....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山県真庭市  真賀温泉館 (★★★★☆) - 2015.08.05 Wed

神戸から西はいつもは山陽自動車道ですが、今回は中国自動車道で岡山県真庭市に向かいました。

2015080501RIMG0210-1.jpg

その後、米子自動車道の湯原ICで降りて約6km、やってきたのは湯原温泉郷の真賀温泉館です。



旭川と美作街道を見下ろす急斜面に張り付くような場所ですが、こんなところに温泉が出るんですね。

2015080502RIMG0208-1.jpg

温泉が出るというより、山から清水が湧くと言われたほうがぴったりうなづけるイメージです。



8月5日水曜日の、まだお昼前でしたから、平日のこんな時間にお客さんが来ることは少ないのでしょう、

2015080503RIMG0206.jpg

店番の女性がいらっしゃいましたが、私が中に入るとちょっとびっくりしたような顔をされました。



券売機には、家族湯1000円とか、男女別々湯150円とか、こども料金とかいろいろありまして、

2015080505RIMG0203.jpg

どれを買ったらいいのか逡巡していると、店番の方に、幕湯がいいですよ、と薦められました。



この幕湯というのは、天然の岩風呂で混浴なんだそうですが、今、誰もいないからどうですか、と・・・

2015080506RIMG0202-1.jpg

そういうことならせっかくですから、と幕湯(250円)の券を買って入れていただくことにしました。



こちらがその幕湯です。  いちばん奥に岩をセメントで固めたようなお風呂がありました。

2015080507RIMG0201.jpg

お湯に浸かってみると、おっ?  これは深いですね!  しかも、底が平らじゃなく自然の岩盤のままです。



幅1.7m、奥行き2m少々、深さは最深部で1.3mほどでしょうか、胸のあたりまでの深さでした。

2015080508RIMG0190.jpg

特徴的なことは、岩盤のすき間に差し込んだ竹筒からこんこんとお湯が湧き出していることです。



お湯はぬるっとしていて肌にとっても柔らかく、温度も高くなくゆっくり浸かることができました。

2015080509RIMG0195-1.jpg

思うに、山の斜面の岩間から温泉が出ているのを発見し、周りに岩を配して固めて湯溜まりを作り、



さらにその湯溜まりを中心に湯小屋を建てた、というところがこの温泉の起源なのではないでしょうか。

2015080504RIMG0204-1.jpg

PH9.6の単純温泉もなかなかの良いお湯ですし、湯治場的なこの温泉風情はすばらしいと思います!




施設名称:真賀温泉館
所 在 地::岡山県真庭市仲間180
電  話:0867-62-2953
訪 問 日:平成27年8月5日
入浴料金:大人150円(男女別々湯)  幕湯(混浴岩風呂)大人250円 
U R L:http://www.yubara.com/onsen/higaeri/(湯原温泉郷公式HP)
スポンサーサイト

岡山県美作市  湯郷鷺温泉館 (★★★) - 2011.12.30 Fri

ということで、今回も「冬休み臨時号」の続きですー(^^ゞ

(↑ かなり浮かれた入り方で、何が「ということで」かわかりませんが・・・)



帰省途中の2日目、岡山県の湯郷温泉に寄ってみました。

やっぱり、冬休みはうれしいですー(*^_^*)

(↑ あぁ 久しぶりの休みだからウキウキしてたんですねー(^^ゞ )

2011123001P1000023.jpg

場所は、中国自動車道の美作ICで降りてすぐでした。

湯郷鷺温泉館(ゆのごうさぎおんせんかん)です。



ここは明治の頃から湯治場として知られた温泉場だそうで、

館内には古い時代の写真も飾ってありました。

2011123002P1000018-1.jpg

なかなか歴史が感じられていいですね。

看板の字が右から左に書かれているのもノスタルジックです。



お風呂は「動の湯」と「静の湯」とが週替わりだそうですが、

この日の男湯は「静の湯」でした。

2011123003P1000013.jpg

洞窟風の露天風呂がありました。



その洞窟の中からも撮ってみました。

が、モワモワでした(^_^;)

2011123004P1000015.jpg

ここは日帰り専用施設ですので、お風呂の種類はそこそこです。

大浴場には寝湯があったり、ジャグジーがあったり、

ミストサウナがあったりしました。



また、露天には洞窟風呂のほかにも、

「小次郎の湯」と名付けられたお風呂もありました。



小次郎の湯?!

・・・そういえば、美作って、

あの宮本武蔵の生誕の地という説もあるらしいです。

後で見たら、動の湯には「武蔵の湯」というのがあったようです。

それに、動の湯のサウナはドライらしいです。



あ~あ、ドライサウナ大好きの私としては、ま、ミストもいいけど、

できれば、「動の湯」のほうに当たりたかったなあ・・・



で、どうにも悔しいので、後でこっそり「動の湯」を覗いてみました!

2011123005P1000003-1.jpg

こちらはヒノキ風呂だったんですね。

でも、やっぱり女湯でした。  ドキドキ・・・❤



しかし、ヤバッ・・・ バレないうちに退散、っと(^_^;)



お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉ということです。

2011123006P1000017-1.jpg

PH8.5というので、弱アルカリ性です。

お肌に良さそうですよね(*^_^*)

源泉は40℃前後とぬるめですが、少し白身タマゴの味がしました。



こちらの館内には休憩所というほどのものはありませんが、

まあまあ、のんびりできました。

2011123007P1000019.jpg

この湯郷温泉には11軒の旅館があるそうですが、

その元湯はこちらの温泉館らしいです。



また、外にはすぐ近くに無料の足湯もありました。

2011123008P1000021.jpg

駐車場もやたらと広くて150台くらいオッケーみたいですし、

旅の途中に寄るにはいいんじゃないでしょうか。

まあまあでした!

では、そういうことでお疲れ様でした~(^.^)/~~~



ん?・・・(^_^;)

って、おいおい!

ちょっと、コラコラ!!



えへっ、女湯を覗いたら、さすがにマズイですよね~(^_^;)

2011123009P1000003-3.jpg

ということで、種明かしは、ご覧のリーフレットなのでした(^^ゞ



はあ~ 良かった、ヨカッタ(^_^;)

・・・って、安心したでしょ?

やっぱり、「よいこの日帰り温泉図鑑」がイチバンです~(^^ゞ



ぜわぜわ、皆さん、よいお年を~~(^_^)/~




施設名称:湯郷鷺温泉館
所 在 地:岡山県美作市湯郷595-1
電  話:0868-72-0279
訪 問 日:平成23年12月30日(金)
入浴料金:大人600円
U R L:http://yunogosagionsen.net/

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。