑ 写真はHPからお借りしました。)

あつ湯もぬる湯もどちらもそれほど大きくはなく、

ぬる湯が10数人、あつ湯が7~8人というところでした。

それでも、朝9時半過ぎと時間が早いこともあって、ちょうど混雑しない程度のお客さんでした。



露天風呂からは塀越しに迫った崖が見えていますが、それほどの景色ではありません。

眺めはともかく、ここは温泉の泉質ですね。

濁り湯はよく温まりますし、温泉らしくて本当にいいです。



温泉施設の外には、建物の少し上に源泉(伊香保第二号)の噴出口があって、

ガラス越しに自噴している温泉を見ることができます。

2009092203007.jpg



また、ちょっと下ったところには飲泉所もあります。

2009092204003.jpg



温泉と水とが並んでジャブジャブ出ています。

せっかくなので私もいただいてみましたが、

おせじにもおいしいとは言えませんでした(;^_^A

2009092205008.jpg

ご覧のとおり温泉成分がこびりついていました。



帰りにぶらぶらと歩いていて気付いたのですが、

このあたりの川には伊香保温泉と同じ黄土色のお湯が流れているようで、

川底がみな茶色に染まっています。



有名な朱塗りの河鹿橋の下も、こんなでした。

2009092206010.jpg

温泉と同じ水(お湯?)が流れているのですね。



で、伊香保露店風呂、濁り湯を楽しむだけの温泉で、なーんの施設もありませんが、

・・・いいところです!

伊香保温泉観光協会の直営ということですが、これからもがんばってほしいです。

2009092207009-1.jpg

どうも、こちらこそ、ありがとうございました!

気をつけて帰りま~す(^_^)/~




施設名称:伊香保露天風呂
所 在 地:群馬県渋川市伊香保町伊香保湯本581
電  話:0279-72-2488
訪 問 日:平成21年9月22日
入浴料金:大人450円
U R L:http://www2.wind.ne.jp/heso/tachiyori_spa/index.html#ikaho_rotenburo(渋川市観光協会)

群馬県草津町  西の河原露天風呂 (★★★★☆) - 2009.09.22 Tue

西の河原露天風呂は、自然豊かな河原のそばの500㎡もある大露天風呂です。

草津に来たらぜひ立ち寄ってみたいのがここでした。



一帯は西の河原公園となっています。

こんな早朝から、宿泊客らしい人たちがぞろぞろと歩いています。

2009092201025.jpg

この公園のあちこちでは、温泉の蒸気が噴出していて、

池もコバルトブルーだったり、流れる水(?)も、うかつにさわると思いきり熱かったりします。



朝7時オープンというので朝イチを狙うことにしましたが、

オープンするまで少し時間があったので、有名な草津の湯畑を見に行きました。

2009092202022.jpg



あたりは硫化水素臭が漂い、いかにも温泉地の雰囲気がいっぱいです。

2009092203023-1.jpg



で、時計を見ながら、再び西の河原公園に向かいました。

2009092204021.jpg



朝7時、お目当ての西の河原露天風呂のオープンです。

ですが、7時5分頃着いた時すでにお客さんが列をなしていて、

私の後からも、次から次と並ぶこと!!

2009092205027.jpg



オープン直後というのにお風呂の中はすでにざっと50人です。

ということで、中はカメラはNGです。

2009092206028.jpg



ここは、ともかくその広さがすごいです!

50人入っていても、それでも余裕の広さで、あと100人は平気です。

向こう側が湯けむりでかすむような・・・ って、ちょっとオーバーでした(^^ゞ



洗い場もなくかけ湯があるだけの露天風呂だけなのですが、

早朝の冷たくて澄んだ空気が、周囲の早くも少し紅葉しかけた山々の色を一層引き立てて、

なんともいい景色、いい気持ちでした。



私は、ぬるめのお湯にしっかり肩まで浸かって、石にもたれ山々を見上げながら、

しばしまったりとしてしまいました。



設備の充実したスパもいいですが、自然の中で、

地球からの贈り物に感謝しながらただお湯と景色だけを楽しむ、

こういうのも本当にいいものですねー(*^_^*)



ただ、人気がありすぎて、ざわざわしすぎていなければもっといいのに、

と思ってしまいますが、まぁ、他の人もそう思っているのでしょうからお互い様ですね(;^_^A



お湯は透明ですが緑っぽくて渋~いです(^_^;)

昨日のベルツ温泉センターと同じ、単純酸性泉かと思いました。



後で通った河原のそばの道から、すぐに露天風呂が見えていました。

あの板塀の向こうでした。

2009092207029.jpg



で、参考までですが、入浴料金は 500円でしたが、

ロッカーは100円が必要なタイプでした。

また、駐車場は下の西の河原公園駐車場は混雑していて有料ですが、

ベルツ温泉センター近くの天狗山第1駐車場が広くて無料でお薦めです。

2009092208030.jpg

そこから、トコトコ下って5分です(*^_^*)



ということで、またまた・・・

   ~ 草津よいとこ 一度はおいで ~ チョイナ♪ っと・・・

きのうからしつこいですね~(^^ゞ

どーもでしたー(^_^)/~




施設名称:西の河原露天風呂
所 在 地:群馬県吾妻郡草津町草津521-3
電  話:0279-88-6167
訪 問 日:平成21年9月22日
入浴料金:大人500円
U R L:http://www.kusatsu.ne.jp/otaki/roten/

群馬県草津町  ベルツ温泉センター (★★★★) - 2009.09.21 Mon

※ベルツ温泉センターはH22.8.31をもって閉館しました(>_<)



碓氷峠から軽井沢を経由し草津の町に入ってきました。

ベルツ温泉センターは天狗山スキー場の近くにありました。

2009092101047.jpg

ここは、草津温泉の素晴らしさを世界に紹介したドイツ人、

ベルツ博士の名を冠した日帰り温泉施設です。



着いたのは午後5時を過ぎていました。

そのせいでしょうか、館内の案内板では大人900円と表示してありましたが、

500円で入れてもらえました(*^_^*)



なかなか広い施設で、1階にもレストランや大広間などがあるようでしたが、

閉館が午後7時ということなので、早速2階のお風呂に行くことにしました。



2階から見ると、200台は停められそうな大駐車場の向こうには、

日暮れ時の早くも寒々しい草津高原の空が見えていました。

2009092102016.jpg



2階の休憩コーナーです。

2009092103015.jpg



お風呂は、大きなガラス張りの展望浴場にサウナと水風呂が付いていました。

お湯は薄暗くなりつつあってあまりはっきりしませんが、

透明でやや緑っぽいように思いました。



口に含む と、うっ、渋っ! 

・・・かなり、酸性強そうな感じです。

いかにも、切り傷に良さそうで、単純酸性泉だということでした。

2009092104019-1.jpg



サウナにも窓が付いていたのですが、残念ながら、

暗くなってきていて景色のほうはよくわかりませんでした。



100度に設定してあるというサウナが、あまり頭が煮えるほど熱くはなく

ちょうど気持ちよくて、サウナ好きの私は3回、都合36分も入ってしまいました。

おかげさまで汗を一杯流して、今日一日の車の長旅の疲れをとりました。



こちらは大浴場ですが・・・

サウナ→水風呂を繰り返しているうちに、すっかり外は暮れてしまいました。

2009092105017-1.jpg



帰りに寄ってみた1階の大広間です。

すでに閉館間際ということで、ガラーンとしていました。

2009092106020.jpg



以上、ということで、有名な草津温泉の代表的な日帰り施設ですが、

さすが草津、期待をはずさないですね~♪

しかも、500円で入れたとは、ついてました(*^^)v



草津よいとこ 一度はおいで~ チョイナ♪ ・・・っと(^_^)/~




施設名称:ベルツ温泉センター
所 在 地:群馬県吾妻郡草津町草津白根国有林58林班
電  話:0279-88-1026
訪 問 日:平成21年9月21日
入浴料金:大人900円(午後5時~500円)
U R L:http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/onsen/index.html

群馬県安中市  碓氷峠の森交流館 峠の湯 (★★★★☆) - 2009.09.21 Mon

シルバーウィークの一日、横浜から群馬まで温泉旅にでかけました。

高速1000円はありがたいですが、5連休のためどこも大渋滞です。

なので、私はひたすら下を170kmほど5時間かけて走り続けました。



榛名、赤城、妙義の上毛三山は、車好きの間では、

北関東の峠の走り屋の聖地として有名ですが、

ここ碓氷峠も、その昔、群馬や長野の走り屋たちが毎夜腕を磨いたそうです。

確か、あのドリキン土屋圭市氏も、アマチュアの頃はここをホームにしていたとかでした。



碓氷のエンジェルと呼ばれたブルーのシルエイティはどこかにいないかな・・・

などと思いながら(←妄想ですね)、私も少しだけ気合い入れて走りました (^^ゞ



さて、前置きが長すぎましたが、碓氷峠の森公園「峠の湯」は、

群馬県から中山道(R18)を長野県に抜ける碓氷峠の手前、坂本宿の近くにあります。

2009092101032-1.jpg

廃線となったアプト式の旧JR碓氷線の名所「めがね橋」をモチーフにしたアーチがありました。



建物自体も、めがね橋を意匠に取り込んでいるという念の入れようです。

2009092102033.jpg



こちらは館内のおみやげ物の売店です。

2009092103045.jpg



シルバーウィークの一日のため、ものすごく賑わっていて大広間も人がいっぱいでした。

2009092104044.jpg



峠の湯の入口です。

お客さんがいっぱいで、残念ながら、ここから先はカメラはNGです・・・(-_-)

2009092105042.jpg



で、お風呂ですが、3時間500円と大変お手頃ですが、施設は広く設備も充実していて、

なによりもお風呂から妙義山をのぞむ絶好の眺望が素晴らしかったです。



これは休憩室からですが、お風呂からもほぼ同じような景色でした。

こんなふうに妙義山がバーンと見えていました。

2009092106038.jpg



ところで、後で聞くと、お風呂は男女週替わりらしく、

たまたま今日は男湯が妙義山側に当たったらしく、ラッキーでした(*^^)v



お風呂は、内湯と露天とサウナと水風呂と、ひととおり揃っています。

サウナ好きの私は、旅の途中だというのに、

サウナと水風呂を4回も往復してしまいました(^^ゞ



お湯は、無色透明、ほぼ無味無臭で、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉だそうですが、

特に変わった特徴は感じられませんでした。

こちらは温泉分析書です。

2009092107041.jpg



お風呂の他にも、広間やレストラン、お土産物の販売、マッサージなど施設は大変充実していました。

それにしても、この温泉、ものすごく賑わっていて、

広間も人がいっぱいでしたし、駐車場には車がざっと120か130台くらいありました。

2009092108043.jpg




景色よし、それにこれだけ施設が充実していて、こんなに安いのですから当然ですよね。

峠の湯、なかなか素晴らしい温泉でした(*^_^*)

2009092109046.jpg



ということで、旅の最初からいい温泉に巡り合って、

さすが温泉どころ群馬! ・・・という感じです。

ますます期待がふくらんで、ワクワク感いっぱいです。



さ~て、まだまだ旅は続く・・・ っと(^^♪




施設名称:碓氷峠の森交流館 峠の湯
所 在 地:群馬県安中市松井田町坂本1222
電  話:027-380-4000
訪 問 日:平成21年9月21日
入浴料金:大人3時間500円
U R L:http://www.usuitouge.com/tougenoyu/

神奈川県川崎市  たちばな温泉たちばな湯 (★★★) - 2009.09.19 Sat

たちばな湯は川崎市の公衆浴場ですが、ちゃんとした温泉で、

神奈川から東京にかけてよくある例の黒湯のお風呂です。



マンション風の建物で、実際、上の階は住宅のようです。

2009091901001.jpg



玄関を入ると券売機があり、番台に行く前に入浴券を購入するようになっています。

2009091902003.jpg

おやっ?!  「銭湯大スキ」ポスターですねー♪



料金は大人450円です。

2009091903002-1.jpg



さて、お湯は黒湯ですが、透明度は40cm前後で、

べとつかず臭いもほとんどありません。

塩辛くもありませんでした。



ちょっと、泉質を確認してきませんでしたが、

思うに、ナトリウム-炭酸水素塩泉 ・・・というところでしょうか?!



このお湯が、温かいお風呂と水風呂と2つに使われていました。

その他に、沸かし湯でジャグジーや寝湯、電気湯がありました。

露天風呂はここにはありません。



それと別料金でサウナがついていますが、さすが公衆浴場ですね(*^_^*)

サウナなしで450円、サウナ付きでも580円という低価格がとてもうれしいです。



私はもちろんサウナ付きでじっくり汗を流してきました(*^^)v

サウナの中には有線でコテコテの演歌が流れていて実にレトロで庶民的な感じです。

2009091904n2.gif

( ↑ この写真はHPからお借りしました。)



ただ・・・

庶民的というか・・・ 浴室内の掲示がすごいです(^_^;)

「局部(●穴、●器部)を石鹸でよく洗わない人は浴槽に入れません」

・・・のだそうです!!



ヒョオオオーー(^_^;)

まあ、 おっしゃるとおりには違いありませんが、

このあまりにもストレートな注意書きにはタジタジでしたー(^_^;)

気にしないようにして、しっかりと「サウナ→水風呂→黒湯」を繰り返してきましたけどね(^^ゞ

2009091905004.jpg



公衆浴場としては珍しく駐車場が約20台と広いので、車で来ても余裕でした。

2009091906006.jpg

ということで、手軽に温泉を楽しみたい方、

特にサウナも好きという方にはいいと思いますよ。

東京、川崎、横浜の方、いつか行ってみてくださいねー(*^_^*)




施設名称:たちばな温泉 たちばな湯
所 在 地:神奈川県川崎市高津区子母口403番地
電  話:044-788-4399
訪 問 日:平成21年9月19日
入浴料金:大人450円(サウナは+130円)
U R L:http://www2s.biglobe.ne.jp/~hd1wuz/sentou.html

山梨県甲州市  大菩薩の湯 (★★★☆) - 2009.09.13 Sun

大菩薩の湯は甲州市(以前は塩山市)の市営の温泉施設です。

中里介山の小説で有名な大菩薩峠の登山口にほど近いところにあり、

季節もいい頃ですからハイカーのお客さんも多いようでした。

2009091301008.jpg




山門に続く石段の途中から駐車場の方を振り返ってみました。

2009091302009-1.jpg

私の車はあそこです、・・・って、他の人にはわかんないですよね~(^_^;)



石段を登りきると、そこに「大菩薩の湯」がありました。

2009091303010-1.jpg



お風呂は清潔で明るく、20人も入れそうな寝湯付きの大きなお風呂と、

小さなジャグジーのお風呂と、サウナと水風呂、そして外には露天風呂がありました。



お湯自体は無色透明、ほとんど無味、かすかな温泉臭だけであまりクセはありませんでしたが、

後で見るとPH10.05と表示してありました。

かなりな高アルカリですね!

入っているときはそんなには感じなかったのですが・・・

2009091304013-1.jpg

露天は階段で下りていく構造なので、お湯に浸かると目隠しの植木くらいで、

ほとんど景色は見えないのですが、階段の位置からは周囲の山並みが見えました。



2009091305016.jpg

サウナは5人も入れば窮屈な感じの小ぶりなものですが、

都会のスパ施設と違ってそんなにサウナも混んでもなく、

3回ほどサウナ→水風呂→露天を繰り返してきました。



ここの水風呂は、他の施設の水風呂より何度か水温が高いように感じましたが、

このくらいのほうが身体にいい感じです。

2009091306012.jpg



ということで、またまた、今日もたっぷり汗を流して、1.5kgも軽くなってしまいました(*^^)v

湯あがりには和室の休憩室もありますので、3時間600円という設定ですから、

時間さえ気にならなければゴロンと横になるのもいいですね。

2009091307017.jpg



その他、レストランや農産物やお土産の販売やマッサージなどもありました。

なかなか充実していてこの価格はさすが公営施設です。

2009091308011-1.jpg

ということで、優等生タイプの全体的にレベルの高い温泉施設でした。

かなりのお薦めですよー♪




施設名称:大菩薩の湯
所 在 地:山梨県甲州市塩山上小田原730-1
電  話:0553-32-4126
訪 問 日:平成21年9月13日
入浴料金:大人3時間600円(市民の方は300円)
U R L:http://eiwa-kotsu.com/daibosatu/

山梨県山梨市  はやぶさ温泉 (★★★★☆) - 2009.09.13 Sun

「はやぶさ温泉」は山梨県のクチコミ評価のとっても高い温泉です。

前から気になっていましたが、やっと訪れることができました。

横浜からおよそ120km、日曜の朝8時前に出たのですが、

およそ3時間かかり、着いたのは11時前でした。

2009091301019.jpg

そもそも、名前がカッコいいですよね。

でも、はやぶさって、ここの地名なんですよね (*^_^*)



名前から、勝手に鄙びた温泉場をイメージしていたのですが、

なかなかどうして、駐車場にはもう30台くらい停まっているし、

館内にもお客さんがいっぱいで、なかなかの賑わいでした。



受付で2時間500円の入浴料をお支払いし、

混みあわないうちに、ということで、早速お風呂に入りました。



脱衣所に入ると・・・ ん?

やや! 例の硫化水素臭です!

浴室に入ると一段と匂いが強くなりました。

予想していなかっただけに、超ラッキーなカンジです(*^_^*)



お風呂は、大きな15人くらい入れるきれいな石タイルの内湯と、

外に7、8人くらいの露天岩風呂の2つだけですが、

そのどちらにも、すごい勢いでザブザブとお湯が注がれています。



しかも、洗い場の蛇口からもシャワーからも同じ源泉がじゃぶじゃぶ出ていて、

とってもいい香りです。



2009091302022-1.jpg

露天のお湯がまた、熱くなくていいんです、これが。

なので、岩を枕に肩までお湯に浸かってのーんびり、まったりとしました。

顔をそよぐ風も心地よかったです。



2009091303003-1.jpg

快晴の日で、日陰部分が真っ黒になってしまいましたが(^_^;)

お湯は無色透明です。



2009091304004.jpg

これは露天風呂からの眺めです。

あれは・・・ さっき通ってきた橋みたいです。



お湯は、脱衣所の表示を見ると、アルカリ性単純温泉と書いてあったのですが、

こんなのもあるんですね、とってもいい香りでした。

2009091305023.jpg

ここは大変湯量が豊富で、温泉の持ち帰りも自由のようで、

実際、ペットボトルを7、8本持ち込んでお湯を詰めているお客さんもいました。



2009091306020-1.jpg

風呂上りに行ってみた無料休憩室です。

雑然としていますが、ひと休みならこれで十分です。



こちらは2階の有料休憩室ですが、きょうは団体さんの会食か何かがあるみたいでした。

2009091307006-1.jpg



いやぁー、それにしても本当にいいお湯でした。

湯の花は舞っているし、この香りを嗅ぐと、温泉にきたなぁー、って実感があります(^^♪

2009091308007.jpg

このお値段でこんないいお湯に入れるとは感激でした! 



ども、ありがとうございましたー

来てよかったですー(^_^)/~




施設名称:はやぶさ温泉
所 在 地:山梨県山梨市牧丘町隼818-1
電  話:0553-35-2611
訪 問 日:平成21年9月13日
入浴料金:大人2時間500円
U R L:http://www.hayabusa-onsen.com/

神奈川県箱根町  亀の湯 (★★★☆) - 2009.09.12 Sat

亀の湯はガイドブックでもおなじみの箱根二ノ平の個人経営の共同浴場です。

看板がなければ一見普通の民家です。

2009091201008.jpg


玄関前にわずかに2台ほどの駐車スペースがあります。



お風呂は男女の内風呂だけなのですが、550円という料金はとっても良心的です。

受付のおかみさんはお風呂の前まで案内してくれて石鹸も出してくださいました。



タイル張りの浴室は大きくはありませんが、他にお客さんがなく貸し切り状態でした。

2009091202005.jpg



大きな窓がありますが、窓の外はすぐ道路なので大きく開けるというわけにはいきません。

また、大型車が道路をよく通るので静かな環境とも言えません。

それに、今日はたまたま箱根町の町議会議員選挙を明日に控えているらしく、

候補者の宣伝カーが何台も通り騒がしかったです(;^_^A

2009091203007.jpg



お湯は無色透明のさっぱりしたお湯ですが、私はかすかに金気を感じました。

ちょうどいいお湯加減で、他にお客さんがなかったこともあり、

身体を洗って何度かお湯に出たり入ったりし十分にお湯を堪能させていただきました。

2009091204006.jpg

私がお湯から出たとき、玄関ホールのソファーで

おかみさんと若い女性2人とが座って何か話をしていました。



このお二人も旅行客のようで、

やはり、何かのガイドブックを見てお風呂に入りに来た方たちのようでした。

お湯から出た後、近くの観光情報などの話をおかみさんに聞いていたようでした。



ということで、亀の湯はとっても話好きで愛想のいいおかみさんがいて、

気取らない庶民的な共同浴場です。



実にシンプルですが、知る人ぞ知るという感じで、隠れ家的施設です。

箱根に行く機会があったら、ぜひチェックしてみてくださいねー♪




施設名称:亀の湯
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1080
電  話:0460-82-2344
訪 問 日:平成21年9月12日
入浴料金:大人550円
U R L:http://www.hakone.or.jp/shop/kamenoyu/index.html(箱根町観光協会)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。