....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群馬県前橋市  赤城温泉 花の宿 湯之沢館 (★★★) - 2015.10.04 Sun

10月4日、群馬県からの帰りにもう1つ寄ってみた「赤城温泉 花の宿 湯之沢館」です。

2015100401RIMG0130.jpg

浮世絵風のずいぶん目立つ看板のそばに、赤く塗装された派手な階段がありました。



階段を降りきって見えてきた赤い看板・・・   どうやらあれが「湯之沢館」のようですが、

2015100402RIMG0108.jpg

看板がなければ普通の民家と見まがうような、古い木造モルタル塗りの2階建てですね。



こちらは「るるぶ」で滝のそばの「瀬音露天風呂」というのがいいというので来てみたのです。

2015100403RIMG0109-1.jpg

玄関を入り入浴をお願いしてみると、入浴は1時間程度で、料金は600円ということでした。



お風呂に向かう途中の掛け札・・・ えっ! 「瀬音露天風呂はただ今の時間は混浴」だって!

2015100404RIMG0124-1.jpg

ま、そうは言っても、女性はもう1つの「赤城名月風呂」とやらに入るんでしょうね・・・(^_^;)テヘヘ



ということで、一瞬、美女と混浴かも(!)というあらぬ妄想が頭をよぎったおバ○な私でした(^_^;)

2015100405RIMG0120.jpg

瀬音露天風呂の前、すぐ左手は渓谷のようで、いかにも滝もありそうないい雰囲気でした。



脱衣場は古い体重計があり、ご覧のとおりの棚とブラの脱衣かごがあるだけの素朴な作りです。

2015100406RIMG0114.jpg

見た感じお客さんは数人というところで、私も手早く服を脱いでさっそくお風呂に入ってみました。



湯船は2つ、川側と内側にありましたが、どちらも温泉成分で赤茶けて変色した石組みのお風呂です。

2015100407RIMG0112-1.jpg

私、最初内側に浸かっていたところ、川側に浸かっていた人が出て来まして、それが、ナント、女の人!!



もちろんタオル巻きでしたが、いや、これが、あの、決して、そこそこ・・・( ← って、ナニ言ってんだろ(~_~;) )

2015100408RIMG0113.jpg

私、ちょうど立ちあがって、川側に移ろうとしていたところでしたので、かなりアセッテしまいました(^_^;)



私も、いわゆる混浴温泉にはあちこちで入りましたが、実際に女性と遭遇したのは2~3回しかありません。

2015100409RIMG0115-1.jpg

・・・て、あれっ?  動揺したせいで、滝があったかどうか見てくるのを忘れちまったじゃないですか!



うすい笹濁りのお湯は、内側は適温でしたが、川側は源泉そのままらしくぬるかったことと、

2015100410RIMG0123.jpg

カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉でPH6.5ということだけメモしてたんですけどね・・・




施設名称:赤城温泉 花の宿 湯之沢館
所 在 地:群馬県前橋市苗ケ島町2027
電  話:0120-268-225
訪 問 日:平成27年10月4日
入浴料金:大人600円
U R L:http://www.hananoyado.com/
スポンサーサイト

群馬県川場村  湯郷 小住温泉 (★★★☆) - 2015.10.04 Sun

10月4日の日曜日、群馬県内でちょっとした用事があって、早朝から関越道を走りました。

2015100401RIMG0106-1.jpg

用事のほうはとりあえず午前中で片づけて、午後からは県北部の川場村に回ってみました。



そして、川場村で立ち寄ってみたのが、2000m級の百名山の1つ武尊山(ほたかさん)の麓、

2015100402RIMG0103-1.jpg

湯郷 小住温泉(こじゅうおんせん)・・・  で、さっそく中に入りまして、入浴料金は650円でした。



お風呂は浴室と露天の2つだけでしたが、なんと、露天風呂のお湯はプーンと白タマゴ臭がします。

2015100403RIMG0088-1.jpg

とろっとして柔らかな肌触りのお湯は、温泉分析書によるとPH9.4の単純硫黄温泉ということでした。



しかし、このあたりまで来ると緑いっぱいで、空は青いし空気はおいしいし、生き返るような心地がしますね。

2015100404RIMG0099-1.jpg

午前中に訪問したある場所のイベントでも感じましたが、環境って本当に生きていくうえでとっても大事です。



世界各地の再生不能な乱開発や原発のことを持ち出すまでもなく、46億年といわれる地球の歴史の中で、

2015100405RIMG0097.jpg

近年の急激な環境悪化をもたらしているのは、たかだかこの100年ほどの人類の所業にほかなりません。



驚愕すべきことですが、現在では1年間に4万種もの動植物などの生命が絶滅しているそうです。

2015100406RIMG0095-1.jpg

・・・って、計算してみると、毎日、およそ110種もの生物が死に絶えていくということじゃないですか!!



また、テレビでもやってましたが、近年のゲリラ豪雨や洪水などの異常気象も、結局、環境悪化のせいです。

2015100407RIMG0093.jpg

私たちのかけがえのない地球と環境を未来に伝えていくためには、どうしたらいいんでしょうか・・・



と、かくいう私も、仕事でもないのにいつも車を乗りまわして、本当はどうかと思うところもあります・・・ 

2015100408RIMG0101.jpg

そんなことを考えながら、ひなびた温泉に浸かっておりますと、もうそろそろ潮時かなあと思ったりします。



あん? これまでずいぶん好きにやっといて、いまさら勝手だね、という声も聞こえるような気もしますが、

2015100409RIMG0102.jpg

申しわけありません・・・  でも、正直、もういいかなあ・・・  というのが私の最近の心境です・・・  




施設名称:湯郷 小住温泉
所 在 地:群馬県利根郡川場村湯原1851-2
電  話:0278-50-1155
訪 問 日:平成27年10月4日
入浴料金:大人650円
U R L:http://www.yugo.co.jp/spa/kojyu/index.html

群馬県草津町  地蔵の湯 (★★★★★) - 2015.07.19 Sun

皆さん、おはようございます!  7月19日、日曜日の朝、私は今、群馬県の草津町役場前に来ています。

朝の2時35分頃、車で出発し、途中で寄り道もしましたが、ここまでざっと235kmほどでした。 

2015071901RIMG0049.jpg

やっぱり旅は早立ちですよね!  昔から 、お江戸日本橋 七つ立ち~ って言いますもんね(^^ゞ



ちなみに、江戸時代の時刻は日の出を明け六つ、日の入を暮れ六つとし、その間を6等分しましたから、

今の時期の東京は、日の出が4時40分、日の入が午後6時54分ですので、七つとは午前3時頃と思われます。

2015071910RIMG0050-1.jpg

えっ?  うるさい?  ・・・あははっ(^_^;)  でも、りゆうの日帰り温泉図鑑も、たまには勉強になるでしょ?(^^ゞ

ちなみに、上の写真の場所は群馬銀行草津支店です・・・  すいません、ありがとうございました~(^_^;)?



さて、草津には無料の外湯がたくさんありますが、その中から今日は「地蔵の湯」を紹介します。

2015071902RIMG0044.jpg

ふむふむ・・・  足もとのタイルに矢印の道案内がありますね。  これは親切ですね~♪



ということで、到着した「地蔵の湯」ですが、平成18年に建て替えられたらしく新しくてきれいでした。

紅白幕が張ってあったり、七夕風の色とりどりの短冊飾りがあったりして、お祭りなんでしょうか?

2015071903RIMG0034-1.jpg

その紅白幕の間の通路を奥に入って行くと、そこにお風呂の男湯の入口の扉がありました。



えっと・・・  利用時間は午前8時から午後10時、ですね・・・  うん、今ぴったり8時です(^_^)v

よっしゃあ~!  と、心の中でガッツポーズしましたが・・・  なぜか、中から何人もの話し声が?

2015071904RIMG0036-1.jpg

結局、なぜかはわかりませんでしたが、中には既に4~5人の先客がいらっしゃいました(^_^;)



そんなわけで写真はムリでしたが、中は、脱衣場と浴室と一体型の昔ながらの共同湯スタイルでした。

浴室内はおよそ12畳の広さで、長い方の片面の壁に棚が作られており、そちらで着替えをします。

2015071905RIMG0037.jpg

棚の反対側の壁側に、6~7人が入れる1.3m×2.5mほどの石タイル造りの浴槽がありました。



お湯は、草津で一般的な白いにごり湯からするとやや薄い、浴槽の底まで見える青白いお湯でした。

鼻腔に心地よい硫黄臭のある酸っぱいお湯は、ファンデーションのようにきめ細かく滑らかです。

2015071906RIMG0038-1.jpg

温泉分析書によると、酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉で、PH2.1ということですが、



う~ん、やっぱり、草津のお湯は最高ですね!   それに、こちらは新しくて狭苦しくないのもいいです。  

しかも、これが無料なんですから、草津って、本当に温泉ファンを大切にしてくれるところですよね(^o^)

2015071907RIMG0042.jpg

以上、久しぶりの草津温泉でしたが・・・  いかがですか?  これは5点満点いっちまいますか~(^^ゞ  



と、大満足の草津の地蔵の湯でしたので、お湯から出た後も、目の前の足湯も素通りはできません!(?)

ただ・・・  せっかくの足湯施設なんですが、よく見ると誰も足を浸けていないという・・・(^_^;)??

2015071908RIMG0041.jpg

まあ、そんなことは気にせず、私は再び靴下を脱いで裾をまくって、しっかり足を浸けましたけどね。

いつものように、そこで私は忘れないうちに温泉インプレッションをメモしましたよ( ..)φメモメモ 



ところで、話は変わりますが、最後の写真は、草津に来る前に寄ってみた群馬県内の某露天風呂です。

2015071909RIMG0032-1.jpg

時間が早すぎたのか、お湯が5cmほどしかなかったんですよね。  ホント、悔しいなあ・・・(^_^;)

どこかは敢えて言いませんが、いつか絶対リベンジします!   今に見てろよ!  ってね(^_-)-☆




施設名称:地蔵の湯
所 在 地:群馬県吾妻郡草津町大字草津
電  話:なし
訪 問 日:平成27年7月19日
入浴料金:無料
U R L:http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/onsen/detail/index.php?c=5&g=2&kcd=195

群馬県みなかみ町  みなかみ町営温泉センター 三峰の湯 (★★★★) - 2015.04.29 Wed

群馬県の温泉めぐりの締めくくりに、みなかみ町営温泉センター 三峰の湯に行ってみました。

2015042901RIMG0183.jpg

場所はみなかみ町役場のある後閑駅前付近から、三峰山方面に3kmほど登った山の中です。



町営なのに素朴なプレハブと透明ビニール波板の作りが、かえってその秘湯感を増しています。

2015042902RIMG0181.jpg

雰囲気はおわかりいただけると思いますが、奥深い環境の中で小鳥のさえずりを聞きながら、



のんびりゆったりと掛け流しの温泉を楽しむことができる、と人から聞いてやってきたのです。

2015042903RIMG0178-1.jpg

脱衣場は棚とプラのかごだけですが、休憩室側に貴重品用のロッカーが置いてありました。



ガラス戸越しに見える浴室は、トタン板の壁に、石をコンクリートで固めた古い共同湯的な風情です。

2015042904RIMG0179-1.jpg

その浴室は、湯船は5~6人も入るといっぱいで、洗い場も3人分しかありません。



しかし、このお湯がツルツルなんです。  やや熱めですが、肌ざわりは最高に気持ちいいですよ。

2015042905RIMG0176-1.jpg

外の露天風呂は4~5人程度、木々の合間から遠くの山まで眺められ、開放感も素晴らしいです。



露天風呂では数人の地元らしきおじさんたちが涼みながら、何やら語り合っていらっしゃいました。

2015042906RIMG0180.jpg

休憩室(兼待合い室)は通路部分も含めて8畳程度しかなく、決して広いとは言えません。



それでも、私が帰るときにも4~5人の山から降りてきた人たちが到着され、なかなかの人気です。

2015042907RIMG0185.jpg

そりゃそうですよね。  こんないいお湯といい眺めがわずか350円なんですからね~(^^♪



お湯はアルカリ性単純温泉でPH9.11ということですが、数字以上にツルツルすべすべでした。

2015042908RIMG0200-1.jpg

ということで、お土産も買ったので(※)、あとはぶっ飛ばして帰るだけです。  では、おしまい(^.^)/~




施設名称:みなかみ町営温泉センター 三峰の湯
所 在 地:群馬県利根郡みなかみ町後閑2265
電  話:0278-62-1022
訪 問 日:平成27年4月29日
入浴料金:大人350円
U R L:http://www.town.minakami.gunma.jp/20kankou/02hotspring/(みなかみ町HP)


※ 写真の品は「道の駅あぐりーむ昭和」で買ったものです。 三峰の湯にお土産品はありません。

群馬県みなかみ町  奥平温泉 遊神館 (★★★★) - 2015.04.29 Wed

ここは群馬県の北部、みなかみ町の遊神館です。  町営施設で指定管理者が運営しています。

2015042901RIMG0157-1.jpg

途中で何か所か寄り道しましたが、ここまで国道16号、17号を190km近く走った計算です。



ここまで来ると、あともう少し、三国峠を越えると、苗場スキー場のある新潟県湯沢町に入ります。

この地が、すでに太平洋よりも日本海にずっと近い場所だということが、私にとっては新鮮です。

2015042902RIMG0158.jpg

その三国連山の山あいの里では、まだ春のさなかのようで、庭のしだれ桜が見ごろでした。

群馬県も前橋あたりは暑い地域として有名ですが、このあたりの冬はしっかり積雪するんでしょうね。



前置きが長くなりましたが、この遊神館の玄関には・・・  おっと! こちらにもぐんまちゃんです。

2015042904RIMG0161.jpg

さすが、ゆるキャラグランプリ2014受賞!  地元ではどこに行っても超人気なんですねぇ^_^  



ところで、受付の方は、割引券はお持ちですか、と、各種の割引があるらしい口ぶりでしたが、

残念ながら何も持っていませんでしたので、やむなく(?)550円をお支払いして入館しました。

2015042905RIMG0165.jpg

奥に進むと、男湯の入口には、藍地に「遊神の湯」と白く書かれたのれんが掛かっていました。

女湯は・・・ えっと、なんだったっけ?  あははっ、見てくるのを忘れちゃいました~(^_^;)コホン



こちらが脱衣場ですが、中には100円リターン式のコインロッカーが備えてありました。

2015042906RIMG0166.jpg

使用中のもあるようで、どうやら見た感じでは、何人かのお客さんがいらっしゃる様子です。



浴室は大きく取られたガラス窓から外の様子がよく見えて、とても明るく開放的な作りでした。

写真手前は5~6人のジャグジー浴槽、奥側は20人以上がゆうに浸かれる広さの大浴槽です。

2015042907RIMG0167.jpg

お湯はアルカリ性単純温泉で、PH8.55、無色透明で無味無臭、癖のないなめらかなお湯でした。



こちらは「さくらさくら風呂」と書かれていて、たぶん入浴剤入りの変わり風呂のようでした。

ご覧のとおり、さくら色、というか、ワイン風呂のような鮮やかな赤紫色のお湯が入っています。

2015042908RIMG0168.jpg

この他、浴室には10人ほどのサウナ室と、水風呂代わりの3人ほどの源泉風呂(30℃)がありました。

サウナで12分×3回も汗を流して、しかも、その後の源泉風呂の気持ちいいことと言ったら・・・(^^♪



露天は広さ6~7人の岩風呂で、塀越しには遠くの山の稜線など、のどかな景色が広がっていました。

2015042909RIMG0170.jpg

今日はとってもいい天気で、初夏の日差しと新緑の中、本当にさわやかな温泉日和でした。

しかも、こんなにゆるりとした場所で、ここでは時間の流れも都会よりゆっくりのように感じます。



もっといたかったのですが、実はもう1つ行ってみたいところもあったのでこのへんで・・・(^^ゞ

2015042910RIMG0173.jpg

こちらは湯上がりに覗いてみた食事処ですが、そばやうどん、カレーや定食などもあるようです。

ということで、550円でしっかりのんびりリフレッシュできて、なかなかいい施設だと思いました。



ところで、帰りに受付で割引券をいただきましたが、なるほど・・・ 割引券って、これのこと?

2015042911RIMG0191.jpg

・・・と思ったのですが、後で調べると、HPにも割引券があったんですよね。  ちょっとくやしいなあ(^_^;)

けど、550円でも十分リーズナブルだと思いましたよ!( ← と、自分に言い聞かせた、とさ・・・(^_^;) )




施設名称:奥平温泉 遊神館
所 在 地:群馬県利根郡みなかみ町入須川378
電  話:0278-64-2626
訪 問 日:平成27年4月29日
入浴料金:大人550円
U R L:http://takuminosato.or.jp/yusin/y_index.html

群馬県吉岡町  道の駅よしおか温泉 足湯 (★★☆) - 2015.04.29 Wed

4月29日の昭和の日、朝少し早起きして群馬県方面に車で遠征しました。

2015042901RIMG0143-1.jpg

こちらは朝の9時半頃、吉岡町でひと休みにと寄ってみた「道の駅よしおか温泉」です。



その名のとおり温泉もありますが、朝10時からということでまだやっていませんでした。

2015042902RIMG0140.jpg

それで、どうしようかなあと思って、こちらのレストランの前まで歩いてきたのです。



するとそこに、足湯発見!   実は10時まで待つのもなんだかなあ、と思っていましたので、

2015042903RIMG0145.jpg

それでこの際、渡りに船、ならぬ、渡りに足湯(?)で、リポートすることにしました(^^ゞ



しかし・・・  こちらもお湯が張られ始めたばかりらしく、まだ7~8cmしか溜まっていません。

2015042904RIMG0136.jpg

でも、ともかく足を浸けてみなくっちゃ!  と、靴を脱いで足を入れてみたのです。



けれども、湯量は少なく湯温もぬるく、少しだけ温かい、それ以上の感想は残りませんでした(^_^;)

2015042905RIMG0138.jpg

ということで、後は別の写真でゴマカスことになりますが、群馬県ですからね・・・(^^ゞ



まずは、JR前橋駅前のビル「前橋エキータ」内のコンビニでみつけたクリアファイルです。

2015042906RIMG0196-1.jpg

雪の降り積もる冬バージョン・・・  残り3枚だけでしたので、この際(?)全部買いました(^^ゞ



こちらは前橋駅の駅ビル1階、前橋物産館で購入したノートとメモ用紙です。

2015042907RIMG0194-1.jpg

どちらも同じ絵柄で春夏バージョン、いずれも324円(300円+消費税)でした。



こちらはコースターにミニ4Pメモ帳、それにふせんメモの3点です。

2015042908RIMG0201.jpg

コースターはこちらの「道の駅よしおか温泉」の物産店で買ったものです。



さて、その後ですが、昭和村まで行って、「道の駅あぐりーむ昭和」にも立ち寄ってみました。

2015042910RIMG0156.jpg

道の駅では「昭和の日記念イベント」が賑やかに開催されていました。



すると、なんとなんと、本物が来てたんです!  いや、さすが、大活躍中ですねぇ!

2015042909RIMG0151-1.jpg

ということで、今回は、温泉ブログか何かよくわからなくなってしまいましたが、お許しを・・・(^_^;)




施設名称:道の駅よしおか温泉 足湯
所 在 地:群馬県北群馬郡吉岡町漆原2004番地
電  話:0279-54-1221
訪 問 日:平成27年4月29日
入浴料金:無料
U R L:http://www.yoshioka-onsen.jp/

群馬県藤岡市  鮎川温泉 金井の湯 (★★☆) - 2014.05.18 Sun

5月18日の日曜日、早朝から約130km走って、群馬県の藤岡市まで行きました。

2014051801RIMG0004-1.jpg

本当は、同じ藤岡市内の「桜山温泉センター」というのに行きたかったのですが・・・

案内看板を頼りに行ってみると、ガラーンと・・・ そして、「休業中」の貼り紙が!



えっ?  「本日休業」じゃなくて「休業中」ですよ!!  

2014051802RIMG0020.jpg

だったら、途中の案内看板にもちゃんと書いといてほしいな~(-_-;)

と、まったくの無駄足となってしまいました・・・



で、そこから一番近いのは・・・  と、急きょ予定変更で来てみたのがこちらでした(^_^;)

2014051803RIMG0006-1.jpg

こちらは個人の会社の経営する温泉施設だそうですが、

一応、露天もサウナもあって、4時間700円なので、まあ悪くはないだろうと思って来たのです。



ロスした時間を取り返そうと、さっそくお風呂に飛び込みました。

2014051804RIMG0014-1.jpg

ふんふん、なるほど~  入墨、泥酔は入浴禁止だそうです。 



お風呂には、たいへん広々とした、20人は浸かれそうな大きな内湯がありました。

何人かお客さんはいらっしゃいましたが、ちょっと取材で、すいません~ と・・・(^^ゞ

2014051805RIMG0013-1.jpg

サウナと水風呂もありましたので、12分ずつ3回、しっかり汗を流してきました。

水風呂には、3mの高さから打たせ湯(水)も落ちていて、いい気持ちでした。



露天風呂から見える新緑は目に鮮やかで、ふんと、いい季節ですよね~(^^♪

2014051806RIMG0010-1.jpg

このすぐ向こうには、幅50mもあろうかという川がありまして、

さえずる鳥の声が、チーチーチュルチュルチュル・・・ と、聞こえておりました。



こちらの打たせ湯は2mの高さからの2本・・・  肩に当てると、ちょうど良いマッサージです。

2014051807RIMG0011-1.jpg

お湯は、なんとなく黄色い感じがわかっていただけると思いますが、

うすい黄色のべとつくお湯で、しょっぱいけれどそれほどの濃さではありませんでした。



あとで確認したところ、やはり、ナトリウム-塩化物泉ということでした。

2014051808RIMG0005-1.jpg

今日はまだ他にも行きたかったので、予定では1時間半を目安にしたのですが、

サウナがあったりすると、どうしてもついつい長湯してしまうんですよね~(^^ゞ



ということで、およそ1時間50分後の、こちらは休憩室です。

2014051809RIMG0016-1.jpg

ん?  右上の壁に貼ってあるのは・・・?  あれは確か、刈谷友衣子ちゃん、かな・・・(^^ゞ

しかし、そこまでは良かったのですが・・・  みんな、タバコをぷかぷか吸ってるんですよね(-_-;)



いやあ、今どき、こんなのって・・・  臭いし目にしみるし、たまりませんでした(-_-;)

2014051810RIMG0018-1.jpg

そんなわけで、休憩室でのんびり、とはとってもいかず、すぐに退散しました。

この際だから言いますが、タバコは絶対やめた方がいいと思いますよ!




施設名称:鮎川温泉 金井の湯
所 在 地:群馬県藤岡市金井627
電  話:0274-40-8888
訪 問 日:平成26年5月18日
入浴料金:大人4時間700円
U R L:http://www.kanainoyu.jp/

群馬県沼田市 南郷温泉 しゃくなげの湯 (★★★★) - 2014.04.29 Tue

4月29日は日帰りで、群馬県の利根沼田エリアまで走ってきました。

2014042901RIMG0098-1.jpg

赤城山麓の遅い桜もそろそろ散り始める頃のようです。



そんな山間部の道路を40~50分も走って到着したのは、

地元の人に「あそこはいいよ!」と勧められた「南郷温泉 しゃくなげの湯」です。

2014042902RIMG0111-1.jpg

いわく、源泉かけ流しで、近くの老神温泉と同じようないいお湯なんだそうです。



しかし、着いてみて、まず車の多いのにビックリしました!!

表は満車(70~80台)で停められず、裏にやっと1台分の空きを見つけました。

2014042903RIMG0114-1.jpg

正直、こんな田舎で( ← 失礼(^_^;) )なに?! と思いました。



ほらね、館内の休憩所だってこんななんですよ・・・

もうホントに座る場所もないほど、ごろ寝のざこ寝状態です。

2014042904RIMG0105.jpg

お風呂は日替わりかもしれませんが、檜風呂と石風呂があり、今日の男湯は檜のほうでした。



なるほど、檜風呂というだけあって、脱衣場もウッディな雰囲気です。

浴室も完全檜作りのお風呂が2つと、水風呂が1つありました。

2014042905RIMG0102-1.jpg

水風呂?!  ということは・・・  そう! サウナもあったんですよ~(^^)v

6人程度で大きくはありませんが、サウナはそれほど混んではいませんでした。



露天には、やはり完全檜風呂と檜枠の石風呂と2つありました。

2014042906RIMG0101.jpg

ところで、薦められたお湯のことですが、PH9.37の単純温泉なんですが、

これが確かに、ぬるツルの肌に柔らかいとってもいいお湯でした!



無色透明ですが、口に含むとほんのりとタマゴ味までしました。

2014042907RIMG0106-1.jpg

なある・・・  これはいいなあ!  と、お客さんの多さも納得できたのでした。



遠いところなので、最初は1時間ほどでサクッと切り上げようと思っていたんです。

でも、予想以上にいいお湯で、しかもサウナまであって、

2014042908RIMG0104-1.jpg

ついつい2時間近くも長居させられて(?)しまいました(^^ゞ



しゃくなげの湯では、そばや軽食など食事もできますし、

近郊の人たちには格好の保養施設になっているようです。

2014042909RIMG0107-1.jpg

そうそう、入浴料金のことですが、560円という微妙な設定ですが、

これも消費税の影響で、4月から550円が560円になったようです。



ただし、元の「2時間550円」を「3時間560円」へと変更して、

2014042910RIMG0110.jpg

単に値上げしたわけじゃないという、うれしい配慮も見られました。

以上ですが、地元の人のオススメの温泉は間違いなかったですよ(^^♪




施設名称:南郷温泉 しゃくなげの湯
所 在 地:群馬県沼田市利根町日影南郷100番地
電  話:0278-20-0011
訪 問 日:平成26年4月29日
入浴料金:大人3時間560円
U R L:http://syakunage.jp/publics/index/13/

群馬県昭和村  道の駅あぐりーむ昭和 足湯 (★★☆) - 2014.04.29 Tue

GW中の飛び石のお休みになった昭和の日に、群馬県の昭和村に行ってきました。

2014042901RIMG0083-1.jpg

ここは関越自動車道の昭和ICから1分の道の駅、「あぐりーむ昭和」です。



折しも昭和の日の記念イベントとして、恒例のお祭りが行われていました。

2014042902RIMG0071-1.jpg

特設ステージではチンドン屋の賑やかしがあったり、



昭和の遊びコーナーでは、こま回しやメンコ、お手玉、あやとり、竹馬などなど・・・

2014042903RIMG0090-1.jpg

出店もいろいろあって、ともかく大人も子どもも大変な人出で賑わっていました。



そんな中ですが、こちらには足湯がありますので、紹介しておきたいと思います。

2014042904RIMG0072.jpg

ふむふむ・・・  「この足湯は天然温泉です」と書いてあります。



で、こちらですが・・・  ほお!  完全屋内の足湯施設というのは珍しいですね。

2014042905RIMG0093.jpg

この真ん中の大きな足湯のまわりに4~5人用の小ぶりの足湯が3つありました。



なるほど・・・  向かいの工業団地のキャノン電子からの引き湯のようですね。

2014042906RIMG0080.jpg

泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩泉ということです。



私も靴下を脱いで裾をまくって足を浸けてみましたが、わりとアツアツです。

2014042907RIMG0075.jpg

しかし、お客さんたちはみんな外のステージが気になっているようですが・・・



見ると、村内の保育所園児たちが歌の発表をしているところでした。

2014042908RIMG0086-1.jpg

カワイイですね~❤( ↑ 写真は別の場面です(^_^;) )



てなことで、朝採りの新鮮なレタスやキャベツやいちごなどをお土産に買い込んで、

2014042909RIMG0092-1.jpg

きなこちゃん、お待たせ!  さあ、次に行くぜい!(^^)v




施設名称:道の駅あぐりーむ昭和 足湯
所 在 地:群馬県利根郡昭和村大字森下2406-2
電  話:0278-25-4831
訪 問 日:平成26年4月29日
入浴料金:無料
U R L:http://www.michieki.jp/eki/958/(参考)

群馬県上野村  浜平温泉 しおじの湯 (★★★★) - 2013.10.26 Sat

10月26日、台風が接近しているという中、北に170kmも走って、

11時前にここに着いた頃には、もう雨も小降りになっていました(^^ゞ

2013102601RIMG0118-1.jpg

ということで、今日の温泉はこちら、群馬県上野村の「浜平温泉しおじの湯」です。



実は、こちらも先週と同じく「温泉博士」の無料クーポンの利用なんです。

いえね、もちろん以前から知ってはいて、いつか行ってみたいと思っていたんですよ。

2013102602RIMG0140-1.jpg

受付でクーポンを提示すると、係の方は、はいはい、という感じで手慣れた様子でしたが、

もしかすると、何人かすでにこの券を使われた人がいるのかもしれません。



ということで、いとも淡々とスタンプを押していただき、中へGO!

2013102603RIMG0095-1.jpg

こちらがお風呂の入口ののれんですが、特に変わったこともないよくあるタイプです。



のれんを分けて入ったところに、こんな木のプレートが掲げてありました。

なになに・・・ 湯ノ沢の源泉、メタけい酸温泉、弱酸性低張性冷鉱泉・・・

2013102604RIMG0096-1.jpg

メタけい酸の含有量が温泉法の限界値以上のため、温泉法にいう温泉に該当・・・

参考までに、脱衣場の温泉分析書によると、メタケイ酸は92.9mgでした。



脱衣場は棚とかご式で、ただし、奥には貴重品用のカギ付きロッカーもありました。

2013102605RIMG0112-1.jpg

えっと・・・ かごを見回した感じでは、先客は数人といった様子です。

それでは失礼して、お風呂に行ってきますね~(^^♪



お風呂には、まず内湯として、10人ほど入れる広さの浴槽が1つありました。

2013102606RIMG0098-1.jpg

肌寒い気候で雨も降っているため、レンズがすぐ曇っちゃいます(^_^;)



こちらは露天風呂ですが、6~7人の広さの半岩風呂風(?)の作りで、

一部には屋根もあり、雨の日でも濡れることなくお湯に浸かれそうです。

2013102607RIMG0101-1.jpg

10月下旬の群馬の山間部は、もう裸ではちょっと寒いんですよね~(^_^;)ブルッ



なので、さっそくチャプンとお湯に浸かって、と・・・ ふう~(^^♪

しっかり紅葉、にはまだ少し早いですが、少しずつ深まる秋を感じます。

2013102608RIMG0099-1.jpg

お湯は透明ですが、気持ち茶色っぽくて、若干のキシキシ感がありました。

お湯は温泉法上の温泉ということでしたが、PH4.1だそうです。



さて、こちらは、湯上り後に行ってみた休憩所兼食事処です。

2013102609RIMG0116-1.jpg

ちょうどお昼どきですが、お客さんは多くはなく、のんびりした空気が流れています。

お風呂に無料で入れていただいたので、私としては珍しくお昼ご飯を食べてきましたよ。



通常料金なら中の上、くらいかもしれませんが、なんせ無料ですもんね~(^^♪

2013102610RIMG0122-1.jpg

ホント、どうもありがとうございました~♪  ・・・などと言いながら、

最後は話とは関係なく、ちゃっかり2013年秋の新作をアピール、っと(^^ゞ




施設名称:浜平温泉 しおじの湯
所 在 地:群馬県多野郡上野村大字楢原3487-2
電  話:0274-59-3955
訪 問 日:平成25年10月26日
入浴料金:大人500円 ※
U R L:http://www.uenomura.ne.jp/uenotimes/2007vol090/shioji01.html


※HPに100円割引券があります。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。