....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡県遠賀町  遠賀川温泉 (★★★☆) - 2015.08.07 Fri

北九州市からは遠賀川の左岸を南に向かって走り、遠賀郡遠賀町に入っていきました。

2015080701RIMG0286-1.jpg

遠賀川は、飯塚、田川、直方など、昔、炭田で栄えた筑豊地域から北九州に流れる1級河川です。



およそ30分ほど走って到着したのは、遠賀町にただ一つの天然温泉、「遠賀川温泉」でした。

2015080702RIMG0287-1.jpg

事前のチェックによると、無色透明のお湯が加熱すると茶褐色に変化するなど、珍しいお湯らしいのです。



営業時間は午後1時から9時までということですが、今1時40分ですからほぼ予定どおりです(^^)v

2015080703RIMG0302-1.jpg

こんちは~♪  ・・・と、入浴券は左の券売機で買うようになっていて、料金は700円でした。



脱衣場に向かったところ、私が入るのと入れ替わりに、1人お客さんが出て行かれました!

2015080704RIMG0290-1.jpg

ん?  ということは・・・?   どうやらうまい具合に、また私1人になっちゃったかな~?(^^♪



ということで、またまた私1人だけとなりましたので、お風呂の写真を撮影させていただきました。

2015080705RIMG0292-1.jpg

なるほど~  こちらのお風呂はきれいな茶褐色のお湯ですが、これが加熱した色なんでしょうか。



そして、扉の外には6人ほどの大きさの露天岩風呂があり、こちらのお湯は薄い錆鼠(さびねず)、

2015080706RIMG0294.jpg

加温してなくて、まるで冷めたシジミのダシ汁みたいでしたが、湯船の底はしっかりと見えていましたよ。  



こちらは浴室のお風呂に肩まで浸かっての1枚ですが、光を反射してキラキラととてもきれいです。

2015080707RIMG0299.jpg

透明度はおよそ10cmほどで、口に含むと鉄錆の味が感じられ、かなりな塩気もありました。



他にはミストサウナもありましたが、温水シャワーのようで、まあ、これはオマケみたいなもんですかね。

2015080708RIMG0301-1.jpg

脱衣場に貼ってあった温泉分析書には、含鉄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉と書いてありました。



以上、遠賀川温泉ですが、成分の濃い塩化物泉はなかなかのパワーがあり、いいと思いますよ。

2015080709RIMG0304-1.jpg

さあて・・・  夏休みもそろそろ終わり!  来週は関東に戻りますので、またよろしくお願いします~(^_^)/~




施設名称:遠賀川温泉
所 在 地:福岡県遠賀郡遠賀町浅木61-1
電  話:093-293-6869
訪 問 日:平成27年8月7日
入浴料金:大人700円
U R L::http://www.ongagawa.net/
スポンサーサイト

福岡県北九州市  かんぽの宿 北九州 (★★★) - 2015.08.07 Fri

皆さん、こんにちは~♪   「りゆうの日帰り温泉図鑑 Ⅲ」 、リポーターのりゆうです~\(^o^)/

2015080701RIMG0250-1.jpg

さて、私ですが、皆さんご承知のとおり、いつもは関東近県の温泉リポートをしていますが、



現在夏休み中で、近畿、中国と移動しながら、気の向くままに温泉めぐりをしています~(^^♪イエーイ

2015080712RIMG0281.jpg

えっ?  なに?  ・・・どーでもいいけど、前回の記事とえらくテンション違うじゃないか、って?



う~ん、それは・・・  ま、そういうこともあるってことで、軽くスルーしていただいて・・・(^_^;)アハハッ

2015080702RIMG0252.jpg

サラッと話を戻しますが、今日は、私、関門トンネルを通って、北九州市の「かんぽの宿」に来ています。  



あ、そうそう・・・  皆さんご存知のこととは思いますが、「関門トンネル」というのはですねぇ・・・

2015080710RIMG0274-1.jpg

山口県の下関(しものせき)と、北九州市の門司(もじ)との間をつなぐトンネルだということで、



別に、「厳しい関門が立ちはだかる」とかの「関門」ではありませんので、ご承知おきを~(^^ゞ

2015080711RIMG0280-1.jpg

えっ?  そんなの誰でも知ってる、って?  あははっ、いろいろと騒がしくてすいませんね~(^_^;)



いや、さて、また話を戻しますが、上の写真はロビーからの眺めなんですが、あれが「玄海灘」ですね。

2015080708RIMG0271-1.jpg

見えている島は、まさか壱岐や対馬ではないと思います。  なんせ、壱岐まででも90km、



対馬までは135kmもありますからね。  さすがに肉眼では限界だな ・・・なんちゃって(^_^;)

2015080709RIMG0270-1.jpg

・・・って、おいおい! また話が脱線してるよ!  と、ツッコマレますよね~(^_^;)スイマセン・・・



ともあれ、まあ、かんぽの宿自体は日本全国各地にあって、別に珍しくもないのですが、 

2015080713RIMG0272-1.jpg

実は、前の晩、どこに行こうかとガイドブックを見たりネットで調べたり、いろいろ考えました。



結局「かんぽの宿」に決めたのは、私の経験上、かんぽの宿は当たり外れが少ないからなんです。

2015080703RIMG0269-1.jpg

到着したのは12時前でしたが、こちらの日帰りタイムは11時から15時までなのでほぼ予定どおりです。



入浴料金は大人600円ということで、フロント左にある券売機でチケットを買うようになっていました。

2015080707RIMG0266-1.jpg

脱衣場には鍵付きロッカーもありますし、さらに4ケタの数字合わせの貴重品ロッカーもありました。



こちらが浴室ですが、大きな、それぞれ10人以上が入れるサイズのお風呂が2つありました。

2015080704RIMG0256-1.jpg

こちらとその向こうと・・・  こちらは「若松ひびき温泉」、向こうは「光明石温泉」だそうです。



こちらは露天風呂です。  向こうの岬のこんもりとした小森も借景して、なかなかの雰囲気です。

2015080705RIMG0258-1.jpg

お湯はPH7.3のナトリウム・カルシウム-塩化物泉ですが、ほとんど無色透明、無味無臭でした。



向こうに見えるのは玄海灘ですが、大陸からの海の玄関だな、なんちゃって(^^ゞ( ← オバ○(^_^;) )

2015080706RIMG0261-1.jpg

やれやれ・・・ 今回、九州に初めて入った取材班は、浮かれちゃってどうにも手がつけられませんでした(^_^;)




施設名称:かんぽの宿 北九州
所 在 地:福岡県北九州市若松区有毛2829
電  話:093-741-1335
訪 問 日:平成27年8月7日
入浴料金:大人600円
U R L:http://www.kanponoyado.japanpost.jp/yado/kitakyushu/

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。