....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮城県蔵王町 遠刈田温泉 神の湯 (★★★☆) - 2013.09.22 Sun

宮城県蔵王町の遠刈田温泉(とおがったおんせん)に行ってみました。

2013092201RIMG0200-1.jpg

いや~ それにしても、遠がった~(^^ゞ ( ← ちっ! そう来ると思った、って?(^_^;) )



と、ここは唐破風造りも豪華な遠刈田温泉共同浴場「神の湯」です。

2013092202RIMG0201.jpg

こちらも大人300円、小人100円というリーズナブルなお値段です。



写真はお風呂の扉を開けて靴箱までです。 というのも、ものすごくお客さんが多いんですよ!

2013092203RIMG0187-1.jpg

お風呂には壁に沿って「熱い湯」と「ぬるい湯」と2つの湯船がありました。



熱いほうは44~45℃、ぬるいほうは41~42℃と書いてありました。

2013092204RIMG0189-1.jpg

お湯は、鉄味というか泥味というか、無臭ですがささ濁りのお湯です。



ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉で、PHは7.0と書いてありました。

2013092205RIMG0192-1.jpg

こちらにはシャンプー・ボディソープはありませんので、持っていってくださいね。



ご覧のとおり、こちらも木を使った暖かみのある作りで、お風呂にもぶっとい梁が使われていました。

2013092206RIMG0199-1.jpg

外には無料の足湯もありましたので、せっかくですから足を浸けてみました。



2段になっていて、上の段はかなり熱く、そのうち足が真っ赤になりました。

2013092207img023-1.jpg

以上、遠刈田温泉 神の湯は、料金300円と安いからでしょう、観光客がいっぱいでした。



お風呂から出た後、蔵王国定公園を通ったのでその写真を何枚か紹介しますね。

2013092208RIMG0205-1.jpg

駒草平駐車場からほんの1~2分歩くと展望台があります。



そこから眺めた不帰の滝(かえらずのたき)の景色です。

2013092209RIMG0206-1.jpg

谷底まで数百メートルあろうかと思われる高さに、私はお尻がむずむずしてしょうがありませんでした。



せっかくなので、蔵王ハイライン(有料520円)を通ってあの「御釜」にも行ってみました。

2013092210RIMG0215-1.jpg

駐車場は、第一、第二、第三まで満車に近く、火口近くも観光客がいっぱいです。



初めて見た御釜はエメラルドグリーンの、それは美しい火口湖でした。

2013092211RIMG0222-1.jpg

でも、強酸性のため生物はいないそうですし、万一落ちたら、どうなっちゃうんでしょうね(^_^;)




施設名称:遠刈田温泉 神の湯
所 在 地:宮城県刈田郡蔵王町刈田温泉仲町32
電  話:0224-34-1990
訪 問 日:平成25年9月22日
入浴料金:大人300円
U R L:http://www.zao-machi.com/75(蔵王町観光協会)
スポンサーサイト

宮城県川崎町  青根温泉 じゃっぽの湯 (★★★☆) - 2013.09.22 Sun

9月はお休みが多くて、ホント、いいですよね~♪

先週、愛知から岐阜、福井まで行ってきたというのに、また、今週も遠出してしまいました(^^ゞ

2013092201RIMG0185.jpg

今週は宮城県まで・・・ 自分のことながら、この行動力には感心します(^^ゞ

( ↑ ・・・ってか、フツーの人はあきれますって・・・(^_^;) )



ということで、今日は宮城県川崎町青根温泉の公衆浴場「じゃっぽの湯」の紹介です。

2013092202RIMG0172-1.jpg

片道368km、深夜の1時45分出発で、到着が8時30分でした。

毎度のことで下道ばかりですが、深夜の国道4号線はビュンビュンですよ(^^ゞ



てなことはともかく、山村と言っていい片田舎なのに、朝から何台もの車が来ていました。

2013092203RIMG0171-1.jpg

さっそく中に入り、受付前の券売機で入浴券を買いました。

入浴料金は大人300円という安さですから、ありがたいことですよね。



館内は、木をふんだんに使用した暖かみのある作りでした。

2013092204RIMG0179-1.jpg

脱衣場も、まるでログハウスのコテージを思わせるような雰囲気です。

ちゃんと100円リターン式のロッカーも備えてありました。



お風呂はL字型の10人以上が入れるタイル張りの浴槽です。

2013092205RIMG0176-1.jpg

味も匂いも特にありませんが、うぐいす色にくすんだような色合いのお湯でした。



浴室の天井は高く、湯気抜きもあったりして湯屋風のよい風情です。

こちらはお湯の出口ですが、ザバザバと流れるお湯は消毒なしの源泉でした。

2013092206RIMG0174-1.jpg

こちら、こんなに安いのに、ボディソープもシャンプーも完備してるんですよね。

これでちゃんと成り立ってるんでしょうか、と、こちらが心配になるほどです。



お湯はわりと熱めで、しばらく浸かっていると身体中がポカポカしてきます。

2013092207RIMG0181-1.jpg

おかげさまで、夜っぴて走ってきましたが、すっかりシャッキリしましたよ。

こちらの温泉分析書によると、お湯は単純温泉でPH7.4ということでした。



さあて、時間は9時10分ですね・・・  そろそろ、次に行きますか!

2013092208RIMG0178-1.jpg

でも、ウッディーで温もりが感じられて本当にいい感じでしょ、ね?



ところで・・・ 「じゃっぽ」ってなんだろ? って、ずっと気になってました。

すると、先日、日曜大河ドラマを見るともなく眺めていた時、八重さんが「じゃっぽ」って!!

2013092209RIMG0182-1.jpg

見ていると、どうやら「じゃっぽ」って「お風呂」とかの意味らしいんですよ!!



・・・(^_^;)

えっと・・・ コホン!  「八重さんがじゃっぽ」のくだりは、デタラメです・・・(^_^;)ゴメンナサイ

2013092210RIMG0169-1.jpg

ただ、仙台地方の言葉で「お風呂」の意味だそうですね。 これはホントですよ!

と、まあ、朝っぱらからこんなヨタ話で、どうもすいませんでした~(^_^;)




施設名称:青根温泉 じゃっぽの湯
所 在 地:宮城県柴田郡川崎町青根温泉9-1
電  話:0224-87-2188
訪 問 日:平成25年9月22日
入浴料金:大人300円
U R L:http://www.jyappo.jp/jyapponoyu.html

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。