....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県箱根町  ホテルおかだ (★★☆) - 2015.09.27 Sun

さて、と・・・  これまで6回にわたってお送りしてきた「横浜ウォーカーと勝手にコラボ企画」ですが、

2015092708RIMG0070.jpg

いよいよ、これで最後ということになりまして、今回ラストでご紹介するのは、箱根の「ホテルおかだ」です。



ご覧のとおり、50%オフでも1080円ということですから、通常は2160円もするわけです。

2015092703img006-1.jpg

なので、とっても手が出なかったのですが、うちの編集長が「チャンスだから行ってこい!」って・・・(^_^;)



ということで、フロントのきれいなおねいさんに横浜ウォーカーのクーポンを出して見せたのですが、

2015092701RIMG0052.jpg

はい、では、お1人様2160円になります(?) ・・・って、いきなりジャブを食らってしまいました(^_^;)



えっ? 1080円じゃないんですか? と私が言って、あっ、そうでした、すみません、だなんて(^_^;)

2015092702RIMG0055-1.jpg

ふう~~(^_^;)  しかし、このお値段にはタオル(持ち帰り可)とバスタオルが付いていました。



ということで、なんとか、脱衣場までやってきましたが、広~い脱衣場には棚とかごが並んでいました。

2015092704RIMG0060-1.jpg

脱衣場内をざっと見渡した感じでは、何人かのお客さんがいらっしゃる様子ではありました。



お風呂はまさしくホテルの大浴場らしく、こちらは50人ぐらいでも軽~く入れそうな広さがありました。

2015092705RIMG0063-1.jpg

あのガラスの向こうの露天風呂にはお客さんが何人もいらっしゃって、写真は・・・  やめときました~(^_^;)アハハッ



そうそう、2枚目の横浜ウォーカーの写真がそれですが、この露天風呂も25人くらい入れそうな広さです。

2015092706RIMG0061.jpg

無色透明、無味無臭のお湯は、後で温泉分析書を見たところでは、PH8.7のアルカリ性単純温泉でした。



通路の途中にはこんな足湯もあって、見ると向こうには1年半前の「横浜ウォーカーと勝手にコラボ」の時の、

2015092707RIMG0058.jpg

我がりゆうの日帰り温泉図鑑の取材班が訪問した「ホテル南風荘」の屋根の看板文字が見えていたのでした。



以上、かなりあっさりしたリポートですが、箱根に来ると私にはまだまだやんなきゃいけないことがあるんです。

2015092709RIMG0073-1.jpg

それがつまり、こちらなんですよ~(^^♪     >>平成27年9月21日の仙石原はこちら>>



最後になりますが、箱根の締めくくりはなんといっても、やっぱり仙石原の、この坦々麺でしょうか(^_^;)ハフハフ・・・

2015092710RIMG0085.jpg

ホント、いつ食べてもおいしいなぁ(^o^)  ・・・ていうか、この麺屋さんに私、もう何年かよってるだろ・・・




施設名称:ホテルおかだ
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋191
電  話:0460-85-6000
訪 問 日:平成27年9月27日
入浴料金:大人2160円
U R L:http://www.hotel-okada.co.jp/
スポンサーサイト

神奈川県相模原市  おふろの王様 町田店 (★★★☆) - 2015.09.27 Sun

9月27日の日曜日、きょうは最近模様替えしたらしいという、「おふろの王様 町田店」に行ってみました。

2015092701RIMG0039-1.jpg

こちらは、以前は「相模原やまとの湯」という名前のお店で、私もその時代には1度来たことがあります。



この業界のM&Aの波はめまぐるしく、気がつくと経営が変わっているということは珍しくありません。

2015092702RIMG0041-1.jpg

今度看板を掛け替えた「おふろの王様」は、首都圏で10店舗ぐらいを展開するお風呂チェーンですが、



しかし、「町田店」とはいっても、昔の名前のとおり、場所は神奈川県の相模原市なんですよね。

2015092703RIMG0050.jpg

しかるに、「お風呂の王様」として再出発するにあたり、なにゆえ「町田店」となったのか??  



確かに、400~500m先のJR横浜線の線路を越えれば、もう町田市でとっても近いんですけどね。 

2015092704RIMG0044-1.jpg

たぶん、その答えは、「おふろの王様」グループにはすでに「相模原店」があったからなんでしょう(^_^;)



しかし、その「おふろの王様相模原店」も、もとはと言うと東急不動産系の「ざぶーん相模原店」でした。

2015092705RIMG0045-1.jpg

それが、経営が相鉄不動産に移譲され、名前も「ゆめみ処ここち湯相模原店」と変わり、



それがさらに、東京建物リゾートに売却され、「おふろの王様相模原店」となったらしいのです。

2015092706img005-1.jpg

・・・って、あれっ?  ぶつぶつ言ってる間に、いつの間にか場面は進んでおりました(^_^;)



まったく・・・  これでも温泉ブログなんですから、ちゃんと温泉のことを紹介しなくちゃ、ねぇ~(^_^;)

2015092707RIMG0047.jpg

ということで、入浴料金は「横浜ウォーカー」のクーポンにより、半額の460円にしていただきました!



お湯はナトリウム-炭酸水素塩泉でPH8.4、黒褐色ですが、透明度は50~60cmというところでした。

2015092708RIMG0046-1.jpg

お湯は少しぬるっとした肌触りがあり、微かに濡れた落ち葉のようなモール臭が感じられました。



こちらは当然ですが、私の大好きなサウナもありまして、4回に分けて40分ほど座ってきました。

2015092709RIMG0048.jpg

サウナの後の水風呂は「はあ~~~」と自然に声が抜けて、ホントに気持ちいいですよね~(^^♪  



ところで、2つ上の富士清水のペットですが、実は横浜ウォーカーのお客さんへのサービスだったんですよ。

2015092710RIMG0051.jpg

いやぁ・・・ 50%割引の上に、さらにこういうサービスがあるなんて、もう、好感度急上昇でしたよ~(^o^)




施設名称:おふろの王様 町田店
所 在 地:神奈川県相模原市南区鵜野森1-24-9
電  話:042-767-2603
訪 問 日:平成27年9月27日
入浴料金:大人平日780円(土日祝930円)
U R L:http://www.ousama2603.com/shop/machida/index.html

神奈川県三浦市  マホロバ・マインズ三浦 (★★☆) - 2015.09.23 Wed

横浜ウォーカーのクーポンを握りしめて(?)、三浦半島の「マホロバマインズ」に行ってみました。

2015092302img004-1.jpg

「リゾートホテルの温泉大浴場をフェイスタオル付き¥500で楽しむ・・・」と書いてあるとおり、



通常料金は1000円のところを、このクーポンのおかげで50%オフの500円なんですよ~(^^♪

2015092301RIMG0036-1.jpg

でもね・・・ 実は、以前にも1度来たことがあるのですが、その時は通常料金が500円だったです・・・  



・・・って、あっ、もう6年以上も前のことなんで、その間に値上げがあっても仕方ないのですけどね(^_^;)

2015092303RIMG0032.jpg

さて・・・ まずはエントランスを入ってフロント周りですが、浴衣姿のお客さんがスリッパでペタペタ歩くのって・・・



この巨大な威容を誇るホテルにそぐわなくて、なかなか親近感が感じられていいですよね~(^^ゞ

2015092304RIMG0019.jpg

ということで、さっそくエレベーターで4階の温泉を目指しましたが・・・  また、迷ってしまいました(^_^;)



つまり、6年前と同じく、乗るエレベーターを間違えてしまい、客室棟のほうへ出てしまったのでした。

2015092305RIMG0020.jpg

2回来て2回とも間違えるって、どういうことよ?  ・・・てか、他にも間違える人がいっぱいいそうな・・・(^_^;)



浴室の30人は入れそうな大きな浴槽には、やや黄緑色でダシの効いた(?)しょっぱいお湯が張られています。

2015092306RIMG0026-1.jpg

べとつき感のある典型的なナトリウム-塩化物泉ですが、1kg中のNaイオンは10330mgもあるそうです。



今回、横浜ウォーカーの写真(1枚目の写真)を見て、露天風呂ができたかと早とちりしたのですが、

2015092307RIMG0031.jpg

なんだ、女湯だけじゃん!  露天風呂は女湯だけというのは、6年前と同じでした(^_^;)アハハッ



以上、いつの間にか500円が1000円になっていたマホロバマインズ三浦のお風呂ですが、

2015092308RIMG0033-1.jpg

ま、お湯は悪かないけど、1000円じゃ、いくらなんでも高くないかなあ、なんて思ったりして・・・(^_^;)




施設名称:マホロバ・マインズ三浦
所 在 地:神奈川県三浦市南下浦町上宮田3231
電  話:046-889-8900
訪 問 日:平成27年9月23日
入浴料金:大人1000円
U R L:http://www.maholova-minds.com/index.php


※ 追記には平成21年5月の訪問記録を残しておきますが、私のメモですのでどうぞスルーしちゃってください(^_^;)

神奈川県横浜市  シーサイドスパ 八景島 (★★★) - 2015.09.23 Wed

横浜港の南部、金沢には「八景島(はっけいじま)」という埋立てによって造られた人工島があります。

2015092309RIMG0014-1.jpg

そこには水族館&アミューズの「八景島シーパラダイス」(シーパラ)やマリーナ、人工海浜などがあります。

写真のあの高くそびえるタワーは、シーパラの「ブルーフォール」という107mからの垂直落下マシーンです。



最速125キロで4Gがかかるといい、風に乗ってここまで、「キャ~~~」という絶叫が聞こえてきます(^_^;)

2015092308RIMG0012-1.jpg

きょうはその、八景島・・・  の対岸のスパ施設、その名も「シーサイドスパ 八景島」に行ってみました。

小舟も見えていると思いますが、シーサイドスパというだけあって本当に海のすぐそばでした。 



ということで、シーサイドスパ八景島ですが、こちらも例の「横浜ウォーカーと勝手にコラボ企画」です~(^o^)

2015092302img008-1.jpg

おかげさまで1300円のところを650円で入れていただきました。  ホント、ありがとうございます!



お風呂はフロントの左右にあり、1週ごとに交替となるようですが、きょうの男湯は右側の「文庫」でした。

ちなみに左の女湯は「八景」です。  これは、横浜や横須賀あたりの人なら誰でも知ってることですが、

2015092303RIMG0009.jpg

横浜市の金沢区内には京浜急行の「金沢文庫駅」と「金沢八景駅」というのがあるんです。



この京浜急行というのは、三浦半島の三浦、横須賀から横浜、川崎を通って東京まで走る電車で、

つまり、横須賀から汐入(しおいり)、追浜(おっぱま)、金沢八景、金沢文庫・・・  と走るわけです(^^♪

2015092304RIMG0007.jpg

コホン!  さてと・・・  誰もいらっしゃらなかったので、お断りして何枚か撮影させていただきましたが、

手前の丸いのはかけ湯で、写真中央は、左から座風呂、ハイパワージェット、電気風呂でした。



こちらは左奥から海洋泉、シルキーバス、左手前の写真が半分切れているのは水風呂です。

2015092305RIMG0004-1.jpg

あの「海洋泉」というのがこちらのウリのようですが、要するに海水なのかなと思いますが、

ただの海水とは違うようで、それらしい塩辛さはありますがべとつき感は特にありませんでした。



こちらは海洋泉の露天風呂ですが、きょうはいい天気で、秋分の日とはいえ暑いくらいでしたので、

2015092306RIMG0005.jpg

サウナのあとのぐらぐらに沸騰した身体を冷ますには、ちょうどあの日陰がうれしかったです。 

ただし、ちょっと残念だったのは、海のすぐそばなのに景色は何も見えないってことでした(^_^;)



お隣りのもう一つのお風呂は、こちらは茶褐色ににごった黒湯・・・  じゃなくて、薬湯でした。

2015092307RIMG0006.jpg

ところで、このシーサイドスパには2階にはレストラン、3階にはリクライニングルームもあります。

しかし、リクライニングルームは220円の館内着をレンタルした人しか利用できないそうです。



そっか~  つまり1300円に220円を追加して都合1520円必要というわけですね・・・

2015092301RIMG0011.jpg

ふうむ・・・  通常料金の1300円だけでも私にはなかなか手が出せないんですが・・・

いつも650円くらいならうれしいんですけどね・・・  なんちゃって(^_^;)スイマセン・・・




施設名称:シーサイドスパ 八景島
所 在 地:神奈川県横浜市金沢区柴町361
電  話:045-791-3575
訪 問 日:平成27年9月23日
入浴料金:大人1300円
U R L:http://www.seaside-spa.net/index.html

神奈川県箱根町  四季倶楽部 箱根仙泉閣 (★★★) - 2015.09.21 Mon

箱根仙泉閣は今年4月にオープンしたばかりの、リゾートホテルチェーン 四季倶楽部のホテルです。

2015092101RIMG0168.jpg

もっとも、私の数年前のナビで電話番号検索すると、「太平洋セメント 仙泉閣」と出てきますので、



もともと企業の保養所だったのですが、リストラにより売却されたということなのでしょうか・・・

2015092109RIMG0169-1.jpg

なかなか厳しい時代ですよね・・・  でも、実はそもそも私の会社にしてからそうなんです。  



5〜6年前までは湯河原と伊豆高原に直営の保養所があり、私も何度かは泊まったことがありました。

2015092108RIMG0165.jpg

しかし、リストラの波とともにいつの間にか売却されて、直営保養所はなくなってしまいました。



それでも最初の2年ほどは、契約保養所として一般価格よりも2割引きという特典がありましたが、

2015092102RIMG0144.jpg

それも3年目にはなくなり、最近聞いたところでは、建物は解体され更地になっていたとか、でした。



こちらの仙泉閣も、裏側にはそんな数奇な(?)運命が隠されているのかも・・・  なんて、ね(^_^;)

2015092103RIMG0163.jpg

ん? あっと・・・ しかしどうも、最近散漫で集中力がないですよね・・・  いや、失礼しました(^_^;)



さてさて・・・  今回紹介する箱根仙泉閣のことですが、1年半ぶりのリバイバル企画ということで、

2015092110img007-1.jpg

「横浜ウォーカーと勝手にコラボ企画」(確か、第10弾?)ということになりました~(^^♪  



なので、通常料金1080円のところ、50%オフの540円で入れていただいたんですよ(^^)v

2015092104RIMG0147.jpg

半額にもかかわらず、タオル・バスタオルも付いていて、本当にありがとうございます~♪



お風呂は、およそ14畳ほどのタイル張りの浴室に4~5人サイズの浴槽が1つだけでしたが、

2015092105RIMG0145.jpg

ご覧のとおりの落ち着いた和風庭園を眺めながら、心静かにリラックスしてお湯に浸かることができました。



お湯の注ぎ口には白い析出物がこびりついていて、カルシウム系のお湯かと思ったのですが、

2015092107RIMG0151.jpg

温泉分析書にはナトリウム-塩化物泉、PH8.3とありまして・・・ 塩化ナトリウムの結晶でしょうか?



ともかく、誰もいらっしゃいませんので、こんなふうにお湯に肩まで浸かって写真を撮ってみたり・・・

2015092106RIMG0152.jpg

ということで、元保養所の温泉を、保養所に行った気分で思う存分のんびりと楽しんできました~(^o^)




施設名称:四季倶楽部 箱根仙泉閣
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷483-2
電  話:0460-82-2185
訪 問 日:平成27年9月21日
入浴料金:大人1080円
U R L:http://www.shikiresorts.com/institution/kanagawa/sensenkaku/sensenkaku.html

神奈川県箱根町  箱根仙石原プリンスホテル (★★★) - 2015.09.21 Mon

さて、と・・・  現在、TVでも大活躍中の本田翼ちゃんですが、「めちゃかわ」と評判ですよね~(^^ゞ

2015092110RIMG0171-1.jpg

ということで、釣られて買った(?)横浜ウォーカー9月号ですが、スパ&スーパー銭湯特集でした。



なので、皆さん!  今回は1年半ぶりの「横浜ウォーカーと勝手にコラボ企画」です~(^o^)イエーイ!

2015092104RIMG0124.jpg

えっ?  その、横浜ウォーカーとなんとか、って何のこと?  ・・・という方もあるかと思いますが、



そういう方はこのあたりの古い記事をご覧いただくと、事情をご理解いただけるかと・・・(^^ゞ 

2015092111img004-1.jpg

で、箱根仙石原プリンスホテルは、1500円のところ半額の750円で入れていただきました~(^o^)



あ、ところで、こちらのホテルなんですが、以前は「ホテル大箱根」と言っていまして、

2015092105RIMG0125-1.jpg

その当時にも私1度来ていますが、名称変更とともにお風呂もリニューアルしたらしいのです。



なるほど・・・  以前の写真と見比べてみると、脱衣場は黒系でシックにリニューアルされています。

2015092106RIMG0128-1.jpg

浴室自体はほとんど変わりないように思いましたが、大きな窓の外にもう1つなにやらあるようです。



ほお~っ・・・  露天風呂が新設されたんですね!  これはなかなかいいですねぇ~♪

2015092107RIMG0138.jpg

私、前の時の記事で「絶好のロケーションなんだから露天風呂でも作ればいいのに・・・」と書いてました。



もしや、私の前の記事を読んで露天風呂を作ることにしたんですかね?  ・・・なんちゃって(^^ゞアハハッ

2015092108RIMG0134.jpg

目の前はすぐゴルフ場で、植え込みのすき間からカートに乗ったゴルファーも見えていました。



お湯はPH3.6の酸性単純温泉で、無色透明、無味無臭、これは変わるはずはないですよね。

2015092109RIMG0143.jpg

以上、「横浜ウォーカーと勝手にコラボ企画」第9弾は、箱根仙石原プリンスホテルからお届けしました~(^^♪



・・・ということで、箱根仙石原に来たからには、やっぱりここは避けて通れないでしょっ!

2015092101RIMG0110-1.jpg

はい~、いつもの仙石原のススキです。    >>平成27年8月2日の仙石原はこちら>>



でも、今年は例年よりも涼しいじゃないですか、  ・・・なので、ススキがいい色になってますよね。

2015092102RIMG0115.jpg

あさって23日は仙石原のススキ祭りが盛大に開催されるそうですが、ちょうど見ごろですね。



そして、締めくくりはまたいつものこれです。  ときどき、これを食べないと調子が出ないです(^^ゞ

2015092103RIMG0123.jpg

と、温泉に入って、ススキも見て、おいしいものも食べて、すっかり満足しました~  ・・・とさ(^^ゞ




施設名称:箱根仙石原プリンスホテル
所 在 地: 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1246
電  話:0460-84-6111
訪 問 日:平成27年9月21日
入浴料金:大人1500円
U R L:http://www.princehotels.co.jp/hakone-sengokuhara/

神奈川県箱根町  メルヴェール箱根強羅 (★★★☆) - 2015.08.02 Sun

久しぶりの箱根仙石原にやってきましたので、いつもの定点観測ポイントなのですが・・・

>>平成27年7月4日の仙石原はこちら>>

2015080201RIMG0033-1.jpg

うーん、夏休み中の日曜日にもかかわらず、車が1台もないなんて、なかなか厳しいですね・・・



私1人でできることは本当に微々たるものですが、せめて私だけでもしっかりと応援したいです。

2015080202RIMG0036.jpg

ということで、今日の2か所目は強羅のリゾートホテル「メルヴェール箱根強羅」に行ってみました。



場所は強羅公園のすぐ向かい側で、この急坂のずっと上のほうが、例の噴火騒ぎの大涌谷方向です。

2015080703RIMG0037.jpg

と言っても、規制エリアの端からもさらに1km近く離れていますので、なんの問題もありませんよ。



メルヴェール箱根強羅は、日帰り入浴は午後1時から午後8時までやっていて、料金は1130円です。

2015080704RIMG0038.jpg

ちょっと高めとは思いますが、箱根では珍しいサウナ付ですし、そもそも箱根ですから仕方ないかと・・・(^_^;)



ということで、フロントで受付を済ませ、エレベーターでB1Fに降りたところに大浴場がありました。

2015080705RIMG0041.jpg

こちらが浴室になります。  例によって私1人だけでしたので、写真もバッチリ撮らせていただきました。



こちらはサウナ室。  一般的には決して広いとは言えませんが、箱根では大きめの4~5人サイズです。

2015080706RIMG0047.jpg

それでも、私の他にお客さんなしですからこれで十分です。  また、ドアの外には水風呂もありました。 



こちらは15人も入れそうな大きな浴槽ですが、こんなに広いのに私1人だなんて、ホント、贅沢ですよねぇ♪  

2015080707RIMG0054.jpg

サウナで汗を流し、そのあと水風呂に浸かると、はあ~~っと、ついつい情けない声が漏れてしまいます。



結局、私がいた2時間近くの間、誰も入ってくる人はなく、思う存分あんなことやこんなことを・・・(^^ゞ

2015080210RIMG0039-1.jpg

お湯はナトリウム-塩化物泉ということですが、PH6.5ですから、まったくの中性ですね。



私が帰る頃には、ロビーには何人もチェックインを待つらしいお客さんがいらっしゃいました。

2015080708RIMG0058.jpg

良かった、ちゃんと宿泊のお客さんも来ていらっしゃるんですね。  皆さん、ありがとうございました~(?)




施設名称:メルヴェール箱根強羅
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-70
電  話:0460-87-7600
訪 問 日:平成27年8月2日
入浴料金:大人1130円
U R L:http://www.merveille-hakone.jp/

神奈川県箱根町  箱根芦の湯温泉 山形屋 (★★★★) - 2015.08.02 Sun

もう、かれこれ半年も前になるでしょうか・・・  ある方から、箱根芦の湯温泉の山形屋旅館が、

宿泊をやめて常連さんのために日帰り入浴だけを細々とやっているとの情報をいただきました。

2015080201RIMG0001-1.jpg

山形屋と言えば、私が温泉めぐりを始めてまだ初期のころ、6年以上も前に訪問した温泉旅館です。



うす白く濁った硫黄泉や湯船の底の玉砂利、それに、ユニークな受付の郵便ポストの料金入れなど、

2015080202RIMG0027.jpg

私にとっては、個性的で決して悪くない、むしろ好ましい印象が強く残っている温泉の1つです。   



なので、まさかとは思いましたが、よもや閉館などとならないうちに、もう一度行っておきたいと思い、

2015080203RIMG0025.jpg

8月2日の日曜日、久しぶりに1日休みにできたもので、車で箱根芦の湯方面に出かけてみたのです。



ということで、久しぶりの山形屋でしたが、外観は、植栽なども思った以上によく管理されていました。

2015080204RIMG0004-1.jpg

玄関の中は6年前と同じく、誰もいらっしゃらずに、「入浴はセルフ」との看板が出ていましたが、



前と違ったのは、前は真っ赤なポストが置いてあったのですが、今回は違っていたことでした。

2015080205RIMG0005.jpg

お風呂は、前とおんなじ3人程度の湯船です。  ・・・ってか、そんなの当たり前ですよね~(^_^;)



また、湯船の底に敷きつめられた玉砂利も前のまんまです・・・  が・・・  ん?  しかし、待てよ?

2015080206RIMG0006.jpg

以前は、こんなに鮮明に湯船の底が見えなかったと思うのですが・・・?  もしや、薄くなっちゃった? 



けれども、微かに硫黄臭がして綿ゴミのような湯花の漂うお湯は、十分に温泉らしいお湯でした。

2015080208RIMG0009.jpg

お湯は、PH3.7の単純硫黄泉ということですが、やや苦みと塩味があり、キシッとしていました。



お風呂の温度が熱いときには水道水を入れるのではなく、ここに貯められた源泉100%の湯ざましを、

2015080207RIMG0011.jpg

湯桶ですくって投入するという、お湯づかいに対するしっかりしたポリシーが素晴らしいと思いました。



以上、6年ぶりに訪問した山形屋ですが、まだまだ十分、営業への意気込みが感じられました。

2015080209RIMG0002.jpg

お店の方には会えませんでしたが、これならまだまだ大丈夫!  と、ホッと胸をなでおろしたのでした。



さて、その後は、またいつもの仙石原の坦々麺屋さんですが、私、まさにお昼の12時台に行きましたが、

2015080210RIMG0029.jpg

私の前にはお客さんが1人だけ、しかも、私が食べている間にも後からやっと1人だけ・・・  

という状態で、例の噴火警戒情報発令以後、箱根の観光客激減の実態を目の当たりにしました。



本当に微力ですが、私も神奈川県民として、また温泉ファンとして、なんとか箱根を応援したいと思います。




施設名称:箱根芦の湯温泉 山形屋
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町足の湯91
電  話:0460-83-6410
訪 問 日:平成27年8月2日
入浴料金:大人500円
U R L:http://yamagataya919.web.fc2.com/


※ 追記に前回の訪問記録を置いておきます。  お湯の濁り具合の違いもわかると思いますよ(^o^)

神奈川県箱根町  箱根大平台温泉 たきい旅館 (★★☆) - 2015.07.04 Sat

7月最初の土曜日、私は先週に引き続いてまたもや箱根に来ています。

2015070401RIMG0020-1.jpg

先週、大平台温泉のお湯が以前の印象以上にツルツルだということに気付きまして、



今日は特にどこと決めているわけではないのですが、上の共同駐車場に車を停め、

途中、箱根登山鉄道の線路を横切ったりしながら、大平台の温泉街に降りていきました。

2015070402RIMG0001-1.jpg

しかし、特に決めていないだけに1軒目にふらっと訪ねた旅館では、本日の日帰りはお休み、

また、2軒目の旅館でも、宿泊のお客さんが多く今日は日帰りはちょっと・・・ と断られました。



さあ、どうすんべかなあと思いながら、3軒目に行ってみたのが、こちらの「たきい旅館」でした。

2015070403RIMG0018.jpg

こちらは、先週訪問した「弥千代荘」のほんの少し先、10mほどのところにありました。



日帰り入浴ができることはずいぶん前から知ってはいたのですが、1100円もするというので、

なかなか訪問する機会がありませんでしたが、今回、こういう事情ですから仕方ないかと・・・(^_^;)

2015070404RIMG0015.jpg

玄関を入り、ご主人に入浴をお願いしてみるとOKということで、ふう~ ほっとしました。



しかし、このご主人さん、入浴料金は1000円ぐらいかかりますがいいですか? って・・・

はい、と答えながらも私は、ぐらいってどういうこと? と、少々不思議に思っておりました。

2015070405RIMG0005-1.jpg

もっとも、こちらの料金が1000円ぐらいであろうと、HPに出ていた1100円ぐらいであろうと、

今日はもう観念していますので(?)、にっこりと1000円ぐらい(?)出して入れていただきました。



ただし、この1000円ぐらい( ← しつこい(^_^;) )の中には、バスタオル、タオルが付いていました。

2015070406RIMG0008-1.jpg

さて、さっそくお風呂ですが、4畳半ほどの浴室の中に3人ほどの浴槽が1つというシンプルな浴室でした。

決して広いとは言えませんが、それでも鍵をかけて貸切りですから、これで十分です。



期待のお湯はやっぱりツルツルでした。  しかも、やっぱりお湯がとても熱いのです!

2015070407RIMG0010-1.jpg

なので、今日も先週と同じく、水道の蛇口をひねって加水させていただきましたが、

こちらのお湯も55.3℃と高温ですので、かなりジャブジャブと流しっ放しにいたしました(^_^;)



お湯はナトリウム-塩化物泉ですが無色透明、無味無臭で、PH8.5、メタケイ酸が129mgもあります。

2015070408RIMG0016-1.jpg

お風呂から出ても汗が止まりませんでしたが、脱衣場の扇風機を強にして当たると、ふう~ いい気持ちでした。



ご主人はソファーのあるミニ卓球スペースで、どうぞ休んで行ってください、と言ってくださいましたが、

でも、座っているとまた汗が出てきますので、この際、早く外に出たほうが涼しいかと・・・(^_^;)

2015070409RIMG0027.jpg

ということで、お礼を言って帰ることにして、また、上の駐車場までぷらぷらと歩いて登りました。

ちなみに、こちらの写真ですが、大平台の共同駐車場の片すみにある水汲み場です。



温泉ではありませんが、仙元山の中腹からこんこんと湧く清水で、長寿の水と呼ばれているそうです。

2015070410RIMG0024.jpg

私も少し手ですくって飲んでみましたが、汗を流した身体に滲みこむようで、とってもおいしい清水でしたよ。




施設名称:箱根大平台温泉 たきい旅館
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町大平台649
電  話:0120-85-3516
訪 問 日:平成27年7月4日
入浴料金:大人1000円(1時間程度)
U R L:http://www.takii-ryokan.jp/index.html

神奈川県箱根町  箱根大平台温泉 弥千代荘 (★★★☆) - 2015.06.28 Sun

突然ですが、6月28日の日曜日、箱根仙石原の某所でこんな防火ポスターを見つけました!  

2015062801RIMG0326-1.jpg

2015年の全国統一防火標語、日本損害保険協会版のモデルは松岡茉優ちゃんです♪



が、その後はお腹がすいたので、こちら・・・( ↓ あっ、またこれかぁ、という声が聞こえた(^_^;) )

2015062802RIMG0327.jpg

はい!  いつものラーメン屋さんの坦々麺(4番)ですが、いつ食べてもホント、うまいですよ~(^^♪



さてと・・・ お腹もいっぱいになったところで、いよいよ腹ごなしに(?)温泉に行ってみますね!

2015062803RIMG0329-1.jpg

ということで、今、箱根大平台の国道1号から入ってすぐの弥千代荘の別館前に来ています。



温泉に入れるのは、ここからちょっと奥の本館のほうですが、ほら、こちらの階段の上にあります。

2015062804RIMG0345.jpg

しかし・・・ たきい旅館、玉ふじの湯、玉の湯・・・ この近くiはまだまだ温泉がありそうですねぇ♪



・・・と、ニンマリしながら石段を上がったすぐ先に、本日の訪問先、弥千代荘はありました。  

2015062805RIMG0330-1.jpg

ところで、さっきの道案内の看板は「弥千代荘」ですが、玄関前の看板は「温泉旅館 弥千代」です。



だから、いったいどっちなのよ~ と悩みますが、ちなみにホームページは「弥千代荘」でした(^_^;)

2015062806RIMG0332-1.jpg

ごめん、たのもう!  いや、もとい、こんにちは~( ← すいません、さっきまで剣客モノを読んでました(^_^;) )



入浴料金は700円でした。  いえね、HPには1000円と出ていますが、間違いなく700円でしたよ。

2015062807RIMG0334-1.jpg

案内していただいたお風呂の脱衣場は、ほとんど家庭風呂と同じサイズの1.5畳ほどでした。



浴室は1辺2.3m程度の正方形で、石を配した浴槽自体は1畳よりわずかに広い程度です。

2015062808RIMG0333.jpg

女将さんに言われたのですが、お湯はかなり熱く、やむなく水で埋めさせていただきました。



せっかくの掛け流し温泉を水道でうめるなんて、と言われそうですが、そう書いてあるんですよ(^_^;)

2015062810RIMG0340-1.jpg

でも、お湯の熱いのもそのはずで、温泉分析書によると源泉は55.3℃もあるそうなのです。



なので、私、身体を洗っている間ずっと、細めにですが水道を流しっ放しにしておきました。

2015062809RIMG0337.jpg

お湯はナトリウム-塩化物泉でPH8.5、無色透明、無味無臭ですが、これが予想以上にツルツルでした。



身体を洗った後のこのツルツル感は、前にも覚えがありますが、いわゆる軟水ってやつですよね。

2015062812RIMG0339-1.jpg

しかも、貸切りにしていただきましたので、洗い場に寝ころんだりして・・・  思いっきりグデッとできました(^^ゞ



ロビーには例の大平台温泉のキャラクター、あじさい姫・・・  ん?  さくら姫?  2人いたんですね!

2015062811RIMG0342-1.jpg

以上、予想を超えたツルツルのお湯に、大平台温泉のレベルの高さを再認識させられた弥千代荘でした。




施設名称:箱根大平台温泉 弥千代荘
所 在 地:神奈川県足柄下郡箱根町大平台610
電  話:0460-82-2158
訪 問 日:平成27年6月28日
入浴料金:大人700円
U R L:http://www.ohiradai.com/yachiyo/

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。