....                                                                                            最近なかなか更新できず、この際、昔、私が温泉に向かう車で聴いていた懐メロでもどうかと・・・  しかし、ナント、℃-uteが来年6月で解散するって・・・(-_-;) 

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形県南陽市  ハイジアパーク南陽 (★★★★☆) - 2013.09.22 Sun

蔵王温泉から西南へ約33km、小1時間で山形県南陽市までやってきました。

2013092201RIMG0259.jpg

ハイジアパーク南陽は、日当たりのよい広々とした丘陵地にあります。



こちらは温泉の他に、イベントホールや研修室、会議室などもある多目的施設です。

2013092202RIMG0278-1.jpg

私はもちろん温泉というわけですが、入浴料金が超お得なんですよね~♪



1日中いても300円なんです! だからこそ、わざわざ寄ってみたんですけどね(^^♪

2013092203RIMG0268-1.jpg

ということで、まずは2階に上がってお風呂に行ってみました(^^♪



脱衣場のロッカーキーは受付時に入浴券と引き換えに渡されます。

2013092204RIMG0272-1.jpg

大規模施設のためお客さんはかなりの数で、浴室内には洗い場も含めて30人・・・



その他、露天エリアに10人、サウナ室にも10人というところでした。

2013092205RIMG0270-2.jpg

それでも混雑しないだけの十分な広さがあり、内湯も40~50人同時に浸かれそうです。



露天は、左は故障か何かで休止中だったのですが、2つで40人はゆうに入れる広さです。

2013092206RIMG0271-1.jpg

それに薄曇りのため写真ではイマイチですが、丘陵地で視界が大きく開けて開放感抜群でした。



気分爽快! こんな遠くまで来ているのに、ついついサウナも2回24分と・・・(^^♪

2013092207RIMG0273-1.jpg

お湯はアルカリ性単純温泉でPH9.4ですが、かなりぬるっと感じました。



眺めもいいですし、打たせ湯や寝湯、ジャグジー、水風呂など設備も十分そろっています。

2013092208RIMG0266-1.jpg

温泉客用にこんな無料の休憩室もありますし、もちろんレストランだってありますよ。 



1日ヒマがあったらこういうところでのんびりするのもホントにいいですよね~♪

2013092209RIMG0281-1.jpg

お風呂にかぶり湯がない、脱衣場に体重計がほしい、という気はしますが・・・(^^ゞ



でも、そんな小さなことはともかく、このお値段でこの充実した内容、素晴らしいと思いました!

2013092210RIMG0292-1.jpg

ということで、旅の終わりに東北限定の「ずんだ」をお土産に買いこんで帰りました、とさ(^^♪




施設名称:ハイジアパーク南陽
所 在 地:山形県南陽市上野1855-10
電  話:0238-45-2200
訪 問 日:平成25年9月22日
入浴料金:大人300円
U R L:http://www2.plala.or.jp/hygeia/link02.htm
スポンサーサイト

山形県山形市  蔵王温泉大露天風呂 (★★★★☆) - 2013.09.22 Sun

宮城県から蔵王エコーラインで山越えして山形県に入りました。

2013092201RIMG0244.jpg

そう言えば、考えてみると私、山形県に入るのは初めてです(^^ゞ

いえね・・・ 学生の頃、バイクツーリングで通過したことはあるんですけどね。



人生初の山形県で、私が向かったのがこちら、蔵王温泉大露天風呂です。

2013092202RIMG0248-1.jpg

蔵王温泉街から少し高台に上った場所ですが、ご覧のとおり車がギッシリでした。

ガイドブックに必ず載っている有名な露天風呂ですので、さすが大人気ですね。



ちなみに「まっ〇る」では「東北6県ワイルドな魅力あふれる」温泉の第2位にランクされています。

2013092203RIMG0238.jpg

ということで、枯れた風情のくぐり門を入り、階段を下っていきました。

屋根部分にかけられたすだれが日除けになっている階段通路でした。



階段を降りきった場所に大露天風呂の説明看板がありました。

2013092204RIMG0243-1.jpg

蔵王温泉は景行天皇の御代(西暦110年頃)大和武尊の臣吉備多賀由により発見されたとかで、

日本でも有数の長い歴史をもつ温泉場だそうです・・・ ほーほー(^^ゞ



ヨシズの向こう側は既に露天風呂になっているようで、中から談笑する声も聞こえていました。

2013092205RIMG0240-1.jpg

その通路のいちばん奥に露天風呂の受付(入口)がありました。

こちら、まっ〇るでは460円とあったのですが、実際には450円でした。



この写真は受付を通ってすぐ奥の6畳ほどの休憩スペースから撮ったものです。

2013092206RIMG0241-1.jpg

お客さんも多いうえに、しっかり撮影禁止と書いてあって、ここから先はご紹介できません。



全体的にはログハウス程度の作りですが、脱衣場にはちゃんとロッカー(100円)もあります。

露天風呂は上下の2つに分かれ、上が15~20人、下が25~30人という広さでした。

2013092207img024-1.jpg

お湯には白い湯花が舞い、気持ち青っぽいにごり湯ですが、上の段は薄めで、

下は濃縮されるのかかなり濃くなっていました。(チラシに大きく写っているのは下のお風呂です。)



また、湯温は上がやや熱め、下がぬるめで、どちらも硫黄の匂いのする超スッパ渋のお湯です。

2013092208RIMG0291-1.jpg

露天風呂の右手(下から見て)はすぐ川、その向こうは深い森が続いています。

大自然の息吹を胸いっぱいに感じながら、私はしばしにごり湯に身体を預けてきました(^^♪



ところで、この上の門の看板には「含硫化水素強酸性緑ばん黄ばん泉」とありますが、

2013092209RIMG0245.jpg

脱衣場にあった温泉分析書では「酸性-含イオウ-硫酸塩・塩化物泉、PH1.9」とありました。



ということで、最後はまたまたオマケなんですが・・・ 帰る途中に、道ばたで目があったヤツ!

カモシカですよねっ!!  私、こんなに近くでカモシカを見たことはありませんでした!

2013092210RIMG0252-1.jpg

さすが、高地の蔵王!!  フツーに道ばたにいるんだ!  と、妙に感動してしまいました。




施設名称:蔵王温泉大露天風呂
所 在 地:山形県山形市蔵王温泉18
電  話:023-694-9417
訪 問 日:平成25年9月22日
入浴料金:大人450円
U R L:http://www.kankou.yamagata.yamagata.jp/db/cgi-bin/search/search.cgi?d01=67&panel=detail(山形市観光協会)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りゆう

Author:りゆう
神奈川県に住んでいます。

車と温泉が大好きで、休みのたびにあちこちの温泉めざして走りまわっています。

特に、箱根・伊豆方面にはかなり頻繁に出没していますのでご注意ください。

タイトルどおり日帰り中心ですが、たまに遠出する場合もありますので、遠方の方も油断は禁物です(?)。

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント(記事別)

<>+-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

温泉一覧 (4)
神奈川 (218)
静岡 (164)
山梨 (136)
長野 (70)
東京 (68)
千葉 (39)
群馬 (37)
埼玉 (30)
山口 (22)
栃木 (19)
岐阜 (9)
茨城 (7)
愛知 (6)
福島 (4)
新潟 (4)
三重 (4)
和歌山 (4)
広島 (4)
石川 (3)
奈良 (3)
島根 (2)
滋賀 (2)
宮城 (2)
山形 (2)
富山 (2)
岡山 (2)
福岡 (2)
兵庫 (1)
京都 (1)
鳥取 (1)
福井 (1)
大阪 (1)
特別編 (1)
過去記事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。