2009-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県東伊豆町  伊豆熱川 花いっぱい温泉 (★★★) - 2009.01.31 Sat

南伊豆から横浜への帰り道は、いたるところ日帰り温泉、立ち寄り温泉がいっぱいです。

いくつもの立ち寄り施設を横目で見ながら車を飛ばしていて、

ちょっと疲れたかなと思ったとき、たまたま目についたのぼり旗に誘われて入りました。



のぼり旗や案内看板のままに車を走らせていると、

なんか意外と奥まったところまで案内されてしまい、

温泉らしくもない(?)民家風の建物の前にたどり着きました。

2009013101P1000068.jpg



ん? ・・・と思いながら玄関ドアを開けたところ、

わずか6、7畳といった小さな待合の奥の受付のおばさんから

「いらっしゃい」と声をかけられました。

2009013102P1000071-1.jpg

ほかには人の気配はありません?? 

なんだか場違いなところに迷い込んでしまったような・・・ 

でもこうなったら、今さら帰るわけにも行かず、お湯に入ってしまうしかありません。



ですが、おばさんがおっしゃるには、きょうは露天風呂をやってないそうなのです!

「こんな天気の悪い日は入る人もいないからねぇ」と・・・ 

えっ?! 昨日から今朝まで確かに雨だったけど、今は別に降ってないよ?!

露天風呂って書いてあったから来たのに、のっけからそれはないでしょ、という感じでした(;^_^A



ということで、洞窟のような内湯のみのお風呂に30分ばかり入ってきました。

結構な広さの内湯は15人くらい入れそうですが、土曜午後2時頃にもかかわらず、

お客さんは最初から最後まで私1人でした。

2009013103P100100-1.jpg

( ↑ 写真はHPからお借りしました。)



温泉の泉質は鉄分が含まれているそうで黄色っぽい透明のお湯で、

お湯自体はよくあったまるいいお湯でした。



ちなみに、きょうやっていないという露天風呂はどこにあるのだろう?

とキョロキョロしましたが、どうにもわかりません。

入浴後おばさんに尋ねたら、少し離れたところに建っている別棟にあるらしいのです。

つまり、露天風呂に入るには、やっていたとしても、

あらためて服を着てあちらまで行かなくちゃ行けないようです。



それに、とうとう最後まで、なぜ「花いっぱい温泉」なんだか、

その理由もわからずじまいでした。

2009013104P1000075.jpg



おばさんはとっても人が良さそうだし、それはそれで好ましく感じましたが、

なんだか、この南国の伊豆らしく(?)おおらかというか、大雑把というか、

テキトーというか、いいかげんというか、

なかなかユニークでびっくりな「花いっぱい温泉」でした(;^_^A




施設名称:伊豆熱川 花いっぱい温泉
所 在 地:静岡県賀茂郡東伊豆町片瀬1070-3
電  話:0557-22-2238
訪 問 日:平成21年1月31日
入浴料金:大人500円
U R L:http://www.hanaippai.jp/
スポンサーサイト

神奈川県湯河原町  湯河原の温泉ホテル (★★★☆) - 2009.01.30 Fri

※ 平成27年3月に確認したところ、既に建物は解体され更地になっていました(・.・;)



ここはJR東海道線の湯河原駅から小田原方面に向かって右側、

町役場を過ぎたあたりにある宿です。

2009013001P1000007.jpg

チェックインも早々にすぐにお目当てのお風呂に向かいました。



お湯自体は無色透明、弱アルカリ性で、特に変わった特徴はないようでしたが、

源泉掛け流しのお湯がふんだんに出ている内湯で、

旅の疲れをゆっくりと癒すことができました。



露天風呂がないのは残念でしたが私の大好きなサウナがありましたので、

じっくりと汗を流すことができました。

2009013002P1000009.jpg

しっかりあったまった後は、お楽しみの夕食です。

おいしいアジや地魚のおさしみと事前に注文しておいたアワビのステーキをいただきました。

殻付きのまま醤油をかけたアワビが熱い火の上でじたばたしながら

おいしそうに煮えていくのを初めて見ました。



食べるともちろんおいしかったですよ(*^_^*)

当たり前ですが、アワビも貝なんですね、

ちょっとつぼ焼きサザエに似た食感と味でした。



舌鼓をうちながら、ビールをいただいて・・・

はぁ~ 旅はいいですね~

どうもごちそうさまでしたー(*^_^*)

2009013003P1000008-1.jpg

いいお湯とおいしい食事、温泉旅館の旅は、ほんとに最高ですね(*^_^*)



わけあって、今回はこんな不親切ガイドですが、

さすが、湯河原はメジャーな温泉の町でした。

よかったですよー(*^_^*)




施設名称:湯河原の温泉ホテル
所 在 地:神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋××××
電  話:0465-62-××××
訪 問 日:平成21年1月30日
入浴料金:---
U R L:http://XXXX.XXXXX.XXXXXX

神奈川県箱根町  湯遊の里 南甫園 (★★★★) - 2009.01.25 Sun

箱根はいつも走りまわっていましたので、以前からここは知っていました。

2009012501P1000048.jpg



皆さんのクチコミ評価が超々高いので「ぜひ入らねば!」ということで、

ようやく本日行ってまいりました(*^_^*)

2009012502P1000044.jpg



館内に入り、右手の受付で入浴料1000円を払って奥に進むとお風呂があります。

お風呂に行く途中に別料金の休憩所があるのですが、

私は立寄り入浴料金のみなので、中がどのようになっているのかわかりませんでした。

2009012503P1000071-1.jpg



お風呂は内湯と露天がそれぞれ1つずつのみというシンプルなつくりです。

内湯は無色透明のお湯、露天は乳白色のお湯で透明度約10cm、

こちらは大涌谷から引いている源泉掛け流しだそうです。

2009012504P1000075-1.jpg

露天風呂からは池のある日本庭園が眺められ、景色としてはまずまずです。

今日は天気が良かったので、白濁した露天のお湯にミクロの小さい粉が

いっぱい混ざっているのが太陽の光でよく見えました。



かなり熱めでしたが源泉を口に含むと、すっぱいというか、相当なシブさを感じました。

何分か浸かっていると、たまたま、擦り傷したところがぴりぴりしみる感じです。

そんなことで、ここはかなり酸性ぽいなー、と思いましたが、

そう思ってお風呂をよく見ると、石造りの露天の岩のお湯に浸かっている部分が5mmくらい溶けています。

この色、この味、この感じ、まるで鍾乳洞の中の池の雰囲気でした。



今日は日曜のお昼前後の時間でしたが、都合10人くらいしか会うこともなく、

小さな施設のわりには意外とすいていてゆっくりできました。

内湯と露天のみなので1時間ほどで、私としてはさほど長湯ではなかったつもりなのですが、

お湯から出ると次から次と汗が出て、ぽかぽかとすごくあったまりました。

思ったより強い泉質のようでした。



こちらは脱衣場です。

2009012505P1000082-1.jpg



館内にはレストランもあります。

2009012506P1000087-1.jpg



ということで、南甫園はお湯が個性的で珍しく、

一度は入っておきたい温泉だと思います。

総合的には、景色も悪くはなく、

1000円で2時間という料金も、このあたりにしてはまあまあでした。



脱衣所から出るとき見た温泉成分表の掲示によると、源泉はPH2.9だそうです。

こりゃ、スッパイはずですねー

なるほど、これはナットクでした!!

2009012507P1000041.jpg

以上、箱根仙石原のにごり湯の日帰り施設 南甫園でした。




施設名称:湯遊の里 南甫園
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原934
電  話:0460-84-8591
訪10問日:平成21年1月25日
入浴料金:大人1000円
U R L:https://www.hakone.or.jp/shop/nanpoen/index.html(箱根町観光協会)

東京都武蔵村山市  武蔵村山温泉 かたくりの湯 (★★★) - 2009.01.24 Sat

小雪の舞う中、横浜から、相模原、八王子、昭島、福生、立川と過ぎ、

2時間かけて武蔵村山市までやってきました。

2009012401P1000003.jpg

このあたりは、東京都とは言っても武蔵野のおもかげが残り、

雑木林の多いちょっとひなびたいい雰囲気です。



武蔵村山温泉 かたくりの湯は、水着ゾーンもある市営の健康増進施設です。

2009012402P1000011.jpg



お風呂は内湯が3つ、温度の違う2つの浴槽と、あと1つはイベント風呂で、

きょうはラベンダーの入浴剤が入れてあり、赤紫色のお湯になっていました。



その他、サウナと水風呂、外には15人くらい入れる露天風呂と打たせ湯がありました。

それほど混雑はしていませんでしたが、

温水プール付きということで、子供づれの人が多かったですね。

2009012403P1000005-1.jpg



さて、泉質ですが、「メタほう酸泉」と書いてありますが、

塩素も入っているようで、残念ながらあまりよくわかりませんでした。

2009012404P1000009-1.jpg



露天風呂から武蔵野のおもむきを・・・ と期待したのですが、

コンクリートの塀が高く、雑木林の木の先っぽ程度しか見ることができませんでした。

それでも、きょうはたまたま肌寒い冬空を、ときおり小雪が舞い散る中でしたので、

それなりの雰囲気はありましたけど。

2009012405P1000007-1.jpg



その他、ホールでフィッシュセラピーをやっていて、

ほら、あの、足湯みたいにして、足を水槽に入れて、

小さな魚が皮膚の老廃物を食べてくれるというやつです。

何人かやってましたが、足に何十匹も小魚が群がってい て、どんな感じなんでしょね(;^_^A

2009012406P1000006.jpg



料金は土日料金ということで、3時間800円でした。

月~金は700円です。

また、市民の方は100円安いので、プール遊びをして温泉にも入って、

と考えれば、市民の方にはとってもいい施設ですよね。




施設名称:武蔵村山温泉 かたくりの湯
所 在 地:東京都武蔵村山市本町5-29-1
電  話:042-520-1026
訪 問 日:平成21年1月24日
入浴料金:大人3時間平日700円(土日祝800円)
U R L:http://www.katakurinoyu.com/

神奈川県箱根町  弥次喜多の湯 (★★★☆) - 2009.01.17 Sat

1月17日の土曜日、久しぶりに箱根にやってきました。



きょうの目的は「弥次喜多の湯」です。

場所は箱根の入口、箱根湯本駅からすぐ近くでした。

2009011701P1000004.jpg



こんなに駅から近いのに、お風呂はすいています。

昼前11時30分頃館内に入りましたが、先客は2人だけ、

そして、身体を洗って、お湯に浸かっているうちに、

なんと、広い温泉のなかで私1人になってしまいました。

2009011702P1000005.jpg

お風呂はジェット付きの内湯が1つ、露天が岩風呂風とヒノキ風呂と2つ、

それぞれ6~7人入れる広さです。



露天エリアには1人だけ入れるヒノキの樽風呂が2つあります。

2009011703P1000009.jpg



それから、一応サウナがありますが、

これは、グループの知り合い同士が最大に詰め込んで3人という感じです。

知らない人間なら2人でも気詰まりな狭さです(^_^;)



他はきれいなのですが、このサウナ室だけは落書きが汚く、

壁も傷んでいたり、時計も壊れていたりで、ちょっとないがしろにされてる感じです(;^_^A

でも、まあ温度は86℃くらいで、死ぬほど熱くもなく気持ちよかったですよ。



ここのお湯は特にくせのないもので、無色透明、無味無臭でした。

2009011704P1000011.jpg

アルカリ性単純温泉、PH8.5とありました。



露天からの景色は、きっと方向的には早川の渓谷沿いにあると思うのですが、

塀で仕切られていて、ほとんどたいした景色を見ることはできませんでした。

2009011705P1000008.jpg

ちょうど1時間で出ましたが、私が出るまでその後1人が入ってきただけで、

大丈夫? というくらい、ほんとにすいてます。

でも、この贅沢な独り占め感はなかなか心地よかったですよ(*^_^*)



お湯から出ても館内には食堂も売店もありませんので、

これだけで2時間900円ですから、安いか高いか、いろいろ見方は分かれると思います。



ただし、私みたいに車の人なら、お風呂に入ると駐車場も2時間無料になりますので、

1時間でお風呂に入り、その後の1時間で、

すぐ近くの商店街のレストランやおみやげ屋さんをぶらっと一回りするのには、

ちょうどいいのかもしれませんね。

2009011706P1000013.jpg

以上、箱根の弥次喜多の湯でした。




施設名称:弥次喜多の湯
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町湯本694
電  話:0460-85-6666
訪 問 日:平成21年1月17日
入浴料金:大人2時間900円
U R L:http://www.kokoga-e.com/fureai/yajikita/index.html

静岡県函南町  湯~トピアかんなみ (★★★★☆) - 2009.01.11 Sun

湯~トピアかんなみは、静岡県函南町の公共の施設で、プールと温泉のある施設です。

横浜から246号経由で延々と約3時間、函南町役場からさらに車で5分ほどの畑の中にありました。



初めてだったので、途中で三島駅付近を通過するルートを取ってしまい、

少し渋滞につかまってしまいましたが、

三島駅を避けて行けば2時間30分ちょっとで行けるのかなと思います。



駐車場の向こうに、少し雲をまとった富士山の姿が見えていました。

2009011101P1000204-1.jpg



施設はきれいで、全体的に広々としてほんとにゆっくりできます。

2009011102P1000205.jpg



休憩所も広いし、食堂もあるし、肝心のお風呂がまた広いです。

2009011103P1000005.jpg



内湯は15人は入れそうですし、そのほか、ジャグジーの中、ジェットバスの小、

それからまた露天が30人は入れる大、打たせ湯付きの小、と2つあります。



サウナは高温サウナとオンドルサウナと2つありました。

もちろん冷水風呂も。



ここは高温サウナといっても温度計では83度くらい、

冷水風呂もほかと違って水そのままではないように思いました。

水温計がないのではっきりとはわからないのですが、17、8度くらいかなと思います。



サウナも冷水もあまり体に負担にならないようにしてあるみたいです。

おかげで久しぶりに、大好きなサウナ→冷水→露天を繰り返し楽しんできました。



この露天風呂も体温より少し温かい程度でいつまでも入っていられます。

なので、混雑していないこともあって、いつしか眠くなってしまいそうでした。

2009011104P1000009.jpg

お湯は、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉ということですが、

ほとんど無色透明、無臭で、べとつかずさらさらしています。

味は特になくわずかにしょっぱいかな、という程度です。



さて、・・・ということで、料金は3時間700円ですが、

総合的には結構お奨めの温泉だと思います。

さすが、静岡にはいい温泉がたくさんあって、ホント、うらやましいですね。

2009011105P1000007.jpg

最後に、ここのお客さんたちはマナーがとっても良かったですよ。

サウナでも譲り合い、声を掛け合っていました。



函南町の皆さんの良風でしょうね(*^_^*)

2009011106P1000206.jpg



おかげさまでとっても気持ちよく過ごせました。

すばらしいです!




施設名称:湯~トピアかんなみ
所 在 地:静岡県田方郡函南町柏谷259番地
電  話:055-970-0001
訪 問 日:平成21年1月11日
入浴料金:大人3時間700円
U R L:http://www.town.kannami.shizuoka.jp/hp/page000002000/hpg000001951.htm

神奈川県相模原市  ふじの温泉 東尾垂の湯 (★★★) - 2009.01.10 Sat

1月10日(土)、相模原市藤野町の東尾垂の湯に行ってみました。

2009011001P1000110-1.jpg



山深い場所ですが、庭からすぐ右に見下ろす位置には藤野温泉病院があります。

2009011002P1000116-1.jpg

経営が同系列なんでしょうか。



さて、お風呂ですが、駐車場に車が多かったわりには、

お風呂に入っている人はそれほど多くもなく、案外ゆったりできました。

4時間850円という料金設定のためでしょうね。

2009011003P1000112-1.jpg



お湯はアルカリ性単純温泉ということですが、

あまりぬるぬる感はなくむしろサラサラしているように感じました。

お風呂は大・中・小の3つの内湯(一部ジャグジー付き)、露天風呂、

それからミストサウナ室の中に6つの桶と樽風呂がありました。



露天風呂は広く10人くらいは入れる大きさで、遠くの藤野の山々が見えました。

源泉掛け流しというお湯は、ほぼ透明ですがわずかに緑っぽいようで、

かすかに硫黄のにおいがしました。

味は、なんだかミネラル豊富な感じでマイルドでなかなかおいしいです。

2009011004P1000114.jpg



お風呂のあとは食堂もありますし、休憩所が大きく、

和室でぐうぐうと気持ちよさそうに寝ている人が何人もいました。

私も本でも持ってくれば良かったです(*^_^*)



あっ、料金のうちにタオルとバスタオルがついていましたが、

私的には、タオルなしでいいので700円くらいにしてほしいなあ、と・・・ 

また、個人的には、ドライサウナと冷水風呂があったら最高なのになあ、とも思いました。



お風呂から出たあと、周囲の景色を眺めてみました。

2009011005P1000115.jpg

これは露天風呂からも見えていた向かいの山なみです。



敷地の一角に温泉の貯湯槽がありました。

2009011006P1000113.jpg

津久井第1号温泉、と書いてあります。

それに、よく見ると「FUJINO H・S HOSPITAL」とも書いてありました。

やはり、経営は同じだったようですね。




施設名称:ふじの温泉 東尾垂の湯
所 在 地:神奈川県相模原市藤野町牧野8114-2 ※1
電  話:042-689-2360
訪 問 日:平成21年1月10日
入浴料金:大人4時間850円 ※2
U R L:http://www.higashiotarunoyu.jp/index.html


※1 平成22年4月の政令指定都市移行により、現在は「相模原市緑区牧野8114-2」となっています。
※2 平成25年5月現在、平日タオルなし料金550円が設定されています。

山梨県甲州市  甲州市勝沼ぶどうの丘 天空の湯 (★★★★) - 2009.01.03 Sat

1月3日、2009年のお湯始めに行ってきました。

今日は箱根駅伝の復路があるので、箱根や静岡方面はダメ。

ということで、横浜を早朝出発し、相模湖から甲州街道を約100km2時間半、

ワインで有名な勝沼までやってきました。



こちらが「甲州市勝沼ぶどうの丘」です。

2009010301P1000013-1.jpg



内部は、主にワインの展示販売です。

2009010302P1000012.jpg



この「ぶどうの丘」自体は、以前もドライブの途中に立ち寄ったことがありましたが、

併設の日帰り温泉施設の「天空の湯」に入るのは初めてです。

こちらが、温泉棟になります。

2009010303P1000004-1.jpg



お風呂は・・・ レンズが曇っちゃった・・・(^_^;)

2009010304P1000081.jpg

えっと・・・ お風呂は、内湯2つ(1つはぬるめでジャグジーと寝湯付き)と露天、

それにミストサウナだけというシンプルで小さな作りですが、

ここのお薦めはなんといっても、甲府盆地を一望し遠くは南アルプスの連山までも望める、

露天風呂からの雄大な景色です。



後で調べたところですが、たぶん、北岳、間ノ岳、農鳥岳、塩見岳、悪沢岳、

赤石岳、そして聖岳くらいが見えていたのだと思います。

ほんとに透明感があって幅広で奥行きのあるきれいな眺めです。

しかも、外気が冷たいため、露天から湯けむりが強く立ちのぼり、

いい雰囲気をかもし出しています。



こちらは、お風呂からではありませんが、だいたいこんな感じでした。

2009010305P1000008-1.jpg

これは確かに一見の価値があると思いますよ。

お湯もぬるめなのでじっくり浸かって心いくまで堪能できます。



さて、お湯は、というと、かなりアルカリ性の高そうなお湯で、

ぬるぬる感がありました。

ほとんど無色透明ですが、口に含むとなかなかマイルドでした。

2009010306P1000084.jpg



ところで、パンフレットにもどこにも書いてないのですが、

なぜかぬるめの浴槽で 微かに硫黄臭風の香りを感じました。

それから、ミストサウナは、ミストというよりも温水シャワーという感じでしたが、

まあ、これもご愛嬌の範囲でしょう。

2009010307P1000083.jpg

ということで、3時間600円はなかなかお値打ち価格だと思いました。

ただ、私は個人的にはドライサウナが大好きですので・・・ 

それがちょっと残念でしたけど、景色がすばらしいから全然オッケーですよね(*^_^*)




施設名称:甲州市勝沼ぶどうの丘 天空の湯
所 在 地:山梨県甲州市勝沼町菱山5093
電  話:0553-44-2111
訪 問 日:平成21年1月3日
入浴料金:大人3時間600円
U R L:http://budounooka.com/hpgen/HPB/entries/8.html

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。